著者
黒川 麻実
出版者
全国大学国語教育学会
雑誌
国語科教育 (ISSN:02870479)
巻号頁・発行日
vol.79, pp.31-38, 2016-03-31 (Released:2017-07-10)

This article, I discussed the historical background of "Three Years Hill," which is a famous Korean folk tale in Japan and is included in Japanese textbooks to this day. It first appeared in Korean textbooks in 1934 when Korea was under Japanese occupation. It has been suggested that it might be an imported version of a similar story from Japan. Thus, this study re-examined its historical background by using a structural analysis of its motifs. It was found that although "Three Years Hill" has appeared in various media as well as textbooks, and it exists in a variety of stories in both countries, its origin is in the Japanese occupation's Korean textbook, which was influenced by Japan.
著者
仲島 ひとみ
出版者
全国大学国語教育学会
雑誌
国語科教育 (ISSN:02870479)
巻号頁・発行日
vol.74, pp.62-69, 2013-09-30

This paper describes the effects of a writing center in a high school through studying its operation at International Christian University High School from May 2010 to March 2013. Students utilized one-to-one sessions with tutors by receiving dialogue-based feedback to improve on their writing assignments for different subjects. The sessions covered prewriting to writing the final draft. Overall, the number of users increased over the three years and a high level of satisfaction was achieved. According to questionnaires, student users learned or became aware of what they wanted to write, how to write, and how the audience would respond to their writing. At the same time, they were happy to be treated as independent writers. In addition, the tutors themselves felt that they also became better writers, communicators, and educators through the sessions. The faculty members also felt the significance of having the writing center as a place where the students could discuss their writings with someone. Given these results, we conclude that launching and operating a writing center in high schools is significant.
著者
石田 喜美
出版者
全国大学国語教育学会
雑誌
国語科教育 (ISSN:02870479)
巻号頁・発行日
vol.73, pp.15-22, 2013-03-31

Recently, the media environment has transformed considerably; instead of "mass media," formation of public opinion is now influenced by "social media." Thus, we must consider instituting new media literacy education to correspond with the new media environment. From our perspective, the most important feature of any media literacy education should be its ethical aspects. First, we considered how ethical aspects are positioned in the discussion of media literacy and found the term "practical moral knowledge" to be worth our attention. Next, to apply practical moral knowledge to new media literacy, we investigated Our Space, finding it necessary to focus on the ethical strategies we use in our everyday lives-both online and offline. From the results, we concluded that introducing new media literacy is important for shifting the existing paradigm within Japanese language education.
著者
冨安 慎吾
出版者
全国大学国語教育学会
雑誌
国語科教育 (ISSN:02870479)
巻号頁・発行日
vol.81, pp.23-31, 2017-03-30 (Released:2017-09-07)
参考文献数
17
被引用文献数
1

本研究では、自己調整学習者の発達を支援する方法について、特に学習観の形成を支援する視点から検討を行った。その際、事例として漢字学習を取り上げた。漢字学習観は、漢字学習方略・漢字学習動機・漢字観によって構成される。特に漢字学習方略は学習者の漢字学習に直接的に関係する。しかし、学習者は漢字学習に際して適切な漢字学習方略を選択するとは限らない。このことから、漢字学習観の形成を支援するためには、漢字学習方略を含む漢字学習観をメタ認知させることが重要ではないかと考えられた。そこで、漢字学習方略をパターンランゲージというメディアを用いて記述し、それを用いたワークを実施した。その結果、ワークの中で漢字学習方略と漢字学習動機・漢字観のメタ認知が行われることが確認できた。
著者
塚田 泰彦
出版者
全国大学国語教育学会
雑誌
国語科教育 (ISSN:02870479)
巻号頁・発行日
vol.46, pp.8-9, 1999-03-31 (Released:2017-07-10)

文学・語学領域の文化遺産を価値の体系として系統的に指導する教室から、学習者ひとりひとりの言語学習を能力や行為の発生・展開過程として実現していく教室へと転換する。その場合、学習者の学びの焦点を「知識・技能としての学力」にあわせるのではなく「意欲・態度の実現による充足感」にあわせる。その方法として、テクスト概念や談話(ディスコース)概念を導入することでこれまでの作品中心主義の教室を解体して、学習者の「テクスト表現過程」が中心化され意義づけられる学習を追究する。
著者
勝田 光 澤田 英輔
出版者
全国大学国語教育学会
雑誌
国語科教育 (ISSN:02870479)
巻号頁・発行日
vol.84, pp.58-66, 2018-09-30 (Released:2018-10-26)
参考文献数
19

本稿では、国語科におけるリーディング・ワークショップの実践を分析し、その意義を検討した。米国の英語教師ナンシー・アトウェルに影響を受けた高校教師は、自分の教室の実情に即して独自のリーディング・ワークショップを開発した。彼のワークショップは、三つのフェイズで構成される。(1)ブック・トークとミニ・レッスン、(2)個人読書とカンファランス、(3)共有の時間、以上三つである。ブック・トークとミニ・レッスンでは、教師が様々なジャンルから本を紹介し、読みのスキルも指導する。個人読書とカンファランスでは、生徒が自分の読みたい本を読み、教師は個別にカンファランスを行って何を読んでいるか、楽しんで読めているか等を確認する。さらに、生徒が読む本を選ぶ手助けをすることもある。共有の時間では、生徒は自分の読書経験を他の二人の生徒と共有する。本稿では、このリーディング・ワークショップが楽しい読書経験と一人で本を読む時間を保障することで伝統的な国語の授業を補完することを示唆した。
著者
幸田 国広
出版者
全国大学国語教育学会
雑誌
国語科教育 (ISSN:02870479)
巻号頁・発行日
vol.74, pp.14-21, 2013-09-30 (Released:2017-07-10)

This study explores the process of creating standard study material using the example of "Rashomon." "Rashomon" has been a best-seller since the 1970s, and its influence and popularity have significantly increased along with textbook revisions because of the revision in the curriculum. In related literature, research methods such as work theory and reading guidance note that "Rashomon" has maintained a constant position as a short story for one year of initial learning. Along with using literature classics as teaching material, it is important that textbook companies and educational bodies consider adopting literature classics as "standard study material." This study demonstrates the primary interdependencies between the different organizations involved in school curriculum design.
著者
森田 真吾
出版者
全国大学国語教育学会
雑誌
国語科教育 (ISSN:02870479)
巻号頁・発行日
vol.87, pp.50-58, 2020-03-30 (Released:2020-04-09)
参考文献数
19

本研究では、文部省『中等文法』の指導内容について、橋本進吉の文法学説との連続性にではなく、むしろ両者の差異に注目することによって『中等文法』の独自性を見出そうと試みた。その結果、『中等文法』における橋本学説に対するアレンジは、文法の指導内容を学習者にとってより身近なものとするための配慮に基づいて行われていたことが確認できた。また『中等文法』に援用されている橋本学説以外の内容については、いわゆる「五種選定本」の影響を指摘することができ、それにより『中等文法』は当時一般に流布していた文法教科書の内容を視野に入れつつ、それらを一つに収斂させて指導内容を整えようとしていた可能性があることが明らかになった。
著者
菊野 雅之
出版者
全国大学国語教育学会
雑誌
国語科教育 (ISSN:02870479)
巻号頁・発行日
vol.65, pp.82-75, 2009

Up to now, when using "The death of Atsumori" as teaching material, the following has been overlooked. There was a samurai of the Kumagai house who renounced his position when grieving. On the other hand, another member of the Kumagai house promoted the procedure to recognize the honor of officially identifying a severed head. This appearance should be clarified. Another point is that in the textbook, the ending has been deleted ("even music and the arts can in the end can lead a man to praise the way of Buddha"), which has the potential for study in the original 'The Tale of Heike'. Moreover, the modernistic significance of classical education should consider study conditions that include the clarification of the modernism of the classics. Part of this significance is <otherness> in the classics. Acknowledging classics as a different existence for modern values is considered necessary in teaching material theory.