苦労惰疲労 (@SReisfeld)

投稿一覧(最新100件)

なるほど実験計画法の本と心理統計の本と合わせて読むと混乱したわけだ CiNii 論文 -  対応あり,繰り返し,反復 : 心理データ解析基礎において区別すべき3つの「R」 https://t.co/T18iXtrlk6 #CiNii https://t.co/qGRbSGaWKX
RT @as_capabl: 「ミジンコは危険を感じると頭を尖らせるが、特に意味はない上に尖らせるのに一日かかる」ってツイットがあったけど、追跡調査の結果ミジンコ達のがんばりは無駄で無かった事が判明して救われた気分になりました https://t.co/KtSS5lT886
RT @Idesan: 研究者として独り立ちする際の苦悩についての美しいエッセイ by 南部健一 東北大学名誉教授。 https://t.co/DPUqBjdit3
@apricot_ji あとストレスだけなら簡単にまとまったレビューでこんなんありました https://t.co/2F5RfePW4V 情動はfMRIが使えればいいんだけど、手軽な方法としては心拍変動あたりでバックアップしながらVASで主観評価してもらうぐらいしかないかも。
@grbbc3107436 あ、よくみたらDFTとFFTか。ということはアルゴリズムの根本的な話?であればちょっと私にはお手上げですorz FFTはこんなんあったので貼るだけ貼っとくhttps://t.co/YAYpgU2Nt9
RT @kimi_lab: 全学部・全学科の教員に向けて、それぞれ担当の異なる教員がそれぞれの授業科目でライティングの指導ができるようにとまとめられたライティング指導マニュアル。この発想は良いかも / “阪大生のためのアカデミックライティング教員指導マニュアル” http://…
RT @usui1965: これは便利。阪大生のためのアカデミックライティング入門。公開してくれているのもうれしい。http://t.co/SBezPBdMKT
@ono413e @poschment そーいやこんなんあったの思い出しましたわ http://t.co/KP9rEgSgR0
@seiran_riku 「鐘」も収録されてるみたいです!http://t.co/DqOrRY5yGG たしかたまに挿絵みたく夢二の絵のページがあったような(ただのコレクション状態なのでほとんど開いていない)
@SReisfeld あったあった。ギフトオーサーシップとかいう。 https://t.co/NTTevttCM5
あはははは……ははは…… ポスドクからポストポスドクへ(<シリーズ>"ポスドク"問題 その12) 円城塔 http://t.co/VZ6Jq5Sf5Z

お気に入り一覧(最新100件)

研究者として独り立ちする際の苦悩についての美しいエッセイ by 南部健一 東北大学名誉教授。 https://t.co/DPUqBjdit3
「研究評価にもとづく選択的資源配分の政策効果と意図せざる結果に関する国際比較研究」 研究代表者:佐藤郁哉 研究種目 基盤研究(B) 研究期間:2015年4月1日~2019年3月31日(予定) https://t.co/aKkoLck7vK

フォロー(427ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

「芸術行動の至近要因と究極要因」(『認知科学』2013.3)のp.22より https://t.co/puO993tvKt (ググったらPDFがあった)
RT @coJJyMAN: こんなドキュメントがあったとは.>連続から離散へ可積分系の差分化 https://t.co/R8C7DajyT0
RT @tcv2catnap: とりあえず特に民医連とのかかわり、初期水俣発災時の共産党の動き、そして水俣隠しの中で、小学校でさえ被害者と被害に非を鳴らすものに対して「アカ」とレッテル張りしたなど。白眉の論文はこちら。 https://t.co/srm1q5l4ea

フォロワー(540ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

「芸術行動の至近要因と究極要因」(『認知科学』2013.3)のp.22より https://t.co/puO993tvKt (ググったらPDFがあった)
RT @coJJyMAN: こんなドキュメントがあったとは.>連続から離散へ可積分系の差分化 https://t.co/R8C7DajyT0