岡 賢佑@EBM鍼灸理学トレーナー (@TrainerWao)

投稿一覧(最新100件)

@yy_onlyone1012 いや、本当にそうなんです。。。 因果、相関の解釈が難し過ぎます
@yy_onlyone1012 お疲れ様です! 野球例でいきます! 病態によるかもですが、SRはこちらです https://t.co/QAj2yOKIGu UCLiやOCDはこれら結構面白いです https://t.co/RHY97inwnA https://t.co/pNPQUMUaZs 個人的には (量)ROM低下+(質)関節動揺性等のAND条件が問題だな〜と感じてます https://t.co/3Hxnz7cE9h

4 0 0 0 OA D test

【足首の慢性的な硬さに対する介入RCT】
【スポーツ脳震盪レビュー】 ①外部衝撃について https://t.co/wOQQHPFgBi ②スポーツ現場について https://t.co/O3Fz23kAzr →脳震盪から復帰直後の下肢障害が1年以内に1.97倍というのは驚きですね! →特に最近ではfollowとして前庭系、固有受容器、有酸素運動も着目されてます! #おかべん https://t.co/iAogpgBkhG
【スポーツ脳震盪レビュー】 ①外部衝撃について https://t.co/wOQQHPFgBi ②スポーツ現場について https://t.co/O3Fz23kAzr →脳震盪から復帰直後の下肢障害が1年以内に1.97倍というのは驚きですね! →特に最近ではfollowとして前庭系、固有受容器、有酸素運動も着目されてます! #おかべん https://t.co/iAogpgBkhG
@idoco_daijiro 外反トルクやそれに起因する障害例に対してはそこまで重要ではないのでは?という自論(重要なら温存されるはず?だし前向きのフォローアップで否定されるはず) 最近の流れはこっち系↓ ピンチ能力と障害検討↓ https://t.co/Uhekfsr5Qp +α最近、小指の研究多い↓ https://t.co/Pmg5I7NVpY
@idoco_daijiro 外反トルクやそれに起因する障害例に対してはそこまで重要ではないのでは?という自論(重要なら温存されるはず?だし前向きのフォローアップで否定されるはず) 最近の流れはこっち系↓ ピンチ能力と障害検討↓ https://t.co/Uhekfsr5Qp +α最近、小指の研究多い↓ https://t.co/Pmg5I7NVpY

46 0 0 0 OA 査読の作法

【論文、文献(Jstage)見るならこれ!】 〜拝読の作法〜 ①リスペスト ②批判的吟味 ③至る背景の吟味 https://t.co/tAY7agRz19 これ見ないと文献全て読めないと思います!なので、『まずはこれを見ろ』です^_^ ※P値は本当に0.5で良いの?P値の誤解集 https://t.co/8ujyAAnXf3 #おかべん https://t.co/CHeYl7zkNI
※一緒に見て欲しい文献レビュー ①橈骨遠位骨折のガイドライン(Minds) https://t.co/H7kvyEc1fM ②プレートの話 https://t.co/VFuqGf8Jpe ③組織間移動について https://t.co/S9QGcUUbAG ④関節拘縮について https://t.co/rZu092k7FJ ⑤手関節周囲のエコー https://t.co/j85S5MvNDk
※一緒に見て欲しい文献レビュー ①橈骨遠位骨折のガイドライン(Minds) https://t.co/H7kvyEc1fM ②プレートの話 https://t.co/VFuqGf8Jpe ③組織間移動について https://t.co/S9QGcUUbAG ④関節拘縮について https://t.co/rZu092k7FJ ⑤手関節周囲のエコー https://t.co/j85S5MvNDk
じゃあ、どうするんだ!? 僕なら 陥凹→ 他疾患をruleout→ エコー(陽性判定) で、手短に同じ結論が出せます。 https://t.co/zfwmj4Tlig ※エコー使用の目的は診断ではなく観察です。 ここで言いたいのはエコー凄えだろ? じゃなくて、 『rule out』の方が早く判断が出せる場合もあるという事です。
補足…https://t.co/BtxALp5oxp やはり、この記事でもある様に 骨化性筋炎において、滑走障害は肝の様です。 それらを可視化す するエコーガイド下も必要ですし、病期判断、徒手介入もセラピストにとって、全て重要でありますね!
@ko_hukusuruyo その通りです。難しいですよね、体
@tapiokaK8 若干中身違いますが、どーぞ! https://t.co/j3HsEN56Lr 知見として同時収縮を測る尺度がエコーなら妥当性は微妙ですね。 質的評価でなく時間的配列を伴う研究なら『筋電図』の方が尺度として良いでしょうね。 竹岡さんにはこの様な文献もぴったりと思います。追加でどうぞ! https://t.co/yMkBIzsJNK
@tapiokaK8 若干中身違いますが、どーぞ! https://t.co/j3HsEN56Lr 知見として同時収縮を測る尺度がエコーなら妥当性は微妙ですね。 質的評価でなく時間的配列を伴う研究なら『筋電図』の方が尺度として良いでしょうね。 竹岡さんにはこの様な文献もぴったりと思います。追加でどうぞ! https://t.co/yMkBIzsJNK
【これはむちゃくちゃ良い資料】 EBMについての神資料です。 今やSNSで勉強してる人も多い時代。ってかSNSでも十分勉強できちゃう。 しかし、SNS特にTwitterでは引用元が分からないデータもあり、そのまま鵜呑みしないでよーとも思っとりますので… PDFのURL貼っときます〜 https://t.co/TfXfSwj0zr https://t.co/DVuskL4kVQ https://t.co/KyppNBaB1B
最近では骨盤に対してエコーによる評価も進んできております。 https://t.co/kid9gIZhYg 実際、僕も産後腰痛の症例を用意し評価してみましたが恥骨結合はそんなに広がってませんでした。 それよりも胸郭柔軟性や腰椎の可動バランス(伸展hyper)の方が目につきますので、是非介入をお願いします(_ _) https://t.co/rrQDMO0dKr
【脳化学と消去現象】 消去現象=表在、深部等の感覚障害が無いにも関わらず対側同時刺激に関して一方の刺激側を認識、認知できないこと。 これは分かりやすくとても面白い!! スポーツに関わる人もS1、S2の概念ぐらいは知ってて欲しいなぁ。 ボディイメージを語るなら。 https://t.co/7wgQT5VULq https://t.co/2pezpA2MC4
@ooen_daijiro @sports_doctor93 横から失礼しますm(_ _)m 僕は現場にポータブルエコー持っていき、異所性骨化のリスク判定を行う場合があります(もちろん病院受診前提で) 考察的には一般的な下記内容と同じです。 https://t.co/BtxALp5oxp 異所性骨化の憎むべきはやはり、血腫の大きさと深部である事は間違いないと思います。
【上肢に対するCPM】 肩のCPM、色々な使い方が出来て、おもしろそう!! ただ、色々ネガティブな報告例もあって、使用方法の検討は必要そう。 ↓ https://t.co/BqHrI4WG52 https://t.co/20RuUAXOxA
実は筋ポンプ活動を伴う神経筋電気刺激は予防に良いかも? https://t.co/9NynotjZcs というか、PT全員がDVTのclinical prediction ruleを覚えて、離床前に、各人が感度、特異度95%のエコー出来れば、このテーマは完結しそう。
【DVTについて】 術後DVT予防の為に、間欠的空気圧縮(カフパンプ)を使用しているが、実は効果なしとの事。 HIT等あったらどうすんだろ。 https://t.co/GqM5gbHWlQ 弾性ストッキング予防効果ありそうだけど、 https://t.co/GwGuvcHuZ4 CPMは効果ないもんねー https://t.co/YTdurc5AR1 展望も書いとこ
質問があったので、シェアを。 ・各栄養値で筋増加は変動しますか? →変動します。アルブミンを用いた研究が多いです。 基本的には3.5〜3.0 g/dlを下回る場合は上記を目的とした筋トレ等は推奨されません。 若林先生の論文等はおすすめです ↓ https://t.co/jc4R99PfpW https://t.co/Vz8BOTMKfG https://t.co/eTUWxJnnj1
質問があったので、シェアを。 ・各栄養値で筋増加は変動しますか? →変動します。アルブミンを用いた研究が多いです。 基本的には3.5〜3.0 g/dlを下回る場合は上記を目的とした筋トレ等は推奨されません。 若林先生の論文等はおすすめです ↓ https://t.co/jc4R99PfpW https://t.co/Vz8BOTMKfG https://t.co/eTUWxJnnj1

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(56ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

PRISMA Statementを遵守していないSRが多いという報告. SRは専門家が入ってないと正直厳しい. J-STAGE Articles - The Reporting Quality of Systematic Reviews in Japanese Physical Therapy Journals https://t.co/EOS4bhvCWo

フォロワー(4021ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@yuichiisajipt 足部が不安定な状況ならキネシオテーピングによって身体動揺の項目でパフォーマンス向上に影響するような論文はありますね。 https://t.co/GuwUDxrzQ6 個人的にはキネシオテーピングで可動域や筋力、片脚立位が改善する感じはあります。 KTテープとかだとより顕著ですがキネシオでの結果ですもんね。