F.T.T.H(光回線四文字) (@FTTH)

投稿一覧(最新100件)

“CiNii 論文 -  マイクロブログの投稿時間に着目したユーザの職業推定に関する研究” http://t.co/L1fhqmTOIa #_____#_|ω・)……
RT @shanghai_ii: 戦後沖縄の帰属論争と民族意識―日本復帰と反復帰― 3 章 日本・沖縄間の「本土並み」復帰を巡る交渉過程 https://t.co/xAPAvw7lq7
RT @blackshadow0: @blackshadow0 問題のD論はこれ。 http://t.co/0sC7Tgyvc5 P.14の"1.3.3 Spin-polarized electronic device"からP20まで図や引用文献番号含めて http://t.…
日本語としてクソ平易なんですけど(いや、いいんだけどw / “KAKEN - 癌形質を消失させるマイクロRNA群の薬物応用への試み(23659285)” http://t.co/dPvThzWjpe #_____#_|ω・)……
[ # |ω・)……]め……明仁 / “CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動” http://t.co/yeZ7KnqK
RT @ogochan: 名字のない人が著者にいるんだが > 皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 http://t.co/0Ib3MyXY

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(2974ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

J-STAGE Articles - 学会誌をどう出版するか:商業出版社に託す場合の注意点 https://t.co/JdqAVKdxjK
RT @heero108: 鈴木国男「2・5次元ミュージカル」『共立女子大学文芸学部紀要』63集(2017年) https://t.co/WhlxRZZaBj 藤原麻優子「ミュージカル『テニスの王子様』試論:2.5次元ミュージカル研究にむけて」『西洋比較演劇研究』17巻1号(…
RT @heero108: 鈴木国男「2・5次元ミュージカル」『共立女子大学文芸学部紀要』63集(2017年) https://t.co/WhlxRZZaBj 藤原麻優子「ミュージカル『テニスの王子様』試論:2.5次元ミュージカル研究にむけて」『西洋比較演劇研究』17巻1号(…
RT @heero108: 増山賢治「現代日本の大衆芸能における新潮流をとらえる:音楽・映像・演劇のクロスオーバーから2.5次元ミュージカルまで」『ミクスト・ミューズ:愛知県立芸術大学音楽学部音楽学コース紀要』11号(2016年) https://t.co/YgEPdK4QcT
RT @heero108: その後論文を読み、またCiNiiを漁ったところ、近年「2.5次元ミュージカル」に関する論文がいくつか発表されていることに気づく。以下、忘備録として。 増山賢治「2.5次元ミュージカル活性化の諸相:演目と作曲家の多元性に着眼して」『愛知県立芸術大学紀…
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
RT @a_iijimaa1: 大豆の産地によってセレン含有量は異なるようですね。とはいえ、納豆17パックは食べすぎですねぇ…。https://t.co/4vHO9nwZew https://t.co/z5LMFjqcO9
@winter_mute_jp 先程リンクを掲示した記事では明示的に書かれていませんでしたが、著者の博士論文ではWGIP問題の主唱者である江藤淳の解釈の妥当性についても触れているようです。 https://t.co/j6EXw03VCH
RT @r_shineha: なんとなくこちらにも流しておくか。去年書いたものの一つでこんなんあります。 「「インパクト」を評価する―科学技術政策・研究評価―」(国立国会図書館調査及び立法考査局冷戦後の科学技術政策の変容 : 科学技術に関する調査プロジェクト報告書) https…
RT @orz_orzorz: @yusuke_tsugawa 糖質制限すると脂質代謝 になりケトン体をエネル ギー源とした後アセトン が残りますアセトンは両 親媒性で水と油に溶けや すい性質です血液水分に 溶け身体の老廃油脂を 洗浄してる可能性は有り ませんか?アセトン洗浄…
"夜間逆流と睡眠との関連" https://t.co/eHppiwO35P
@namak ちらっと調べてみた範囲ですぐ見られるのとして,この論文の途中から数ページですが彼女の出生と両親に関して論文を引いての説明があってかなり詳しいですね。 https://t.co/b6IRxxfbAe 下の方にPDFへのリンクあります。もしご確認済みでしたらすみません。
RT @Supmsx: MSX コ ン ピ ュ ー タ とVTR カ メ ラ を用 い た視 聴 覚教材作 成 シ ス テ ム の 開発 https://t.co/R4vEWjxOvX
RT @Bsubtilis: 脳波による耳鳴り音の周波数特定とマスキング音声の生成 https://t.co/oMCkysz6qX 先行研究ありました
アフリカ音楽分析 ――ジャズのルーツとしてのポリリズムと音律―― https://t.co/Tt38IxZDV9
CiNii 論文 -  恋愛における告白の成功・失敗の規定因 https://t.co/ZeQXJE5pLs
CiNii 論文 -  恋愛における告白の成否の規定因に関する研究 https://t.co/jGmrKWqfPb
RT @yusaku_matsu: CiNii 論文 -  若月剛史「特集 日本における官僚制の歴史過程から見る公文書管理 」https://t.co/dDiIb3quGr #CiNii
RT @yusaku_matsu: CiNii 論文 -  若月剛史「日本における官僚制の歴史的展開と公文書管理 」https://t.co/Cb0MYorbAc #CiNii
https://t.co/XeqSQqcexs これの1ページ目を読むと、1940年の時点で既にリストカットの事例についてのイメージ論があるっぽいし、特になにか、という訳でなく、擬似自殺としてずっと定番なのかもしれない。
RT @Conscript1942: ソ連は1930年代には日ソ国境紛争もあってヨーロッパの現状維持(フランスの提案していた東欧ロカルノ体制)に強く賛同して国際協定によるドイツの抑え込みを企図していて、これが成立していたらWW2は回避されてたでしょうね。 https://t.c…
RT @Conscript1942: ソ連は1930年代には日ソ国境紛争もあってヨーロッパの現状維持(フランスの提案していた東欧ロカルノ体制)に強く賛同して国際協定によるドイツの抑え込みを企図していて、これが成立していたらWW2は回避されてたでしょうね。 https://t.c…
また、「大学学部生の科学技術情報と進路選択に対する意識」という調査 https://t.co/cKliAt3gHy によれば、「ごく初期の人類は、恐竜と同時代に生きていた」という文に対する○×問題(答は×)に正解した大学学部生は… https://t.co/XlKgtkPYBt
「大学学部生の科学技術情報と進路選択に対する意識」という調査 https://t.co/cKliAt3gHy によれば、「抗菌剤は、バクテリアと同様、ウイルスの増殖も抑える」という文に対する○×問題(答は×)に正解した大学学部生はたったの 24.0% とのこと。
岡本摩耶,「大学学部生の科学技術情報と進路選択に対する意識」,NISTEP RESEARCH MATERIAL,No.272,文部科学省科学技術・学術政策研究所. DOI: https://t.co/7bfaGaBgAv
RT @khargush1969: 今井秀周(2011)「北方遊牧民族と雷」『東海学院大学紀要』4:139-148. https://t.co/4n2W84LbiY クリップしてなかった。モンゴル人が雷を恐れたことを証言するモンゴル帝国期の史料が集められている。
RT @Conscript1942: ソ連は1930年代には日ソ国境紛争もあってヨーロッパの現状維持(フランスの提案していた東欧ロカルノ体制)に強く賛同して国際協定によるドイツの抑え込みを企図していて、これが成立していたらWW2は回避されてたでしょうね。 https://t.c…
RT @Conscript1942: ソ連は1930年代には日ソ国境紛争もあってヨーロッパの現状維持(フランスの提案していた東欧ロカルノ体制)に強く賛同して国際協定によるドイツの抑え込みを企図していて、これが成立していたらWW2は回避されてたでしょうね。 https://t.c…

フォロワー(2120ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @heero108: 鈴木国男「2・5次元ミュージカル」『共立女子大学文芸学部紀要』63集(2017年) https://t.co/WhlxRZZaBj 藤原麻優子「ミュージカル『テニスの王子様』試論:2.5次元ミュージカル研究にむけて」『西洋比較演劇研究』17巻1号(…
RT @heero108: 鈴木国男「2・5次元ミュージカル」『共立女子大学文芸学部紀要』63集(2017年) https://t.co/WhlxRZZaBj 藤原麻優子「ミュージカル『テニスの王子様』試論:2.5次元ミュージカル研究にむけて」『西洋比較演劇研究』17巻1号(…
RT @heero108: 増山賢治「現代日本の大衆芸能における新潮流をとらえる:音楽・映像・演劇のクロスオーバーから2.5次元ミュージカルまで」『ミクスト・ミューズ:愛知県立芸術大学音楽学部音楽学コース紀要』11号(2016年) https://t.co/YgEPdK4QcT
RT @heero108: その後論文を読み、またCiNiiを漁ったところ、近年「2.5次元ミュージカル」に関する論文がいくつか発表されていることに気づく。以下、忘備録として。 増山賢治「2.5次元ミュージカル活性化の諸相:演目と作曲家の多元性に着眼して」『愛知県立芸術大学紀…
RT @a_iijimaa1: 大豆の産地によってセレン含有量は異なるようですね。とはいえ、納豆17パックは食べすぎですねぇ…。https://t.co/4vHO9nwZew https://t.co/z5LMFjqcO9
RT @a_iijimaa1: 大豆の産地によってセレン含有量は異なるようですね。とはいえ、納豆17パックは食べすぎですねぇ…。https://t.co/4vHO9nwZew https://t.co/z5LMFjqcO9
RT @a_iijimaa1: 大豆の産地によってセレン含有量は異なるようですね。とはいえ、納豆17パックは食べすぎですねぇ…。https://t.co/4vHO9nwZew https://t.co/z5LMFjqcO9

5 1 1 0 OA 樺太年鑑

【樺太】《文献》樺太年鑑 昭和13年(国立国会図書館・近代デジタルライブラリー) https://t.co/vJXbptHm71 ※18ページに『樺太島歌』の歌詞掲載
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? インタビュー 井上修一氏(日本フードサービス協会会長)一人でも多く会員を増やし、業界を挙げ問題に対処したい(井上 修一),1999 https://t.co/hmFudeK5V0
@winter_mute_jp 先程リンクを掲示した記事では明示的に書かれていませんでしたが、著者の博士論文ではWGIP問題の主唱者である江藤淳の解釈の妥当性についても触れているようです。 https://t.co/j6EXw03VCH
【文献】藤沢優『世界の国旗・国歌総覧』(岩崎書店/1976) https://t.co/BpTUP9xdRq 付録として日本の都道府県旗と歌を掲載。宮城の『輝く郷土』や『兵庫県民歌』は亡失扱いで「未制定」とされ、愛媛は刊行前に廃止… https://t.co/cq3PwXDpf3
【文献】藤沢優『国のシンボル』(頌文社/1970) https://t.co/vSChMIMvNE 『日本うたの地図』と同年に刊行。『シンボルと公式制度』のコンパクト版かつ増補改訂版のような内容だが、宮城・徳島・佐賀は戦前の県民歌に触れず「未制定」とされている。
@namak ちらっと調べてみた範囲ですぐ見られるのとして,この論文の途中から数ページですが彼女の出生と両親に関して論文を引いての説明があってかなり詳しいですね。 https://t.co/b6IRxxfbAe 下の方にPDFへのリンクあります。もしご確認済みでしたらすみません。

2 2 2 0 世論

リップマンの Public Opinion (1922年) も、時代によって訳書の題名・読みが異なる。 1923年 中島行一・山崎勉治訳『輿論』(よろん) https://t.co/73eKiX56Qc 1963年 高根正昭ほ… https://t.co/McaKqVaJj6

2 2 2 0 輿論

リップマンの Public Opinion (1922年) も、時代によって訳書の題名・読みが異なる。 1923年 中島行一・山崎勉治訳『輿論』(よろん) https://t.co/73eKiX56Qc 1963年 高根正昭ほ… https://t.co/McaKqVaJj6

2 2 2 0 世論

リップマンの Public Opinion (1922年) も、時代によって訳書の題名・読みが異なる。 1923年 中島行一・山崎勉治訳『輿論』(よろん) https://t.co/73eKiX56Qc 1963年 高根正昭ほ… https://t.co/McaKqVaJj6
RT @V_Ai_Ayaka: 周りの人だけが内定を貰っていて焦るという状況は相対的剥奪モデルで説明できるのですが、私は周りに一緒に就活をする友人が全くいないので何も感じていません。これについては相対的剥奪と準拠集団の数理モデル(浜田,1999)で説明可能ですね。 https:…
RT @Supmsx: MSX コ ン ピ ュ ー タ とVTR カ メ ラ を用 い た視 聴 覚教材作 成 シ ス テ ム の 開発 https://t.co/R4vEWjxOvX
RT @Bsubtilis: 脳波による耳鳴り音の周波数特定とマスキング音声の生成 https://t.co/oMCkysz6qX 先行研究ありました
RT @Aki_Okazawa: なにこれめっちゃ面白そうな研究みっけた! 「ギルガメシュ叙事詩の編集史的研究および物語言語研究のためのデジタルアーカイブ構築」 https://t.co/jsllZogK3X 成果は…成果はいつ…
アフリカ音楽分析 ――ジャズのルーツとしてのポリリズムと音律―― https://t.co/Tt38IxZDV9
RT @Conscript1942: ソ連は1930年代には日ソ国境紛争もあってヨーロッパの現状維持(フランスの提案していた東欧ロカルノ体制)に強く賛同して国際協定によるドイツの抑え込みを企図していて、これが成立していたらWW2は回避されてたでしょうね。 https://t.c…
RT @Conscript1942: ソ連は1930年代には日ソ国境紛争もあってヨーロッパの現状維持(フランスの提案していた東欧ロカルノ体制)に強く賛同して国際協定によるドイツの抑え込みを企図していて、これが成立していたらWW2は回避されてたでしょうね。 https://t.c…
RT @Conscript1942: ソ連は1930年代には日ソ国境紛争もあってヨーロッパの現状維持(フランスの提案していた東欧ロカルノ体制)に強く賛同して国際協定によるドイツの抑え込みを企図していて、これが成立していたらWW2は回避されてたでしょうね。 https://t.c…
RT @Conscript1942: ソ連は1930年代には日ソ国境紛争もあってヨーロッパの現状維持(フランスの提案していた東欧ロカルノ体制)に強く賛同して国際協定によるドイツの抑え込みを企図していて、これが成立していたらWW2は回避されてたでしょうね。 https://t.c…
趣味・Now Browsing: 北部フォッサマグナ新第三紀深成岩類の地球化学的多様性 - https://t.co/V12K0I2P2W