著者
鈴木 眞一 鈴木 聡 岩舘 学 立谷 陽介 芦澤 舞 大河内 千代 中野 恵一 中村 泉 福島 俊彦 水沼 廣 鈴木 悟
出版者
日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会
雑誌
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 (ISSN:21869545)
巻号頁・発行日
vol.34, no.1, pp.7-16, 2017 (Released:2017-04-28)
参考文献数
18

小児甲状腺癌は稀な疾患とされているが思春期若年成人では決して稀ではない疾患である。その超音波所見につき解説する。小児若年者の甲状腺癌の大半は乳頭癌であり,なかでも多くが古典型と言われる通常型である。浸潤型が多く境界不明瞭でリンパ節転移が多い。さらに特殊型のびまん性硬化型乳頭癌類似の腺内散布像を認める。特殊型もあることを念頭に置くが,通常の乳頭癌の術前診断が重要であり,ドプラ法,エラストグラフィも組み合わせ診断する。術前術後のリンパ節の評価には超音波診断が重要である。小児若年者甲状腺癌に関しては術前術後の超音波検査は極めて重要である。
著者
菊地 潤 中村 泉 樫村 修生
出版者
一般社団法人日本体力医学会
雑誌
体力科学 (ISSN:0039906X)
巻号頁・発行日
vol.58, no.3, pp.353-364, 2009-06-01 (Released:2009-07-28)
参考文献数
24

The present study examined the relationship between rate of abnormal menstrual cycles in women who participated in competitive sports and long-term fertility. Longitudinal menstrual data were collected over 25 years from 33 women who graduated from physical education collegesThe results were as follows:1)Among the 33 women surveyed, the number of pregnancies for each woman ranged from zero to eight; the total number of pregnancies was 85 (mean 2.6). Sixty-five (76.5%) of the 85 pregnancies were carried out to delivery times.2)The rate of spontaneous abortion was 15.3%. Four (12.1%) of the 33 women were infertile.3)In women with fertility-related problems such as infertility, spontaneous abortion, premature delivery, and stillbirth, the rate of abnormal menstrual cycles tended to be higher with increase of the fertility-related problems.4)In women with a high rate of abnormal menstrual cycles during college, the rate continued to be high after graduation.5)In women without fertility-related problems, the rate of abnormal menstrual cycles during college varied widely. Also, the rate of abnormal menstruation decreased less than 30% after graduation, excluding one woman. Conversely, in women with fertility-related problems, the rate of abnormal menstrual cycles was higher than in women without fertility problems both during college and after graduation.6)Changes in menstrual cycle length with age were more different than an individual. In women with fertility-related problems, abnormal menstrual cycles were observed between the ages of 18 and 42, and abnormal cycles were both longer and shorter than normal cycles.The results indicated that, in women who participated in competitive sports during their youth, abnormal menstrual cycles may remain long after retirement from sports. In addition, problems such as infertility and spontaneous abortion were observed to be associated with higher rates of abnormal menstrual cycles.
著者
川名 はつ子 菊地 潤 中村 泉
出版者
日本保健福祉学会
雑誌
日本保健福祉学会誌 (ISSN:13408194)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.31-40, 2000

出生前診断について、大学生を含む20歳以上の一般市民1,130人を対象にアンケート調査を行った。596人(52.7%)から出生前診断という言葉の認知・理解度や出生前診断をめぐる生命倫理についての回答を得た。それを性・年齢(20代、30代、40代以上)、既婚・未婚、子の有無別に検討した。結果は以下の通りである。(1)6割以上の人が出生前診断という言葉を知っていたが、理解度は曖昧だった。(2)男性より女性、若者より年長者、未婚者より既婚者、子無しより子有りの人が出生前診断について関心が深かった。(3)多数の女性が、出生前診断を受けるか否かは自分で決めるが、胎児に異常があると告げられた場合は、誰かに相談すると答えている。(4)男性は、出生前診断を受けるか否かや、異常が指摘された場合どうするかは、概ね相手の女性の意向次第と答えている。(5)若い独身女性は、あまり知識がないのに出生前診断に受容的である。(6)しかし全体では出生前診断について、よく知っている人の方が受容的という結果も出ている。(7)情報はテレビ、新聞などのマスコミから得ることが多いが、今後この問題の当事者となる20代の独身女性では、新関から情報を得ている人は少ない。