著者
後藤 乾一
出版者
京都大学
雑誌
東南アジア研究 (ISSN:05638682)
巻号頁・発行日
vol.34, no.1, pp.57-77, 1996-06

この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。Although Iwa (1899-1971) is one of the well-known nationalist leaders in 20th century Indonesia, his thoughts and actions have not received due attention in contemporary Indonesian studies. As a son of Sundanese aristocratic family (menak) he was expected by his parents to become an official of the Dutch colonial government. However, he refused to become one of the "indigeneous elites" who supported the colonial system from the below. During his stay in the Netherlands in the early 1920s, he was elected as chairman of Perhimpunan Indonesia and contributed greatly to making the organization more nationalistic. Furthermore, upon obtaining a law degree, he moved to Moscow in order to combine the nationalist movement and the international communist movement. Among the top nationalist leaders of his generation, he is exceptional in having such an experience. Due to his political background, the colonial government in Batavia arrested him in 1929 and soon exiled him to Bandaneira Island, where he was forced to spend about 10 years until the early 1940s. From independence in August 1945 until his death in 1971,he held three cabinet posts, but at the same time he also had a number of bitter experiences, including two years of imprisonment for his connection to the "July Third Affair" of 1946,as well as being forced to resign as Defense Minister under political pressure from the army. He strongly insisted that the armed forces should be an instrument of the state and opposed the concentration of power in the armed forces. He also insisted that such a culturally diverse country as Indonesia should have a political system whereby each ethnic group could develop its own culture and identity. He believed that this was more desirable than strengthening of unification from the center, in order to bring real unity to the country. When we look at the Indonesian political situation in 1990s, Iwa's arguments concerning the politico-military relationship and the coexistence of nationality and ethnicity still appear pertinent.
著者
後藤 乾一
出版者
石橋湛山記念財団
雑誌
自由思想 (ISSN:03850846)
巻号頁・発行日
no.145, pp.30-39, 2017-06
著者
後藤 乾一 塩崎 弘明 山田 満 吉野 文雄 玉木 一徳 山崎 功
出版者
早稲田大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2005 (Released:2005-04-01)

平成18年5月、本研究グループは、平成15-16年度の基盤研究B(課題番号 15330034)の研究成果を『東ティモール『国民国家』を巡るエスニシティと国際・地域環境』として上梓し、その成果をさらに深めることを本年度の課題とした。その概要は以下のとおりである。(1)独立後最初の深刻な内部対立(地域差が主因)が発生したが、その直後に現地調査を行い、権力構造、経済事情に関する基礎的資料を収集した。(2)混迷する経済の活性化には、一定の外国援助・投資が必要であり、特に日本の関与が『期待』されている。その観点から日本政府、企業。NGOの体東ティモール政策・関与の実態を聞き取り調査を含め実施した。(3)日本との関係においては、今なお戦時期の軍事占領に起因する微妙な対日感情が見られるが、この点につき前年度に現地で行った聞き取り調査のテープ記録を起こし分析した。(4)東・東南アジアでは経済分野における域内関係が密接化しているが、東ティモールも経済規模はきわめて弱体ではあるものの、こうした潮流に加わることを課題としている。そのような観点から、アセアンさらにはAPECなどの地域協力機構、その加盟国はどのような東ティモール政策を準備しているかについて実態調査を行った。(5)2002年5月の独立に際しては最大の宗教勢力であるカトリック教会が重要な役割を演じたが、今回の政治的・社会的・文化的な亀裂の修復にはどのような役割を果たしたのか(あるいは果たせなかったのか)につき、教会側の動きについて、主に現地で活動する日本のカトリック系NGOからの聞き取り調査を行った。以上の諸活動およびそこから得られた情報・資料・データについては、現在のきわめて流動的な状況が一段落をした時点で分析を行い、平成20年3月をめどに最終報告書を取りまとめる予定である。
著者
松浦 正孝 山室 信一 浜 由樹子 土屋 光芳 中島 岳志 高橋 正樹 宮城 大蔵 WOLFF David 大庭 三枝 吉澤 誠一郎 姜 東局 大賀 哲 酒井 哲哉 後藤 乾一 都丸 潤子 関根 政美 矢口 祐人 高原 明生 遠藤 乾 松本 佐保
出版者
立教大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2008 (Released:2008-04-01)

本研究は、アジア各地における多様なアジア主義のビジョンと構造を解明し相互比較すると共に、アジア主義ネットワークの生成過程を解明した。方法としては、国内外から選ばれた各地域の専門研究者と各事例を議論することで、アジア主義に共通の構造と地域それぞれに固有の特徴とを明らかにした。そうすることで、各地域におけるアジア主義を相対化して民族中心的なバイアスから解放し、アジアにおける共同体の可能性と条件、各民族・国家の共生の可能性を探ろうとした。