Ph.D. × My EndNote X99 (@paramedicAI)

投稿一覧(最新100件)

\ベイズ統計学習者にオススメ/ https://t.co/kEwa4JDjoh https://t.co/vDZkOChqj7
公的資金の補助を受けて、遠隔画像伝送システムを ベースに大分県の広域にクラウド心電図を導入した。 PCI 施設だけではなく、地域中核病院が参入することは、DTBTの短縮だけはなく、遠隔地への不必要な搬送回避においても有用と考えられ… https://t.co/eOpQRu3szp
プロトコル導入後、病院到着から再灌流時間を含む各対応時間はすべて有意に短縮し、夜間搬送例では救急隊覚知からの対応時間も短縮した。多変量解析から,プロトコルは再灌流時間短縮の独立した予測因子であった(p<0.01)。… https://t.co/JFxxupAOTT
緊急度が低いにもかかわらず救急車が出動したのは185 件で、もっとも多かった年齢階層は 0 〜 4 歳群で23 件であった。一方で Joinpoint 分析結果では、35 〜 39 歳以降大きく増加していた。… https://t.co/fNKvM60Z2C
救急現場においてSpO2 による 傷病者のヘモグロビンの酸素飽和度を評価できない場合、脳組織のヘモグロビンの酸素飽和度を評価することは有用であると考えられた。https://t.co/m7hQePzrkQ https://t.co/2nR5mjBpTh
広島市消防局において救急要請後に蘇生処置中止希望が確認される事例では、蘇生処置の中止希望は文書で確認された 1 例を除くすべてが口頭で確認され、約 6 割で医師より DNAR 指示が出されていた。救急要請される背景をさらに調査し対… https://t.co/nxdxWe8ojg
BLS 経験後の救命に対する態度の規定因をロジスティック回帰分析によって検討した結果、BLS への関与人数が 2人以下の場合、また、BLS 後のストレス反応が重い場合ほど、その後の救助意欲が消極的になることが示された。… https://t.co/acVyS7UPAb
JCS2 桁以上の意識障害例のうち血糖値 50mg/dL 未満の低血糖例は 105例であった。66 例に静脈路確保が、47例にブドウ糖溶液投与が行われ、41例で意識レベルの改善が認められた。 心肺機能停止前ショック状態症例の 12… https://t.co/b4RfiaEbyl
分析の結果【知識と経験に基づく血管選択の困難感】【末梢静脈路確保できないことへの不安感】【技術向上への思い】【血液に対する焦りと恐怖】【繁忙による焦り】【患者からの重圧】【末梢静脈路確保に伴う葛藤】の7カテゴリーが抽出された。… https://t.co/vQLpU6LoZ9
事後検証を行う体制の整備、地域に合った年 齢基準の策定と徹底、基準にあった装備と教育が必要である。https://t.co/JO3V5e4Psi https://t.co/FbOkKJntrb
防災センターあるいはエレベーター内設置AEDに有効性があることを報告。https://t.co/BzSrr6NT2p https://t.co/VURpqA8RON
肘正中皮静脈確保に注目した病院実習の履修は、救急救命士による静脈路確保の成功に寄与していた。https://t.co/K10hCvy01H https://t.co/aIZoQA1hLQ
対象475 例中、後期高齢者は283 例であった。後期高齢者群は、自 宅や施設での発生が多く、初期波形 VF の症例が少なかったが、ROSC や生存の割合に有意差 は認めなかった。https://t.co/6ETlm4Bn5P https://t.co/jQfvfr00s7
血管怒張手技により、血管断面積や血管径は大きくなり、血管の深さは浅くなること、穿刺成功率は増加し、針の挿入時間は短縮されることが明らかになった。https://t.co/5GoVdAeft1 https://t.co/ujYxYhmZDa
「AI救急相談」におけるAIデータの動的な情報は、急な病気やケガによる救急相談の 利便性向上と、適正受診の推進による救急医療機関の負荷軽減に向けて、救急医療における病院前医療の限りない需要拡大の可能性を吸収できるかもしれない。… https://t.co/BCGO93sDlK
熱中症の“リアルタイムでの”予防対策として、気象データ(平均気温)に熱中症関連ツイー トデータを加えた予測式による熱中症救急搬送者数の予測は有用であると考えられた。https://t.co/miTNvGncEu https://t.co/ZDfaaKkKKE
自己効力感の高い救急隊員は、ストレス負荷が高い救 急現場において、急性ストレスによる影響を受けにくいことが示唆された。https://t.co/sWygTeIst1 https://t.co/1UoEK95CMf
処置拡大前後の全静脈路確保成功率は 52.2 から 63.2%に上昇した(p<0.01)。CPAに限定しても 52.2 から 63.8%と有意に上昇していた。また,対象別にみた IVA 成功率 は CPA で 58.5%ともっとも… https://t.co/ZgT7tfAUF4
救急救命士 2 名乗車は,1 名乗車に比べて静脈路確保の試行率・成功率ともに高く,薬剤投与認定救急救命士 2 名乗車が最も高かった。救急救命士 2 名乗車体制の有用性が示唆された。https://t.co/b2FLZGgAmS https://t.co/mrwODLs7Z7
医学統計において、多変量解析で用いられるロジスティック回帰分析と傾向スコアマッチングの内容を分かりやすく解説している論文https://t.co/H2Uz16huzD https://t.co/R0QkETY3Ra

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(386ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(221ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)