著者
市原 清志
出版者
一般社団法人 日本臨床化学会
雑誌
臨床化学 (ISSN:03705633)
巻号頁・発行日
vol.27, no.1, pp.21-49, 1998-03-31 (Released:2012-11-27)
参考文献数
17
被引用文献数
1 or 0
著者
依田 敏行 後藤 由夫
出版者
一般社団法人 日本臨床化学会
雑誌
臨床化学シンポジウム (ISSN:03863417)
巻号頁・発行日
vol.21, pp.20-22, 1982-07-15 (Released:2012-11-27)
参考文献数
7

The detecting ability of the photon counting system of single photoelectron counting method has been greatly improved and an equipment of this method, designed for biochemical and biomedical applications, was developed. The photomultiplier used in the instrument was of bialkali photocathode of 5cm diameter with the spectral responce nearly from 300nm to 660nm and of specifically low noise selected from hundreds of the same photomultipliers. The photomultiplier was cooled down to -20° in the equipment in the actual photon counting for the further reduction of the noise. All other possible electrical noises from the inside and the outside of the counting machine were eliminated or minimized. The sensitivity of the photon counting equipment reached the level high enough to permit the determination of extremely weak light emission like those of human blood and tissue samples. Thus, the first quantitative measurement, to our knowledge, of ultra weak chemiluminescence of human blood samples was performed with this instrument. The whole blood and plasma samples of normal subjects gave relatively low levels of light emission. On the contrary, the blood samples of patients with diabetes mellitus and with liver diseases showed significantly higher light emission levels. Of particular interest was of the blood of patients with obstructive jaundice and of severe hepatitis. The light emission of the blood samples of these disease was generally very high and in the levels allowing the spectral analysis of the emitted light.The analysis and the scavenger experiments indicated the contribution of singlet oxygen as the photon emitting entity in these blood samples.
著者
水上 利洋 松本 美喜子 浜口 行雄 平井 孝次郎
出版者
一般社団法人 日本臨床化学会
雑誌
臨床化学 (ISSN:03705633)
巻号頁・発行日
vol.30, no.3, pp.111-119, 2001-09-30 (Released:2012-11-27)
参考文献数
25
被引用文献数
1 or 0
著者
秋葉 俊一 広山 真
出版者
一般社団法人 日本臨床化学会
雑誌
臨床化学 (ISSN:03705633)
巻号頁・発行日
vol.30, no.3, pp.120-130, 2001-09-30 (Released:2012-11-27)
参考文献数
3
被引用文献数
1 or 0
著者
村地 孝
出版者
一般社団法人 日本臨床化学会
雑誌
臨床化学 (ISSN:03705633)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, pp.145-157, 1977-06-25 (Released:2012-11-27)
参考文献数
12
被引用文献数
1 or 0
著者
藪内 博史 三谷 典映 北垣内 佳予子 島岡 光美 建島 澄子 増谷 喬之 岡本 康幸
出版者
一般社団法人 日本臨床化学会
雑誌
臨床化学 (ISSN:03705633)
巻号頁・発行日
vol.33, no.3-4, pp.187-191, 2004-12-31 (Released:2012-11-27)
参考文献数
7

脳性ナトリウム利尿ペプチドbrain natriuretic peptide (BNP) は, 血液検体保存中に分解されることが知られている。最適な検体保存方法を探るため, 種々の検体保存条件がBNP値に及ぼす影響について検討した。BNPの分解を最も抑制したのはEDTA+アプロチニン入り血漿で, 6時間後でほぼ90%以上の残存率を示した。EDTAだけでは, この効果は減弱した。血清中では急速なBNP値の低下がみられたが, EDTAとアプロチニンを加えた場合では, 冷蔵保存で良好な残存率を示した。“プロテアーゼ阻害剤カクテル”は, ほぼEDTA+アプロチニンの場合と同程度の効果を示した。カクテルの成分では, ロイペプチンが最も良好なBNP残存率を示した。これらの結果より, BNP測定のための検体を数時間凍結せずに保存する場合は検体へのアプロチニンの添加と冷蔵保存が必要であると考えられた。
著者
太田 浩良 羽山 正義 金子 靖典 松本 竹久 川上 由行 熊谷 俊子 久保田 聖子 勝山 努
出版者
一般社団法人 日本臨床化学会
雑誌
臨床化学 (ISSN:03705633)
巻号頁・発行日
vol.35, no.1, pp.37-47, 2006-01-31 (Released:2012-11-27)
参考文献数
50
被引用文献数
0 or 1

Helicobacter pylori (H. pylori) は、1983年にWarrenとMarshallにより慢性胃炎患者の胃粘膜より分離培養されたグラム陰性菌である。H. pyloriの発見は、胃疾患をめぐる状況に劇的な変化をもたらした。慢性胃炎がH. pyloriという起炎菌による感染症として理解されるようになり、さらに, H. pyloriが胃十二指腸潰瘍、さらには胃癌、胃悪性リンパ腫に関連する重要な因子であることが明らかにされてきた。H. pylori感染胃粘膜にみられる病理組織学的変化は, 細菌側の因子とこれに対する宿主側の反応が絡み合って形成される。胃炎惹起や胃発ガンのメカニズムの解明が分子レベルで急速に進んでいる。H. pyloriの感染診断法には, 内視鏡検査を必要としない非侵襲的検査法 (尿素呼気試験、抗体測定法、便中抗原測定法) と, 内視鏡検査を必要をとする侵襲的検査法 (迅速ウレアーゼ試験、鏡検法、培養法) がある。それぞれの検査法には長所や短所があるのでその特徴を理解した上で選択することが肝要である。