著者
井奈波 良一
出版者
日本健康医学会
雑誌
日本健康医学会雑誌 (ISSN:13430025)
巻号頁・発行日
vol.20, no.4, pp.214-217, 2012-01-31
被引用文献数
1

日本の花火は,多くの研究開発の結果,世界で最も精巧で華麗なものとして全世界から絶賛されている。日本の花火大会は,江戸時代に全国的な飢饉と疫病(コレラ)の流行による多数の死者の慰霊と悪疫退散を願い,花火を盛大に打ち揚げたことにはじまったといわれている。花火の心理学的研究として,花火に対する印象評価語(感動,力強さ,爽快感,美的感覚)と花火の構成要素(色,光,形,音)が個別に関連を持っているかを探るために実験場面を設定した印象評価実験が行われている。また,花火大会はストレス解消の場としての効用も考えられている。花火による健康障害には,熱傷や創傷の他に,花火の煙による気管支喘息,好酸性肺炎が報告されている。花火師の職業病に関する研究は,少数の花火師を対象にした報告があるにすぎない。その報告によれば,主な自覚症状の有訴率は,難聴50.0%,腰痛40.0%,耳鳴り30.0%,視力低下30.0%であった。症状は10年から20年位で出現していた。また,花火師が実際に受けている音圧の平均値は128.9dBと推定された。打ち揚げ地点から15m離れた地点での粉じんの質量濃度(mg/m^3)の平均値は0.992であり,日常の43.6〜47.2倍であった。今後,花火師のメンタルヘルスや夏期に特に重要となる熱中症予防の観点からの取り組みが期待される。
著者
井奈波 良一 鷲野 嘉映 高田 晴子 岩田 弘敏 森岡 郁晴 宮下 和久
出版者
岐阜大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
1997

埋蔵文化財発掘調査機関における労働安全衛生管理の実態と発掘作業の労働負担を明らかに、その対策を検討することを目的に、本研究を行った。都道府県教育委員会関連の発掘調査機関においては、「救急蘇生の講習会を開催している」および「定期健康診断を実施している」機関は25%以下であった。労働災害発生件数に関連する要因として、「独自に雇用している発掘作業員数が多いこと」および「安全衛生に関する規定がないこと」が抽出された。夏期に発掘現場の作業環境測定を行った結果、WBGT(湿球黒球温度指標)は中等度の労働強度における許容基準を超えている時間帯があった。鼓膜温は、発掘作業中上昇し、休憩によって下降するパターンを示した。体温の最大値は、午後の第1回目の休憩前に記録された。冬期に作業者の血圧等を経時的に測定した結果、収縮期血圧の最大値は発掘作業開始時点に記録された。これは主として発掘現場における寒冷曝露の結果と考えられる。ダブルプロダクトは、発掘作業中上昇し、休憩時に低下するパターンを示した。冬期における作業者に自覚症状を調査した結果、発掘作業中に防寒靴を使用する者の自覚症状の有症率は、使用しない者よりいくつかの項目について有意に低率であった。しかし、「足の冷え」については両者の間で有意差がなかった。これらの結果から、冬期の発掘作業を快適に行うための方策のひとつとして防寒靴の使用が勧められる。寒冷紗の効果をみるため模擬発掘現場で炎天下と寒冷紗のWBGTを測定した結果、寒冷紗下では乾球温度、湿球温度、黒球温度が低く、その結果、寒冷紗下のWBGTは炎天下より低くなっていた。したがって、夏期の発掘現場における寒冷紗の使用は、夏期の埋蔵文化財発掘作業を快適に行うための方策のひとつとして効果があることがわかった。しかし、寒冷紗下の風通しを悪くすると効果が低下することも明らかになった。
著者
宮本 教雄 青木 貴子 武藤 紀久 井奈波 良一 岩田 弘敏
出版者
日本衛生学会
雑誌
日本衛生学雑誌 (ISSN:00215082)
巻号頁・発行日
vol.49, no.6, pp.1004-1012, 1995-02-15 (Released:2009-02-17)
参考文献数
18
被引用文献数
8 9

In winter, many people have trouble with chilliness in their arms and legs. Many women are especially sensitive to cold, and for them the chilliness of the hands and the feet is difficult to ease even after entering a warm room, or taking a bath. They even feel pain owing to coldness of their limbs in daily life. This symptom has been called “hiesho” in Japanese.The problem of this chilliness is difficult to study because this symptom, in general, can be cured when spring comes. Coldness of the limbs has been considered to be one of the symptoms of the climacteric disturbance among middle-aged females.Recently, however, it was reported that many young females also feel pain owing to coldness of the hands and legs in their daily life during winter.This study investigates the problems of chilliness in the limbs of young females in their daily life. By means of a questionnaire, 642 female college students aged from 18 to 20 years answered questions concerning: (1) physical characteristics, (2) physical conditions in their daily life, (3) physical conditions in winter, and (4) physical conditions in summer. The replies to the questionnaires were tested using the χ2 test.The major results were as follows:1. Half of the subjects were sensitive to cold, and had difficulty sleeping owing to chilliness of their limbs in winter even in a warm environment.For the following results the subjects who were sensitive to cold had significant differences (p<0.05) compared to non-sensitive subjects to cold.2. Those subjects who were aware of chilliness in their limbs had high prevalence rates for irregularities in circadian body rhythm, as well as some symptoms such as white fingers phenomenon, numbness of their limbs, and stiffness in their hands.3. The subjects who were aware of chilliness in their limbs were very sensitive to cold in winter, and had female family members who had the same troubles with chilliness in the arms and the legs, too.4. The subjects who were aware of chilliness in their limbs were sensitive to cold even in summer, and had difficulty sleeping owing to chilliness of the limbs.
著者
井奈波 良一
出版者
日本健康医学会
雑誌
日本健康医学会雑誌 (ISSN:13430025)
巻号頁・発行日
vol.27, no.4, pp.294-302, 2019

<p>女性看護師の主観的幸福度に関連する職業性ストレスを明らかにすることを目的に,A総合病院の経験年数1年以上の女性看護師318名(年齢35.6±11.3歳)の自記式アンケート調査結果について分析した。職業性ストレスの把握には,新職業性ストレス簡易調査票の短縮版を使用した。対象者を主観的幸福度が「高い」,「中庸」,「低い」の3群に分け,多重ロジスティック回帰分析を行った。その結果,主観的幸福度が「高い」は,職業性ストレス要因の指標である「仕事の資源」の中の「仕事の適性」(オッズ比1.83),「同僚からのサポート」(オッズ比1.24),「家族や友人からのサポート」(オッズ比1.30)および「キャリア形成」(オッズ比2.54)の各得点が高いことに有意に関連していた(p<0.01またはp<0.05)。また,主観的幸福度が「高い」は,アウトカムでは,「活気」(オッズ比1.24),「家庭満足度」(オッズ比3.03)および「ワーク・エンゲイジメント尺度」(オッズ比1.05)の各得点が高いことに有意に関連し(p<0.01),「抑うつ感」(オッズ比0.87)得点が低いことに有意に関連していた(p<0.01)。以上のことから,経験年数1年以上の女性看護師の主観的幸福度が「高い」ことは,仕事の資源に有意に関連していることがわかった。</p>
著者
井奈波 良一 岩田 弘敏
出版者
一般社団法人 日本温泉気候物理医学会
雑誌
日本温泉気候物理医学会雑誌 (ISSN:00290343)
巻号頁・発行日
vol.53, no.4, pp.189-194, 1990 (Released:2010-04-30)
参考文献数
9

To clarify the relationship between the occurrence of the attacks of Raynaud's phenomenon and weather, maximum, minimum and mean air temperatures in winter were surveyed on the days in which the attacks of Raynaud's phenomenon occurred in 4 female students with Raynaud's phenomenon in the fingers. The results obtained were as follows:1) In general, the percentages of the days when the attacks of Raynaud's phenomenon occurred was the highest from the end of November to December, compared to the January and February results.2) Minimum and mean air temperatures on the days excluding holidays when the attacks of Raynaud's phenomenon occurred were significantly lower than those on the days when the attacks did not occur for the subject who went to school from her own home; this result was not noticeble for the others who lived at the dormitory. In all subjects there were no differences in the maximum air temperatures between the days when the attacks of Raynaud's phenomenon occurred and the days when the attack did not occur.
著者
足立 はるゑ 井上 眞人 井奈波 良一 岩田 弘敏
出版者
公益社団法人日本産業衛生学会
雑誌
産業衛生学雑誌 (ISSN:13410725)
巻号頁・発行日
vol.41, no.4, pp.79-87, 1999-07-20
被引用文献数
9 6

某公立病院看護婦の精神健康状態とストレス対処行動の問題を検討するために230名の看護婦を対象に自記式質問紙調査をおこなった. GHQ 60及びSSCQによる評価ではストレッサー及びストレス評価尺度での高得点者が多くいることがわかった. GHQでは卆後1-2年の看護婦, 婦長, 手術室及び外来勤務の看護婦の精神健康度が低い傾向を示した. SSCQでの高得点者は卆後5年未満と当院で仕事の中心的な存在となっている卆後10年以上の者に多かった. 本調査で特徴的なことはGHQ調査で精神健康度が高い者のなかにもストレス対処行動等において高得点者, つまりストレス予備群を発見できたことである. 以上より, 職場の健康管理において, 職場環境及び労働条件, 勤務配置, 卆後教育等の配慮が必要であると共に看護婦自身が自らの健康状態やストレスを自覚し, 主体的な健康行動をとることが重要であると考えられた.
著者
井奈波 良一 井上 眞人
出版者
岐阜大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2009

1年目研修医、研修医以外の病院勤務医および病院看護師を対象に職業性ストレス、勤務状況、日常生活習慣、燃え尽き度、仕事満足度、健康支援策等に関するアンケート調査を行い、職業性ストレス、燃え尽き、過度の眠気の要因を分析し、対策を立案・実施した。さらに再度、アンケート調査を行い、対策の効果を評価した。また、病院看護師を対象にフルオーダリングシステム導入前後でアンケート調査を行い、その健康影響を評価した。