Shigeru Flower-Field (@shigeruflowerFi)

投稿一覧(最新100件)

RT @dritoshi: 「研究評価に関するサンフランシスコ宣言が採択された.宣言では,雑誌のインパクトファクターを研究者個人の業績や雇用,昇進,資金配分に用いないよう訴えており,2013年11月5日現在,9596名、409機関が賛同している.」https://t.co/0W…
RT @dritoshi: 『文部科学省における研究及び開発に関する評価指針(改定案)』では、「特に,インパクトファクターは,論文誌等の注目度を示す 指標であり,必ずしも掲載論文の質を示す指標でないことから,その使用について十分注意する」と述べられている https://t.c…
RT @bonohu: 全文読めるのでIF云々言う方はご一読を「インパクトファクターの功罪 : 科学者社会に 与えた影響とそこから生まれた歪み」 逸村, 裕 , 池内, 有為 月刊化学 68 ( 12 ) , pp.32 - 36 , 2013 https://t.co/GYQ…
RT @y_kobae: 土の中の小さな宝石・AM菌 https://t.co/b9lfhMyd0j 「中には真珠のように白く輝き,息をのむように美しい物もある」
RT @ryotaiino: そうなんだ。→「最近,名古屋大学大学院理学研究科生命理学で博士課程に進学する学生が減っている.約 30 人の修士修了者の中の 2 ~ 3 人しか進学しない.」 https://t.co/S2CEdZpYwS
RT @rei_nari: 僕が研究室に所属し始めた頃は、PCPはPlantaに追いつけ、追い越せ、と頑張っていたはずなのに、今や、完全に追い越しているしなぁ。凄いですね。この文章、PCPの歴史がよく分かる。 https://t.co/UPoR2mivZ0
@fgwatch @hacpcphyi 昔からそのくらいの値みたいですよ。【pdf】http://t.co/wmebZfXgQQ
RT @Ryofuwi: この科研費報告書すごい・・・https://t.co/a5zkUfEryn 「他研究室の学生に、当研究室の装置を壊されるという、予期せぬ事態に直面し、当初計画よりも遅れている」とか「データをねつ造しない、嘘をつかない学生を育てていく。」とか相当な怒りが…

お気に入り一覧(最新100件)

よくよく調べると「カーリングを科学する」という科研費基盤Bの研究成果なのか。さすが科研費。良い。https://t.co/zE0Gq3nTbE
一年前の今日に出た総説が公開されたらしい。 「次世代シークエンスデータベースの活用法最前線」 化学と生物 Vol. 54 (2016) No. 12 p. 873-877 仲里 猛留, 坊農 秀雅 https://t.co/lUiR9NLoSg #DBCLS
土の中の小さな宝石・AM菌 https://t.co/b9lfhMyd0j 「中には真珠のように白く輝き,息をのむように美しい物もある」
そうなんだ。→「最近,名古屋大学大学院理学研究科生命理学で博士課程に進学する学生が減っている.約 30 人の修士修了者の中の 2 ~ 3 人しか進学しない.」 https://t.co/S2CEdZpYwS
大掃除の人も多い今日このごろの方のための文献。去年も紹介したかも。→ 浴室のカビ汚染の現状とその対策 濱田 信夫 https://t.co/FhyykS2P1G
ノーベル賞医学生理学賞の大村智さんの仕事をもう少し化学、生物学的に知りたい人向け(日本語、無料)→J-Stage(化学と生物) 微生物2次代謝産物生合成の機能的改変による有用物質の生産 http://t.co/R0UPSlLtxn
円城塔さんの「ポスドクからポストポスドクへ」を読み返したが、さすがの筆力と圧倒的恐怖である。 http://t.co/lX0BGHjJHk
ルシフェラーゼでは、この研究が面白くて好き〜。ホタルルシフェラーゼの構造を解明し、その構造を基に発光機構を考察し、変異導入することで、発光の長波長化に成功という流れ。リンク先はPDFです。 https://t.co/1FLOo5f3B8
細胞内環境の再現についての野村さんらの総説。粘度チョー高いらしい。面白そう。Reconstitution of intracellular environments in vitro and in artificial cells https://t.co/1AYeZWLjEP
こんな論文どうですか? 就労女性における尿失禁の実態調査(加藤 久美子ほか),1986 http://t.co/BntUyr88AK 名古屋市内の一企業の女性社員に尿失禁に関するアンケート…
2000年10~12月に市場に出回っていたマイタケ3サンプルのCs-137濃度は、乾燥試料で4.67Bq/kg(新潟産)、4.76 Bq/kg(新潟産)、4.78 Bq/kg(群馬産)でした。(出典) 坂内らの論文 https://t.co/ooPX0CxhHP の表1
この論文の結論ワロタ→「丸刈り強制率の高さは地域の家庭および学校の教育能力の低さや、文化水準の低さを表す指標となる得ることも明かとなった」(東海大学紀要. 課程資格教育センター 3, 69-77, 1993)http://t.co/7UUFJmR3
“CiNii 論文 -  女子短大生の餅の喫食状況” http://t.co/6nof2xDR
"EMへの質疑は回避された"とありますが、実はEM機構の人の質問に僕が少し答えました RT @breathingpower: きくまこ先生のエピソードもあります“CiNii 論文 - 沖縄における「EM(有用微生物群)」の受容” http://t.co/6MXntwu3
http://t.co/FVYD2m85 大野さんはかつて「生物系の学者と非生物系、特に数理側の専門家とが協働出来るよう努力することは二十一世紀の自然科学全体のためにも大事なことではないだろうか」と書いた。僕は今生物の人と研究はしているわけだけど、ちゃんと役目を果たせているかな?

フォロー(437ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

J-STAGE Articles - オンラインLaTeXエディター“Overleaf”:論文投稿プロセスを変革する共同ライティングツール https://t.co/MeXdCgHwEg
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
RT @a_iijimaa1: 大豆の産地によってセレン含有量は異なるようですね。とはいえ、納豆17パックは食べすぎですねぇ…。https://t.co/4vHO9nwZew https://t.co/z5LMFjqcO9
AFMのダイナミックモード https://t.co/nquaHo1EpI と思えば細胞の重さ測るのそれほどの驚きでもないのか
また、「大学学部生の科学技術情報と進路選択に対する意識」という調査 https://t.co/cKliAt3gHy によれば、「ごく初期の人類は、恐竜と同時代に生きていた」という文に対する○×問題(答は×)に正解した大学学部生は… https://t.co/XlKgtkPYBt
「大学学部生の科学技術情報と進路選択に対する意識」という調査 https://t.co/cKliAt3gHy によれば、「抗菌剤は、バクテリアと同様、ウイルスの増殖も抑える」という文に対する○×問題(答は×)に正解した大学学部生はたったの 24.0% とのこと。
岡本摩耶,「大学学部生の科学技術情報と進路選択に対する意識」,NISTEP RESEARCH MATERIAL,No.272,文部科学省科学技術・学術政策研究所. DOI: https://t.co/7bfaGaBgAv
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
@KiMmy_bookwarm 若い人で肉食が少ない人は花粉症になる人が少ないみたいですが、メカニズムは複雑でしょうから、効果があるか人にもよると思います。 https://t.co/MopeYYHXK1

フォロワー(323ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

J-STAGE Articles - オンラインLaTeXエディター“Overleaf”:論文投稿プロセスを変革する共同ライティングツール https://t.co/MeXdCgHwEg
AFMのダイナミックモード https://t.co/nquaHo1EpI と思えば細胞の重さ測るのそれほどの驚きでもないのか
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
RT @takehikohayashi: 学会の看板誌であった「Metabolomics」を巡ってSpringer社との権利交渉が決裂し、新たな学術誌を立ち上げた国際メタボロミクス学会に所属する遺伝研の有田氏の記事。研究者にはぜひ広く読まれてほしい/学会誌をどう出版するか:商業…
@KiMmy_bookwarm 若い人で肉食が少ない人は花粉症になる人が少ないみたいですが、メカニズムは複雑でしょうから、効果があるか人にもよると思います。 https://t.co/MopeYYHXK1