神大むし研 (@KOBEKONCHU)

投稿一覧(最新100件)

RT @sawagani550cc: 淡路市の中山間のため池の利用と管理状況をうちの学生が数年前に調べた。その結果、4割ほどのため池はすでに放棄されている可能性が示された。 田中ほか(2011)淡路島北部における放棄ため池の現状と水生植物保全上の課題 https://t.co/…
RT @naoyukinkhm: 標本種子の発芽可能性の評価と標本作製および管理方法の種子寿命への影響(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/6goRxYNS0g 共同研究者による論文です。博物館の乾燥植物標本に生きた種子が含まれていること、また種子寿命に影…
RT @vertical06: ヨコエビ入門者むけに有山先生がなかなか読みやすい報文を書かれている https://t.co/MXnPltfvSC
参考)https://t.co/Z5aR32jtSt 水生動物がアミノ酸を飲む -見落とされていた窒素循環プロセスの解明-
皇居におけるタヌキの食性とその季節変動. https://t.co/PpMIil5A0c 国立科博研報A(2008)
RT @bufoninus: ユビナガコウモリの頭部の毛の中に潜り込んでいたクモバエ科の一種。 ノミやクモガタガガンボに雰囲気が似ているなぁと思った。同じクモバエ科のケブカクモバエについて生態が詳しく載っている論文→https://t.co/sSiGBS4wef https:/…
RT @Kamauchiii: 日本でもデータペーパーやりましょう、って言った身としては少しずつ普及してきて嬉しい限り 「ワークショップ「生態学関連データベースにおける最近の動向と今後の展望」の報告」https://t.co/XxBakycWm9 https://t.co/zc…
日本産ミノガ科のミノの形態(1) https://t.co/gbtPwGKyjC 昆蟲NS(2009) 日本産ミノガ科のミノの形態(2) https://t.co/JtgfyUsASX 昆蟲NS(2009)
日本産ミノガ科のミノの形態(1) https://t.co/gbtPwGKyjC 昆蟲NS(2009) 日本産ミノガ科のミノの形態(2) https://t.co/JtgfyUsASX 昆蟲NS(2009)
@catocala74 Kumata T (1982) Insect Matsumurana 26:1–186 https://t.co/GFnx8wtfyD
トノサマガエルもオオキベリアオゴミムシに捕食されることがある。http://t.co/NNnTWGEJvo 爬虫両棲類学会報(2006)
ホシシヤクトリの奇習。ホシシャク幼虫がイボタノキやネズミモチの樹上で糸で巣を作って生活していることは古くから知られており、巣内で蛹化するだけでなく、さらに興味深いことに、成虫は巣の糸に卵を産みつけるらしい。 http://t.co/bGYaBMPop2 昆蟲(1926)
紙魚。温かくなって活動しはじめたのか、研究室で見つかりました。屋内でも複数種が生息するそうですが、図鑑や検索をみるとヤマトシミっぽい。 http://t.co/EiXE9sW71k 「日本産家屋性シミ目の同定法」家屋害虫(2006) http://t.co/874oFGolMy
鳥インフルエンザは捕食被食関係を通じても感染する。ハヤブサなど猛禽類での感染は、感染個体を捕食したことによるものと考えられる。(PDF) http://t.co/RTirJFpVKV 「鳥インフルエンザと野生動物」 鶏病研究会報(2012)
蛾類学会の講演で知って興味深かったのは、蛾にも卵胎生(幼虫を直接産む)の種がいること。『日本においてオオタカとフクロウの巣から発見されたヒロズコガ(鱗翅目,ビロズコガ科)とフタモンヒロズコガ(新作)の幼虫産出性』 http://t.co/PgPGZ8pfYN 蝶と蛾(2008)
RT @naoyukinkhm: 日本国内の高山植物の系統地理について、解析手法の紹介も交えつつこれまでの研究成果を解説されています。(日本語、オープンアクセス) http://t.co/puOZwpP2rD
RT @naoyukinkhm: 植物の採集および押し葉標本の作成方法。日本語で詳しく書かれております。http://t.co/UJft7WDhlc
RT @naoyukinkhm: 岩手県内に栽培されている絶滅危惧植物アツモリソウの遺伝的多様性および外来近縁種の混入。葉緑体と核DNAについて調査した結果、中国原産の外来種が混入していると推定されたようです。 http://t.co/o7yWd6X21i
クロゲンゴロウの幼虫はヤゴやミズムシなどの水生節足動物を好んで食べる。オタマジャクシだけでは育たない。野外観察および室内実験より。http://t.co/qdgqjdeH6M … ApplEntomolZool(2009)
RT @daddygoose: 2009年から2013年の間でウグイスとコルリが減少,キビタキが増加。→全国規模の森林モニタリングが示す5 年間の鳥類の変化 https://t.co/zICtTxxyer
RT @h_okumura: 3.11後の情報の混乱を扱った私の拙い英語論文,やっと出た。無料 https://t.co/YUcxSltmXY
RT @fohtake: 阪大GCOEデータを使って頂いた研究です「血液型と性格「関連なし」…九州大講師が解析」 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) http://t.co/jZnCYbiTo8 論文はこちら https://t.co/GuO2uWwaP8
ビーク・マークのついたヤガ科標本15種27例を調べたところ、7種14例はCatocala属、残りはシタバ亜科の4属4種6例とクチバ亜科の4属4種7例であった。http://t.co/ET8ocS1apS 『日本産ヤガ科とジャノメチョウ類の翅のビーク・マーク』蝶と蛾(2005)
岩田久二雄博士は1930年代に京都の法然院や銀閣寺の庭、京大理学部植物園の(人工的な)砂山でもハナダカバチの営巣を観察されていたようです。http://t.co/teJguSBNOG 『擬鼻高蜂と鼻高蜂の習性』昆蟲(1936)
種間(資源)競争によるのは「生態的形質置換」、生殖にかかわるのは「繁殖的形質置換」と呼び分けられている。従来の生態的形質置換も実は繁殖干渉によってもたらされたもの、つまり繁殖的形質置換であった可能性が指摘されている。http://t.co/Y2ui6KzjQN 日生誌(2012)
RT @dankogai: Read: 血液型と性格の無関連性――日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―― https://t.co/21ExQpNvfF
RT @naoyukinkhm: かなり古い論文ではありますが、ガロアムシに関する和文論文。生息環境、飼育方法のほか、本州に生息するガロアムシ属3種の見分け方が記載されています。 http://t.co/J8zjp1S6W1
RT @naoyukinkhm: 日本海側冷温帯性針広混交林におけるニホンジカの植物嗜好性。京都大学芦生研究林におけるニホンジカの嗜好植物、不嗜好植物が紹介されています。なお、シカの植物嗜好性は状況依存的であり、環境などによって変化しうることに注意が必要とのことです。http:…
胞子を食べるハバチ幼虫。イノデの胞子を食べるというイノデホウシハバチ(Rocalia japonica Naito)がいるようです。http://t.co/rlMbY2FAcL Kontyu(1988) http://t.co/TGwPrfN6jA
RT @naoyukinkhm: 国内希少野生動植物種、絶滅危惧IA種に指定されているベッコウトンボの遺伝的多様性を解明した論文(日本語)。本論文では羽化殻からDNAを抽出することで、個体群への影響を最小限にしています。 http://t.co/0FRAV9Yu5E
@kobuyahazu @rikiom あとは、岩田先生が発見された中で最も印象的だったというツヤアリバチ類のハンミョウ幼虫を狩るシーンを観てみたいです。http://t.co/dKuy16s4HI 昆蟲(1936)
岩田久二雄博士とベッコウバチといえば有名なのは、猪名川原でチガヤ葉を巻くカバチコマチグモに外部寄生してるイワタツツベッコウ(イワタツツクモバチ)を発見した話。http://t.co/AK7gI3fOnc AnnZoolJap(1932)
早春の糖蜜を使った蛾類採集には気温が重要。京都市近郊の二次林で、2月下旬から3月にかけては日没後の気温が高いほど糖蜜に集まる蛾の個体数が増加したが、4月上旬には個体数が激減し気温と個体数の関係は消失。http://t.co/mdM7ay4HpM EntomolSci(1998)

4 0 0 0 OA 日本千虫図解

1904年(明治37年)は、松村松年が『日本千蟲図解』シリーズを出版しはじめた年。すでに電子公開されている。http://t.co/lDATPAywgA 日本千虫図解. 巻1
続き)例えば、東北で10年周期で大発生するブナアオシャチホコでは、大発生時にサナギタケによる蛹死亡率が上昇し、密度が減少した翌年にも土壌中の多量の胞子により蛹死亡率が高いままである(時間の遅れをもつ密度依存性)。http://t.co/39cuFVIbOw 日生誌(2006)
RT @rikiom: @KOBEKONCHU チャミノガはそれなりにたくさんいます。オオミノガでも時々たくさん見られることがありますが、昔の状況には程遠いでしょうね。https://t.co/01hCr9Dc1Q (pdf)
チャミノガとオオミノガの捕食寄生者群集。大阪府立大構内で1978年から1980年の2年間で約43000個体のミノムシを集め、寄生蜂34種、寄生蠅1種を記録した。http://t.co/ZVtGOZnIEn Kontyu(1983)
RT @f_nisihara: 博士号を持ちながら、50歳になっても週15コマの非常勤講師をしながら無給の研究員として研究を続けている人の話。オープンアクセスになっているので、誰でも本文が読めます。 - 「ある非常勤講師の場合」 http://t.co/Xq4nVuHh
『ダニ亜綱の高次分類群に対する和名の提案』によれば、コナダニ類はササラダニ目ササラダニ亜目コナダニ団。http://t.co/SCJtjrnzdD 日本ダニ学会誌(2009)
東京では平日より休日で気温が低い。1961年から1985年の25年間の平均で、日曜日は平日よりも日中で約0.2℃、夜間で約0.1℃低かった。(PDF)http://t.co/vbVe7NazRi JMeteorolSocJpn(1987)
RT @KuboBook: 北大の文献アーカイブ HUSCAP 内 http://t.co/63jyGvXNA9 の “樹木・森林生態学「よく出る」誤用統計学の基本わざ” http://t.co/GJFlRmiWZG に割り算値な負の相関捏造のハナシを紹介しています。どなた…
@haltaq ご指摘通りです。ただ、北海道への移入個体群はウチダザリガニ、滋賀県淡海湖の移入個体群はタンカイザリガニと、別種とされた経緯があり(現在は同種と考えられている)、和名は以下の文献に従いました。http://t.co/nYUslrRcll 陸水学雑誌(2007)
@MasakiHoso メグロ基亜種の模式標本の産地は父島と明記されておらず、採集者の足取りと父島でメグロを見かけたという日誌から、かつて父島に生息していたと推定されているようです。http://t.co/kOV2idUHbM 山階鳥学誌
日本のホソクビゴミムシ類ではミイデラゴミムシの幼虫がケラの卵塊を食べるということくらいしかわかっていない模様。(PDF)http://t.co/A57jipzUh1 農技報(1969)RT @hayabusa_sf ホソクビゴミムシ科の幼虫の生態
『保全生態学研究』の掲載論文に見られる研究対象の偏り。http://t.co/Q44kFO4ZDf 保全生態学研究(2012年)
RT @mothprog: CiNii 論文 -  鱗翅類の交尾形式 http://t.co/LiPJTiZbk4
カブトムシでは♂同士だけでなく♀同士の交尾行動(マウンティング)も報告されている。http://t.co/HQe4fYiCV4 JapJEntomol http://t.co/ykSta3PJPn EurJEntomol http://t.co/ycNuEpsRzi (解説)
RT @min2fly: “オーサーシップの考えを変える時だ” http://t.co/kY824JRUEy #図書館 #science #university
RT @oikawamaru: 福岡県におけるヤシオオオサゾウムシの発生とさらなる北進の可能性についてhttps://t.co/K4UhDH8gBx という論文にもなった良い思い出。
ネコが好むという通称マタタビラクトンは虫えい以外にも葉や根、果実にも含まれる。虫えいで濃度が高まっているかどうかは不明。ネコ科動物以外にもクサカゲロウも誘引するところがさらに興味をひきます。http://t.co/aPbiT9tStQ マタタビの化学的研究
ノブドウの虫えいから羽化してきたコマユバチ。虫えいを作るタマバエの幼虫には産卵管が長いコマユバチが捕食寄生することが多いです。実はうちの先生が昔このグループをまとめていたりします。http://t.co/b5UUiro4sm 昆蟲 http://t.co/bX7ybDTJNO
日本産マガリガ科の分布記録と生物学的知見。マガリガ幼虫がつくる構造物を「ポータブルケース」と呼ぶのがツボ。今日は久しぶりにマガリガ幼虫を採集できたので色々行動を観察してみた。 http://t.co/gZl8ufyu4X TransLepidSocJap

お気に入り一覧(最新100件)

【Sataspes sp.】 クマバチ類に擬態したクマバチモドキ(スズメガ)の一種。インド等に生息。 やどりが:https://t.co/DeIc0ItZ89 写真:L. Shyamal様CC BY-SA 3.0 https://t.co/OTuU6ewjSs
@oikawamaru オイカワマルさんが、おっしゃっていることと違うかもしれませんが、そのような感じの論文がありました。 水稲の栽培型がトノサマガエルとヌマガエルの分布に与える影響(愛媛県での研究結果) http://t.co/ODmxhU0zxq
この論文、めっちゃおもろいで。桜の花と、潔く散ることをよしとすることを結びつけるようになったんは、近代に入ってからや。 昔の天皇は、祭祀の時には唐服着とったと。 CiNii 論文 -  日本の<疑似伝統> http://t.co/NGzDaiuLXy #CiNii
白眉プロジェクト5周年 http://t.co/FoQz80RBnj

フォロー(237ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

理工学系学生と教員の心のケアJ-STAGE Articles - https://t.co/7MuPMvZo4Q

11 4 4 0 OA 説諭の栞

今日ブログ https://t.co/qjox2nUyvZ で引いた『説諭の栞』という警察官向けの教材は読んでいて結構面白いです。戦時下のアレな人たちの例が色々載っていて面白いのです。国会図書館のウェブサイトで読めます。 https://t.co/LS5vb0GMnh
【地理学評論掲載論文】永田玲奈・三上岳彦 2012.1901~2000年における北太平洋高気圧西縁部の長期変動と日本の夏季気温との関係,地理学評論85A,508-516.https://t.co/N8Tbm8TvGQ
【地理学評論掲載論文】村中亮夫・瀬戸寿一・谷端 郷・中谷友樹 2012.Web版安全安心マップの活用意思とその規定要因-利用者評価による分析-,地理学評論85A,492-507.https://t.co/YJbiXIFs7z
RT @orobdella: クガビル類の新種記載,出版です. J-STAGE Articles - A New Quadrannulate Species of <i>Orobdella</i> (Hirudinida: Arhynchobdellida: Orobdelli…
日本薬学会の機関誌『ファルマシア』の53巻12号で、私が前に翻訳した『ダメな統計学』をご紹介いただきました。ありがとうございます。 https://t.co/6jggtDCqZp
RT @Amid_euphoria: 【メモ】 第 19 回国際植物科学会議(IBC 2017, Shenzhen)で採択された 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN; 深圳規約)の改正点 https://t.co/4tzd9fTfHz
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @wormanago: もうひとつ、共著論文が出版されました。与那国島からウツボ科のUropterygius fasciolatusを採集し、新たにムラクモキカイウツボという標準和名を提唱しました。本種はシノニム関係に不明瞭な点があったため、タイプ標本の検討も合わせて行い…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @wormanago: もうひとつ、共著論文が出版されました。与那国島からウツボ科のUropterygius fasciolatusを採集し、新たにムラクモキカイウツボという標準和名を提唱しました。本種はシノニム関係に不明瞭な点があったため、タイプ標本の検討も合わせて行い…
RT @wormanago: もうひとつ、共著論文が出版されました。与那国島からウツボ科のUropterygius fasciolatusを採集し、新たにムラクモキカイウツボという標準和名を提唱しました。本種はシノニム関係に不明瞭な点があったため、タイプ標本の検討も合わせて行い…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…

17 1 1 0 OA 日東魚譜

@tokukiyo2 国立国会図書館がデジタル化して公開してくれています→ https://t.co/bAZG0l67NA 淡水魚だけでなく、色々な海水魚も載っていて面白いです。

2 1 1 0 OA 日東魚譜

@tokukiyo2 これは日東魚譜という1700年代初期に描かれた図譜にあるオイカワ(とされる魚)です。 https://t.co/bPjHviF6XK
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @N_Licht: 論文が出版されましたー/ コモンサカタザメに寄生していた単生類を新属新種 Haplocotyle japonica ヤマトカギナシハダムシとして記載しました。 本種の属する Microbothriidae カギナシハダムシ科(新称)の日本初記録にもなり…
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @N_Licht: 論文が出版されましたー/ コモンサカタザメに寄生していた単生類を新属新種 Haplocotyle japonica ヤマトカギナシハダムシとして記載しました。 本種の属する Microbothriidae カギナシハダムシ科(新称)の日本初記録にもなり…
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @orobdella: クガビル類の新種記載,出版です. J-STAGE Articles - A New Quadrannulate Species of <i>Orobdella</i> (Hirudinida: Arhynchobdellida: Orobdelli…
RT @orobdella: クガビル類の新種記載,出版です. J-STAGE Articles - A New Quadrannulate Species of <i>Orobdella</i> (Hirudinida: Arhynchobdellida: Orobdelli…

フォロワー(1829ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @torikameinu: 柿食べまくると柿成分が胃の中で大きな石になる「柿胃石」、胃潰瘍や腸閉塞おこして怖いんだけど、柿胃石にコーラをかけまくり溶かして解決する医療報告が時々出てくるの面白い。患者の爺さん炭酸キツくて開栓後しばらくしてから飲んでたのがバレて医者に怒られた…
RT @torikameinu: 柿食べまくると柿成分が胃の中で大きな石になる「柿胃石」、胃潰瘍や腸閉塞おこして怖いんだけど、柿胃石にコーラをかけまくり溶かして解決する医療報告が時々出てくるの面白い。患者の爺さん炭酸キツくて開栓後しばらくしてから飲んでたのがバレて医者に怒られた…
理工学系学生と教員の心のケアJ-STAGE Articles - https://t.co/7MuPMvZo4Q
RT @torikameinu: 柿食べまくると柿成分が胃の中で大きな石になる「柿胃石」、胃潰瘍や腸閉塞おこして怖いんだけど、柿胃石にコーラをかけまくり溶かして解決する医療報告が時々出てくるの面白い。患者の爺さん炭酸キツくて開栓後しばらくしてから飲んでたのがバレて医者に怒られた…
RT @podoron: 「光遺伝学(オプトジェネティクス)」 簡単な紹介記事。技術を利用した研究例もいくつか https://t.co/31ZB2OEbXL 日本語の解説論文 https://t.co/xAQ0TxtaR4 Natureの解説ビデオ 9/https://t…
【地理学評論掲載論文】永田玲奈・三上岳彦 2012.1901~2000年における北太平洋高気圧西縁部の長期変動と日本の夏季気温との関係,地理学評論85A,508-516.https://t.co/N8Tbm8TvGQ
【地理学評論掲載論文】村中亮夫・瀬戸寿一・谷端 郷・中谷友樹 2012.Web版安全安心マップの活用意思とその規定要因-利用者評価による分析-,地理学評論85A,492-507.https://t.co/YJbiXIFs7z
RT @orobdella: クガビル類の新種記載,出版です. J-STAGE Articles - A New Quadrannulate Species of <i>Orobdella</i> (Hirudinida: Arhynchobdellida: Orobdelli…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  端島(軍艦島)における聞き取り調査及び現地調査 https://t.co/H0EoruNzhB #CiNii こちらは世界遺産にする会側の島民調査。中韓住民は出てこない。端島は天国だと言う流れ。
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  長崎と朝鮮人強制連行 : 調査研究の成果と課題 (特集 朝鮮人強制連行研究の成果と課題 : 「戦後70年」の現在から考える(2)) https://t.co/4bxQAoLPIT #CiNii そして通説的ガチンコの大本…
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  長崎と朝鮮人強制連行 : 調査研究の成果と課題 (特集 朝鮮人強制連行研究の成果と課題 : 「戦後70年」の現在から考える(2)) https://t.co/4bxQAoLPIT #CiNii そして通説的ガチンコの大本…
インフルエンザ迅速診断キットでなくて、近年、咽喉見て(インフルエンザ濾胞)感度・特異性が高い初期診断ができるのではないかという報告が https://t.co/M8D5Kj9njH
RT @yokogawa12: CiNii 論文 -  水田畦畔植生における種多様性とその保全方法 https://t.co/Ye8Sclw86W #CiNii 農業および園芸の2017年11月号から。
RT @yokogawa12: CiNii 論文 -  水田畦畔植生における種多様性とその保全方法 https://t.co/Ye8Sclw86W #CiNii 農業および園芸の2017年11月号から。
RT @yokogawa12: CiNii 論文 -  水田畦畔植生における種多様性とその保全方法 https://t.co/Ye8Sclw86W #CiNii 農業および園芸の2017年11月号から。
RT @Amid_euphoria: 【メモ】 第 19 回国際植物科学会議(IBC 2017, Shenzhen)で採択された 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN; 深圳規約)の改正点 https://t.co/4tzd9fTfHz
【メモ】 https://t.co/oWM9S6Prty 日本新産種としてMacrolepiota mastoidea(トガリカラカサタケ(新称))とEchinoderma echinaceum(コオニタケ(新称))が報告された。
【メモ】 第 19 回国際植物科学会議(IBC 2017, Shenzhen)で採択された 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN; 深圳規約)の改正点 https://t.co/4tzd9fTfHz
RT @tcv2catnap: CiNii 論文 -  子宮頸がんワクチン事業における医学というサブ政治 https://t.co/GsJeC1KV6g #CiNii
RT @wormanago: もうひとつ、共著論文が出版されました。与那国島からウツボ科のUropterygius fasciolatusを採集し、新たにムラクモキカイウツボという標準和名を提唱しました。本種はシノニム関係に不明瞭な点があったため、タイプ標本の検討も合わせて行い…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @wormanago: もうひとつ、共著論文が出版されました。与那国島からウツボ科のUropterygius fasciolatusを採集し、新たにムラクモキカイウツボという標準和名を提唱しました。本種はシノニム関係に不明瞭な点があったため、タイプ標本の検討も合わせて行い…
RT @wormanago: もうひとつ、共著論文が出版されました。与那国島からウツボ科のUropterygius fasciolatusを採集し、新たにムラクモキカイウツボという標準和名を提唱しました。本種はシノニム関係に不明瞭な点があったため、タイプ標本の検討も合わせて行い…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @wormanago: もうひとつ、共著論文が出版されました。与那国島からウツボ科のUropterygius fasciolatusを採集し、新たにムラクモキカイウツボという標準和名を提唱しました。本種はシノニム関係に不明瞭な点があったため、タイプ標本の検討も合わせて行い…
【メモ】 GEOGLOSSACEAE JAPONIAE 著者: IMAI, Sanshi https://t.co/FfVG9ajNQD
RT @Tanaidologist: Shimada et al ab a new Antarctic marine nematode published (Open Access) https://t.co/whZCOCCBZc 南極沿岸から得られた海産自活性センチュウの新…

17 1 1 0 OA 日東魚譜

@tokukiyo2 国立国会図書館がデジタル化して公開してくれています→ https://t.co/bAZG0l67NA 淡水魚だけでなく、色々な海水魚も載っていて面白いです。

2 1 1 0 OA 日東魚譜

@tokukiyo2 これは日東魚譜という1700年代初期に描かれた図譜にあるオイカワ(とされる魚)です。 https://t.co/bPjHviF6XK
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @Capitellico: 西表島の干潟で発見したイトゴカイの新種記載論文がでました.新種の名は「ウルイトゴカイ」.「ウル」はサンゴ砂という意味をもつ沖縄の方言です. https://t.co/VMwFL7Nyej
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @N_Licht: 論文が出版されましたー/ コモンサカタザメに寄生していた単生類を新属新種 Haplocotyle japonica ヤマトカギナシハダムシとして記載しました。 本種の属する Microbothriidae カギナシハダムシ科(新称)の日本初記録にもなり…
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @Capitellico: 西表島の干潟で発見したイトゴカイの新種記載論文がでました.新種の名は「ウルイトゴカイ」.「ウル」はサンゴ砂という意味をもつ沖縄の方言です. https://t.co/VMwFL7Nyej
RT @Capitellico: 西表島の干潟で発見したイトゴカイの新種記載論文がでました.新種の名は「ウルイトゴカイ」.「ウル」はサンゴ砂という意味をもつ沖縄の方言です. https://t.co/VMwFL7Nyej
RT @N_Licht: 論文が出版されましたー/ コモンサカタザメに寄生していた単生類を新属新種 Haplocotyle japonica ヤマトカギナシハダムシとして記載しました。 本種の属する Microbothriidae カギナシハダムシ科(新称)の日本初記録にもなり…
RT @N_Licht: 論文が出版されましたー/ コモンサカタザメに寄生していた単生類を新属新種 Haplocotyle japonica ヤマトカギナシハダムシとして記載しました。 本種の属する Microbothriidae カギナシハダムシ科(新称)の日本初記録にもなり…
RT @Capitellico: 西表島の干潟で発見したイトゴカイの新種記載論文がでました.新種の名は「ウルイトゴカイ」.「ウル」はサンゴ砂という意味をもつ沖縄の方言です. https://t.co/VMwFL7Nyej
RT @N_Licht: 論文が出版されましたー/ コモンサカタザメに寄生していた単生類を新属新種 Haplocotyle japonica ヤマトカギナシハダムシとして記載しました。 本種の属する Microbothriidae カギナシハダムシ科(新称)の日本初記録にもなり…
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @N_Licht: 論文が出版されましたー/ コモンサカタザメに寄生していた単生類を新属新種 Haplocotyle japonica ヤマトカギナシハダムシとして記載しました。 本種の属する Microbothriidae カギナシハダムシ科(新称)の日本初記録にもなり…
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @orobdella: クガビル類の新種記載,出版です. J-STAGE Articles - A New Quadrannulate Species of <i>Orobdella</i> (Hirudinida: Arhynchobdellida: Orobdelli…
RT @orobdella: クガビル類の新種記載,出版です. J-STAGE Articles - A New Quadrannulate Species of <i>Orobdella</i> (Hirudinida: Arhynchobdellida: Orobdelli…