大浦誠 (@makotoura)

投稿一覧(最新100件)

@Yohei_Kanzawa 確かにそうですね! 症例 3 VAPES が有用であった 72 歳女性 https://t.co/pWHtEZzEvA もれなく鑑別挙げられて実用的だと思いました。
@toBHospitalist 診断の軸と治療の軸も時には有用なので参考になれば幸いです。理学療法の論文ですが、頸部の診察中にBPSの視点でセルフケアが提案できると良いですね。 https://t.co/GKW5WfUeyv
@Yohei_Kanzawa 五苓散は少量トルバプタンにアドオンするイメージです。ひょっとしたら代替薬になるのかもしれませんが…。 https://t.co/AdPla85gBJ
白浜先生の臨床倫理の定義よりも,藤沼先生のほうが古い事にビックリ。臨床倫理コンサルテーションの具体的な進め方が参考になります。J-STAGE Articles - 臨床倫理コンサルテーションにおける具体的な対応 https://t.co/XtYpdfcQAW
@j1GNLb2fRvx6MP5 引用ありがとうございます! ジェイゾロフトも心因性めまいにはいいですね。あくまで慢性めまいに使うイメージです。あとは頸性めまいの時には肩こり直すだけでなく少し試すこともあります。 https://t.co/7kx2ufqrOE
めまいの薬物療法について勉強になりました。 備忘録も兼ねて紹介します。 https://t.co/gnJL7govvV https://t.co/W8nFwkec9F
めまいの薬物療法について勉強になりました。 備忘録も兼ねて紹介します。 https://t.co/gnJL7govvV https://t.co/W8nFwkec9F
@Dr_moto_clinic プリンペラン・メイロンの急性めまいに対するRCTはないと理解してます。私も気軽にアタP使っています。 https://t.co/W8nFwkec9F 内耳から前庭神経核への刺激が脳幹第四脳室底延髄最後野の嘔吐中枢(CTZ)の H1 受容体に作用する機序ですね。アップデートできて嬉しいです。 https://t.co/gnJL7govvV
@Dr_moto_clinic プリンペラン・メイロンの急性めまいに対するRCTはないと理解してます。私も気軽にアタP使っています。 https://t.co/W8nFwkec9F 内耳から前庭神経核への刺激が脳幹第四脳室底延髄最後野の嘔吐中枢(CTZ)の H1 受容体に作用する機序ですね。アップデートできて嬉しいです。 https://t.co/gnJL7govvV
@Dr_ppooohh 他に 1残された最後の冠動脈へのステント 2びまん性の多枝病変 3慢性腎臓病 4最低3病変のステント留置 5分岐部2本ステント 6ステント長が60mm以上 7慢性完全閉塞病変 8ST上昇型心筋梗塞の既往 などもあるみたいですね https://t.co/FOctltKejf とはいえ、そうでもないのにDAPTの事ありますよね。
@fucca_98 多疾患併存と訳されることが多いです。https://t.co/gYkeNlxOKN まだあまり浸透していないと思います
@tsubo828 @Drfm11 やはり未知のものに対する拒否とインスリン自体の印象なんでしょうね。食べられなくなった方への胃瘻の提案に似たものを感じます。 確かインスリンに対する受容の過程に関する質的研究があった気がしますが見つかりませんでした。 治療の促進阻害因子の研究は参考になります https://t.co/oPq40V6qum
ラミプリル関連の咳は7.1%。 https://t.co/qQKszNFFxQ 他のACE-Iの咳の頻度はだいたい12〜28%です。参考程度ですが…。 https://t.co/ZeGT0yaHgp ちなみに治療開始5日以内の咳は治療中止後に全例停止。6〜10日以内の場合,18.4%が中止後も治まらなかったようです。(だいたい休薬から2〜20日) https://t.co/DKJJXXwDXZ
@megikaya 2003年のは3種の降圧薬とスタチン,葉酸,アスピリンの合剤で理論上だったのでしょうが,流石に4剤以上になってきたら,投与する勇気はないですね。(基本的に合剤は苦手です) https://t.co/AqcW16LE7M
@icu_masui2018 右内頸静脈の左側軟部組織に3mlほどでした。動かそうとしたというよりも普通に局所麻酔をしたら動いていた感じです。 もちろんずらすだけなら次からは生食リリースにしようと思います。徐脈はなかったですがこんな報告見ると怖いですね。 https://t.co/AlU8btIer9
RT @atmizu: 多分この辺りは色々家庭医の先生方のこだわりの領域かなと思って少しググってみると、やはり盛り上がってたようですね
RT @michinokuGPi: 大浦先生が紹介されていた、Multimobidity 時代のプロブレムリスト(佐藤健太先生)は参考にしたいφ(.. )紙カルテだとなかなかうまく書けないのが悩ましいですが… https://t.co/MvyKTeXXnx
今日のタイムラインに腸閉塞とイレウスを正しく使い分けましょうという言葉が並んでいる。こうやってガイドラインの知識が浸透するだなと感心する一方で,Rogersのイノベーション普及理論的にはキャズムを超える必要がある。理屈は後回しにして絞扼性腸閉塞にしましょうとか。https://t.co/x4oAP2NioV
スピリチュアルペインの3つの喪失についてどこに書いてあったのかわからなくなったので調べましたが元ネタはこれじゃなかった気もする。もっといいものがあれば教えて下さい。 https://t.co/M3E9Cbhvyq
@NaikaiTakeo 非常に勉強になりました。 https://t.co/aPkYTPXdKM
トロント国際家庭医療研修プログラム参加報告 2年前に受けたのは大変良い思い出です. https://t.co/VLSQdibTrL
家庭医療専門医の更新のためにポートフォリオを書いているのですが、慢性膵炎患者さんをシステム理論で考察しようとしたら、よりによって斎藤 清二先生と北 啓一朗先生の論文に行き着いてしまった。不思議な縁を感じます。 https://t.co/uy4EI9DEVz
引用コメントありがとうございます。 炭酸刺激が嚥下反射を惹起する https://t.co/yBW6F10Rbx 冷却炭酸水による嚥下訓練 https://t.co/loCLkndvam など色々報告あります。 https://t.co/ihc87spVxf
引用コメントありがとうございます。 炭酸刺激が嚥下反射を惹起する https://t.co/yBW6F10Rbx 冷却炭酸水による嚥下訓練 https://t.co/loCLkndvam など色々報告あります。 https://t.co/ihc87spVxf
コメントありがとうございます。 補中益気湯は免疫のバランスを整えると考えれば良いと思いますので、炎症があればそれを抑えるのでCRPは下げると思いますよ。 温かく感じるのは血流が増えるからでしょうね。参考になれば幸いです。 https://t.co/dCDquvEsFN https://t.co/qnIR1yiGnT
なぜ劇場なのか? カーペットやカーテンの繊維が燃えるとシアン化水素(HCN)が発生するからである。家じゃダメなん?とも思えるが、まぁ面積広いし(テキトウ) ヒドロキソコバラミン投与が治療法 https://t.co/zO5B0jfcQX https://t.co/PzMUn9IO9z
白衣高血圧には認知行動療法(バイオフィードバック)を良くしていますが、こんな文献がありました。勉強になるなぁ。 https://t.co/UO7vMjIgNQ

お気に入り一覧(最新100件)

@makotoura 低用量アスピリン+PPIについては、こちらの文献を参考して「併用すれば良いというものではない」と当院では決めています →累積投与量で併用期間を区切る、判断材料のひとつにしています https://t.co/PEtykkjZgq
症例報告が無事、掲載されました◎ 慢性経過の熱や咳、繰り返す肺炎、画像所見から結核などを疑ったのですが・・・ なんと脳幹出血に伴う不顕性誤嚥による、DAB(びまん性嚥下性細気管支炎)でした。 あな恐ろしや。 内科医として、とても教訓的でした。 https://t.co/ebSd7eCZd9
久々にTop 10入りしました。医書.jpの文献閲覧ランキング。こちらから見れますので、よければどうぞ。 https://t.co/oEuvEVkRLf https://t.co/Flvuz3i2NL
多分この辺りは色々家庭医の先生方のこだわりの領域かなと思って少しググってみると、やはり盛り上がってたようですね
@makotoura 1番目 https://t.co/FBnPyM53jD 2番目 https://t.co/uPyizXm9c4 上の方と同じ結果でした。
@makotoura 僕のスマホだと、「プライマリケアにおけるmultimorbidityの現状と課題」 https://t.co/L7OoKdK5RR が1番上でした。 2番が医学書院の先生の連載ですね。
大浦先生が紹介されていた、Multimobidity 時代のプロブレムリスト(佐藤健太先生)は参考にしたいφ(.. )紙カルテだとなかなかうまく書けないのが悩ましいですが… https://t.co/MvyKTeXXnx
誤嚥性肺炎患者の唾液分泌量と日内リズム https://t.co/mND6dv9sRl ✅誤嚥性肺炎患者は非誤嚥性肺炎患者に比べ唾液分泌量が少なかった 不顕性誤嚥の原因となる唾液の分泌が少ない方が良さそうですが,唾液による口腔内細菌の殺菌効果が低下して口腔環境が悪化するデメリットの方が大きいようです☝️
飴を舐める機能の定量評価(日本語の文献) https://t.co/s7jNUhf7jA 舌圧測定に興味があるが,舌圧測定器を購入するのは難しい場合も多いと思います.上の文献では飴(チュッパチャプス)を舐める機能(5分間に飴を舐めて減った重量)と舌圧の関係を検討し,有意な相関を認めたとのことです.面白いですね
なぜ劇場なのか? カーペットやカーテンの繊維が燃えるとシアン化水素(HCN)が発生するからである。家じゃダメなん?とも思えるが、まぁ面積広いし(テキトウ) ヒドロキソコバラミン投与が治療法 https://t.co/zO5B0jfcQX https://t.co/PzMUn9IO9z

フォロー(12984ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座 「実戦編」 連載第3回の総説論文が出版されました ( ・∀・)ノ 粳間剛 仙道ますみ 共同注意の問題とその支援 地域リハ2019;14:206-211 https://t.co/iwNAox7YQk
RT @takeokato719: 量子もつれについての簡単な解説として、2014年にベル不等式50周年を記念して物理学会誌で小特集を組んだときのまえがきがあります。拙い文章ですが、私が書かせていただきました。ちょっと難しめかもしれませんが、1ページなので読みやすいかも。グラフ…
RT @takeokato719: 量子もつれについての簡単な解説として、2014年にベル不等式50周年を記念して物理学会誌で小特集を組んだときのまえがきがあります。拙い文章ですが、私が書かせていただきました。ちょっと難しめかもしれませんが、1ページなので読みやすいかも。グラフ…
RT @takeokato719: 小特集のなかでオススメの記事はなんといっても筒井先生による「ベル不等式 : その物理的意義と近年の展開」でしょう。非常にわかりやすく書かれていますし、実験検証の方法についても詳しく書かれています。 https://t.co/OZ3roIwhsG
コロナ特別編第1話が出版 (˙▿˙) 粳間剛, 仙道ますみ. 高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座 コロナ特別編・第1回 免疫を補助する脳機能:行動免疫システム 地域リハ2020;15:244-251 https://t.co/LQwFbdenDR
RT @yshikano: また、量子観測理論で著名な並木美喜雄先生の感想も https://t.co/77Y2J73yBO どちらも日本物理学会誌 @kaishi_jps に掲載されております。当時の研究者の受け止め方を是非とも感じてもらいたいと思いますし、私自身も勉強になり…

12 11 11 11 OA 量子暗号と量子論

RT @yshikano: また、量子暗号とベルの不等式の破れを上手く使う点に関しては、#小芦雅人 さんと #井元信之 さんが2001年に書かれた記事があります。 https://t.co/sxKXcH8slM 即時に応用というわけではないですが、量子力学を深く理解しようとして…
@jgts2021 この頃には2024の改訂情報も少しづつ出てきて、 生活期リハてもの自体もあるのか? 明確な急性増悪のない80.90の老齢のリハがあるのかも怪しいけどなぁ。 https://t.co/Ado5mZYQXU https://t.co/3AlwbeDJfY
RT @tyamakawa0201: ちなみに、長時間透析で溶質除去(≓透析量)をどう評価するかについては、私もメンバーだった頻回・長時間血液透析における機能・効率と安全性の検討WGの報告書の中で甲田先生が詳細に解説しています. https://t.co/TElfvh3B5g
#ヒゲジャーナル 43歳女性。Ca拮抗薬を大量内服した後に搬送。低血圧にたいして複数のカテコラミン併用し集中治療を行った。Day15で昇圧剤は終了したが、NOMIにより死亡した。 岩崎光生。カルシウム拮抗薬中毒によって重度の低血圧,多臓器障害, 腸管壊死をきたした一症例https://t.co/nNeCgb0kHY
RT @JCIRC_IPR: The FIB-4 index, which is a marker of liver fibrosis was significantly associated with MACEs for patients with severe isolat…
@idoco_daijiro https://t.co/HrICtUOXGl これっす。 短時間で済むのと、BBSとの相関もある(という論文が出てる)ので、使い勝手がいいですね。
高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座 「実戦編」 連載第6回の総説論文が出版されました ( ・∀・)ノ 粳間剛 仙道ますみ 当事者の視点に基づく支援 地域リハ2020;14:424-430 https://t.co/MHxSdt0a2r
In this registry of patients after #catheter_ablation for #AF, Warfarin continuation and off-label overdose of DOACs were risk factors for major bleeding during the remote period. By Akihiko Nogami @AkihikoNogami https://t.co/9mI3aQEvgN #circ_j https://t.co/YotU1qUjWj
RT @JCIRC_IPR: In ACS cases with solid lesions, predilatation often would be needed. Predilatation with CB may reduce the incidence of dist…
Landiolol achieved a reduction in heart rate of at least 20% and recovered sinus rhythm in pediatric patients with supraventricular tachyarrhythmias enrolled in the HEARTFUL study. By Naokata Sumitomo https://t.co/Eo2rzbE7ZS #circ_j https://t.co/FBe8KRzzO6
屈折は日本特有の概念のようで英語でピタリと来るものがない。日本語文献を読むと甘えの一形態として位置づけたものがある。端的に言えば構ってほしい感だろうか。好きな子に意地悪する小学生的なあれだろうか。chrome-extension://oemmndcbldboiebfnladdacbdfmadadm/https://t.co/0n4H7fLCZ5
What kinds of lesion complexity have a significant impact on inversed superiority of systematic 2-stent over provisional stenting in the complex bifurcation lesion? By Yoshinobu Murasato @YMurasato https://t.co/UuHW6YKOpz #circ_j https://t.co/fVEp542Rax
The FIB-4 index, which is a marker of liver fibrosis was significantly associated with MACEs for patients with severe isolated TR. The FIB-4 index may be a prognostic marker for these patients. By Mitsutaka Nakashima https://t.co/vQ52FcTj2b #circ_j https://t.co/1oLS4J75qM
RT @JCIRC_IPR: We experienced a young man who had myocarditis after his third dose of the Moderna vaccine. There are many unknowns with the…
We experienced a young man who had myocarditis after his third dose of the Moderna vaccine. There are many unknowns with the COVID-19 vaccine, and myocarditis can occur even after the third dose. By Hiroshi Kawahara https://t.co/qgFRGE0gaw #circ_rep https://t.co/buK7SDAScE
In ACS cases with solid lesions, predilatation often would be needed. Predilatation with CB may reduce the incidence of distal embolism. By Ryuichi Matsukawa @R1Matsu https://t.co/UY1Wrv6NEe #circ_rep https://t.co/dlJv81npnb
RT @JCIRC_IPR: The spread of COVID-19 was associated with a decreased number of hospitalizations for cardiovascular disease in Japan. JR…
The spread of COVID-19 was associated with a decreased number of hospitalizations for cardiovascular disease in Japan. JROAD-DPC Information and Communication Committee, the JCS By Tadafumi Sugimoto @tadafumisugimo1 https://t.co/nXJ8nIMkx8 #circ_rep https://t.co/e9laQohqZP
Summary: A 2-stent strategy should be considered to reduce hard clinical endpoints in complex bifurcation lesions, particularly those with calcifications. By Albert Youngwoo Jang @ketchupx30 https://t.co/iFuXcdcvh3 #circ_j https://t.co/Jd8sOY9ZmW
日本における破裂動脈瘤に対するクリッピングとコイリングについて検討した論文 ・mWFNS grading project の日本の症例をサブ解析 ・治療法によるアウトカムに有意差はなく、  症例毎の検討が必要 #脳外科 https://t.co/M25mRuu51F
慢性疼痛編第3話が出版されました ( ˙▿˙ )y 粳間剛, 仙道ますみ. ココロとカラダの痛みのための邪道な心理療法養成講座第3回「プラセボ反応とノセボ反応の話②」地域リハ2017;12:1036-1043. https://t.co/gt4mLXDdGh
@YuXiga @nakachan_pt アルブミン値懐疑派です。 と、言いながらプレアルブミン値くらいしか見れないダメPTですが、一応本邦と国際的な指標です。アルブミン値の、解釈もありますので参考になるかと感じます https://t.co/S5jmLKWqwC
@Yukkuri_MufMuf https://t.co/Ado5mZGHJM フルペーパーです。 著者の信念でもなんでもないです。 統計や制度での欧米の[生と死の向き合い方]だけでなく、実際に第一線の人が見てきた客観的論文です。 付け加えると、経済雑誌は 日本呼吸ケアリハビリテーション学会誌ていうのも、PTとしては注目です。
RT @p_r_m2016: Tanaka R, et al. Characteristics of Trunk Compensation Movements during Walking in People with Bilateral Transtibial Amputat…
RT @p_r_m2016: Wada Y, et al. Rehabilitation of a Patient with COVID-19 Who Underwent Right Transfemoral Amputation Due to Acute Limb Ische…
RT @p_r_m2016: Minoshima Y, et al.Differences in Muscle Fatigability of Vastus Medialis between Sexes Using Surface Electromyographic Power…
RT @p_r_m2016: Mawarikado Y, et al. Preoperative Factors Affecting Patient-reported Outcome Measures for Total Knee Arthroplasty. Preoper…
RT @p_r_m2016: Kuroda M, et al. Voluntary-assisted Upper Limb Training for Severe Cerebral Palsy Using Robotics Devices and Neuromuscular..…
高校生とかの心理学のイメージって 「音楽を聴くとリラックス効果が〜」はあっても なぜか、音楽演奏やダンスそのものは心理学の領域とは思わないんだよな。 この領域興味あるなら、恩師の論文を押すのは変な感じだが、これがとっかかりには面白いと思う。 https://t.co/Fh4A6fmxNM
J-STAGE Articles - 地域在住の高齢者を対象としたクレアチニンとうつ症状および認知機能との関連 https://t.co/zbZHC7ybeK
RT @seitai_ug: 胸椎の可動性低下は肩こりに繋がる https://t.co/uSj9i74Kgl ✅胸椎の可動性低下が姿勢制御に影響が出て起こるケースが多いみたいですね! https://t.co/4vd0XLm98s
RT @TT58852391: 明らかに延命治療に該当する場合でも、家族は“自分が透析差し控え・決定の決定スイッチを押したく無い”為、CKM選択に時間がかかり、結果的に“心臓が止まるまで”透析を継続する羽目になります。 今後、透析差し控え症例増加が予想される為、普段からACP…
慢性疼痛編第5話が出版されました ( ??? )y 粳間剛, 仙道ますみ. ココロとカラダの痛みのための邪道な心理療法養成講座第5回「「痛みの診断的治療」と「痛みの分類」」地域リハ2018;13:148-155. https://t.co/rq2XmhGj1l

22 1 1 0 OA 私の3冊

「私の3冊」という原稿が総合リハビリテーション誌に載りました 若い医療者に役立つ図書を紹介するコーナーですが、あえて、行動経済学の本(カーネマン)を入れました 実社会に関わる認知バイアスを知るには行動経済学を少し知るといいです https://t.co/3WGsAmbZM2
@kabahei_dream 私も患者さんの症状や検査値の状態など詳しく記憶はないのですが、NSAIDsで痛みが落ち着かないような例ではシメチジン投与により翌日に痛み軽減したとの報告もあるみたいです。 https://t.co/CNmbR3tPSJ
RT @yoppy4py: https://t.co/Ado5mZGHJM リハの人て散々、引用文献は欧米のもの使うけど、そもそも、欧米に過剰な延命もリハもないですよ。 そこは見習わないんだー 不思議 https://t.co/iOywh616mK
日本老年療法学会てのがあったみたいだけど、 https://t.co/Ado5mZGHJM 日本の財政やご高齢の方の尊厳を考えると、世界基準の考えにした方が良くない?都合のいい時だけ、欧米の文献引用してカッコつけてるけど。土台は無視って、、、 https://t.co/gDhwpVfjTL
https://t.co/Ado5mZGHJM リハの人て散々、引用文献は欧米のもの使うけど、そもそも、欧米に過剰な延命もリハもないですよ。 そこは見習わないんだー 不思議 https://t.co/iOywh616mK
RT @shubababan: 耳鳴り精査 診断は? #Bdiag https://t.co/RcoIHNgmTj https://t.co/36LcACcgc2
RT @urapan_Rad: S状結腸憩室炎による尿膜管膿瘍 S状結腸憩室炎により結腸と尿膜管が穿通し、膿瘍形成 尿膜管遺残はなし 日本臨床外科学会誌 76( 6 ),1509―1514,2015 https://t.co/5QUXGW5ZFH https://t.co/…
S状結腸憩室炎による尿膜管膿瘍 S状結腸憩室炎により結腸と尿膜管が穿通し、膿瘍形成 尿膜管遺残はなし 日本臨床外科学会誌 76( 6 ),1509―1514,2015 https://t.co/5QUXGW5ZFH https://t.co/FSnVuAyMly
RT @Rrs91Y2dDyHZpfQ: 東日本大震災では破傷風が10例報告されており、うち2例は明らかな創傷がなかったと報告されています。 しっかり防護して作業をするのがよさそうです。 https://t.co/tAvUgKq87w
東日本大震災では破傷風が10例報告されており、うち2例は明らかな創傷がなかったと報告されています。 しっかり防護して作業をするのがよさそうです。 https://t.co/tAvUgKq87w https://t.co/a6nB9tTUcJ
場合によっては股関節内外転の最大等尺性収縮が骨盤底筋群の運動を阻害しかねない
RT @Ugp32: ↑検索で出てくるもう一つの資料。 https://t.co/gepmlGEDUN
TBI後の凝固異常について病態や診断治療法が学べるレビュー論文 ・凝固系の理解に役立つ(外傷後にフィブリノーゲンやDダイマーのフォローがなぜ必要なのか) ・トラネキサム酸やFFP以外の治療法についても最新の知見をまとめてくれている #脳外科 #論文 https://t.co/H5bvwH0gE2
RT @medical_910: Palliative Care Researchにも心不全関連の報告が増えている。 (1/2) #心不全緩和ケア #HEPT 心不全患者のEnd of Life Discussion に関する現状調査 (京都大学医学部附属病院 看護部 大上…
Palliative Care Researchにも心不全関連の報告が増えている。 (1/2) #心不全緩和ケア #HEPT 心不全患者のEnd of Life Discussion に関する現状調査 (京都大学医学部附属病院 看護部 大上 耕作 ほか) https://t.co/926aKfqvzr
心不全患者に対する退院前段階における多職種Webカンファレンスの実施報告 (独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター 緩和ケア内科 相木 佐代 ほか) https://t.co/CpVVKDwsfK #心不全緩和ケア #大阪医療センター #HEPT
2017:pNETの手術適応と術式選択 https://t.co/9YxMF6QcxT
RT @TT58852391: 【HIF-PHiに対する疑問】 ・体に低酸素状態と“勘違い”させて貧血を是正する=低酸素による多血症に少し近い状況。外からESAを補充するのとは全く異なる。 →HIF-PHiとESAとでは、至適Hbは違うのでは? ・結局HIF-2が重要なので…
心不全患者に対する退院前段階における多職種Webカンファレンスの実施報告 Palliative Care Research このような報告が論文化されていると色々と進めやすくなることもありそう。 https://t.co/NGz7H160N1

22 1 1 0 OA 私の3冊

「私の3冊」という原稿が総合リハビリテーション誌に載りました 若い医療者に役立つ図書を紹介するコーナーですが、あえて、行動経済学の本(カーネマン)を入れました 実社会に関わる認知バイアスを知るには行動経済学を少し知るといいです https://t.co/3WGsAmbZM2
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kadsho: 薬局薬剤師による薬学的介入・残薬削減のためのトレーシングレポート活用の医療経済効果 Medical Economic Benefit Derived from the Use of Tracing Reports by #Pharmacy-Based #…

16 16 16 0 OA 軍歌集

RT @kojimam1956: 「皇御国(すめらみくに)」の歌詞: 皇御国の武士(ものゝふ)ハ いかなる事をか勉むべき 唯(ただ)身にもてる誠心(まごころ)を わが大君(おほきみ)に尽すまで (『軍歌集』1887年 国立国会図書館デジタルコレクション) https://…
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/wPKvgVSQZ3 ※引用記事先の参考文献も併せてご参照下さい。 ※COIはありません。
@Drmiidr 抑肝散はグルタミン酸による神経毒性に対して保護作用を示す https://t.co/Ex2r8Mtusu あくまで漢方なのでお気持ちレベルというか、プラスαと言うか…。 リスペリドン・パルプロ酸はアカシジア等で40歳の私でも使用中止。メマリーを”若年性認知症”のテイで内科で貰ったが眠気が激しく中止。老人が…略
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
薬局薬剤師による薬学的介入・残薬削減のためのトレーシングレポート活用の医療経済効果 Medical Economic Benefit Derived from the Use of Tracing Reports by #Pharmacy-Based #Pharmacists for Pharmaceutical Intervention & Reduction of Leftover Medicines #BPB 2022 https://t.co/huZVlP4kD4
下肢装具の作製、修理、フォローアップ、相談等に困っている方を少しでも減らしたい‼️と強く思う。  拙い内容ですが、形にさせていただいたので装具手帳の導入・装具外来開設等のきっかけになってくれれば幸いです。 https://t.co/ckyCZTbS9E
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
2017:甲状腺機能亢進症治療中の喀血→MPO-ANCAの測定を https://t.co/Gsqs5KCQPJ
高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座 「実戦編」 連載第2回の総説論文が出版されました ( ・∀・)ノ 粳間剛 仙道ますみ 「情動の伝染」と「ソーシャルタッチ」 地域リハ2019;14:118-123 https://t.co/xXsl7W9EBI
カルニチン うつ で検索 カルニチンが即効性抗うつ薬開発の鍵に? ヒトで初めてうつ病との関連性を確認 2018年09月14日 06:00 14名の医師が参考になったと回答  大うつ病性障害(MDD)患者では健康な人と比べてアセチル-L-カルニチン(LAC略 https://t.co/Z3pu6y7Rlz https://t.co/dsPFAnJZy3 https://t.co/MmFyMW9vQt
糖尿病を合併する見逃せない難治性代謝性疾患 4.アミロイドーシス https://t.co/6BX4ghbMgK どっちが先か知らないけど…
RT @tadayoshiNONO: 重症ICU-AWに対するNMES継続とICU退室後のリハ栄養に関する症例報告(和文)が公開されました。去年採録なので、発行まで随分とかかりました。 運動療法と栄養療法により筋力・骨格筋量が改善した集中治療室獲得性筋力低下の一例 http…
#ヒゲジャーナル 幼児採血時に親が抱っこする事で、穿刺時に啼泣するが、落ち着いて採血を受け抑制も少なく、採血後も落ち着いていた。親の不安も少ないため推奨されるが、児と親の体格バランスを考慮する。 穐元 克江。親との向かい合わせ抱っこ採血についての一考察。https://t.co/0hxgyihP7F
RT @tadayoshiNONO: 重症ICU-AWに対するNMES継続とICU退室後のリハ栄養に関する症例報告(和文)が公開されました。去年採録なので、発行まで随分とかかりました。 運動療法と栄養療法により筋力・骨格筋量が改善した集中治療室獲得性筋力低下の一例 http…
夫「柴胡加竜骨牡蛎湯飲み始めてから離脱楽になった」 ワイ「おぉ〜効いて何より
@kitanokusuriya サンドスタチンは悪心嘔吐に使用するというよりは、消化管内分泌抑制薬として減圧目的での使用ですね。 ステロイドは混合せず朝に投与してました。 ↓文献見つけましたので参考まで https://t.co/6qFKXgc7At
慢性疼痛編第2話が出版されました ( ??? )y 粳間剛, 仙道ますみ. ココロとカラダの痛みのための邪道な心理療法養成講座第2回「プラセボ反応とノセボ反応の話① 」地域リハ2017;12:952-959. https://t.co/Ot6FyYOegP
RT @kasken0402: 性別による急性心筋梗塞後の運動耐容能の経時的変化の差異の検討 3カ月の心リハプログラムに参加しAMI発症後12カ月後に運動耐容能のフォローが可能であった156名を対象 女性では心リハプログラム中に運動耐容能は改善したが12カ月後にはAMI発症…
107E12 リンパ球の中の、T細胞の中の、ヘルパーT細胞に二種類、Th1,Th2と呼ばれる。Th2はまずTh1の機能を下げ、結果液性免疫能を上昇。IL-4,5,6,10などを産生する。寄生虫に関してはKAKENのソースで。https://t.co/fVfk1IOlHc

2 2 2 0 OA 官報

@sabori_masa しまった、貼り付けるもの間違えました。 https://t.co/TTjqKsoH60

1 1 1 0 OA 衛生局年報

@sabori_masa 国立国会図書館デジタルコレクションという、税金で作られたとっても良いものがありましてですね( ̄▽ ̄) 例えば明治11-13年のこれとか https://t.co/cGm3PTEDGp
RT @InterestingEss: 岸政彦「実在と行為 社会学理論ができること」 https://t.co/kGzDLWicn2
RT @tak_pom: ●小青竜湯で症状が残る場合 水様鼻漏なら苓甘姜味辛夏仁湯、あるいは麻黄附子細辛湯と同時投与し、鼻閉の場合には麻黄湯に変更します。 今中らは、花粉症には小青竜湯と五虎湯との併用が極めて有効としています。 https://t.co/IQG9zULRte
RT @tak_pom: https://t.co/i4vnBghIL6 小青竜湯の通年性 鼻アレルギーに対する効果―二重盲検比較試験―.耳鼻咽喉科臨床 88(3), 389-405, 1995

フォロワー(13873ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座 「実戦編」 連載第3回の総説論文が出版されました ( ・∀・)ノ 粳間剛 仙道ますみ 共同注意の問題とその支援 地域リハ2019;14:206-211 https://t.co/iwNAox7YQk
RT @takeokato719: 量子もつれについての簡単な解説として、2014年にベル不等式50周年を記念して物理学会誌で小特集を組んだときのまえがきがあります。拙い文章ですが、私が書かせていただきました。ちょっと難しめかもしれませんが、1ページなので読みやすいかも。グラフ…
RT @takeokato719: 量子もつれについての簡単な解説として、2014年にベル不等式50周年を記念して物理学会誌で小特集を組んだときのまえがきがあります。拙い文章ですが、私が書かせていただきました。ちょっと難しめかもしれませんが、1ページなので読みやすいかも。グラフ…
RT @takeokato719: 小特集のなかでオススメの記事はなんといっても筒井先生による「ベル不等式 : その物理的意義と近年の展開」でしょう。非常にわかりやすく書かれていますし、実験検証の方法についても詳しく書かれています。 https://t.co/OZ3roIwhsG
コロナ特別編第1話が出版 (˙▿˙) 粳間剛, 仙道ますみ. 高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座 コロナ特別編・第1回 免疫を補助する脳機能:行動免疫システム 地域リハ2020;15:244-251 https://t.co/LQwFbdenDR
RT @yshikano: また、量子観測理論で著名な並木美喜雄先生の感想も https://t.co/77Y2J73yBO どちらも日本物理学会誌 @kaishi_jps に掲載されております。当時の研究者の受け止め方を是非とも感じてもらいたいと思いますし、私自身も勉強になり…

12 11 11 11 OA 量子暗号と量子論

RT @yshikano: また、量子暗号とベルの不等式の破れを上手く使う点に関しては、#小芦雅人 さんと #井元信之 さんが2001年に書かれた記事があります。 https://t.co/sxKXcH8slM 即時に応用というわけではないですが、量子力学を深く理解しようとして…
@jgts2021 この頃には2024の改訂情報も少しづつ出てきて、 生活期リハてもの自体もあるのか? 明確な急性増悪のない80.90の老齢のリハがあるのかも怪しいけどなぁ。 https://t.co/Ado5mZYQXU https://t.co/3AlwbeDJfY
RT @tyamakawa0201: ちなみに、長時間透析で溶質除去(≓透析量)をどう評価するかについては、私もメンバーだった頻回・長時間血液透析における機能・効率と安全性の検討WGの報告書の中で甲田先生が詳細に解説しています. https://t.co/TElfvh3B5g
RT @JCIRC_IPR: The FIB-4 index, which is a marker of liver fibrosis was significantly associated with MACEs for patients with severe isolat…
@idoco_daijiro https://t.co/HrICtUOXGl これっす。 短時間で済むのと、BBSとの相関もある(という論文が出てる)ので、使い勝手がいいですね。
高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座 「実戦編」 連載第6回の総説論文が出版されました ( ・∀・)ノ 粳間剛 仙道ますみ 当事者の視点に基づく支援 地域リハ2020;14:424-430 https://t.co/MHxSdt0a2r
RT @JCIRC_IPR: In ACS cases with solid lesions, predilatation often would be needed. Predilatation with CB may reduce the incidence of dist…
RT @JCIRC_IPR: We experienced a young man who had myocarditis after his third dose of the Moderna vaccine. There are many unknowns with the…
RT @JCIRC_IPR: The spread of COVID-19 was associated with a decreased number of hospitalizations for cardiovascular disease in Japan. JR…
慢性疼痛編第3話が出版されました ( ˙▿˙ )y 粳間剛, 仙道ますみ. ココロとカラダの痛みのための邪道な心理療法養成講座第3回「プラセボ反応とノセボ反応の話②」地域リハ2017;12:1036-1043. https://t.co/gt4mLXDdGh
@YuXiga @nakachan_pt アルブミン値懐疑派です。 と、言いながらプレアルブミン値くらいしか見れないダメPTですが、一応本邦と国際的な指標です。アルブミン値の、解釈もありますので参考になるかと感じます https://t.co/S5jmLKWqwC
@Yukkuri_MufMuf https://t.co/Ado5mZGHJM フルペーパーです。 著者の信念でもなんでもないです。 統計や制度での欧米の[生と死の向き合い方]だけでなく、実際に第一線の人が見てきた客観的論文です。 付け加えると、経済雑誌は 日本呼吸ケアリハビリテーション学会誌ていうのも、PTとしては注目です。
RT @p_r_m2016: Tanaka R, et al. Characteristics of Trunk Compensation Movements during Walking in People with Bilateral Transtibial Amputat…
RT @p_r_m2016: Wada Y, et al. Rehabilitation of a Patient with COVID-19 Who Underwent Right Transfemoral Amputation Due to Acute Limb Ische…
RT @p_r_m2016: Minoshima Y, et al.Differences in Muscle Fatigability of Vastus Medialis between Sexes Using Surface Electromyographic Power…
RT @p_r_m2016: Mawarikado Y, et al. Preoperative Factors Affecting Patient-reported Outcome Measures for Total Knee Arthroplasty. Preoper…
RT @p_r_m2016: Kuroda M, et al. Voluntary-assisted Upper Limb Training for Severe Cerebral Palsy Using Robotics Devices and Neuromuscular..…
RT @rinryuu_musi: 昆蟲ニューシリーズから論文が出版されました キカイホラアナゴキブリを口永良部島から記録しました. キカイホラアナゴキブリの分布域の更新は記載文(1974年)以来です. また種としてのホラアナゴキブリ全体の北限を更新しました. https://…
高校生とかの心理学のイメージって 「音楽を聴くとリラックス効果が〜」はあっても なぜか、音楽演奏やダンスそのものは心理学の領域とは思わないんだよな。 この領域興味あるなら、恩師の論文を押すのは変な感じだが、これがとっかかりには面白いと思う。 https://t.co/Fh4A6fmxNM
J-STAGE Articles - 地域在住の高齢者を対象としたクレアチニンとうつ症状および認知機能との関連 https://t.co/zbZHC7ybeK
RT @seitai_ug: 胸椎の可動性低下は肩こりに繋がる https://t.co/uSj9i74Kgl ✅胸椎の可動性低下が姿勢制御に影響が出て起こるケースが多いみたいですね! https://t.co/4vd0XLm98s
RT @TT58852391: 明らかに延命治療に該当する場合でも、家族は“自分が透析差し控え・決定の決定スイッチを押したく無い”為、CKM選択に時間がかかり、結果的に“心臓が止まるまで”透析を継続する羽目になります。 今後、透析差し控え症例増加が予想される為、普段からACP…
慢性疼痛編第5話が出版されました ( ??? )y 粳間剛, 仙道ますみ. ココロとカラダの痛みのための邪道な心理療法養成講座第5回「「痛みの診断的治療」と「痛みの分類」」地域リハ2018;13:148-155. https://t.co/rq2XmhGj1l

22 1 1 0 OA 私の3冊

「私の3冊」という原稿が総合リハビリテーション誌に載りました 若い医療者に役立つ図書を紹介するコーナーですが、あえて、行動経済学の本(カーネマン)を入れました 実社会に関わる認知バイアスを知るには行動経済学を少し知るといいです https://t.co/3WGsAmbZM2
@kabahei_dream 私も患者さんの症状や検査値の状態など詳しく記憶はないのですが、NSAIDsで痛みが落ち着かないような例ではシメチジン投与により翌日に痛み軽減したとの報告もあるみたいです。 https://t.co/CNmbR3tPSJ
RT @yoppy4py: https://t.co/Ado5mZGHJM リハの人て散々、引用文献は欧米のもの使うけど、そもそも、欧米に過剰な延命もリハもないですよ。 そこは見習わないんだー 不思議 https://t.co/iOywh616mK
日本老年療法学会てのがあったみたいだけど、 https://t.co/Ado5mZGHJM 日本の財政やご高齢の方の尊厳を考えると、世界基準の考えにした方が良くない?都合のいい時だけ、欧米の文献引用してカッコつけてるけど。土台は無視って、、、 https://t.co/gDhwpVfjTL
https://t.co/Ado5mZGHJM リハの人て散々、引用文献は欧米のもの使うけど、そもそも、欧米に過剰な延命もリハもないですよ。 そこは見習わないんだー 不思議 https://t.co/iOywh616mK
RT @shubababan: 耳鳴り精査 診断は? #Bdiag https://t.co/RcoIHNgmTj https://t.co/36LcACcgc2
RT @urapan_Rad: S状結腸憩室炎による尿膜管膿瘍 S状結腸憩室炎により結腸と尿膜管が穿通し、膿瘍形成 尿膜管遺残はなし 日本臨床外科学会誌 76( 6 ),1509―1514,2015 https://t.co/5QUXGW5ZFH https://t.co/…
S状結腸憩室炎による尿膜管膿瘍 S状結腸憩室炎により結腸と尿膜管が穿通し、膿瘍形成 尿膜管遺残はなし 日本臨床外科学会誌 76( 6 ),1509―1514,2015 https://t.co/5QUXGW5ZFH https://t.co/FSnVuAyMly
RT @Rrs91Y2dDyHZpfQ: 東日本大震災では破傷風が10例報告されており、うち2例は明らかな創傷がなかったと報告されています。 しっかり防護して作業をするのがよさそうです。 https://t.co/tAvUgKq87w
東日本大震災では破傷風が10例報告されており、うち2例は明らかな創傷がなかったと報告されています。 しっかり防護して作業をするのがよさそうです。 https://t.co/tAvUgKq87w https://t.co/a6nB9tTUcJ
場合によっては股関節内外転の最大等尺性収縮が骨盤底筋群の運動を阻害しかねない
RT @Ugp32: ↑検索で出てくるもう一つの資料。 https://t.co/gepmlGEDUN
RT @medical_910: Palliative Care Researchにも心不全関連の報告が増えている。 (1/2) #心不全緩和ケア #HEPT 心不全患者のEnd of Life Discussion に関する現状調査 (京都大学医学部附属病院 看護部 大上…
Palliative Care Researchにも心不全関連の報告が増えている。 (1/2) #心不全緩和ケア #HEPT 心不全患者のEnd of Life Discussion に関する現状調査 (京都大学医学部附属病院 看護部 大上 耕作 ほか) https://t.co/926aKfqvzr
心不全患者に対する退院前段階における多職種Webカンファレンスの実施報告 (独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター 緩和ケア内科 相木 佐代 ほか) https://t.co/CpVVKDwsfK #心不全緩和ケア #大阪医療センター #HEPT
2017:pNETの手術適応と術式選択 https://t.co/9YxMF6QcxT
RT @TT58852391: 【HIF-PHiに対する疑問】 ・体に低酸素状態と“勘違い”させて貧血を是正する=低酸素による多血症に少し近い状況。外からESAを補充するのとは全く異なる。 →HIF-PHiとESAとでは、至適Hbは違うのでは? ・結局HIF-2が重要なので…
心不全患者に対する退院前段階における多職種Webカンファレンスの実施報告 Palliative Care Research このような報告が論文化されていると色々と進めやすくなることもありそう。 https://t.co/NGz7H160N1

22 1 1 0 OA 私の3冊

「私の3冊」という原稿が総合リハビリテーション誌に載りました 若い医療者に役立つ図書を紹介するコーナーですが、あえて、行動経済学の本(カーネマン)を入れました 実社会に関わる認知バイアスを知るには行動経済学を少し知るといいです https://t.co/3WGsAmbZM2
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kadsho: 薬局薬剤師による薬学的介入・残薬削減のためのトレーシングレポート活用の医療経済効果 Medical Economic Benefit Derived from the Use of Tracing Reports by #Pharmacy-Based #…

16 16 16 0 OA 軍歌集

RT @kojimam1956: 「皇御国(すめらみくに)」の歌詞: 皇御国の武士(ものゝふ)ハ いかなる事をか勉むべき 唯(ただ)身にもてる誠心(まごころ)を わが大君(おほきみ)に尽すまで (『軍歌集』1887年 国立国会図書館デジタルコレクション) https://…
RT @S96405539: <参考文献> https://t.co/wPKvgVSQZ3 ※引用記事先の参考文献も併せてご参照下さい。 ※COIはありません。
@Drmiidr 抑肝散はグルタミン酸による神経毒性に対して保護作用を示す https://t.co/Ex2r8Mtusu あくまで漢方なのでお気持ちレベルというか、プラスαと言うか…。 リスペリドン・パルプロ酸はアカシジア等で40歳の私でも使用中止。メマリーを”若年性認知症”のテイで内科で貰ったが眠気が激しく中止。老人が…略
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
薬局薬剤師による薬学的介入・残薬削減のためのトレーシングレポート活用の医療経済効果 Medical Economic Benefit Derived from the Use of Tracing Reports by #Pharmacy-Based #Pharmacists for Pharmaceutical Intervention & Reduction of Leftover Medicines #BPB 2022 https://t.co/huZVlP4kD4
下肢装具の作製、修理、フォローアップ、相談等に困っている方を少しでも減らしたい‼️と強く思う。  拙い内容ですが、形にさせていただいたので装具手帳の導入・装具外来開設等のきっかけになってくれれば幸いです。 https://t.co/ckyCZTbS9E
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
RT @kojima_aponet: 症例報告 54歳男性、3年間1日あたり約1.2Lの豆乳を飲んで、勃起不全と女性化乳房を発症 イソフラボンの過剰摂取が原因の可能性 【Intern Med 61(19) p2899-2903,2022】 Secondary Hypogo…
2017:甲状腺機能亢進症治療中の喀血→MPO-ANCAの測定を https://t.co/Gsqs5KCQPJ
高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座 「実戦編」 連載第2回の総説論文が出版されました ( ・∀・)ノ 粳間剛 仙道ますみ 「情動の伝染」と「ソーシャルタッチ」 地域リハ2019;14:118-123 https://t.co/xXsl7W9EBI
カルニチン うつ で検索 カルニチンが即効性抗うつ薬開発の鍵に? ヒトで初めてうつ病との関連性を確認 2018年09月14日 06:00 14名の医師が参考になったと回答  大うつ病性障害(MDD)患者では健康な人と比べてアセチル-L-カルニチン(LAC略 https://t.co/Z3pu6y7Rlz https://t.co/dsPFAnJZy3 https://t.co/MmFyMW9vQt
糖尿病を合併する見逃せない難治性代謝性疾患 4.アミロイドーシス https://t.co/6BX4ghbMgK どっちが先か知らないけど…
RT @tadayoshiNONO: 重症ICU-AWに対するNMES継続とICU退室後のリハ栄養に関する症例報告(和文)が公開されました。去年採録なので、発行まで随分とかかりました。 運動療法と栄養療法により筋力・骨格筋量が改善した集中治療室獲得性筋力低下の一例 http…
夫「柴胡加竜骨牡蛎湯飲み始めてから離脱楽になった」 ワイ「おぉ〜効いて何より
@kitanokusuriya サンドスタチンは悪心嘔吐に使用するというよりは、消化管内分泌抑制薬として減圧目的での使用ですね。 ステロイドは混合せず朝に投与してました。 ↓文献見つけましたので参考まで https://t.co/6qFKXgc7At
慢性疼痛編第2話が出版されました ( ??? )y 粳間剛, 仙道ますみ. ココロとカラダの痛みのための邪道な心理療法養成講座第2回「プラセボ反応とノセボ反応の話① 」地域リハ2017;12:952-959. https://t.co/Ot6FyYOegP
RT @kasken0402: 性別による急性心筋梗塞後の運動耐容能の経時的変化の差異の検討 3カ月の心リハプログラムに参加しAMI発症後12カ月後に運動耐容能のフォローが可能であった156名を対象 女性では心リハプログラム中に運動耐容能は改善したが12カ月後にはAMI発症…
107E12 リンパ球の中の、T細胞の中の、ヘルパーT細胞に二種類、Th1,Th2と呼ばれる。Th2はまずTh1の機能を下げ、結果液性免疫能を上昇。IL-4,5,6,10などを産生する。寄生虫に関してはKAKENのソースで。https://t.co/fVfk1IOlHc
RT @InterestingEss: 岸政彦「実在と行為 社会学理論ができること」 https://t.co/kGzDLWicn2
RT @tak_pom: ●小青竜湯で症状が残る場合 水様鼻漏なら苓甘姜味辛夏仁湯、あるいは麻黄附子細辛湯と同時投与し、鼻閉の場合には麻黄湯に変更します。 今中らは、花粉症には小青竜湯と五虎湯との併用が極めて有効としています。 https://t.co/IQG9zULRte
RT @tak_pom: https://t.co/i4vnBghIL6 小青竜湯の通年性 鼻アレルギーに対する効果―二重盲検比較試験―.耳鼻咽喉科臨床 88(3), 389-405, 1995
RT @tak_pom: 二重盲検比較試験によりエビデンスが明らかになっている薬剤は小青竜湯のみであるが、麻黄剤は一般に有効性を示す。 https://t.co/IQG9zULRte 「第114回日本耳鼻咽喉科学会総会ランチョンセミナー」 耳鼻咽喉科領域における漢方治療
「大都市圏においてプライマリ・ケアを居宅で提供するために必要となる高度実践看護師のコンピテンシーの尺度開発」大釜,医療福祉政策研究,5巻1号p53-74(2022.5) https://t.co/Mu7EAd2B1O 6因子46項目が具体的で現状課題とリンクする論文。大都市圏の高齢化は加速していくのに政策は遅々とした変化
重症ICU-AWに対するNMES継続とICU退室後のリハ栄養に関する症例報告(和文)が公開されました。去年採録なので、発行まで随分とかかりました。 運動療法と栄養療法により筋力・骨格筋量が改善した集中治療室獲得性筋力低下の一例 https://t.co/8QOuxWDWBW
良記事。_Morgan and Winship (2014)を踏まえた_社会学における量的分析の議論に関心がある方には強くオススメ J-STAGE Articles - 教育社会学における因果推論 https://t.co/1GxbC5aBa2
107E12 リンパ球の中の、T細胞の中の、ヘルパーT細胞に二種類、Th1,Th2と呼ばれる。Th2はまずTh1の機能を下げ、結果液性免疫能を上昇。IL-4,5,6,10などを産生する。寄生虫に関してはKAKENのソースで。https://t.co/fVfk1IOlHc
RT @urapan_Rad: 下咽頭に生じた放線菌症 ・放線菌症→放線菌による化膿性肉芽腫性疾患 ・腫瘤を形成し、時として悪性腫瘍との鑑別が困難 ・臨床経過から急性型と慢性型に分けられる #Rdiag https://t.co/1TnbkhKFUo 右梨状窩・内深頸リンパ…
@shippaishisou 高校ラグビー、報告されているものだけで8年間で約1500件、うち13例は内臓損傷で500例弱は頭部外傷やで…。 親の身になったらとてもじゃないけどラグビーとかさせられないよ…
気温と精神疾患の関連はJAMA Psychiatryのこの論文も興味深い(https://t.co/p3uL1jLBwV ) "2010年から2014年にかけて,東京都における救急車の出動データと日別気象データを収集した。平均気温の上昇は、薬物過剰摂取リスクの上昇と関連していた。" https://t.co/PFtDuXgR9f
EBMの起源はですね Cast studyにて不整脈放置した群の方が、薬飲ませた群より死亡率が低いデータから始まりました 知ってました? https://t.co/fosr8G8q5c
RT @tak_pom: エチゾラムはCYP3A4とCYP2C19で代謝されます。 CYP2C19には遺伝子多形があり、活性のないPMにおいてエチゾラムの半減期が延長したり、作用が増強したとする報告があります。 CYP遺伝子多形が抗不安薬と睡眠薬の薬物動態に与える影響 h…
RT @hagi220: 整理してたらこれ発見。 CiNii 論文 -  ロスバスタチンと酸化マグネシウムの併用によるlow-density lipoprotein cholesterol(LDL-C)の変化 https://t.co/3hZJj5pH9g #CiNii
https://t.co/nPPeueoxrP 昨夜入院させた 大腿骨転子部骨折 おばあちゃん D dimerが111と有意に上昇 fractureが確信に変わる瞬間deathね! 高齢女性 途中までぎりぎり歩けていた。
RT @yukinoko811: 研究者発表でも『女性の外見をした自立型アンドロイド』と少し気を遣った記述がされているので、女性の外見をした人工物の性自認は果たして女性なのか……とか、色々考えちゃいます。 自立型アンドロイドによる対話における「同調的笑い」の生成|情報処理学会…
体育大生の上り歩行時の乳酸代謝閾値(LT)水準は62%VO2max,78%HRmax, RPE 13 ~ 14 で、これを超えない速度で登山すると疲れにくいのでは?…等々書かれた論文 https://t.co/s1rquubXFq 確かにワイの平地ランとかでも80%HRmax以下を死守すると全く息切れ起きずにいくらでも走れる感がある