綾雨@医療 (@Ayame_medical05)

投稿一覧(最新100件)

RT @ka0mc3: #ヒゲジャーナル 60歳女性。VSDは未受診。発熱出現し経胸壁心エコーでIEと診断。術中診断で肺動脈弁の疣贅を認め、弁置換を行った。珍しい右心系IEの一例である。 肺動脈弁位感染性心内膜炎の1例。https://t.co/RtORk4s4lz
RT @iryou_dokusyo: #研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「脳死下臓器提供における家族の心情変化に配慮した支援体制」 https://t.co/Y1WE1YVNty 患者が回復不能だと知った家族は臓器提供を考えることが多く、脳死・臓器提供・移植医療や院内体制…
RT @ka0mc3: #ヒゲジャーナル アレルギー児の親は育児ストレスが高く、得た情報満足度に反比例する。インターネット上の情報をより拡充させる必要がある。 國武 加奈。食物アレルギー児の母親における育児ストレスとインターネット上の食物アレルギー情報に対する満足度に関する…
RT @iryou_dokusyo: #研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「小児病棟看護師の急変対応における医師の期待」 https://t.co/n1xZ4fqIYs 看護師は最低限の知識で配属されるが、患者の危機的な状況を経験することで、メタ的な知識を得る。容態の急変は問…
#綾雨ジャーナル 症例報告 「経口気管挿管下で退院し自宅で看取りを行った重症低酸素虚血性脳症の1例」 症例は正常産、出生体重約2500g、アプガースコア0/0/0点。常位胎盤早期剥離のため緊急帝王切開で出生したが重症低酸素虚血性脳症に至った。→ https://t.co/bCx26HdhE8
RT @iryou_dokusyo: #研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「小児での臓器移植の現状」https://t.co/EGxiWqch8b 小児移植は、臓器提供源として臓器のサイズや機能の面では成人患者とは異なる条件がある。提供臓器の大きさの影響を考慮しても移植臓器…
RT @ka0mc3: #ヒゲジャーナル 心臓手術後の縦隔/胸腔ドレーンの留置期間は手術部位感染症の発生率並びにドレーン先端培養陽性率と関連していた。手術部位からは黄色ブドウ球菌が、先端からは皮膚常在菌が検出。 開心術後におけるドレーンの留置期間, 先端培養汚染と手術部位感…
RT @iryou_dokusyo: #研鑽ジャーナル #読了 「全身麻酔下での破裂脳動脈瘤コイル塞栓術におけるサンステートの術中体温保持効果の検討」 https://t.co/fr2HFhhHmx 全麻では体温調節中枢の抑制、末梢血管拡張、熱産生の不可が重なり麻酔開始一時…
RT @iryou_dokusyo: #研鑽ジャーナル #読了 #診療看護師 「診療看護師(NP)養成課程におけるシミュレーション教育」 https://t.co/lphPF0n1Ay NP教育で外傷診療、内科診療のシュミレーターで超音波検査画像やレントゲン写真などの検査所…
#綾雨ジャーナル 14歳男児。漏斗胸に対しNuss法を施行、経過良好にて退院したが、術後35日目に心タンポナーデを発症した。反応性心嚢液貯留と診断、ドレナージ4日後にバー抜去を実施、抜去後11日目に退院した。 Nuss 法術後に遅発性心タンポナーデを発症した 漏斗胸の 1 例 https://t.co/vEmRove0R9
RT @iryou_dokusyo: #研鑽ジャーナル #読了 #診療看護師 #NP #PA 「外来治療センターにおける診療看護師介入による診療の効率化:前後比較研究」@Ayame_medical05 https://t.co/dJ5XUiVzfq 実践報告 外来治療セ…
RT @ka0mc3: #ヒゲジャーナル インフォデミックはウイルスと同様に間違った情報が迅速に広まる。誤情報への接触防止と共に、ネットヘルスリテラシーの把握や有効なSNSの活用法を模索する。 宮脇梨奈。COVID-19パンデミック下におけるインターネットとソーシャルメディ…
RT @iryou_dokusyo: #読了 #小児看護 #研鑽ジャーナル 「アレルギー疾患をもつ思春期にある子どものレジリエンスの特徴」 https://t.co/jIEYNQ3OpJ アレルギーを持つ小児の場合、病気を否定的に認識している傾向がある。思春期の子供の場合、他…
#綾雨ジャーナル 症例報告 「小児の循環補助用心内留置型ポンプカテーテル(IMPELLA®︎)装着下メディカルジェット搬送」 症例は12歳女児(身長144cm、体重35kg、体表面積1.16m²)。咳嗽、嘔吐、腹痛を主訴に地元の2次救急医療機関を受診し、急性心不全と診断された。→ https://t.co/QC2paweZ5t
#綾雨ジャーナル 症例報告 「腹膜転移を伴った17歳MSI-high直腸癌の1例」 症例は17歳女性。腹痛、粘血便を主訴に来院した。家族歴に父系の大腸癌(祖父)、胃癌(祖母)、膵臓癌(曾祖父)があった。母系は離婚により詳細不明であった。→ https://t.co/PecikRpXaE
RT @ka0mc3: #ヒゲジャーナル 外来で児が採血される際の行動は入院経験により左右され、保護者の採血前の予測実際の児の行動と関連していた。採血前の保護者の予測を把握、アセスメントする事が大切である。 佐藤 志保。採血を受ける子どもの対処行動を予測するために必要な要因の…
#綾雨ジャーナル 症例報告 「上大静脈症候群により発見された心臓原発性血管肉腫の1手術例」 症例は31歳女性、30歳時に多発性硬化症の既往があった。胸痛、呼吸苦を主訴に来院され、肝機能障害及び右房内腫瘍を認め循環器内科入院となった。→ https://t.co/mno4WN6Gia
#綾雨ジャーナル 症例報告 「SLEの24歳男性に発症した弓部大動脈瘤破裂、下行大動脈破裂の1経験例」 症例は24歳男性。10年前よりSLE、ループス腎炎、ネフローゼ症候群の診断によりプレドニンを長期服用していた。→ https://t.co/YJsB0c0PaY
#綾雨ジャーナル 症例報告 「5回の手術を経て長期生存しえた左心房原発未分化多形成肉種の1例」 症例は初診時47歳女性。45歳時に労作時呼吸困難で前医を受診。心臓エコー検査で左心房に巨大腫瘍を認め切除術を行なった。→ https://t.co/rh6ZO2CsQk
RT @ka0mc3: #ヒゲジャーナル 20歳男性、ひきこもりのため症状に気付かず肝不全に進行したWilson病。ひきこもりが精神症状の可能性がある。肝移植により救命し、社会生活含めて経過は良好である。鬱の鑑別にあげる。 山子泰加。ひきこもりにて肝不全の発見が遅れたWil…
#綾雨ジャーナル 症例報告 「吐血を訴えた作為症/虚偽性障害(いわゆるミュンヒハウゼン症候群)の1例」 症例は13歳女児。既往に不安神経症があり他院精神科に通院。黒色便の訴えがあり当院を受診した。上部消化管出血疑いで上部消化管内視鏡検査→ https://t.co/C7FpJ8d5jm
#綾雨ジャーナル 症例報告 「上腸間膜動脈起始部断裂にて発症した血管型 Ehlers-Danlos 症候群の13歳男児例」 症例は13 歳男児。突然の上腹部痛と嘔吐を主訴に近医を受診した。血液検査では異常はなかったが、腹痛が強く当院に紹介となった。→ https://t.co/UADBIDUpQ3
#綾雨ジャーナル 症例報告いきます。 「併存する頭蓋内出血により早期の抗血栓療法を施行できず、両側椎骨動脈損傷後の小脳梗塞を回避し得なかった一例」 https://t.co/9wCm8FNdFz 72歳男性。4m下の道路に墜落し鈍的頭部外傷を受傷した。↓
RT @ka0mc3: #ヒゲジャーナル 両親が不仲で別居し片親の悪口を聞かされた子どもはそうでない子どもと比べ、孤独感や将来への失望感が高く、自己肯定感や今の生活への好感度が低かった。 両親の不仲が子どもの心理に与える影響 〜夫婦間の悪口は子どもにどのような影響を与えているの…
#綾雨ジャーナル 「長崎大学病院心臓血管外科での診療看護師導入とsその効果」 https://t.co/OK6hI2A1Jt 長崎大学病院では、「外科医の診療時間、特に時間外を短縮する」ことを目的に、診療看護師(以下NP)を導入した。↓
RT @iryou_dokusyo: #読了 #研鑽ジャーナル 「言語聴覚士と多職種連携―現状と今後の展開―」 https://t.co/nXAZmtgxzF 言語聴覚士の制度的発展を書いた文献。言語聴覚士は言語障害や摂食嚥下障害のリハビリテーションについてリハビリの専門家で…
スペース中に見つけた論文1です。 左房内に発生した pleomorphic rhabdomyosarcoma の1手術例 https://t.co/oNoHhXzVMI
RT @terimakasih0001: 『731部隊 悪魔の人体実験』として有名なこの写真。 実は100年前に満州でペスト撲滅のために戦っていた日本人で、オリジナルは『鉄嶺(満州)におけるペスト屍體(死体)の解剖 』 つまり悪魔どころか、感染症から人々を救おうと戦っていた…
心臓血管外科診療における診療看護師の現状について-日本心臓血管外科学会雑誌 #NP #診療看護師 https://t.co/RT6Je1oi4R
東北大病院のやつ。高校生でも日心外誌がタダで読めるサイトがあるのはありがたい。 https://t.co/H357ar6LDV https://t.co/vkuoCbnuJW
長崎大病院のやつ https://t.co/zc7dtst0Ns https://t.co/vkuoCbnuJW
長崎大学病院心臓血管外科での診療看護師導入事例きた! 日心外会誌ありがたすぎる https://t.co/Xg3Yv9cUnk
今さっき知ったこと <内胸動脈にも動脈瘤が発症する> https://t.co/lZq6DRqiEv

お気に入り一覧(最新100件)

#ヒゲジャーナル 60歳女性。VSDは未受診。発熱出現し経胸壁心エコーでIEと診断。術中診断で肺動脈弁の疣贅を認め、弁置換を行った。珍しい右心系IEの一例である。 肺動脈弁位感染性心内膜炎の1例。https://t.co/RtORk4s4lz
#研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「脳死下臓器提供における家族の心情変化に配慮した支援体制」 https://t.co/Y1WE1YVNty 患者が回復不能だと知った家族は臓器提供を考えることが多く、脳死・臓器提供・移植医療や院内体制についての知識をもった同一人物による家族支援が必要である。
#ヒゲジャーナル アレルギー児の親は育児ストレスが高く、得た情報満足度に反比例する。インターネット上の情報をより拡充させる必要がある。 國武 加奈。食物アレルギー児の母親における育児ストレスとインターネット上の食物アレルギー情報に対する満足度に関する研究。 https://t.co/8WCqSB2hRx
#研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「子どもに対するICT活用の現在と未来―学びの継続と進化:リアルとバーチャルの統合―」 https://t.co/RLdwOZo2zZ アプリでの親‐こどもの交流は、こどもの社会的認知能力を高め、空間図形や天体など3次元的な概念に加え海外地理など身近に体験できない学習に役立つ
#研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「小児病棟看護師の急変対応における医師の期待」 https://t.co/n1xZ4fqIYs 看護師は最低限の知識で配属されるが、患者の危機的な状況を経験することで、メタ的な知識を得る。容態の急変は問題の本質を見抜き、素早く必要な資材を確保し管理する能力を向上させる。
#研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「小児での臓器移植の現状」https://t.co/EGxiWqch8b 小児移植は、臓器提供源として臓器のサイズや機能の面では成人患者とは異なる条件がある。提供臓器の大きさの影響を考慮しても移植臓器によっては臓器提供者自身も小児であるなど、小児医療特異の諸問題がある
#研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「小児期に生体肝移植を受けた患者が捉えている家族の様相」 https://t.co/RndZ1QhyoT 子どもは、療養生活の体験や移植当時の話を聞いて生体肝移植を認識し、家族自身の困難が家族の絆が深まった出来事として捉える一方で、亡くなった同胞に自責することもある。
#研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「子どもの代理意思決定をする親の苦悩」 https://t.co/4VByse4gZ2 手術や治療の選択に悩んだ際に専門的な知識を持った医師看護師を含めた多職種の相談体制が求められる。家族だけでは病気や障害で正しい知識を持ち合わせた支援者や理解者を見つけるのが難しい。
#ヒゲジャーナル 心臓手術後の縦隔/胸腔ドレーンの留置期間は手術部位感染症の発生率並びにドレーン先端培養陽性率と関連していた。手術部位からは黄色ブドウ球菌が、先端からは皮膚常在菌が検出。 開心術後におけるドレーンの留置期間, 先端培養汚染と手術部位感染の関係。https://t.co/W2dOAA65IH
#研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「全国調査による子どもの療養環境の現状について : 小児病棟と混合病棟を比較して」 https://t.co/ZS7TTS5MV7 小児病棟のほうが混合病棟より療養環境は整っているが、約半数しか入院できないため、混合病棟において小児専門看護師を含めた支援が必要である。
とりあえず朝からガクブルしてることをご報告致します https://t.co/ypkZQKrcmP
#研鑽ジャーナル #読了 「全身麻酔下での破裂脳動脈瘤コイル塞栓術におけるサンステートの術中体温保持効果の検討」 https://t.co/fr2HFhhHmx 全麻では体温調節中枢の抑制、末梢血管拡張、熱産生の不可が重なり麻酔開始一時間で約1℃体温低下するものの、サンステートの使用は体温上昇に寄与した。
#研鑽ジャーナル #読了 #診療看護師 「診療看護師(NP)養成課程におけるシミュレーション教育」 https://t.co/lphPF0n1Ay NP教育で外傷診療、内科診療のシュミレーターで超音波検査画像やレントゲン写真などの検査所見などもモニターに映し出すことで見落としや見誤りを軽減する工夫をしている。
#ヒゲジャーナル インフォデミックへの対処は感染対策と並ぶ公衆衛生上の急務である。早期からのネットリテラシー教育を行い専門家と市民が協力して健康教育・ヘルスプロモーションを行う必要がある。 行動変容を促す健康教育・ヘルスプロモーションのアプローチhttps://t.co/jUPOfRlG6V
#研鑽ジャーナル #読了 #診療看護師 #NP #PA 「外来治療センターにおける診療看護師介入による診療の効率化:前後比較研究」@Ayame_medical05 https://t.co/dJ5XUiVzfq 実践報告 外来治療センターにて診療看護師が診療の生産性への影響について考察した文献。2014年よりNPの採用を始め、当該NPは↓
#研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「COVID-19パンデミック下のPICU面会制限の影響と遠隔面会の有用性:単施設調査紙研究」 https://t.co/O09ps2lIya PICU下での遠隔面会について肯定的な意見が多かった。子どもは闘病への意欲を増進させた一方で、家族と看護師とが意思疎通を図るなど改善点も見られた
#ヒゲジャーナル 乳幼児の喉頭異物は頻度は低い。正確な問診は困難であり気管支炎などの診断ももある。小児科医の認知度を上げるとともに、耳鼻科医と協力して喉頭ファイバーや軟性鏡を用いた診断、治療の必要がある。 岡田 亜紀。乳幼児喉頭異物の1症例。https://t.co/QQVCPLKCqP
#研鑽ジャーナル #読了 #小児看護 「NICUにおける医学上の倫理的意思決定の実態と看護師の参加に関連する要因」 https://t.co/MfvAHG4Fqu NICUでは、小児科医と家族が主体で意思決定する。看護師は情報の共有のために架け橋となり、治療が遅滞する際には、こどもの利益になるか考える必要がある。
#読了 #小児看護 #研鑽ジャーナル 「アレルギー疾患をもつ思春期にある子どものレジリエンスの特徴」 https://t.co/jIEYNQ3OpJ アレルギーを持つ小児の場合、病気を否定的に認識している傾向がある。思春期の子供の場合、他者との比較の中で病気のせいで自分を卑下する場合がある。
#ヒゲジャーナル 術後痛には炎症性痛が関与しているが、炎症反応は組織修復を促進するため、炎症反応そのものでは無く炎症性痛に関与する侵害受容器の応答を抑制する事が重要だ。 石田 高志。炎症と術後痛管理—炎症性メディエーターと侵害受容器をターゲットとした鎮痛。https://t.co/MuVbFXC69k
#ヒゲジャーナル 43歳女性。Ca拮抗薬を大量内服した後に搬送。低血圧にたいして複数のカテコラミン併用し集中治療を行った。Day15で昇圧剤は終了したが、NOMIにより死亡した。 岩崎光生。カルシウム拮抗薬中毒によって重度の低血圧,多臓器障害, 腸管壊死をきたした一症例https://t.co/nNeCgb0kHY
#研鑽ジャーナル #読了 #小児科 #小児看護 #NP 「代理意思決定を担う患者家族への看護支援の重要度の認識と困難度の実態―救急看護師の観点から―」 https://t.co/C15EmVkw3R 本研究の結果から、救急看護師が代理意思決定を行う家族支援として、認識した重要度と実践度には高い相関関係が↓
#研鑽ジャーナル #読了 「小児科外来で採血・点滴を座位で受ける乳幼児に付き添う家族の認識」 https://t.co/1VACzeFemJ 処置前に乳幼児と家族の両者に行う看護師からの説明は9割以上の家族がわかりやすいと受け止めており、理解の得られたことが示された。その理由に子どもが納得する具体的な↓
#ヒゲジャーナル 20歳男性、ひきこもりのため症状に気付かず肝不全に進行したWilson病。ひきこもりが精神症状の可能性がある。肝移植により救命し、社会生活含めて経過は良好である。鬱の鑑別にあげる。 山子泰加。ひきこもりにて肝不全の発見が遅れたWilson病の1例。https://t.co/3zpWRJTuRB
#ヒゲジャーナル Dravet症候群の成人期までの追跡調査。発熱や図形誘発発作は20歳までに消失する可能性がある。知能の状況はほとんどの症例で遅れが認められたが程度は様々であり、脳波に関連した。 秋山麻里。成人期に達した Dravet 症候群の長期経過に関する研究。https://t.co/AcS3EUfuJM
#ヒゲジャーナル 先天性腎尿路異常は若年者の腎不全の原因の1/3であり、胎児期や新生児から超音波検査で正確に診断し適切に治療する事で腎実質障害が抑制され腎機能保護に繋がる。 坂井 清英。超音波検査でわかる先天性腎尿路異常(CAKUT)の診断と治療。https://t.co/Om6WRvgUbR
#ヒゲジャーナル 病院において看護師、医師の順で針刺しなどが多く、経験年齢には関係なかった。事務職を含めてHBs抗体価の測定やHBワクチン早期接種/追加接種が必要である。 世古口 悟。針刺し事故の現状から見たB型肝炎ワクチン接種の必要。https://t.co/iI0kQT7NFF
#ヒゲジャーナル 2歳男児、Ⅲ度重症熱傷に対して人工呼吸を含めた加療を開始した。5日目より理学療法を行った。抜管後は疼痛管理をしつつ熱傷の段階に応じて理学療法を継続し152日目に独歩退院した。 野々垣政志。全身の重症熱傷受賞後に早期から理学療法を施行した2歳児例。https://t.co/e7zSaRzaLK
#ヒゲジャーナル 軽症胃腸炎関連痙攣16例に対して6-7日間カルバマゼピンを投与する事はジアゼパムやフェノバルビタールで停止しえなかった痙攣を停止させその後再発を認めなかった。著効する。 市山高志、軽症胃腸炎関連けいれんに対する少量carbamazepine療法。https://t.co/lfZEwwGWBY
#ヒゲジャーナル 小児の用量内でTFLXを投与し血清creや腹部症状を来した7例。薬剤中止により血清creと症状は改善した。安易な使用は避けつつ、必要時には腎機能を監視して使用するべきだ。 菅原典子。トスフロキサシン投与中に血清クレアチニン上昇を認めた7例の臨床的検討。https://t.co/BNxlhBr7ED
#ヒゲジャーナル 40代男性。ギランバレー症候群に対して鎮静薬を用いて全身管理した。薬剤の減量・中止に伴い体動・頻呼吸等が出現した。薬剤再開でも改善しなかったがケタミン投与にて改善した。 戸田美希。離脱症候群に対してケタミンを使用した一例。https://t.co/exB6rsxh4m
#研鑽ジャーナル #読了 「救急・集中治療領域において家族にエンドオブライフ・ケアを行う看護師の困難に対する対処」 https://t.co/A00sZs1yFP 救急・集中治療領域看護師は、学習機会や、同僚看護師や自身の経験といった資源を用いながら,家族に対するエンドオブライフ・ケアの困難に対処して↓
#ヒゲジャーナル 両親が不仲で別居し片親の悪口を聞かされた子どもはそうでない子どもと比べ、孤独感や将来への失望感が高く、自己肯定感や今の生活への好感度が低かった。 両親の不仲が子どもの心理に与える影響 〜夫婦間の悪口は子どもにどのような影響を与えているのか〜https://t.co/nV4vtrbmPj
#読了 #研鑽ジャーナル 「言語聴覚士と多職種連携―現状と今後の展開―」 https://t.co/nXAZmtgxzF 言語聴覚士の制度的発展を書いた文献。言語聴覚士は言語障害や摂食嚥下障害のリハビリテーションについてリハビリの専門家である。すると、医師や医療従事者との連携が必要になる。特に小児の言語↓
#読了 #研鑽ジャーナル 「看護師認定制度のこれまでとこれから」 https://t.co/NgdJUAN72r 日本における診療看護師(NP)と海外のNPの紹介、認定看護師の役割などを記した文献。 診療看護師や特定行為認定制度は社会的認知度が少ないことが課題であり、知識と技術に見合った報酬の設定も重要である。
#読了 #研鑽ジャーナル 「撤退学入門-ホモ・サピエンスよ、その名に値するまであと一歩だ」 https://t.co/4HZDum987Z 師匠の文献。県立大の在学中に師事した先生で、持続不可能な経済合理性を追求した世界からの撤退を唱える。慣性や惰性に流されることなく、自分の頭で考えるとはどのような事か。↓
https://t.co/Wu7bgg1ysG #研鑽ジャーナル #読了 #医用工学 血液の流体力学的な側面を利用した、頸動脈血流のイメージングを行った研究。 頚動脈内膜剥離術と頚動脈ステント留置術の術後成績が同程度である理由を、試験管レベルだけでなく体内の血管内の運動を計算流体力学を用いて調査した。↓ https://t.co/t9k2JPA1I0
#ヒゲジャーナル NPに関する論文。 身近にNPがいると知名度があがる。病院外では知らない必要としていないと回答されており、広い認知が望まれる。 中原 未智、その他。診療看護師(NP)の認知度と期待に関する調査。J. Jpn. Acad. Nurs. Sci., Vol41,pp.211-219,2021. https://t.co/tKnBk7rjdY
#診療看護師 #NP マジか、地元にも診療看護師さんがいらっしゃって、心臓血管外科で活動されてるらしい...! https://t.co/jIARLLUU18
『731部隊 悪魔の人体実験』として有名なこの写真。 実は100年前に満州でペスト撲滅のために戦っていた日本人で、オリジナルは『鉄嶺(満州)におけるペスト屍體(死体)の解剖 』 つまり悪魔どころか、感染症から人々を救おうと戦っていた日本人だったのです。 ( ˘•ω• )https://t.co/98AmUvlzEt https://t.co/ygCtzpz0tr
日本におけるナース・プラクティショナーがもたらす医療変革への期待 https://t.co/3a0LNpgBVd
診療看護師が行う超音波検査の有用性 - 東北文化学園大学 https://t.co/cEE4ycGTL1
これはすごい、最後まで諦めてはいけない。 J-STAGE Articles - 病院前蘇生的開胸術で救命した重症多発外傷の一例 https://t.co/G44r8yqOXH
心臓血管外科学会誌。 NP紹介。 今回は長崎大学病院。 https://t.co/KarX4vFeSn

フォロー(643ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(267ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)