著者
髙橋 亜希
出版者
日本感情心理学会
雑誌
感情心理学研究 (ISSN:18828817)
巻号頁・発行日
vol.23, no.2, pp.68-77, 2016-01-30 (Released:2016-04-12)
参考文献数
27
被引用文献数
5 7

The present study developed a Japanese version of the Highly Sensitive Person Scale (HSPS) which was first devised by Aron and Aron (1997). The basis of the scale was to measure individual differences in sensory-processing sensitivity (SPS). In Study 1, the author identified 27 items of Japanese version (HSPS-J) after repeated bilateral translations and data collected from 324 college students exhibiting sufficient reliability of the scale. In Study 2, 369 undergraduates answered HSPS-J and other questionnaires to measure personality dimensions. 19 items remained after excluding the items with low factor loading scores. Factor analysis demonstrated 19 items of HSPS-J (HSPS-J19) having a three-factored structure of Low Sensory Threshold, Ease of Excitation, and Aesthetic Sensitivity. Adequate internal consistency was demonstrated by Cronbach's alpha, and its validity was also shown in terms of the relationship with personality dimensions of Neuroticism and Introversion.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[心理][社会] ""控えめで,刺激を求めず,もの静かな生活を望む"といった内向性の特徴を持つことは日本では否定的なことではなく,むしろ社会が望む性格でもあることから内向性の間に先行研究とは異なる結果が得られた"えっそうなの?

Twitter (19 users, 23 posts, 11 favorites)

""控えめで,刺激を求めず,もの静かな生活を望む"といった内向性の特徴を持つことは日本では否定的なことではなく,むしろ社会が望む性格でもあることから内向性の間に先行研究とは異なる結果が得られた"えっそうなの? / “https://t.co/VeqgqB6zYH” https://t.co/ae02zfS9sg
Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成 https://t.co/8SyXPwDqpA 内向性の強さ、神経症傾向の強さと文中に定義している。 まだ検査の信頼性は少ないが ただ素人でのHSP判断は危険ではないだろうか、自閉スペクトラムによる感覚処理障害の見落としにもつながりかねないためである。
https://t.co/ZKrG42TwXR HSP/HSCであることを捉えるには、原著者から翻訳許可を得て日本語版を中京大学大学院心理学研究科の高橋亜希が作成したHighly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)によって評価を行う必要がある。この項目に該当しない場合はHSP/HSCとはいえない点に注意が必要である。
Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成 https://t.co/JsotUduVa2
HSPS日本語訳をつくろう論文後で読む https://t.co/IhCP9IVW2s
@IFFUJIpro また、一度論文を読んでいただいた方が分かりやすいかと思います。論文のPDFファイルが上がっているリンクを再度掲載いたしますので、ぜひ読んでいただければと思います。赤のPDFをダウンロードというボタンをクリックしていただければ読めますので。 https://t.co/YgJJMulycc https://t.co/mARuffbg74
@aliceblue_alice …と、おもったんですけど、すいません。どれがその測定尺度なのかわかりません(今試しにクリックしてみたけどおもっていたのと違う苦笑)。因みに、身内も私も専門外の英語が苦手です。https://t.co/44JqSVinhQ こちらのページのどの辺なのか教えてもらえたらありがたいです
@IFFUJIpro @ogachinpa 長々と分かりにくい説明を送り付けてしまい申し訳ありません。 日本版の測定尺度ができたのが2016年なのでまだまだ日本語論文での研究結果も少ないのですがご興味あればぜひ読んでいただければと思います。 (ちなみに私も恐らくHSPなので漫画非常に共感です…) https://t.co/YgJJMulycc
@ByFOBz2TbVj8GNc @hakoniwasalon HSP尺度について、改善しようと色々な人達が研究しているようなので、その動きに期待したいものです(*´ω`*) すぐにどうにかはできないとは思いますが、少しずつでも分かりやすくなればいいなと思っています。 https://t.co/gB2VW88eT5
J-STAGE Articles - Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成 https://t.co/6LgNQhtCpG
@elinaokinawa @HSP_worklife あと、日本版のHSP尺度を研究されている先生もいるみたいですよ(*´∀`*) https://t.co/gB2VW88eT5
HSPかつASDって対立するはずだしASDの過剰適応とどう違うのかねぇ。 少なくともこの抄録ではASDは除外する文脈でHSPの尺度を測定しているようだけれど… https://t.co/wx0x0EfUaY
HSPじゃん https://t.co/1jRmiVq7t4
@zkzkzkzkzkzk 脳がそういう風にできてるんだから仕方ない、と諦めてるところもあって、わかってはいるけど、なぜそういう風にできているのかと納得できない。 もし面倒でなければ時間がある時にでもこれを読んでみて 何かの参考に https://t.co/hBk0ynwY5X
髙橋亜希(2015). Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成 感情心理学研究 23, 68-77.https://t.co/BTasmRruYC

収集済み URL リスト