G-quad (@Crane_MolTech)

投稿一覧(最新100件)

改めて学び直す現場指向のマイクロ波伝送理論と基本回路設計 https://t.co/vk2mhD6bgw 分布定数回路理論 https://t.co/NaI5x2s9cw 分布定数回路と伝送線路 https://t.co/1GptgS6MI6 電気回路講義ノート 第17章 分布定数回路 https://t.co/YSgX6oBERu (2/3)
近い資料として下記の2つが見つかった。 https://t.co/u1in0vGUty https://t.co/Cq04X7mzsT 因みにワイの卒論に近いのはこれ。但し絶縁油じゃなく、純水での電界測定。なので電気工学科の研究室なのにミリポア(現メルク)があったw https://t.co/5yTQLYwzfB
こんな論文を見つけた。 胡麻豆腐の物理的性質と構造に及ぼす調製条件の影響 https://t.co/1oeDD8cTVj
コンパニオンチップについて更に調べた > プロセッサで処理しきれない処理をハードウェアエンジンで高速,低消費電力で実行するハードウェアエンジンのことである.処理対象として,画像符号化・復号化,三次元グラフィックス,音響処理などがあげられる https://t.co/C4pXxGxbTe
酵素反応速度論でラプラス変換と伝達関数 https://t.co/DVfql9bI7x ラプラス変換の電気化学への応用 https://t.co/wEH2vC5bzh 電気化学インピーダンススペクトロスコピー(EIS)の理論と解析の基礎 https://t.co/N9Cj85UDDi (10/12)
酵素反応速度論でラプラス変換と伝達関数 https://t.co/DVfql9bI7x ラプラス変換の電気化学への応用 https://t.co/wEH2vC5bzh 電気化学インピーダンススペクトロスコピー(EIS)の理論と解析の基礎 https://t.co/N9Cj85UDDi (10/12)
1) 全般 [ 基本その1] アナログ制御とディジタル制御 https://t.co/NHCoPSdvRr [ 基本その2] アナログ制御の基礎 https://t.co/2Z9quSnEgZ 古典制御全体を9ページで綺麗にまとめている。 https://t.co/3IZzIhoJiA (2/12)
ちなみにCRISPR配列は九大の石野良純教授が発見している。 > 筆者がCRISPRを見つけたとき,それがゲノム編集に利用可能であることなど,間違いなく誰も考えなかったし 次に続くPCR用酵素の一文(発見経緯)も興味深い。 https://t.co/uIhYrLzW0j
@ganyujapan 平たく書くと「動物や昆虫が見ている風景と人間のそれとは違うかも」ということですかね? そうなると波長だけでなく偏光も影響すると思います。 鳥が水中の魚を獲れるのは目に偏光グラスのような機能があるからかも。 昆虫の場合:https://t.co/tbKbr8fyE6
日本の諏訪湖では冬の氷結面に「御神渡り」と呼ばれる現象が起こり神事をとり行って、600年近い出現日の記録の蓄積がある。 (2001年だが)この論文もある: 「諏訪湖の御神渡り記録に関する気候復元資料としての均質性」 https://t.co/0hT6knJYF6 https://t.co/2W31XJwVr7
文中にもあるけど「腸内嫌気性微生物によって炭素源およびエネルギー源として利用されるコリン」のことね。 「1998 年にアメリカ医学研究所の食品栄養委員会によって新しい必須栄養素と指定され食事摂取基準が定められた」意外と最近。 https://t.co/ux21KfA4Tx https://t.co/WGns65GPlN
文中にあるワサビの辛み成分(AITC)を調べたら、無色の油状液体で水には微溶だが、ほとんどの有機溶媒には可溶とのこと。  ( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェー あと、案の定、AITCは「催涙スプレー」の成分になっていたw https://t.co/j6lLj7V4B1 https://t.co/wBFcCtBCEp
今録画していたCSIマイアミS10(D-Life)を見て思い出したが、科学捜査で用いるSNP(s)の日本語表記は「 単一塩基多型」だったな。いかん忘れていたw ちょっと古いが総論を見つけた。https://t.co/QK9JF8X6Qf
濁度測定のOD660nmは菌体濃度だが生菌と死菌が混じってたり細胞形状変化もあるということで、他の方法(プレート培地でのカウントとか)を併用した方がやはりベターか。(2015年の資料)https://t.co/cZDIWhqlQP
アメリカの民間団体のサイトではゲノムの目的の部位を指定して購入可能。Pricing and Paymentに料金表あり。 https://t.co/ktj5KOnj2c その他の関連情報:  https://t.co/81ZF8e3WbM  https://t.co/yWpeZyFM84  日本ゲノム編集学会https://t.co/uPP7KlfbC0

お気に入り一覧(最新100件)

エジプトでミイラが100基超発見されたそうですが、こういう分野でもJISは使われるようです。(JIS L 1030-1 繊維製品の混用率試験方法―第1部:繊維鑑別)⚰️ #ミイラ #JIS ミイラのドレスに関する法科学的研究(第2報) ドレスの素材と織り https://t.co/r548Ilf648
化学と生物 @jsbba_katosei に載った2013年の記事 「原核生物の新規な獲得免疫機構CRISPR/Casシステム」 学生さんこれどうですか? 私は素晴らしい解説だと思いますが、こういうのを本当に面白いと思って追求する研究者が多数いてこその、いまのゲノム編集の隆盛があります。 https://t.co/CNr6EybaKw
JSBi Bioinformatics Reviewにて和文総説「逆イジング法の生命情報データ解析への応用」を執筆いたしました。https://t.co/ejomBOVnHt 行列データの相関分析に興味のある方は是非ご覧ください
日本環境感染学会誌 殺菌力を謳う各種空気清浄電気製品の,塗布乾燥状態の細菌に対する効果の有無の検証 https://t.co/b4gAEMMVmi 対象機種を一定時間運転後液体培地で洗い流し生存細菌数を定量した.その結果全機種,全菌種で対照と生存菌量はほぼ変わらず,殺菌効果はほとんど認められなかった. https://t.co/fHxNZPIlgc
阪大の池田先生が、「ファジィ制御への過大な期待に対する疑問」という記事を1990年に書かれていて、 https://t.co/O5elb51XvS 同じ論調で行くと「ディープラーニングへの過大な期待に対する疑問」という側面からのは提示は重要ですね。自分はディープラーニングに期待する面もありますが。 https://t.co/ILazEZv2mv
有賀さんの総説もおススメです。 「生体分子モーター・キネシンの“散逸”を計測する」 https://t.co/lNdcYYYsTE
中村さんの総説が生物物理誌に出版されました。おめでとう!オープンアクセスです。 キチン加水分解酵素は熱ゆらぎを利用して1方向に動きながら結晶性バイオマスを分解する https://t.co/gmyGNYrfnO pdfへの直リンクhttps://t.co/OasLOAixT9 https://t.co/Fjg4077lWB
中村さんの総説が生物物理誌に出版されました。おめでとう!オープンアクセスです。 キチン加水分解酵素は熱ゆらぎを利用して1方向に動きながら結晶性バイオマスを分解する https://t.co/gmyGNYrfnO pdfへの直リンクhttps://t.co/OasLOAixT9 https://t.co/Fjg4077lWB
防衛白書の地図問題、専門家の間で有名でした。昨年も論文でこれだけ指摘されています。 https://t.co/giDWsDG367 https://t.co/tYBIzKpWpQ
水銀はなぜ液体であるのか(<特集>高校化学指導上の問題点) https://t.co/lR6B0Tlvgt
研究の解説記事が生物物理6月号に掲載されました。 軸索の走化性から神経回路形成に至る配線原理 https://t.co/YrFGBehB3S

フォロー(181ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(142ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)