山田陽志郎 Yoshiro Yamada (@sinus_iridium)

投稿一覧(最新100件)

ゾウの認知能力研究 https://t.co/Lx9LuOzj5Y アジアゾウは鏡映像自己認識能力を有する ゾウは15Hz以下の音声でもコミュニケーションを 音声弁別が長期間保持 など

2 0 0 0 OA 天文年鑑

1930年(昭和5年)版の天文年鑑  https://t.co/LCA2djCxyu コマ番号44に「海王星外の遊星について」という記事。コマ番号139には、日本西部標準時の説明があります。 1931年(昭和6年)版の天文年鑑 https://t.co/v9EofkDpya コマ番号56に「海王星外の新遊星」という記事があります。

2 0 0 0 OA 天文年鑑

1930年(昭和5年)版の天文年鑑  https://t.co/LCA2djCxyu コマ番号44に「海王星外の遊星について」という記事。コマ番号139には、日本西部標準時の説明があります。 1931年(昭和6年)版の天文年鑑 https://t.co/v9EofkDpya コマ番号56に「海王星外の新遊星」という記事があります。
1928年(昭和3年)版の天文年鑑(第1号) というのが、国立国会図書館デジタルコレクションにあり、読むことができます。https://t.co/0PN12wb0jh 関連:https://t.co/sT50kiJg9l 参考:https://t.co/Joz6msdeRb https://t.co/WZKZEIiBI3

9 0 0 0 OA 天文年鑑

1928年(昭和3年)版の天文年鑑(第1号) というのが、国立国会図書館デジタルコレクションにあり、読むことができます。https://t.co/0PN12wb0jh 関連:https://t.co/sT50kiJg9l 参考:https://t.co/Joz6msdeRb https://t.co/WZKZEIiBI3
地震や津波が電離層にまで影響:GPS衛星と地上受信機を用いて電離層の乱れを調査。2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震で、日本付近上空の電離層がしばらく乱されていた。津波で生じた大気重力波によるものらしいhttps://t.co/LsD4CU2HcE https://t.co/szEjWkyuST https://t.co/4BDIjzMfdr
東南アジアからオーストラリアにかけて分布するテクタイトは形成年代が約79万年前。サイズや分布、重力探査、衝撃痕跡のある鉱物粒子などから、クレーターはラオス南部にあるらしいことが。15kmサイズのクレーター地形は玄武岩質溶岩に覆われてhttps://t.co/1BKURkbpCw https://t.co/Vks9QSMlOj
関連して: 月極域探査タスクフォースの紹介 物理探査・ボーリング探査のススメ https://t.co/4D5QHHVqo3 >資源として採算がとれるかどうかを検討する段階 月着陸探査活動のJAXAにおける検討状況について https://t.co/Qy0qsatxwo https://t.co/aG3dArucwR
5月27日15時23分、ロシア版GPS衛星、グロウナス-Mがプレセツク基地から打ち上げられました。その直後、ロケットに落雷がありましたが、打ち上げや衛星に影響はなかったそうです。過去、打上げ後のロケットへの落雷で失敗になった例も。関連https://t.co/3LgwPyeB9J https://t.co/LhVDV8rvJb https://t.co/FkeV8sQUqh
日経サイエンス 2019年2月号の『日本を変えた技術(下)八木・宇田アンテナ』興味深い記事でした。関連:「ニューマン文書」を追って https://t.co/PfAkVnBtnv https://t.co/DYrtlvSQ1N
>夜光雲の輝度や出現頻度については,太陽活動の11年周期変動と,1年程度の一定の遅れがあるものの,明瞭な逆相関がみられることは多くの研究で示されている。(Kirkwood et al., 2008; DeLand et al., 2003; 2007など)https://t.co/FBZ0jEvHva より。
地球-月回転座標系:地球(中心)と月(右) ホーマン遷移軌道より少ない燃料消費で月周回軌道を実現。ただし、長時間かかってしまう。月無人探査や物資輸送に向いていそうです。https://t.co/hZoJGMTICB 関連:https://t.co/TBEbY1GPJi https://t.co/Wdmqs7QNRN
RT @ShogoCitrus: リュウグウまであと少し.試料が届けられるのは 2年半後ですが,リュウグウ試料から何を知りたいのか,小天体サンプルリターン探査のめざすものは何かなどについて,以前書いた文章です.ご興味あれば:「はやぶさ2」サンプルリターン探査―太陽系始源天体探査…
高度方位暦 資料  https://t.co/7830ka2tEI (研究成果報告書) https://t.co/r8M3xMPgUG 関連:https://t.co/Fr2LqN52DS
海王星を固定した冥王星の動き(この2天体は約17天文単位以内には接近しない)関連: https://t.co/zfRT4ws3kv https://t.co/0omq2dWvxi https://t.co/l2xpvNE3Xb https://t.co/awUR83K5bZ https://t.co/8tIBm6yYN3 https://t.co/Bu2OnKfo3b
流星痕関連:https://t.co/jwLLbqr6UE https://t.co/YOJEugkgQs https://t.co/UpU6xb83WO https://t.co/oiHl8RD6Xq https://t.co/PC4lvgBvUR https://t.co/ABdLt3iov8
流星痕関連:https://t.co/jwLLbqr6UE https://t.co/YOJEugkgQs https://t.co/UpU6xb83WO https://t.co/oiHl8RD6Xq https://t.co/PC4lvgBvUR https://t.co/ABdLt3iov8
世界の地震のうち、M8以上(1600年代以降)204件が調査され、月の位相との関係はなかったというhttps://t.co/A8GiYpSqe4 地震の発生機構によっては、明瞭な相関が存在する場合が https://t.co/Au1IyYL1w6 https://t.co/wHYOt9N1S5 https://t.co/tsNabbMUeg
イギリスのクムリンでみられた見事な夜光雲。ぜひ全画面表示で。 最近の夜光雲写真のあるページ:https://t.co/Y0fiToLNPE 関連 https://t.co/fhSObkKfEu https://t.co/MhJrcHEGcv https://t.co/ES6S56wl7K
雪まりも https://t.co/j0jvp3tkUy https://t.co/6qhEAqY1e9 https://t.co/HOkysRoGIb https://t.co/gDwj1NgHe8
JAXAでは https://t.co/8IY3mTaJJF 男女共同参画は学問を変えるか? 天文学者の立場から(加藤万里子) https://t.co/iBgDR6DPCR 統計:イタリアの女性研究者 https://t.co/0ZGiwj1BDa
田根隕石:2015年夏休みの展示だったのですね。 関連:https://t.co/vierJvazI2 https://t.co/XHTO0xiOtD
関連:https://t.co/Tj4samVkhw https://t.co/x1Fb0l9eX1
C.D.フリードリヒ『月を眺める二人の男』(1830年頃) https://t.co/CPUeKDA3xY 関連:https://t.co/lOjkQz983n (そういえば)満月頃、ディズニーシーのメディテレーニアンハーバー上に浮かぶ月はなかなかよい眺めでした。
政策研調査資料 国際級研究人材に関する調査 アンケート対象者(102人) 研究者を目指すきっかけ・動機(高校生時代まで) https://t.co/atD36JPrpk 関連:https://t.co/43EPEXiAqp

4 0 0 0 OA 高度方位暦

関連して:高度方位暦について: https://t.co/J8Tu10ul6a https://t.co/ceXxnyyAna https://t.co/p9ewFT1D4R https://t.co/a2XmKLCr2a
ストームグラス、初めて知りました。 ノーチラス号にも積まれていたというストームグラス:https://t.co/tf5VVIXZED  研究:https://t.co/2SA7ldTBIV https://t.co/Tlod0mN7es
関連:クリオコナイトと氷河の暗色化 https://t.co/rUotAf0LTT  雪氷藻類:色づく雪と氷の不思議 https://t.co/2QuqF1fRRQ  雪氷生物と氷河 https://t.co/OpnlsLSATu https://t.co/oTILRhg0r8
月レゴリスの安全性 https://t.co/cQD3rP3fCT 現在月レゴリスの生体への影響に関する研究報告は乏しく... 関連ページ:https://t.co/EBtdFvgHIK
@1215_50 @Astro_Wakata @Astro_Kimiya @Astro_Soichi @Aki_Hoshide 流星からのエアロゾル粒子が凝結核となって夜光雲に? 参考:https://t.co/FBZ0jEe6DC https://t.co/ItluGWnboH
(つづき)小惑星の族:https://t.co/EPTF7RLyVX https://t.co/LrkHVgSgmR https://t.co/bNQFl2qevM https://t.co/OMTKS8N40O
RT @qutrit_a: なんて素晴らしい先生なんだ。この現象を見つけた高校1年生さんにとって、この実験は一生の宝物になるに違いない。「コーヒーカップとスプーンの接触音の音程変化」(PDF) https://t.co/nzYoIN7dQN
グリーンフラッシュ。2015年1月5日のフランス、マルセイユ近くのアロッシュから。日没時2分40秒間の4コマの写真。関連:https://t.co/uMa9VgCw1a https://t.co/rm6DMHEoVk
日本の古星図と東アジアの天文学(宮島一彦,1999年, 京都大学人文科学研究所)http://t.co/NWbBzPsclZ
RT @cinii_jp: 梶田先生の宇宙線研究所への思いもぜひCiNiiで。どなたでもお読みいただけます。 宇宙線研究所の果たしてきた役割(<特集>宇宙線100周年) http://t.co/ZdgmzmFOYt #CiNii
月面には、嵐の大洋のライナーガンマなど、明るい渦巻き模様の地形があり、磁気異常も。彗星の月面衝突シミュレーションでは、これら地形、磁場の特徴がよく再現されているという http://t.co/AUqZRS8edD  参考:かぐやの観測 http://t.co/dooViuiWVC
火星のキュリオシティ:火星着陸から956昼夜目の日没(2015年4月15日)。キュリオシティの日没カラー画像は初。http://t.co/IXHIpkrRJn  火星大気は希薄でレーリー散乱が目立たず、塵によるミー散乱で夕日が青っぽくhttps://t.co/kIfr2GurY6
ハッブルかルメートルか : 宇宙膨張発見史をめぐる謎(交流)  http://t.co/Jnag5IMcp3 オープンアクセスで。 参考: http://t.co/9SDBb7Ikqd  スティグラーの法則の例は、拙訳書『地球接近天体』(地人書館)にも出てきます。
夜光雲写真集  http://t.co/Jq3i7ga4Fe  夜光雲について http://t.co/82QXK95drk http://t.co/fhSObl2oSC  https://t.co/MhJrcHWPqD
ガンマ線バーストについて調べたいかたへ: https://t.co/8yfk8dcz7e  http://t.co/r0kX9nWPXC など。
大学生の「無重量状態」に対するミスコンセプション(<特集>宇宙と物理教育) http://t.co/ygkNfCqPQV オープンアクセス で全文が読めます。
Star Trek Trivia http://t.co/PQkopbx2yJ  SFは科学・技術文化を支える位置にあると思いますが、日本ではどうでしょうか。 少し関連して https://t.co/eeo0ds380O
地震計の記録から火球の経路を求めるという研究 (続き) http://t.co/IW1IEbjl  写真から経路を求めた例(つくば隕石) http://t.co/gI7PCamH
地震計の記録から火球の経路を求めるという研究  http://t.co/6Qm2zVc4  隕石落下地点の絞り込みにも。

4 0 0 0 OA 高度方位暦

『聖マーガレット礼拝堂に祈りが途絶えた日』 http://t.co/7vGzA4GS  女学校の生徒さんたちが計算していた高度方位暦、初めて知りました。 こちらは戦後のもの http://t.co/ALEt2ofT

4 0 0 0 OA 高度方位暦

『聖マーガレット礼拝堂に祈りが途絶えた日』 http://t.co/7vGzA4GS  女学校の生徒さんたちが計算していた高度方位暦、初めて知りました。 こちらは戦後のもの http://t.co/ALEt2ofT
(続き) 村山 定男さんによる1967年の論文「150年前の隕石雨 八王子隕石の話」 (自然科学と博物館) というものも。 http://t.co/Qp0YTUoM
宇宙服関係:http://t.co/lG6CoTt8  http://t.co/rzUQ3j0g http://t.co/60sBc1ZOy http://t.co/2PDMEtsG  http://t.co/D6fLp8DP
火星探査機「キュリオシティ・ローバー」では、 太陽光にたよらず長期間にわたり長距離移動ができるよう 、原子力電池(放射性同位体熱電対) を使っています。探査機のおしりの出っ張り部分です。 放射性同位体熱電対について:http://t.co/mGtTKY7P

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(104ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hiropon_hp2: 国会図書館デジタルコレクションで閲覧できる本田親二「最新天文講話」(文昌閣, 1910)を見ると、火星の運河説等はバッサリ切って捨てられていて、まともな天文学者の間では、この頃は既に議論の対象から外れていたことが察せられる。https://t.…

フォロワー(2475ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hiropon_hp2: 国会図書館デジタルコレクションで閲覧できる本田親二「最新天文講話」(文昌閣, 1910)を見ると、火星の運河説等はバッサリ切って捨てられていて、まともな天文学者の間では、この頃は既に議論の対象から外れていたことが察せられる。https://t.…
RT @hiropon_hp2: 国会図書館デジタルコレクションで閲覧できる本田親二「最新天文講話」(文昌閣, 1910)を見ると、火星の運河説等はバッサリ切って捨てられていて、まともな天文学者の間では、この頃は既に議論の対象から外れていたことが察せられる。https://t.…
RT @C11katao: いっぽう、陸軍の陸軍兵器行政本部が編纂した 『兵器取扱の科学知識. 下巻』 https://t.co/llxCoOCw8r すごくしっかりとした概説とともに、将来の無線操縦兵器に対する展望が書かれていたりする とくに、『テレビジョン』と結節する…
国会図書館デジタルコレクションで閲覧できる本田親二「最新天文講話」(文昌閣, 1910)を見ると、火星の運河説等はバッサリ切って捨てられていて、まともな天文学者の間では、この頃は既に議論の対象から外れていたことが察せられる。https://t.co/ogyzylJuVE https://t.co/jeZ6vPDG48
2008年の日本の自殺者3万人のうち、なんらかの精神疾患の記載が(人口動態調査死亡表)あった、者は2,964人で約10%。しかし警察の統計では20%。 https://t.co/HGyMdIBg4d https://t.co/JVcCcXgIvI
RT @narumita: このDTC検査(Direct to Consumer;医師の指示ではなく、診断用にはつかえないPCR検査)の、医療・感染症の政策における位置付けはどのように整理をされているのでしょう。 https://t.co/IXBoQKIPUv https://…
RT @Aspiration_p: 地域在住高齢者における睡眠の質と嚥下呼吸機能との関連 https://t.co/xqtA555USY 高齢者400名を対象に嚥下障害と睡眠の質に関するインターネットアンケートを実施 結果:高齢者において睡眠の質と嚥下機能の関連性が示された…
RT @JUMANJIKYO: 倉田喜起(1889)『日本酒醸造新法 : 実地経験発明』 https://t.co/JweUdHa0SZ