Naoyuki NAKAHAMA (@naoyukinkhm)

投稿一覧(最新100件)

散布体バンクを含む湖沼底質からの水生植物再生可能性の時間的低下(日本語) https://t.co/q13jdmg5kw 埋土種子などから植物個体を復活させる保全手法がありますが、水生植物の種子や胞子の場合、消失から40~50年が経過した種では再生が困難になるようです。
植物さく葉標本室の作り方(日本語)。 https://t.co/chZqHGVRiu こうした標本庫作り方や維持管理方法の解説をしてくれる文献はなかなか貴重ではないでしょうか。
中山間部の湿田におけるアカハライモリの生息環境選択とその季節的変化(日本語)。 https://t.co/qe0nxYP9yZ アカハライモリの生息環境や生活史が詳しく紹介されています。こうした身近な生物についても、生息環境や生活史がきちんと記載されることは保全上非常に重要です。
都市近郊に位置する孤立草地の埋土種子相に隠されたリスク(千葉県の事例)。  https://t.co/IS0E83jiR1 地上植生と比べ埋土種子中の草原性種数が少なかったこと、外来種が埋土種子で優占していたことから、孤立草地にお… https://t.co/sg338sJdvf
RT @monotropastrum: 森林学会誌に発表した論文がJ-Stageで公開されていました。 > ナラ枯れ跡ギャップに設置された防鹿柵内外での更新状況の比較 https://t.co/nmZxeXRO4y
RT @yokogawa12: 休眠する種子などにも寿命があるので、一度消えても復活する「必殺技」も万能ではありませんよという論文のリンクです。地上部から消えてしまってから40-50年程度経過した水草は、休眠している種子などから再生することが難しいとのこと。 https://…
RT @wohnishi: RTに関連して、神奈川県立自然環境保全センターの田村淳さんによる、シカの採食圧を長く受けた後に柵を設置しても回復しにくい林床植物がある事を示した研究。 田村(2010)保全生態学研究 15(2), 255-264 https://t.co/TrlDe…
RT @menashi_sato: 16年も前にF先生がベントス学会誌で書かれたのを今更読んでるけど『全採集家必読!』って感じだから読むべき https://t.co/IBoOMcQitn https://t.co/ZGRwyTXMZB
RT @takahiko_mukai: 共著論文が出ました.ほぼ河川残留型しかいない岐阜県飛騨地方と鳥取県の河川のサクラマス(ヤマメ)はサツキマスとの雑種という話.「サクラマス自然分布域におけるサツキマスによる遺伝的攪乱」日本水産学会誌 83(3):400-402.https:…
そこで代替生息地である人工砂浜において、どのように生息地を維持していくべきかが検討され(その成果がこちらの論文ですhttps://t.co/Qp5JgCdrbQ)、それに基づいて生息地の維持管理活動が行われた結果、徐々に個体数が増加していったとのことでした。
希少種ルイスハンミョウを対象とした海浜ミチゲーションと官学民協働による維持管理の重要性 https://t.co/YazzvLEI8W ルイスハンミョウの生息地が開発で消失することになり、新たな人工の生息地を造成して移動させた結果、移動後3年間は個体数が増加しました。が…(続く)
登山者はニホンジカの高山帯植生への影響をどのように見ているか? https://t.co/XHzEdyEu2T 高山植生に対するシカの影響については、登山経験の多い人ほど理解が進んでいる傾向にあったことから、登山経験の浅い人への普及啓発が重要とのことです。
琵琶湖におけるコイの日本在来mtDNAハプロタイプの分布 https://t.co/8zcyhShODX … 琵琶湖で在来コイと外来コイの遺伝子型頻度を調べた結果、南湖や東湖で外来コイの割合が多かったようです。またコイヘルペスウイルスで死亡した個体の9割は在来コイとのことでした。
コイヘルペスウイルス病の侵入を外来種問題として捉える(本文あり) https://t.co/phWV7wClvF ウイルスに感染後生き残ったコイが感染源となることから、そうしたコイの放流はコイヘルペスウイルスの拡散につながるとされています。
岩手県一関市のため池群においてコイが水草に与えていた影響(webからは本文が見れず) https://t.co/IO4RIAfvdj コイが存在する池では絶滅危惧種を含む浮葉植物と沈水植物の数が減少したことから、コイの導入は、農業用ため池の生態系を改変する可能性を示唆しています。
移行帯の食物網における底生魚の生態的影響:沈水植物の保全ならびに微小動物群集への影響(学会要旨) https://t.co/ncHNWp22og 水域にコイが存在するだけで水草が減少すること、またその要因は底泥の攪乱と栄養塩の排出によることが示唆されたようです。
RT @windowmoon: 鮎の場合、琵琶湖産を放流すると、交雑するが交雑個体は海で死んで、多くの卵が無駄になる https://t.co/LJO3qcXrdS という話がある。後に残らないので遺伝子汚染は起きない(正確には、一時的に起きて、消えている)わけですが、不妊虫放…
全国規模の森林モニタリングが示す5 年間の鳥類の変化 https://t.co/WR9QUxBZKC この論文では、シカの増加による植生変化が鳥類(ウグイスとコルリ)の個体数に与える影響について特に注目されています。
岩手県内に栽培されている絶滅危惧植物アツモリソウの遺伝的多様性および外来近縁種の混入https://t.co/U6ESxnyeEQ … 岩手県の集団の1つから、中国由来の外来種と推定される株が見つかったことを報告しています。
メダカ:人為的な放流による遺伝的攪乱 https://t.co/BsByhv2JeQ メダカの遺伝子汚染の状況を紹介したうえで、これ以上遺伝子汚染を引き起こさないための方策についても解説しています。
奈良県大和川水系のメダカ集団から確認されたヒメダカ由来のミトコンドリアDNA https://t.co/qZppcadeBu 奈良県大和川水系のメダカから、飼育品種であるヒメダカ由来のDNAが発見されたことを報告しています。
特集「外来種と植生管理」 絶滅危惧種ハナノキの自生地域における近縁外来種アメリカハナノキの植栽混入 https://t.co/yVJ7DnqRsV アメリカハナノキとハナノキは交雑可能であることから、アメリカハナノキの侵入拡大を未然に防除することが重要としています。
ニホンジカの高密度下における防鹿柵の設置がマルハナバチ群集の回復に寄与する効果 https://t.co/75NvZBfLzQ 奥日光地域では80年代以降のシカの増加とともに植生や送粉者相が変化してしまっています。(続く)
ナラ枯れ後の広葉樹二次林の動態に及ぼすニホンジカの影響 https://t.co/VLd2K1dYt6 ナラ枯れで形成されたギャップにおいて50cm以上に育った樹木は、シカの嫌う植物(クロバイ、ナンキンハゼ)か、もともと優占していた植物(アラカシ、ヒサカキ)に限られるようです。
ソメイヨシノとサクラ属野生種との交雑範囲および遺伝子流動に影響する要因の推定 https://t.co/k1KSfZl5Li ソメイヨシノとサクラ属野生種との交雑を報告したうえで、交雑を抑えるには野生種個体から少なくとも200m以上離すべきだとしています。
@irojiroi12221 ヤマザクラではないですが、ソメイヨシノによるサクラ在来種への遺伝子汚染の実態を示した研究はこんなのがありました(PDFファイルです)https://t.co/G1DL0K4C8A
徳島市における自然干潟と人工干潟における底生生物相の比較(日本語)。https://t.co/AR4OlJ4i9S 造成後5年経過した人工干潟では、自然干潟と比べ底生生物の個体数が少ないとのことでした。ただし時間の経過に連れて変化する可能性もあり、今後に注目です。
RT @Tinea3: 「土のう」を用いた在来植物による法面緑化法(PDF) 浅野 頼子ほか(2007) https://t.co/W6wIFAEvLH 急勾配でも現地の植生を破壊しない持続性のある法面緑化工法
芦生研究林枕谷におけるシカ摂食にともなう林床開花植物相の変化(日本語、オープンアクセス) https://t.co/T89ase2lMW シカ増加以前(1990年前後)とシカ増加後(2007年)で林床開花植物種数について比較した結果、開花植物の種数は大きく減少していました。
京都大学芦生研究林の鳥類相(日本語、オープンアクセス) https://t.co/us7rxf6HWe 1970年代の論文です。過去40年間で芦生はかなり環境が変化しましたが、一方で近年のまとまった鳥類の記録はありません。
標本種子の発芽可能性の評価と標本作製および管理方法の種子寿命への影響(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/6goRxYNS0g 共同研究者による論文です。博物館の乾燥植物標本に生きた種子が含まれていること、また種子寿命に影響する標本管理方法を示しています。
RT @Job_offer_zoo: 野生動物に関する大学入学前の経験変化と進路選択 https://t.co/Vg6Mfs6xYg
日本在来ススキの遺伝構造(日本語解説) https://t.co/tO9xYYi0XL 葉緑体DNA及び核DNAの配列解析の結果、本土においては地域による遺伝的分化の程度は比較的小さいようです。
RT @48cham: 見返して少し語弊のある表現だったので訂正をば。 「ハチ球内の高濃度の炭酸ガス・高い湿度によりスズメバチの致死温度が大きく下がることが原因である」…熱は死因の[1つ]です。 熱だけでは無かった!という発見が驚いたポイント。原文↓ https://t.co/…
特定外来生物オオハンゴンソウが6月の刈り取りから受ける影響。 https://t.co/Fnx8x0mMwE 6月の刈り取りは当年の開花を抑制するものの、駆除そのものには有効といえないとのことでした。
阿蘇の最終氷期以降の植生変遷と草原の成立要因。 https://t.co/1AGNEOgUNV 土壌中の微粒炭、花粉化石、珪藻化石、植物珪酸体の分析をもとに、最終氷期以降の阿蘇の植生について考察されています。
栃木県奥日光における鳥類群衆の変遷。 https://t.co/melQUPGWra シカが増加した1998年以降、ムシクイやウグイスなどの森林の下層で営巣や採食を行う種が大幅に減少したようです。シカの増加による森林下層植生の推定が主な要因であろうと考察されています。
日本産家屋性シミの同定法。https://t.co/2dMRtqHRTx 分類形質が検索表とともに掲載されています。
沖縄島に植栽されているデイゴの訪花者群集とその日周変化。 https://t.co/XaFZQv2AWf 昆虫だけでなく、昼間にはメジロが、夜間にはクビワオオコウモリが訪花していたようです。
太平洋上を移動する昆虫類。https://t.co/cO1B6G3n78 やはり海上で採集される昆虫の多くは体長1mm程度の微小なもののようです。
なお、スズサイコの訪花昆虫に関する論文は和文でも出版しております。英文和文ともに別刷りを希望される方はどうぞご連絡いただけましたら幸いです。https://t.co/bdldLLDvJJ
大阪市における36年間のクマゼミ発生量変動の推定. http://t.co/Z83skwj1Bn 発生数について特に明瞭な周期は見られなかったようです。
滋賀県竹生島におけるカワウの巣の昆虫相。http://t.co/znNCTslWjc
各種燻蒸剤(ヨウ化メチル、臭化メチル、酸化エチレン)が標本DNAに与える影響。http://t.co/2mmmAXYJy6 ヨウ化メチルによる燻蒸はよりDNAの損傷が小さいこと、いずれの燻蒸剤も一度きりの燻蒸では問題なくPCRを行えることを報告しています。
花粉形態の観察方法。http://t.co/ezWGOYZfL7
日本国内の高山植物の系統地理について、解析手法の紹介も交えつつこれまでの研究成果を解説されています。(日本語、オープンアクセス) http://t.co/puOZwpP2rD
植物の採集および押し葉標本の作成方法。日本語で詳しく書かれております。http://t.co/UJft7WDhlc
植物DNAのシーケンス実験マニュアル。DNA抽出、PCR、精製、シーケンス反応、系統樹作成方法などが詳しく解説されています。http://t.co/ptNV4G9K8W
岩手県内に栽培されている絶滅危惧植物アツモリソウの遺伝的多様性および外来近縁種の混入。葉緑体と核DNAについて調査した結果、中国原産の外来種が混入していると推定されたようです。 http://t.co/o7yWd6X21i
全個体遺伝子型解析データに基づく絶滅危惧水生植物の市場流通株の種同定と産地特定。絶滅危惧種の場合は盗掘や密猟などがしばしば問題となりますが、全野生個体と盗掘株の遺伝子型を特定することで盗掘株の由来を特定することができます。 http://t.co/e3yoQpi0Db
絶滅と移入のタイムラグ : 景観変化に対する生物多様性の長期的応答。生息地の消失から絶滅に至るまで、もしくは生息地の再生から移入するまでにはタイムラグが生じることが知られています。そうした現象について非常に詳しく解説されています。http://t.co/Tl43bog3m9
阿寒国立公園における阿寒国立公園におけるエゾシカ生息密度の低下に伴う林床植生の変化。メスジカ狩猟解禁に伴いエゾシカの生息密度が近年減少傾向であり、またそれにより林床植生が回復傾向にあるようです。http://t.co/mIhovcER7g
京都市市街地北部森林のマツ枯れに伴う林相変化。http://t.co/iixWAPhQCT
近畿北部におけるニホンツキノワグマ(Ursus thibetanus japonicus)の行動特性と生息環境利用の季節変化。 http://t.co/FkOpRZiyYq
芦生演習林産樹木の実生形態(3)。芦生で見られる樹木の実生のうち、ビャクダン科,マタタビ科,ツバキ科,マンサク科,トウダイグサ科,ユズリハ科,ミカン科,モクレン科,マツブサ科の形態について非常に詳しく解説されています。http://t.co/WxqjummtjR
芦生演習林産樹木の実生形態(2)。芦生で見られる樹木の実生のうち、クルミ科,カバノキ科,ブナ科,クワ科の形態について非常に詳しく解説されています。http://t.co/upditMiH5c
芦生演習林産樹木の実生形態(1)。芦生で見られる樹木の実生のうち、アケビ科,ウルシ科,ミズキ科,エゴノキ科,ハイノキ科,クマツヅラ科の形態について非常に詳しく解説されています。http://t.co/mOjX63PepX
京都大学吉田キャンパスにおける鳥類相とその季節変化(日本語)。http://t.co/DsUosfgOsD
京大芦生研究林においてニホンジカが引き起こしたチマキザサ群落の衰退。傾斜がゆるく、また積雪の少ない地点で特に採食の程度が強いとのことです(日本語)。http://t.co/Jp4zB0uiUw
サクラソウのマイクロサテライトマーカー開発をした論文(日本語、オープンアクセス)。本論文のように以前は大腸菌を使用した開発が主流でしたが、近年は次世代シークエンサーを用いたマーカー開発も盛んになってきています。http://t.co/YqrVoRVI9X
温帯落葉樹林の皆伐後の二次遷移にともなう昆虫相の変化(日本語、オープンアクセス)。林齢にともなう昆虫の種数および種組成の変化は分類群によって大きく異なるとのことです。本文中に具体的な傾向が書かれています。 http://t.co/K91bHA3lsE
自然史標本を取り巻く管理者・採集者・利用者の関係(日本語、オープンアクセス)。それぞれの立場の現状について、非常に細かく解説されています。http://t.co/gEjSwCWkux
鴨川でカップルが等間隔に並ぶという「鴨川等間隔の法則」について議論した学会講演要旨。残念ながらオープンアクセスではないようです。http://t.co/GMrTnfI5wK
四国と九州におけるニホンジカの系統関係(屋久島・対馬含む)。ミトコンドリアDNAを解析に用いています。 https://t.co/JbAT6mRDqu
霧が峰におけるニホンジカの個体数変動について、ライトセンサス(夜間に自動車で光を照射しながら走行し、目標を探す)調査から明らかにしたものです。霧が峰では2007年ごろから発見頭数が増加し始めたとのことでした。http://t.co/MSxWKPNy4H
鹿排除柵設置後の植生の変化(日本語)。やはり鹿が高密度に分布している地域において鹿排除柵を設置することは植物の多様性が顕著に増加するようです。http://t.co/jT01GUuPPU
メダカにおける遺伝的撹乱の現状。 https://t.co/ZnCBokv1nR メダカのようにペットとして人気のある淡水魚については、やはり放流による遺伝的撹乱が深刻であるようです。
糞の数からシカの個体数密度を推定する糞粒法はこれまでしばしば用いられていきました。ただし糞粒法は問題点が多いことから、より望ましい推定方法が提案されています。http://t.co/5I7Ps66xHa
カメラトラップ法で明らかにされた大台ヶ原の哺乳類相とその特徴http://t.co/SLm9XJKJTG 最近はカメラ技術の発展に伴い、カメラトラップを用いた論文が多くなっています。本論文では哺乳類相を述べたのみですが、こうした基礎的な情報も非常に重要です。
かなり古い論文ではありますが、ガロアムシに関する和文論文。生息環境、飼育方法のほか、本州に生息するガロアムシ属3種の見分け方が記載されています。 http://t.co/J8zjp1S6W1
日本海側冷温帯性針広混交林におけるニホンジカの植物嗜好性。京都大学芦生研究林におけるニホンジカの嗜好植物、不嗜好植物が紹介されています。なお、シカの植物嗜好性は状況依存的であり、環境などによって変化しうることに注意が必要とのことです。http://t.co/a5UiVOYJd7
国内希少野生動植物種、絶滅危惧IA種に指定されているベッコウトンボの遺伝的多様性を解明した論文(日本語)。本論文では羽化殻からDNAを抽出することで、個体群への影響を最小限にしています。 http://t.co/0FRAV9Yu5E
自然史標本を取り巻く管理者・採集者・利用者の関係(日本語)。標本の保存、収集、利用方法について、またそれぞれを行う人々の責務について、分かりやすくかつ詳細に解説されています。 http://t.co/zePkZsOKbe

お気に入り一覧(最新100件)

森林学会誌に発表した論文がJ-Stageで公開されていました。 > ナラ枯れ跡ギャップに設置された防鹿柵内外での更新状況の比較 https://t.co/nmZxeXRO4y
CiNii 論文 -  岩手県に残存する半自然草原群落の現状および過去との比較による保全生態学的研究 https://t.co/fC8lwlcfxN #CiNii #あとで読む
共著論文が出ました.ほぼ河川残留型しかいない岐阜県飛騨地方と鳥取県の河川のサクラマス(ヤマメ)はサツキマスとの雑種という話.「サクラマス自然分布域におけるサツキマスによる遺伝的攪乱」日本水産学会誌 83(3):400-402.https://t.co/iBCYPnk9lt
「土のう」を用いた在来植物による法面緑化法(PDF) 浅野 頼子ほか(2007) https://t.co/W6wIFAEvLH 急勾配でも現地の植生を破壊しない持続性のある法面緑化工法
野生動物に関する大学入学前の経験変化と進路選択 https://t.co/Vg6Mfs6xYg
この文献は知らなかった。 #草原サミット の実践報告で出てきたスライドで引用されてた。 日本農業機械市場の歴史的展開過程とその分析 https://t.co/rWoYUZ9XTa

フォロー(393ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

理工学系学生と教員の心のケアJ-STAGE Articles - https://t.co/7MuPMvZo4Q
【地理学評論掲載論文】永田玲奈・三上岳彦 2012.1901~2000年における北太平洋高気圧西縁部の長期変動と日本の夏季気温との関係,地理学評論85A,508-516.https://t.co/N8Tbm8TvGQ
【地理学評論掲載論文】村中亮夫・瀬戸寿一・谷端 郷・中谷友樹 2012.Web版安全安心マップの活用意思とその規定要因-利用者評価による分析-,地理学評論85A,492-507.https://t.co/YJbiXIFs7z
RT @orobdella: クガビル類の新種記載,出版です. J-STAGE Articles - A New Quadrannulate Species of <i>Orobdella</i> (Hirudinida: Arhynchobdellida: Orobdelli…

38 1 1 0 OA 東莠南畝讖 3巻

枕のNDLのこれまでの取組みの国立国会図書館デジタルコレクションの紹介の中で出てきたコンテンツ。 東莠南畝讖 3巻. [1] https://t.co/orw37s2e6T タイトル読めない...けど、UID末尾がわかりやすい数字… https://t.co/k6bjFfH9vH
もう一つ山口 敬太 - 大正期の琵琶湖南部における「風景利用」計画と名勝仮指定による景勝地の保護と利用 https://t.co/pRNmcH6r8Z
RT @yokogawa12: CiNii 論文 -  水田畦畔植生における種多様性とその保全方法 https://t.co/Ye8Sclw86W #CiNii 農業および園芸の2017年11月号から。
RT @yokogawa12: CiNii 論文 -  水田畦畔植生における種多様性とその保全方法 https://t.co/Ye8Sclw86W #CiNii 農業および園芸の2017年11月号から。
CiNii 論文 -  水田畦畔植生における種多様性とその保全方法 https://t.co/Ye8Sclw86W #CiNii 農業および園芸の2017年11月号から。
RT @Amid_euphoria: 【メモ】 第 19 回国際植物科学会議(IBC 2017, Shenzhen)で採択された 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN; 深圳規約)の改正点 https://t.co/4tzd9fTfHz
RT @Amid_euphoria: 【メモ】 https://t.co/oWM9S6Prty 日本新産種としてMacrolepiota mastoidea(トガリカラカサタケ(新称))とEchinoderma echinaceum(コオニタケ(新称))が報告された。
RT @BirdResearch: Bird Research研究誌にヒメアオキの種子散布者がヒヨドリだったという論文が掲載されました。https://t.co/4nW7jBByWV
RT @wormanago: もうひとつ、共著論文が出版されました。与那国島からウツボ科のUropterygius fasciolatusを採集し、新たにムラクモキカイウツボという標準和名を提唱しました。本種はシノニム関係に不明瞭な点があったため、タイプ標本の検討も合わせて行い…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…

17 1 1 0 OA 日東魚譜

@tokukiyo2 国立国会図書館がデジタル化して公開してくれています→ https://t.co/bAZG0l67NA 淡水魚だけでなく、色々な海水魚も載っていて面白いです。

2 1 1 0 OA 日東魚譜

@tokukiyo2 これは日東魚譜という1700年代初期に描かれた図譜にあるオイカワ(とされる魚)です。 https://t.co/bPjHviF6XK
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @Capitellico: 西表島の干潟で発見したイトゴカイの新種記載論文がでました.新種の名は「ウルイトゴカイ」.「ウル」はサンゴ砂という意味をもつ沖縄の方言です. https://t.co/VMwFL7Nyej

フォロワー(648ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

理工学系学生と教員の心のケアJ-STAGE Articles - https://t.co/7MuPMvZo4Q
RT @podoron: 「光遺伝学(オプトジェネティクス)」 簡単な紹介記事。技術を利用した研究例もいくつか https://t.co/31ZB2OEbXL 日本語の解説論文 https://t.co/xAQ0TxtaR4 Natureの解説ビデオ 9/https://t…
【地理学評論掲載論文】永田玲奈・三上岳彦 2012.1901~2000年における北太平洋高気圧西縁部の長期変動と日本の夏季気温との関係,地理学評論85A,508-516.https://t.co/N8Tbm8TvGQ
【地理学評論掲載論文】村中亮夫・瀬戸寿一・谷端 郷・中谷友樹 2012.Web版安全安心マップの活用意思とその規定要因-利用者評価による分析-,地理学評論85A,492-507.https://t.co/YJbiXIFs7z
RT @orobdella: クガビル類の新種記載,出版です. J-STAGE Articles - A New Quadrannulate Species of <i>Orobdella</i> (Hirudinida: Arhynchobdellida: Orobdelli…

38 1 1 0 OA 東莠南畝讖 3巻

枕のNDLのこれまでの取組みの国立国会図書館デジタルコレクションの紹介の中で出てきたコンテンツ。 東莠南畝讖 3巻. [1] https://t.co/orw37s2e6T タイトル読めない...けど、UID末尾がわかりやすい数字… https://t.co/k6bjFfH9vH
もう一つ山口 敬太 - 大正期の琵琶湖南部における「風景利用」計画と名勝仮指定による景勝地の保護と利用 https://t.co/pRNmcH6r8Z
RT @yokogawa12: CiNii 論文 -  水田畦畔植生における種多様性とその保全方法 https://t.co/Ye8Sclw86W #CiNii 農業および園芸の2017年11月号から。
RT @yokogawa12: CiNii 論文 -  水田畦畔植生における種多様性とその保全方法 https://t.co/Ye8Sclw86W #CiNii 農業および園芸の2017年11月号から。
CiNii 論文 -  水田畦畔植生における種多様性とその保全方法 https://t.co/Ye8Sclw86W #CiNii 農業および園芸の2017年11月号から。
RT @Amid_euphoria: 【メモ】 https://t.co/oWM9S6Prty 日本新産種としてMacrolepiota mastoidea(トガリカラカサタケ(新称))とEchinoderma echinaceum(コオニタケ(新称))が報告された。
【メモ】 https://t.co/oWM9S6Prty 日本新産種としてMacrolepiota mastoidea(トガリカラカサタケ(新称))とEchinoderma echinaceum(コオニタケ(新称))が報告された。
【メモ】 第 19 回国際植物科学会議(IBC 2017, Shenzhen)で採択された 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN; 深圳規約)の改正点 https://t.co/4tzd9fTfHz
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @BirdResearch: Bird Research研究誌にヒメアオキの種子散布者がヒヨドリだったという論文が掲載されました。https://t.co/4nW7jBByWV
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @wormanago: もうひとつ、共著論文が出版されました。与那国島からウツボ科のUropterygius fasciolatusを採集し、新たにムラクモキカイウツボという標準和名を提唱しました。本種はシノニム関係に不明瞭な点があったため、タイプ標本の検討も合わせて行い…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
RT @wormanago: もうひとつ、共著論文が出版されました。与那国島からウツボ科のUropterygius fasciolatusを採集し、新たにムラクモキカイウツボという標準和名を提唱しました。本種はシノニム関係に不明瞭な点があったため、タイプ標本の検討も合わせて行い…
RT @wormanago: 共著論文が出版されました。北半球からは初めての記録となるOphichthus exourusを、サイパンと沖縄の標本をもとに報告し、新たにグンバイウミヘビという標準和名を提唱しました。https://t.co/chz40m2KI2 https://…
【メモ】 GEOGLOSSACEAE JAPONIAE 著者: IMAI, Sanshi https://t.co/FfVG9ajNQD
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…

17 1 1 0 OA 日東魚譜

@tokukiyo2 国立国会図書館がデジタル化して公開してくれています→ https://t.co/bAZG0l67NA 淡水魚だけでなく、色々な海水魚も載っていて面白いです。

2 1 1 0 OA 日東魚譜

@tokukiyo2 これは日東魚譜という1700年代初期に描かれた図譜にあるオイカワ(とされる魚)です。 https://t.co/bPjHviF6XK
RT @alciopidae: 論文が出版されました!オトヒメゴカイ科Leocratides属の新種Leocratides kimuraorumを記載しました。前年度の勢水丸の成果です。種小名は木村妙子先生、昭一先生に献名させていただきました。 https://t.co/2Ee…
RT @Capitellico: 西表島の干潟で発見したイトゴカイの新種記載論文がでました.新種の名は「ウルイトゴカイ」.「ウル」はサンゴ砂という意味をもつ沖縄の方言です. https://t.co/VMwFL7Nyej