ふみやさん (@fmyaku1015)

投稿一覧(最新100件)

@banmasyo 亜鉛は鉄や銅みたく酸化還元反応を経て吸収量が変化するようなものではなさそうなので、酸化還元反応の観点から見たらあまり変わらない気はしますが… VCによってトランスポーターの発現量が増加することあればワンチャン? https://t.co/e6o2rY3fQb
@kazu08xx @kombude10 こちらの所見では 急性腎障害への影響は微妙なところですが慢性的には下がる可能性があるので長期的だと嫌だなぁという印象です。NSAIDsの投与が短期ならまぁ…って感じですがこの時期、脱水とかあると注意したいなぁとか思ったり。 https://t.co/yrYbAKGV2M
@nobseight こちらを参考に致しました! https://t.co/PFpftODTvf
ステロイドと保湿剤の併用療法でリバスチグミンテープのかぶれが奏功した1例もある。 ①貼付予定部位にステロイドローション塗布(CLでも軟膏でもない) ②30-1分ほど乾燥させる ③リバスチグミンテープを貼付 ④その部位の上と周辺組織全体に塗布 https://t.co/xBTgI3hEuR
まじか… メタクリル酸コポリマーLD含有の腸溶剤とメグルミンを含有する医薬品との一包化は避けるべきと… https://t.co/3aEZ1am7JD でも見てた感じ冷蔵庫に入れちまえば問題なさそう…? https://t.co/6LSWhZfCTR

お気に入り一覧(最新100件)

前半はagreeですが、後半はどうだろう?実際に本邦で報告されているカマによる重篤な高Mg血症は必ずしもKが上がってないです。 https://t.co/KpafyoT1Tx https://t.co/kRGpUJothr スクリーニングとして必ずしも適切とは言えないかもと思います。 https://t.co/eMS5oetSz5
前半はagreeですが、後半はどうだろう?実際に本邦で報告されているカマによる重篤な高Mg血症は必ずしもKが上がってないです。 https://t.co/KpafyoT1Tx https://t.co/kRGpUJothr スクリーニングとして必ずしも適切とは言えないかもと思います。 https://t.co/eMS5oetSz5
また、少数例での検討ですが、CG式にラウンドアップ使うと実測値よりもずれが大きくなるという報告もある。https://t.co/W2YCiddZYf
@fmyaku1015 ありがとうございます。 そ他にもこんなのもあったりするんですが、ノセボなのかどうなのかと… https://t.co/RSVXo3ls7q ただ一方であまり気にならないケースの文献もありで… https://t.co/pavv1PI2yk https://t.co/8PUNEdbJwV 先発メーカーの話を鵜呑みにするのもなーということでモヤモヤです
サムスカの高ナトリウム血症のリスクに関する日本の論文。 開始してどれくらいで高ナトリウムになるかの図が用量毎でわかりやすい。 リスクが高い場合でも、3.75mgで開始すれば高ナトリウムになる可能性は高くないことがわかります(添付文書の記載を守るのは大事です) https://t.co/HLvr48noWB https://t.co/6SSA3Y0hhN
こむら返りで「芍薬甘草湯」を使いたいけど、甘草の量が気になる・・・という時には、「四物湯」とか良い代替案になるんじゃね?っていう報告はあったりしますφ(..) 日本東洋医学雑誌.66(3):244-219,(2015) https://t.co/K5mFMmi2Gg
富野先生、序文だけで面白いので全文読みたい・・・(; ゚Д゚) 『アンサングシンデレラ』ドラマ化に際して 薬剤学.81(1):53-55,(2021) https://t.co/zw0jmL5rlY
これも読んでおいてよさそう J-STAGE Articles - 1)糖尿病治療薬の心/腎保護効果 https://t.co/YfhZehqsSu
芍薬甘草湯の長期処方で偽アルドステロン症が心配なら、甘草を含まない四物湯っていう選択肢もあるので、覚えておいで J-STAGE Articles -こむら返りに対する四物湯エキスの有用性 https://t.co/DtjLGV43Er
やはり、作用機序的にHMG-CoA還元酵素阻害(スタチン系)薬にも「骨吸収抑制作用」はありそうですね。 ただ肝臓への選択性が高いなど、実際的かと言うと、少し難しそうな気もしますが、、。 https://t.co/ThJXOgBOyl https://t.co/2RlVqFmbYB
@peony_licorice @fmyaku1015 いえいえ、わざわざ確認していただいてありがとうございます

フォロー(735ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

<参考文献> https://t.co/H9QlafJgSk https://t.co/i70zczvq6o https://t.co/gkgsZUf0bb https://t.co/JDqlrhavg2 ※COIはありません。
<参考文献> https://t.co/H9QlafJgSk https://t.co/i70zczvq6o https://t.co/gkgsZUf0bb https://t.co/JDqlrhavg2 ※COIはありません。
新型コロナウイルスのワクチンを接種するか「様子見」していた人のうち、新型コロナウイルス感染症に関する情報を「職場/学校」「LINE」から得ている人はその後のワクチン接種率が高く、「インターネットニュース」「動画共有サイト」から得ている人は接種率が低かった https://t.co/AjBkIUAB2N
RT @shoei05: "医師になるとは、生活者である若者が異文化の場としての医学部に入り、医療の「あたりまえ」を自文化としていく過程であり、一方で生活者としての視点を失っていく過程でもある。" https://t.co/NoOar18nYY
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
企業買収(Mergers and Acquisitions)を経営戦略に組み込むことによって、急成長した日本企業に、精密モーターの世界シェアを有する日本電産株式会社(Nidec)をあげることができます https://t.co/EgWzZucoJJ
RT @chino79999: ✍️脂肪乳剤と炎症との関係 抗菌薬開始したら肝酵素⬆️したので代替案を教えてください‼️ いやいや、脂肪肝とか考慮したの?と思ったので調べてみた https://t.co/nosD0RA9qv
仏HASが、ニフェジピン含有クリームの慢性裂肛への使用に対する償還に肯定的と書いてあったので調べたら、日本でも試用されているのね 【日本大腸肛門病学会雑誌 72(2) p53-57,2019】 慢性裂肛に対するニフェジピン軟膏の有効性と安全性 https://t.co/ppNbJaAcM6
https://t.co/0i9yezKoGV   こんな報告がでとった。 透析中に爪矯正というのはなかなか時間の有効活用だなぁ。 …あと巻き爪ロボの効果が利益相反無しで示されてるんが地味にありがてえ。
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 五苓散による慢性硬膜下血腫治療の薬理学的合理性 https://t.co/Ru5aAslf7U
@dora_ph 10年程前?に鉄過剰症への注意文書があって調べても、フェリチン測定のタイミングについて書かれていた資料は見つかりにくかったです。 今はさしあたりこんなのがあり。 2015年版 日本透析医学会 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン 第4章 鉄の評価と補充療法 https://t.co/Z1QIJpCQna
<参考文献> https://t.co/eIUTuUTnFj https://t.co/Yb5DR8qTQc https://t.co/bejQOYoB0F ※引用先の参考文献も併せてご参照下さい。 ※COIはありません。
<参考文献> https://t.co/eIUTuUTnFj https://t.co/Yb5DR8qTQc https://t.co/bejQOYoB0F ※引用先の参考文献も併せてご参照下さい。 ※COIはありません。
<参考文献> https://t.co/eIUTuUTnFj https://t.co/Yb5DR8qTQc https://t.co/bejQOYoB0F ※引用先の参考文献も併せてご参照下さい。 ※COIはありません。
高齢患者の安全のための服薬アドヒアランス(日本健康医学会雑誌, 2022 年 31 巻 2 号 p. 150-158) https://t.co/3fGd0MWKxM
@galea_mainmaku @fireneurologist まぁここにあるように境界が微妙、というか何を失構音と呼ぶかで微妙に変わるのよね。 高次脳機能の文脈では、狭義のanarthriaを指す(つまり構音障害とは別)ことの方が多いんじゃないかなと思うよ。 https://t.co/sSjsTeUQYn
患者・住民・社会のニーズを常に意識しながら,困難な臨床状況の中で省察を繰り返しながら変容し続けてプロフェッショナリズムを高めていくことが,現代の複雑な医療・社会状況の中での真の専門家には求められている. https://t.co/VovE24kuSu
薬学部の場合,プロフェッショナリズムは学部時代からシームレスに,経験した環境に応じて一生涯にわたって考え続ける姿勢を持たせることこそ,卒業時に身につけておかなければならない資質,能力だと感じている. 薬学部におけるプロフェッショナルを考えるhttps://t.co/dp3RR1qEMh https://t.co/ByoYfHbfrp
健康診断で糖尿病の可能性を指摘されてから受診行動に至る促進要因と抑制要因に関する研究(日本健康医学会雑誌, 2019 年 28 巻 2 号 p. 107-115) https://t.co/eHPYsrUT2j
RT @J_Epidemi: Advanced Publication: Association between advanced airway management with adrenaline injection and prognosis in adult patien…
RT @J_Epidemi: Advanced Publication: BMI and cardiometabolic traits in Japanese: a Mendelian randomization study Mako Nagayoshi et al. http…
@buruban @yukasbabygrow 母乳代用品に限り亜鉛添加が認められた経緯はここにありました。 https://t.co/hBva5mVEeH
「本稿では低分子の化学薬品を中心とした医療用医薬品の供給障害について,その原因と各国の状況を概観し,品質関連の原因による不足発生の抑制策を考察する」 「医療用医薬品の品質問題と安定供給」が総説でまとめられています。薬価についても https://t.co/GyLabPRtCg 薬学雑誌2023 年 143 巻 2 号
RT @tkishi_cardiol: #J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults? A Pooled Analysis of Repeated Cros…
<参考文献> https://t.co/tuybKxSWvN https://t.co/2xOU3LsSJE https://t.co/0VGd3DqUqn https://t.co/wxNGjXOJIh ※引用先の参考文献も併せてご参照下さい。 ※COIはありません。
<参考文献> https://t.co/tuybKxSWvN https://t.co/2xOU3LsSJE https://t.co/0VGd3DqUqn https://t.co/wxNGjXOJIh ※引用先の参考文献も併せてご参照下さい。 ※COIはありません。
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults?.. Highlights 3/3 ✅Need to pay attention to the health outcomes of policy measures that encourage older adults to work longer. https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Highlights 2/3 ✅Raising both mandatory retirement age & eligibility age for claiming public pension benefits to 70 ys ↓ employment rate⬆️ probability of poor self-rated health⬇️ psychological distress⬆️ https://t.co/7basZulALM by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults?... Oshio T et al Highlights 1/3 ✅Work reduced the probability of poor self-rated health and increased that of psychological distress. https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults? A Pooled Analysis of Repeated Cross-sectional Data in Japan Oshio T et al https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol https://t.co/MgXakWoiSv

フォロワー(12903ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
新型コロナウイルスのワクチンを接種するか「様子見」していた人のうち、新型コロナウイルス感染症に関する情報を「職場/学校」「LINE」から得ている人はその後のワクチン接種率が高く、「インターネットニュース」「動画共有サイト」から得ている人は接種率が低かった https://t.co/AjBkIUAB2N
@kakipitabetai 私も分2だと適応外になると思いますが、実際ジルチアゼム分2での処方箋はよく見ます!(疑義はとりまかける) 詳しくは勉強不足でわからないのですが、この例でも分2の使用で改善したみたいです! https://t.co/30jje4Ylv0
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
RT @shoei05: "医師になるとは、生活者である若者が異文化の場としての医学部に入り、医療の「あたりまえ」を自文化としていく過程であり、一方で生活者としての視点を失っていく過程でもある。" https://t.co/NoOar18nYY
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
重症筋無力症と中医的な鍼灸 https://t.co/0yv4Qw9ukL
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
RT @yakuzaishi1222: 今日病棟こんな相談が 「簡易懸濁したら溶かした薬が黒く変色したんですけど…
RT @airu_7272: https://t.co/S1vYa0bRED 金富子氏(性売買経験当事者ネットワーク灯火)って上野千鶴子の慰安婦問題にブチ切れてんのね。 村木さんがここまで狙ってんならスゲェな。 https://t.co/ox46gPpZD6
RT @chino79999: ✍️脂肪乳剤と炎症との関係 抗菌薬開始したら肝酵素⬆️したので代替案を教えてください‼️ いやいや、脂肪肝とか考慮したの?と思ったので調べてみた https://t.co/nosD0RA9qv
RT @chino79999: ✍️脂肪乳剤と炎症との関係 抗菌薬開始したら肝酵素⬆️したので代替案を教えてください‼️ いやいや、脂肪肝とか考慮したの?と思ったので調べてみた https://t.co/nosD0RA9qv
https://t.co/0i9yezKoGV   こんな報告がでとった。 透析中に爪矯正というのはなかなか時間の有効活用だなぁ。 …あと巻き爪ロボの効果が利益相反無しで示されてるんが地味にありがてえ。
RT @hataboSAN: J-STAGE Articles - 五苓散による慢性硬膜下血腫治療の薬理学的合理性 https://t.co/Ru5aAslf7U
@dora_ph 10年程前?に鉄過剰症への注意文書があって調べても、フェリチン測定のタイミングについて書かれていた資料は見つかりにくかったです。 今はさしあたりこんなのがあり。 2015年版 日本透析医学会 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン 第4章 鉄の評価と補充療法 https://t.co/Z1QIJpCQna
@kensyu16 納豆を食べたあとは数日間VitK増加するのでダメだと思います https://t.co/ErbL3nF3MT
高齢患者の安全のための服薬アドヒアランス(日本健康医学会雑誌, 2022 年 31 巻 2 号 p. 150-158) https://t.co/3fGd0MWKxM
患者・住民・社会のニーズを常に意識しながら,困難な臨床状況の中で省察を繰り返しながら変容し続けてプロフェッショナリズムを高めていくことが,現代の複雑な医療・社会状況の中での真の専門家には求められている. https://t.co/VovE24kuSu
薬学部の場合,プロフェッショナリズムは学部時代からシームレスに,経験した環境に応じて一生涯にわたって考え続ける姿勢を持たせることこそ,卒業時に身につけておかなければならない資質,能力だと感じている. 薬学部におけるプロフェッショナルを考えるhttps://t.co/dp3RR1qEMh https://t.co/ByoYfHbfrp
健康診断で糖尿病の可能性を指摘されてから受診行動に至る促進要因と抑制要因に関する研究(日本健康医学会雑誌, 2019 年 28 巻 2 号 p. 107-115) https://t.co/eHPYsrUT2j
RT @J_Epidemi: Advanced Publication: Association between advanced airway management with adrenaline injection and prognosis in adult patien…
RT @J_Epidemi: Advanced Publication: BMI and cardiometabolic traits in Japanese: a Mendelian randomization study Mako Nagayoshi et al. http…
RT @tkishi_cardiol: #J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults? A Pooled Analysis of Repeated Cros…
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults?.. Highlights 3/3 ✅Need to pay attention to the health outcomes of policy measures that encourage older adults to work longer. https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Highlights 2/3 ✅Raising both mandatory retirement age & eligibility age for claiming public pension benefits to 70 ys ↓ employment rate⬆️ probability of poor self-rated health⬇️ psychological distress⬆️ https://t.co/7basZulALM by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults?... Oshio T et al Highlights 1/3 ✅Work reduced the probability of poor self-rated health and increased that of psychological distress. https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol
#J_epidemi 33(1):15-22, 2023 Will Working Longer Enhance the Health of Older Adults? A Pooled Analysis of Repeated Cross-sectional Data in Japan Oshio T et al https://t.co/7basZulALM @J_Epidemi by @tkishi_cardiol https://t.co/MgXakWoiSv