著者
呉座 勇一
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
若手研究
巻号頁・発行日
2018-04-01

本年度は、論文「網野善彦とベラ・ザスーリチへの手紙」を執筆し、石母田正や松本新八郎、藤間生大らが主導した民族解放運動である「国民的歴史学運動」から離脱した網野善彦が、どのようにして「網野史学」を形成していったかを再考した。網野は運動からの離脱後、歴史学研究会などの学界とは距離を置き、独学でマルクスの著作を読みなおすことによって自身の学問を確立した、と後年回顧している。旧来の史学史研究はこの網野の回顧談を基本的に信用してきたが、本稿では、網野の学問的変遷を、彼自身が残していた論稿を中心に、時代ごとに再構成することで、後年の回顧談を相対化することに成功した。また、2019年9月には立命館大学2019年度研究推進プログラム公開シンポジウム「なぜ『歴史』はねらわれるのか? 歴史認識問題に揺れる学知と社会」に登壇し、報告「「自虐史観」批判と対峙する―網野善彦の提言を振り返る」を行い、排外主義・歴史修正主義が蔓延する現状に対処するヒントを、戦後歴史学に対する網野の提言に求めた。加えて、国文学者の兵藤裕己氏と対談を行った。対談を通じて、太平記研究がいかに戦後歴史学の大きな影響下にあったか、認識を深めることができた。特に、石母田正や松本新八郎といった国民的歴史学運動の主導者たちの問題意識に、太平記研究が今なお規定されていることを確認することができた。論文「南北朝内乱と『太平記』史観―王権論の視点から―」も上記の問題意識に基づき執筆した。『太平記』の歴史観は戦後歴史学にも親和的だったため、『太平記』の批判的検討は進まず、「史学に益なし」との掛け声とは裏腹に、知らず知らずのうちに南北朝史は『太平記』に呪縛されてきた。論文執筆を通じて、その問題の根深さが明らかになったのは収穫だった。さらに中世史学者の峰岸純夫氏にインタビューを行い、戦後歴史学の軌跡について、体験談を交えつつ語っていただいた。

言及状況

Twitter (102 users, 120 posts, 102 favorites)

呉座勇一氏の「網野善彦とベラ・ザスーリチへの手紙」という論文はどこに出ているのか。 https://t.co/ksQfwbd61h
戦後歴史学の史学史的研究―日本中世史研究の政治的性格を中心に― 研究期間 (年度):2018-04-01 – 2021-03-31 https://t.co/7hh157XhfA
@pvvbzROgo32zWXo 石母田正は確かに分からないですね。その辺りの事実関係の解明は釈迦に説法かと存じますけど、呉座先生が現在科研費を受けられている研究 https://t.co/rxDAGD2STd に期待したいですね。
KAKEN — 研究課題をさがす | 戦後歴史学の史学史的研究―日本中世史研究の政治的性格を中心に― (KAKENHI-PROJECT-18K12517) https://t.co/KRsQk3eI5m
@oyaziMK2 釈迦に説法で恐縮ですが、先生のご指摘された事は呉座先生が今まさに科研費の助成を受けて進めていらっしゃるご研究 https://t.co/mQs7SsBqoJ なのではないかな?と思われます。
こりゃまたどエライ研究やなぁ。 https://t.co/qSei7EZkGT

収集済み URL リスト