薬剤師キクオ|進撃するブロガー (@kikuo1005)

投稿一覧(最新100件)

【#キク勉】 年齢が高い人には情報教育を、若い人には科学(医薬)教育が必要であることが示唆。 科学教育ってなんやねん。(調べよう) J-STAGE Articles - 電子版お薬手帳の推進における科学教育の必要性 https://t.co/eOow9JooeV
【#キク勉】在宅医療は患者の個人的な領域で提供される。 →患者と家族の意図が過度に強調される可能性。 →患者とその家族の感情を受け入れる態度を学び、発達させることが重要か。 J-STAGE Articles - 他職種からみた薬剤… https://t.co/IbvD1OUV57
【#キク勉】 薬剤師との面談で役立った説明事項 ✔服薬の必要性(治療全般)および飲み忘れと耐性獲得の関係が最も多い ✔次いで副作用関連が多い J-STAGE Articles - 外来HIV感染症診療における薬剤師介入に対する患者… https://t.co/Phr1P4Orpa
【#キク勉】細かいとこ調べてて面白いな~
【#キク勉】薬剤師が服薬指導や服用後のフォローが大切だとわかる良い例。 J-STAGE Articles - ビスフォスフォネート製剤の不適切な服用方法による発症が疑われた口腔粘膜潰瘍 https://t.co/Z2D94YrRKr
【#キク勉】 業務終了後に勉強していくっ!! J-STAGE Articles - アレルギー性鼻炎治療におけるアドヒアランスを考慮した第二世代抗ヒスタミン薬の選択と指導 https://t.co/PhmAZPMSCr
【#キク勉】 「ポリファーマシーやってるぜ。へいへーい♪」 も、良いけど こうやって形に残す事って大切だよね
【#キク勉】このパンビタンってアリムタの副作用対策のやつだよね
【#キク勉】 チョコレートとゼリーで比較☺ こういうのは自分で確かめたい派です! J-STAGE Articles - 入院中の患児に対する2種類の服薬補助食品の有用性に関する調査 https://t.co/CMbfNqqLws
【#キク勉】 抗がん剤の薬物バイアル最適化(DVO)は医療費を削減する具体的な手段の1つ。けど、針刺し回数によっては暴露の面も問題になる訳で。 J-STAGE Articles - 抗がん薬分割使用時における曝露リスクに関する検討 https://t.co/zE4L23R1Mm
【#キク勉】おー。これは参考になりそう。1~3ある☺ J-STAGE Articles - 医療現場における薬物相互作用へのかかわり方(1) https://t.co/accW7ed4gg
【#キク勉】2017年 調剤薬局で相談されるポイントは ✔口渇 ✔嚥下 ✔歯肉過形成 口渇はイメージ出来る疾患と薬の副作用から勉強に繋げると現場で活かせそうであーる。 J-STAGE Articles - 口腔機能に着目した医歯薬… https://t.co/6wOU4Q7gJ8
【#キク勉】 「医療費の削減に一定レベルの効果がある」、「消費者に安全性の問題を引き起こす」これ☺ J-STAGE Articles - スイッチOTC薬に対する薬剤師の意識調査 https://t.co/Ad3N67X5su
【#キク勉】 岐阜市の病院や診療所の現状と意識調査。環境が整っていないと出来ない調査だよなぁ。 J-STAGE Articles - 病院および診療所における薬局との連携に関する調査 https://t.co/0PUnynpgiy
【#キク勉】 漢方薬の匂いや臭みは子供が嫌がる可能性があるので・・・ ”マスキング”って、薬剤師の腕の見せ所だったり。 J-STAGE Articles - 麻黄湯エキスを含有した経口および直腸内投与が可能なチョコレート院内製剤の… https://t.co/oaFJaiQ1EO
【#キク勉】 普通の簡易懸濁ならOKそう☺ J-STAGE Articles - アミティーザ<sup>®</sup>カプセルの簡易懸濁法による経鼻経管チューブを介した投与 https://t.co/sKlOLHU1J1
【お勉強】 選択表を縦に作成してるのは非常に見にくい・・・w J-STAGE Articles - ヘパリン類似物質含有製剤の選択に有用な情報構築に関する検討 https://t.co/PX7NgFymPH
【お勉強】 4年生28名は大変だぁと思う反面、早くから準備する事に無駄な事はないと思っている! J-STAGE Articles - 臨床実習中の上級生による症例報告会に参加した薬学部4年次学生の教育効果 https://t.co/ZiJbBC6jLO
【後で読む】 個人的に分包されたパンビタンで思い出すのがアリムタの副作用予防☺ J-STAGE Articles - 分包された調剤用パンビタン<sup>®</sup>末の外観変化および葉酸含量に対する湿度と光の影響 https://t.co/AwWC7rawNR
【お勉強】 今から読みます!がんばるんば J-STAGE Articles - 病棟薬剤師の配置展開が処方提案および相談応需に与える効果 https://t.co/MtguAjA5y2
【お勉強】 面白そうなので、読む☺ J-STAGE Articles - 循環器病棟における薬学的介入の経済効果 https://t.co/PGbMOrPQ9X
【お勉強】2014年、4名か ふむ・・・これが1番アクセスがある記事なのかなぁ?? J-STAGE Articles - ロキソプロフェンの母乳への移行性 https://t.co/pnRXcdy6rv
【お勉強】 酸化マグネシウムを分割してる職場ってあるの・・・? J-STAGE Articles - 酸化マグネシウム錠の分割および分割錠の安定性評価 https://t.co/UWvJNmcXI5
こういった費用対効果のジャンルは薬剤師が活躍できる、すばらしい着眼点だと思う。 J-STAGE Articles - 非ホジキンリンパ腫患者に対するCHOP療法に伴う発熱性好中球減少症の1次予防におけるペグフィルグラスチムの費用対… https://t.co/C4VCEg346f
【お勉強】 面白そう!!!今からサクッと読む J-STAGE Articles - 内服薬処方せんの1回量記載に対する医師の抵抗感と情報提供による意識変化の検討 https://t.co/G1OgU9z14V
面白そうな論文見っけ☺ CiNii 論文 -  <論考> チェーン薬局に勤務するエリアマネジャーの経営管理に関する一考察 (経済学部特集号:細川大輔教授退職記念号) https://t.co/TFFGJgcIyb #CiNii
【お勉強】 Scrだけでも全ての処方箋に記載して欲しいと思った。 J-STAGE Articles - 院外処方せんに表示した臨床検査値に関する疑義照会内容の解析 https://t.co/aIYZz9YhTa
【お勉強】 かかりつけ患者側の意識調査だ☺利用側はそりゃ、「聞かないと」と思うよなぁ。。。 J-STAGE Articles - かかりつけ薬剤師を指名している患者の行動分析および意識調査 https://t.co/NeRTYb9YX8
たまに処方来るからこういうの助かる。 J-STAGE Articles - ザーネ<sup>®</sup> 軟膏とステロイド外用剤の配合変化 https://t.co/WyP7zyg6te
RT @kikuo1005: 【お勉強】 こーゆーの皮膚科門前の薬局薬剤師には見て欲しい☺ J-STAGE Articles - ステロイド軟膏と白色ワセリンの等量混合における自転・公転式ミキサーの適正な混合時間の検討 https://t.co/9Y8lpwBUik
【お勉強】 こーゆーの皮膚科門前の薬局薬剤師には見て欲しい☺ J-STAGE Articles - ステロイド軟膏と白色ワセリンの等量混合における自転・公転式ミキサーの適正な混合時間の検討 https://t.co/9Y8lpwBUik
【お勉強】 FOLFIRINOX懐かしいな・・・CPT-11で下痢って言うけどさ。実際に患者サイドの立場で何が1番不安な副作用なのかヒアリングする事が大切だよね J-STAGE Articles - 進行膵がん患者に対するFOLF… https://t.co/YbWQqT3wNU
【お勉強】お、面白い。スイッチOTCで検討されていなかったのか。ドラッグストアの薬剤師はこういった点の違いが分かる、説明できると強いなぁ☺ J-STAGE Articles - 抗アレルギー点眼薬におけるスイッチOTC医薬品と医療… https://t.co/7ypYsW9ew1
RT @kikuo1005: 【お勉強】 「多職種連携コンピテンシー」初めて聞いたンゴ! J-STAGE Articles - 病院および診療所における薬局との連携に関する調査 https://t.co/0PUnynpgiy
【お勉強】 「多職種連携コンピテンシー」初めて聞いたンゴ! J-STAGE Articles - 病院および診療所における薬局との連携に関する調査 https://t.co/0PUnynpgiy
【お勉強】薬剤費削減ってKW好きです 2013年度、2016年度の抗菌薬薬剤費の減額総額 はそれぞれ136,437円と547,205円であり継続的な削減効果が得られていた J-STAGE Articles - カルバペネム系注射用… https://t.co/WL5nE4fkwt
【お勉強】 へー。容器の違いかぁ・・・薬剤師ならではのクリニカルクエスチョンだと思うし、面白い。 J-STAGE Articles - 点眼容器の違いが高粘度懸濁性点眼液(アゾルガ<sup>®</sup>配合懸濁性点眼液)の使用感… https://t.co/gW2w53rubr
【お勉強】バイアルに書いて欲しい内容 ☑溶解液量や溶解液の種類について ☑泡立ちやすさについて ☑推奨使用ゲージについて ☑調製時の注意点 J-STAGE Articles - 抗がん薬のバイアル内圧の記載に関する兵庫県下67病… https://t.co/g4treFVVG3
【お勉強】 漫然とした睡眠薬の使用が行われていないかどうか、適宜睡眠薬処方の必要性を検討する必要がある。退院後の薬局薬剤師も常にフォローしたいと思いました☺ J-STAGE Articles - 入院中のせん妄発症とせん妄ハイリス… https://t.co/wWhdkT1F0J
RT @kikuo1005: 【お勉強】 病院における持参薬確認で一包化後に気が付く事があるみたい☺ J-STAGE Articles - テルミサルタン錠との一包化によりアスピリン腸溶錠は成分量および溶出率が低下する配合変化を起こす https://t.co/JVHOraAw…
【お勉強】 病院における持参薬確認で一包化後に気が付く事があるみたい☺ J-STAGE Articles - テルミサルタン錠との一包化によりアスピリン腸溶錠は成分量および溶出率が低下する配合変化を起こす https://t.co/JVHOraAw1d
【勉強】 休日・夜間での重要な相談内容項目としては ①「飲み合わせ」 ②「緊急時の対処法」 ③「服薬の可否」であった J-STAGE Articles - 休日・夜間と通常時における薬の相談内容に関する重要度の相違とその評価 https://t.co/SYjltjx7dm
【勉強】 過剰投与群 No1:インスリンヒト(遺伝子組み換え)が 115件 No2:フロセミドが108件 No3:ワルファリンカリウムが82件 J-STAGE Articles - 与薬における過剰投与・過小投与の原因薬と発生要因 https://t.co/P8HykMbl5E
【勉強】「薬剤師外来」 ✔医療経済効果 残薬調整による薬剤費削減金額は月平均約 56.1 万円 経口抗がん薬が 月平均約 52.2 万円 抗がん薬以外(支持療法薬)が 月平均約 3.8 万円 J-STAGE Articles -… https://t.co/RJu7hr6Y3M
【お勉強】 ・神戸大学医学部附属病院の薬剤師29名を対象に講義群とTBL群に無作為に割り付け ・TBLは薬剤師が通常の講義と比較して医学論文を批判的に読むための有用な学習方法であるかもしれない。 J-STAGE Articles… https://t.co/SHgPFFeJ52
とても面白い! ①アジアでは殆どの薬学教育が5年または6年制課程 ②中国の就職先は病院が最も多くドラッグストアは少ない ③フィリピンは昔から完全医薬分業 ④マレーシアは医薬分業の考え方がなく検討中 J-STAGE Article… https://t.co/aAelCUrUQ2
【勉強】 ・市販の嚥下補助剤ゼリー ・バニラ、チョコアイスクリーム ・コンデンスミルク ・ピーナッツクリーム ・海藻ツクダニ は生薬製品の苦味を著しく減少させた。 海草つくだ煮?w J-STAGE Articles - 食品に… https://t.co/JmBbPTPr2Y
【勉強】 ✔患者のゲノムデータを利用していない臨床診療が時代遅れと見なされる可能性 川崎病を例としたゲノム研究の知見、臨床応用は興味深い。。。 J-STAGE Articles - ゲノム医学研究の臨床応用の現状と今後の展望 https://t.co/rqtjJAnOjF
【お勉強】 ①小麦(34.8%) ②魚類(17.4%) ③甲殻類(13%) ④牛乳(8.7%) ⑤そば(4.3%) J-STAGE Articles - 救命救急センターに搬送された食物に起因するアナフィラキシーショックの検討 https://t.co/6NgK4joXIn
【薬剤師が認知症患者に質の高いサービスを提供するには?】 ①意識向上のためのトレーニングの実施 ②患者とその家族との関係の確立を重視したサービス提供 ③他の薬剤師との協力(横の連携) J-STAGE Articles - 保険… https://t.co/mbCE5mVrAf
服薬コンプラが低い方はいつ飲み忘れるの? ☑昼食後や食事の間に服用を忘れていることが最も多い 現場にいるとホントそう感じるよね・・・ J-STAGE Articles - 服薬アドヒアランスに影響を及ぼす患者の意識調査 https://t.co/djwhh2livK
本研究では、再発がん患者は健康食品やサプリメントを使用する頻度が高いこと および手術を受けているがん患者は使用頻度が低いことを明らかにしました。 J-STAGE Articles - がん患者における健康食品およびサプリメントの… https://t.co/7a0KujowlZ
ステロイド軟膏と白色ワセリンの許容限界を得るために適切な混合を達成するために少なくとも60秒の混合時間が必要であることを示した ふーん、面白いな☺ J-STAGE Articles - ステロイド軟膏と白色ワセリンの等量混合に… https://t.co/hPZUFpc444
RT @otsukaman: 検証した人数が少ないので参考程度になりますが、保湿剤に関してもジェネリックは先発品に比べ効果が落ちるという論文はあります。 https://t.co/0B1vjJrjnk

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(331ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(2585ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)