ゴボウ (@s485324w123270)

投稿一覧(最新100件)

めも https://t.co/OEnzjNeaIR https://t.co/vc8qNaS6Yl https://t.co/jqKvJ9PSNw https://t.co/9r4jJawN1e
めも https://t.co/OEnzjNeaIR https://t.co/vc8qNaS6Yl https://t.co/jqKvJ9PSNw https://t.co/9r4jJawN1e
めも https://t.co/OEnzjNeaIR https://t.co/vc8qNaS6Yl https://t.co/jqKvJ9PSNw https://t.co/9r4jJawN1e
めも https://t.co/OEnzjNeaIR https://t.co/vc8qNaS6Yl https://t.co/jqKvJ9PSNw https://t.co/9r4jJawN1e
RT @kohske: p値の扱いは難しいけど、これには目を通しておくべきだと思う。 https://t.co/lVyPZmpjxY "科学的知識を深める研究はいくつ もの段階からなっており,統計的検定は,その中の一つに適用される方法にすぎない."
同僚からすごい尺度を教えてもらった https://t.co/aY0LLvo25l
@sikibou622 https://t.co/MC3tzKVLCc 抑うつに占めるPDDの割合 https://t.co/VsUwVS6w8M 思春期青年期の二次障害的なものの遷移… https://t.co/zpWtUJugsr
@sikibou622 https://t.co/MC3tzKVLCc 抑うつに占めるPDDの割合 https://t.co/VsUwVS6w8M 思春期青年期の二次障害的なものの遷移… https://t.co/zpWtUJugsr
RT @ykamit: 『パーソナリティ研究』の新たな挑戦 ―追試研究と事前登録研究の掲載について 加 藤  司 『パーソナリティ研究』機関誌編集委員長 https://t.co/cfHqTo2Ojp
山本哲也, 山野美樹, 嶋田洋徳, 市川健, & 仲谷誠. (2014). 反復性の大うつ病エピソード経験者が示す認知的反応性の特異性. 心理学研究, 85(1), 29-39. https://t.co/jxMdmcDG6j
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(5月分)】 東日本大震災の復興活動に対する感情の地域差――距離・被害程度・災害史の影響―― 早期公開はこちら https://t.co/V0pze3LQBk 日本語アブストラクトはこちら https://t.co/…
RT @KgPsysci: 中島・安藤・徳力「択一式筆記試験における正答の位置」https://t.co/jvTPwO0UZv
@bridal_mango https://t.co/xcYfC0hQvw https://t.co/4249fRO4Hm ざっと目についたのはこのあたり テキストマイニングはどない?
@bridal_mango https://t.co/xcYfC0hQvw https://t.co/4249fRO4Hm ざっと目についたのはこのあたり テキストマイニングはどない?
https://t.co/HFaV3mC2Ar 病気体験を社会に語る精神障害者当事者グループの自己概念
と思ってたら見つけた https://t.co/jSTXSO8R34 アスペルガーとSCT
https://t.co/Gv9G9oFmFX 精神疾患とは何か
@nso155 そこでこの尺度ですよ! https://t.co/TvUPkgSGDc 自己と他者に対するスキーマなので概念としては近い。でも愛着のそれをスキーマと同一視していいかはちょっと怖くて言い切れん。 こっち使ってたら比較的認知的な話で済んでたから楽は楽だった気はする
https://t.co/k0syqbPDuU PDDと自己理解 明日の私がんばれー
https://t.co/2hbk8nit3z 山手線の認知地図ってなんやこれ、おもろいやんけ
https://t.co/JZ80bpTvfB 抑うつの心理的要因の共通要素としてのネガティブな反すう
被害念慮が高い人はネガティブ関係こーぴんぐをしやすい (https://t.co/807LwTSxib) ASD傾向の高い人は感情調節方略として認知的再評価をあまりしない (https://t.co/w0TyOd1zCQ) 一度… https://t.co/QzixskRr14
被害念慮が高い人はネガティブ関係こーぴんぐをしやすい (https://t.co/807LwTSxib) ASD傾向の高い人は感情調節方略として認知的再評価をあまりしない (https://t.co/w0TyOd1zCQ) 一度… https://t.co/QzixskRr14
https://t.co/ubXmsQ13Sb ほへー、被害念慮に伴う感情の尺度かー
https://t.co/3ynZhnMP83 齊藤万比古. (2010). 発達障害の成人期について (合同シンポジウム: 成人期の発達障害と心身医療, 2009 年, 第 1 回日本心身医学 5 学会合同集会 (東京)). 心身医学, 50(4), 277-284.
https://t.co/XOUqyGibJm 役に立ちそうでかゆいとこに手が届かない。 ASDの人が二次障害で来る方が高いみたいな話どっかで読んだような気はするんだけどどこで読んだんだっけ
https://t.co/44YSN3tgBH 創痍やこれ会ったじゃん
https://t.co/AyN8lZdJY5 これずっと確認するの忘れてる
@Mine6114 よんだ? https://t.co/jJMiupqWiU
https://t.co/qupRFXoBHb https://t.co/ESNodAOHpy
https://t.co/7cyP1fzwGa https://t.co/u2o9XvJ8B1 https://t.co/BILRPjxgGG
https://t.co/n38TKg3kKg https://t.co/X7bnVCKb7R
https://t.co/K0GxJZBYQt 抄録の最後の一文のパワープレイっぷりが

お気に入り一覧(最新100件)

これ40組の出産夫婦へのアンケートを基にした論文だけど、結構面白かった。 https://t.co/VVWrdqdDCX (立ち合い、非立ち合いで、支えになれたなどで差はあるものの、その他の父親側の意識の差は殆ど無いように見えますね。)
早期公開されました。論文122本に掲載されたYG性格検査の平均値を集めて1957年から2012年の平均値の時代変化を検討しました。グラフを見てもらえばわかりますが、21世紀の日本って... 小塩・市村・汀・三枝 日本における情緒… https://t.co/oFskRLfc7e
【「心理学研究」新着早期公開論文(8月分)】日本版後悔・追求者尺度の公募型Web調査における信頼性と因子的妥当性 https://t.co/P7pc2Ulzga
20年くらい前に,前川久男先生と共著で,以下のようなレビューを書いたことがあったのを思い出しました。最近の「ADHDと分類される状態」を生じさせる機序とは何か,という研究は,現在,どのようになっているのだろうか?… https://t.co/VhAbJlkiB1
半年前に『情報の科学と技術』という雑誌に書いた「整然データとは何か」という解説文がフリーアクセスになりましたので、読みたい方はどうぞ。整然データという概念とそれを用いたデータ共有の事例などについて論じています。 https://t.co/gED2a0Mzb6
SEMについてのアレ。おもしろかった。 https://t.co/utEQDNRvxj

フォロー(194ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

140 1 1 0 OA 明月記

国立国会図書館で1912年の国書刊行会版がデジタル化されていますので、SN1006やSN1054のくだり(日記が書かれた日付は寛喜2 (1230) 年11月8日)がすぐに読めますのよ。便利な世の中ですことねえ。https://t.co/JfqoNyUZ8I
RT @ai202015: Tidy Data(整然データ)の非常に分かりやすい日本語解説をみつけました! https://t.co/BRgJ1ioZPc #機械学習 #データサイエンス
人工内耳はほんと世界を変えただろうなあと思います あと言語の獲得に関する研究にも非常に大きな影響がありそう https://t.co/3gY7zalnSi https://t.co/SoV76cEV1D
人工内耳はほんと世界を変えただろうなあと思います あと言語の獲得に関する研究にも非常に大きな影響がありそう https://t.co/3gY7zalnSi https://t.co/SoV76cEV1D

フォロワー(83ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

人工内耳はほんと世界を変えただろうなあと思います あと言語の獲得に関する研究にも非常に大きな影響がありそう https://t.co/3gY7zalnSi https://t.co/SoV76cEV1D
人工内耳はほんと世界を変えただろうなあと思います あと言語の獲得に関する研究にも非常に大きな影響がありそう https://t.co/3gY7zalnSi https://t.co/SoV76cEV1D