著者
筒井 淳也 不破 麻紀子
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.23, no.2, pp.2_139-2_149, 2008-11-30 (Released:2009-01-05)
参考文献数
8
被引用文献数
4

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

マルチレベル分析ですかね。色々な名称で呼ばれることもありますけど、、 https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjams/23/2/23_2_2_139/_pdf

Facebook (1 users, 1 posts)

「統計学:Rを用いた入門書」に、モデル式の中で「|」を使えるという記述があったことからマルチレベル分析に行き着いて、lmer()の勉強をしました。 特に https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjams/23/2/23_2_2_139/_pdf はとても参考になりました。筒井さんにはいつも助けられてます。

Facebook における性別

Twitter (10 users, 10 posts, 0 favorites)

マルチレベル・モデルの考え方と実践https://t.co/BixkrevBKg
devianceとカイ二乗検定でモデル選択しているんだけど(表2)、F検定ではいかんのか、これ。https://t.co/lrogh69c2j
自分はマルチレベルモデルについてはこれを読んだくらいで、筒井・不破(2008) https://t.co/WUhr4vabML むしろ使いたいくらいだが(一部の社会疫学者よく使うし)、これを読んだときにいろいろ思った事があったが忘れてしまった。きっと誰かが何か書いているだろう。
マルチレベルの回帰分析を勉強中。https://t.co/Dr9YBh1eRK
訪問看護ステーションの調査でも今後は、マルチレベル分析が有意義になると思います。この論文の共著者の不破先生とは先日の某業務で2日間ご一緒したから、もっとお話すればよかった… https://t.co/0HsXlPyCfq
マルチレベルモデルの解説論文(PDF)。社会学でのデータ分析を念頭に置いているがわかりやすかった。 http://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjams/23/2/2_139/_pdf/-char/ja/

収集済み URL リスト