著者
古賀 光太郎
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
造船協会雑纂 (ISSN:03861597)
巻号頁・発行日
no.233, pp.461-467, 1941-08-15

Carrying experiments on various types of steam rice boilers, the author deviced a new type of good efficiency.
著者
重滿 通彌
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
関西造船協会会誌
巻号頁・発行日
no.65, pp.12-17, 1949-08-10
著者
渡辺 英一
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
造船協会誌 (ISSN:03861597)
巻号頁・発行日
no.412, pp.518-526, 1963-12-25
著者
Y.T.
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
造船協会雑纂 (ISSN:03861597)
巻号頁・発行日
no.21, pp.39-45, 1920-05-30
著者
K.M.
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
造船協会雑纂 (ISSN:03861597)
巻号頁・発行日
no.207, pp.461-465, 1939-06-30
著者
馬淵 精一郎
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
関西造船協会会誌
巻号頁・発行日
no.66, pp.7-9, 1949-12-25

本船は戰時中(昭和19年12月)播磨造船所に於て建造された改A型戰時標準貨物船で終戰三日前石川縣七尾港にて觸雷沈没したものである。一時は救助不可能と見られたが昭和24年7月岡田サルベーヂにより非常な苦心の結果船体を中央より切斷し2分して引揚げるのに成功、遙々舞鶴迄日本海の荒波を乗り切つて前部船体、後部船体別々に曳航され7月29日無事に當所の三號船渠に入渠現在船体結合工事を施行中である。尚本船の主要々目は次の通りである。
著者
森本 猛夫
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
造船協會會報 (ISSN:05148499)
巻号頁・発行日
no.59, pp.121-162, 1937-02-20

The antarctic whaling tanker, "Nisshin Maru" (22, 000 tons deadweight) was successfully built on 28th Sept. '36 by the Kawasaki Dockyard Co., Ltd., Kobe, in the record of only 216 days from laying down of the keel to the delivery to Messrs. Taiyohogei Kabushiki Kaisha. The vessel is the largest tanker of its kind ever built in Japan, and the following dates indicate the extraordinary speedy program at which she was built in such a short period.[table]There were many difficulties which they had to overcome, such as : difficult construction on an ordinary building slip not well arranged with up-to-date crane equipments, unusual short time limit of construction, and hardship of prompt collection of materials, etc. They laid down therefore a strict schedule so as not to delay the delivery and by good luck, it was faithfully obeyed by the men of all departments of the Dockyard Co. Combined with the mutual co-operation of all men and proper supply of all necessary materials, the schedule was very satisfactorily carried out in good order. On the other hand, special attention was also paid to the working hours as well as labour shifts so that the workmen should not be overworked either mentally or physically. Thus their earnest efforts have at last produced good results with such an epochmaking record of speely ship building which has never been experienced in the world. In addition, this vessel adopted the "Isherwood Bracketless system, " the simplicity of which has proved a good effect upon such a quick work as "Nisshin Maru." The principal dimensions are as follows : [table]
著者
山本 善之
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
らん : 纜 (ISSN:09160981)
巻号頁・発行日
vol.40, pp.63-67, 1998-07
著者
山本 善之
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
らん : 纜 (ISSN:09160981)
巻号頁・発行日
no.46, pp.58-65, 1999-12-30
著者
A.K.
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
造船協会雑纂 (ISSN:03861597)
巻号頁・発行日
no.101, pp.4-6, 1930-08
著者
吉武 嘉一
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
関西造船協会会誌
巻号頁・発行日
no.67, pp.48-55, 1950-09-05
著者
S.I.
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
造船協会雑纂 (ISSN:03861597)
巻号頁・発行日
no.157, pp.200-206, 1935-04
著者
小田 勝治
出版者
公益社団法人日本船舶海洋工学会
雑誌
関西造船協会会誌
巻号頁・発行日
no.65, pp.20-27, 1949-08-10