suzaki (@KuniSuzaki)

投稿一覧(最新100件)

RT @hillbig: 私の指導教官であった辻井先生の個人史。日本の情報科学黎明期の雰囲気、国際コミュニティでは組織力と政治力が必要、独創性と孤立化、英語が苦手だったという話(私ももともと苦手でそれをバネに最近使えるようになったのでよく共感できる)https://t.co/m…
かなり昔だがLycosはCMU発の技術移転の大成功例とどこかで読んだ。確かCMU滞在の日本人が書いた資料だが見つからない。 他の資料を探すと 「大学ソフトウェアの技術移転その事例と課題」… https://t.co/dTB7rTLr1n
解説「物理乱数生成に関する最近の動向」 シ ス テ ム /制御 /情報 ,voL 58,No .11,pp .456−461,2014 https://t.co/eccE2Ya6FU 日本語で助かるけどもっと最近のものはないかな?
RT @kchr: CSIRTで働くこと10数年、CSIRTの国際団体で4年。逆にCSIRTの定義がわからなくなってきたので、概念を整理しようと思い、論文を書きました。CSIRTとは被害者救済とシステムの復旧という目的、インシデント対応の機能、互恵主義の文化をもつ組織群のことで…

22 0 0 0 OA 秘密計算の発展

メモ。秘密計算の資料。 秘密計算の発展 https://t.co/pOdiXACZSW 秘密計算のシステムと その原理 https://t.co/N8X2Xa5DT6
RT @_ko1: https://t.co/uvoI3txyba 「GPUとLLVMを用いたOSレベルでの障害検知機構」「しかし,外部から監視を行う場合はネットワーク障害などで監視を継続できなくなることがあり,内部から検知を行う場合はシステム障害の影響を受けて障害検知ができな…
@koie Good Job! 先ほど呟いたiijlabセミナー「進化するロギング:デバッグのための古くて新しい技術」の元ネタですね。 「ログの自動挿入によるスレッド間のデータ依存関係の追跡」情報処理学会、OS研究会2016/03 https://t.co/T6jpBZUR0c
RT @valdzone: NII福田先生による「トップ国際会議に論文を書こう──ACM SIGCOMM, CoNEXT, IMC──」 https://t.co/ObH7StUFTO
@garasubo いえいえ、質問ありがとうございます。 hypervisorでisolationが不十分というのは説明が足りませんでした。ちょっと古いですが、「IaaS型クラウドにおける仮想マシンのセキュリティ課題」に課題を纏め… https://t.co/5BzgkJQM1L
disassemblerの比較を聞いて岩村さんの博士論文を思い出してしまった。こちらはマルウェアの類似度比較だが、マルウェアバイナリ解析の大変さも述べらていた。 https://t.co/5YK2GnT4ih
Differential Privacyの解説。 https://t.co/sHmwPsFsND 暗号系の研究[Crypto]とデータベースの研究[SIGMOD]の流れがあるのか。また、入力プライバシーと出力プライバシーの違いも大事。
日本で形式検証が上手く適用された例としてはFeliCaがある。「携帯電話組込み用モバイル FeliCa IC チップ開発における形式仕様記述手法の適用」 http://t.co/NPpu8EAzz5
そう言えば、Linuxのメモリ空間をずらして、他のOSと共存させるナノカーネルってのがあった。製品名がダルマだったっけ? 「汎用OSと専用OSを高効率に相互補完するナノカーネルの提案と実現」 http://t.co/6jHwXCrXev
differential Privacy[Dwork,06]の解説。"注目のプライバシーDifferential Privacy", 五十嵐 大 高橋 克巳 コンピュータ ソフトウェア ,2012 https://t.co/ASCFt9Fyh7
気になった3大スパムBotnetの一つはSrizbiかな。探していたら論文もあった。「大規模スパムボットの計測と全体像解明」2009 http://t.co/77oXWXMySd
1960年に戻ってReed-Solomonの説明。 Maximum Distance Separableは日本語で最大距離分離符号なのか。解説記事「リード・ソロモン符号の半世紀」から。 https://t.co/EXoJzw0R
英語ではRange Predicate encryptionでした。述語暗号で一部検索可能にする日本語の論文もあるのですね。「述語暗号を用いた部分一致検索可能暗号の実装評価」 http://t.co/yxI31nRi RT @5her0 領域述語?それ述語暗号なのかなぁ
USENIX Security 2011報告が情報処理学会誌2012.12号にあり。PDFは会員なら無料。 http://t.co/SLHTRj6D
天野さんの記事「Google Chrome OSの構成から見るセキュリティ対策」は下記から取れるはず。 http://bit.ly/kdN9kN http://ci.nii.ac.jp/naid/110007811972

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(236ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1179ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @0719Readonly: @83periwinkle @Kurotama_Cola 実際に聴覚情報処理障害(APD)の半数以上がASDかADHDなどの発達障害を併発しているというデータもあるようです。 ADHDの場合、情報の取捨選択が困難で、周りの雑音の中から相手の声…
RT @ystk_hara: 日本ロボット学会誌の今月号は「衛星測位とロボティクス」特集。GNSS の誤差の性質やよくある誤解、他のセンサとの干渉など、とても勉強になる! 目黒 淳一, 竹内 栄二朗, 鈴木 太郎: "ロボティクスにおける GNSS 失敗学" https://…
RT @matsumotory: ペパボ研究所でJIPに投稿していた、Webサーバの大規模証明書管理に関する我々のジャーナル論文が採録、公開されました!エディターメッセージ読むと、投稿8本で採録は2本と実はすごく厳しかったことが判明して安堵と喜びがあります。 https://t…
RT @matsumotory: ペパボ研究所でJIPに投稿していた、Webサーバの大規模証明書管理に関する我々のジャーナル論文が採録、公開されました!エディターメッセージ読むと、投稿8本で採録は2本と実はすごく厳しかったことが判明して安堵と喜びがあります。 https://t…
RT @mikumo_hk: 知らなかったけど、強風時にネットを下ろさず、ゴルフ練習場の柱が倒れる事件はときどき起きているんですね…。 https://t.co/EI8swbyE7u https://t.co/wAYJIZySH1
https://t.co/qzeAspUMdS え、嘘やろ・・空気中のプロペラ推進効率も70%前後なんや。しかし、実在の飛行船もヒンデンブルグ号(直径41m)で1200馬力4機で135km/hを考えればそれぐらい無いと確かに難しい… https://t.co/9o0J0Lnbev
間違えた抗力係数が0.44で30km/hだわ。 https://t.co/PwmNWkbDOH なるほど・・・葉巻型優秀だな。 葉巻型なら、150km/sを高度1000mの空気密度で、プロペラ推進効率0.7%付近でも達成できそう。… https://t.co/yeIifPcX4P
RT @tazawa: 『キャリア教育研究』掲載の論文を読む-基本的統計資料の理解を中心に−(日本キャリア教育学会 研究推進委員会) https://t.co/SrGvs5y28k 平均、標準偏差、相関、因子分析、重回帰分析、有意水準などを解説。 対象論文→https://t.…
戦争直後は異常に住宅の足りない状態になったらしい。 https://t.co/ORAUgmUNZE
RT @f_subal: タイトルの圧が強すぎる CiNii 論文 -  日本における自殺のしろうと理論--Yahoo!知恵袋の質問データの分析 https://t.co/cuZGD2XQQv
RT @maru_tetsugaku: @matsudotsuyoshi 気になって少し調べてみました。↓の論文は大学教育に関するもので、まつどさんの狙いピッタリではないですが関連性がある気がします。登録なしでPDFを読めます。 この『日本テレワーク学会誌』にいい文献があるか…