緑雨 (@ryoku28)

投稿一覧(最新100件)

44 0 0 0 OA 訳文筌蹄

原文示しておくと、こちらです。左ページ冒頭から。荻生徂徠『訳文筌蹄』http://t.co/QGC4uOlXyk

1 0 0 0 OA 参海雑志

渡辺崋山『参海雑志』が近代デジタルライブラリにあった!と喜んでたら、読むのが手強かった。http://t.co/qRe4k3bmxr
読んだ。非常にいい論文だった。/ 「 自分を語る旅行者 : シャトーブリアン『パリからエルサレムへの旅程』」http://t.co/9J3R5XxhLt
RT @mineotakamura: 竹村和子著『境界を攪乱するー性・生・暴力』の書評がpdf化されました。掲載誌は、『女性学評論』です。書評の形をとった追悼文として書いています。http://t.co/7qscXy7wp1
@ttt_cellule こちらでございます。http://t.co/7vsa5mqnIJ
柏倉康夫「初期サルトルの『映画の擁護』を読む」http://t.co/W7BriDYevH
@Laideronnette_ マラルメのフランス批評における受容はこちらの本(http://t.co/EC0xhFV14f)で一望できますが、1000p近くあります…w サルトル・ブランショの読解が泥臭いというのは色々誤解を招いてしまうのですが
これはきがつかないよ。/ 鈴木道彦「特別講演 文学研究者の方法--プルーストとサルトルをめぐって (第57回日本病跡学会)」http://t.co/7Giv1RJMEa
『存在と無』の訳者、松浪信三郎はプロテスタントだったのか(さきほどカトリックというツイートをしましたが、訂正)。http://t.co/jec7B9c2Qj
廣松とサルトルをどんな風に比較してるのか気になって読んだけど、ちょっと荒が多すぎる… http://t.co/y6M2GSbMF0
経験的・唯名論的なカントの視点から見れば、デカルトの存在論的証明へのカントの批判はたしかに妥当である。だがデカルト的認識論・合理論を背景とした必然的存在者を重視すると、カントの批判は的外れである。/ 山田弘明「カントとデカルト的証明」http://t.co/DmD88NPRu4
「カントのように神を理論的に問題としないということは、欺く神を想定しうるということであり、もの自体の存在を否定ないし破壊することである。」/ 山田弘明「カントと「デカルト的懐疑」」http://t.co/fNDe7QZiYd
@kbtysk33 単著ですけど、この二冊が真っ先に上がるとおもいます。 http://t.co/N8wCZQD4fg http://t.co/eIhGJWZ4Z2
@kbtysk33 単著ですけど、この二冊が真っ先に上がるとおもいます。 http://t.co/N8wCZQD4fg http://t.co/eIhGJWZ4Z2
@u_u_t_t 『存在と無』のとき、サっちゃんはヘーゲルをほとんど読んでなくて、この抜粋集しか読んでなかったとか……w http://t.co/1JyoBG1wpn
RT @HAYASHI_twit: 【PDF】吉松覚「光の痕跡 / 光のエクリチュール : デリダの写真論と死の問題」http://t.co/YaJeF7N2Un 写真を「脱構築」で考える際、デリダ『留まれ、アテネ』は外せないけれど、ブランショ論『滞留』と併せてdemeureと…

104 0 0 0 OA ROMAHOPEDIA

RT @f_nisihara: ローマ法の研究者として知られる京大の柴田光蔵名誉教授が「ROMAHOPEDIA(ローマ法便覧)」という大部の書籍を書き、それが京大のレポジトリにてPDFの形で無償公開されています。 http://t.co/nmryl6MkdX
RT @nonstopmasashit: CiNii 論文 -  ルソーの「一般意志」と「人民集会」の可能性--アルトジウスの人民主権論を参照軸として-- http://t.co/hbYBMWxJgq
てか、『自由と権力』て学習院にしか今の所ないのか。http://t.co/rneLm4ikW3
”On a raison de se révolter: discussions”のある図書館少なすぎ…わろた…。 http://t.co/ItRBWs7ekt

お気に入り一覧(最新100件)

こんな論文を発見。石井素子「日本におけるJ.-P.サルトルの受容についての一考察 翻訳・出版史の視点から」(『京都大学大学院教育学研究科紀要』52号、2006年)。サルトル全集を出した頃の弊社について詳しく書かれています。https://t.co/uw0buyqsfG
『廣松渉の革命主体論 : 物象化論への途』 渡辺 恭彦 http://t.co/jaP9Sf2EUJ 廣松渡 vs. 黒田寛一
CiNii 論文 -  本居宣長における言と意 : 日本語の「脱自然性」を手がかりに http://t.co/mWsPEKaAi8 #CiNii ちょっと古いが。
読んだのは以下。芦名定道「現代キリスト教思想と宗教批判 : 合理性の問題を中心に」『宗教研究』82(2)、2008 http://t.co/W8wO16Mp4s ドーキンスによる宗教批判を交わしつつ、宗教と科学が対話可能になるような合理性概念の拡張を図る論文
CiNii 論文 -  ソポクレース『アンティゴネー』 : 翻訳 http://t.co/fluN3BOhTX #CiNii
CiNii 論文 -  弁証法から差延へ--フッサール現象学を出発点としてデリダの思想が形成される過程 http://t.co/awdZUWIQ5I
CiNii 論文 -  マルクス、エンゲルスの視点で原発を考える http://t.co/KV4HTDRsM4 #CiNii
竹村和子著『境界を攪乱するー性・生・暴力』の書評がpdf化されました。掲載誌は、『女性学評論』です。書評の形をとった追悼文として書いています。http://t.co/7qscXy7wp1
PDF公開 ☞「恋人たちの共同体にみるバタイユの共同体論」宮澤由歌(大阪大学リポジトリ) http://t.co/RXp2zI9Hgj ブランショやナンシーも参照したバタイユ論。「年報人間科学」最新号の掲載論文。#PDF
CiNii 論文 -  役割理論から国家死滅論へ : 廣松渉のマルクス主義国家論に関する一論攷 http://t.co/1mwotVUErL #CiNii また京大人環から廣松論が。この方、どういうかたなんだろうか?(京大なので週末はDL不可)
CiNii 論文 - 港道 隆[2010]「祓う : フェティッシュから亡霊へ」 http://t.co/1AdIpbMVN7 #CiNii デリディアンによる価値形態論をめぐる論考。
CiNii 論文 -  大谷禎之介「「個人的所有の再建」と「社会的所有」-『1861-1863年草稿』での覚え書を手掛りに」 http://t.co/btwwDxH5xJ 他の大谷氏の論文も以前よりもDLできる状態になってますね。
へー。メモ。 / CiNii 論文 -  研究者市場における文科系博士院生の就職要件 : JREC-INによる公募情報の分析 http://t.co/dpIDpxYZuG #CiNii
CiNii 論文 -  書評 熊野純彦『ヘーゲル-〈他なるもの〉をめぐる思考』 http://t.co/nA59DQW6mj

104 0 0 0 OA ROMAHOPEDIA

ローマ法の研究者として知られる京大の柴田光蔵名誉教授が「ROMAHOPEDIA(ローマ法便覧)」という大部の書籍を書き、それが京大のレポジトリにてPDFの形で無償公開されています。 http://t.co/nmryl6MkdX
CiNii 論文 -  ルソーの「一般意志」と「人民集会」の可能性--アルトジウスの人民主権論を参照軸として-- http://t.co/hbYBMWxJgq
こんな研究ありました:メルロ=ポンティの存在論構想における「芸術」の寄与(本郷 均) http://t.co/kPYinzaTu3
@ryoku28 アルチュセールのルソー講義に関しては、『現代思想』ルソー特集号の王寺氏の論文をどうぞ! http://t.co/oIbHvzPLrF 俺の論文はコチラ→http://t.co/NwJHrWjFeL
CiNii 論文 -  アリストテレスの三段論法における格の問題 http://t.co/Idsv7s2tLw #CiNii

フォロー(347ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 -  ヘルマン・コーへンから見たカント哲学とユダヤ教の親近性 <研究論文> https://t.co/IBFuxrQ3DW #CiNii
ペグについては中河さんが論文書いてた。 中河伸俊(2010)「「自己」への相互行為論アプローチ:経験的探究に有効な再定式化のために」 大阪府立大学人文学会 人文学論集 28, 45-71, 2010-03-31. https://t.co/q2Q21mNwnl
国立新美術館の研究紀要『NACT Review』に、昨年同館+森美術館で開催された「サンシャワー」の展評を寄せました。書誌情報は次の通りです。「「東南アジアの現代美術」と出会いなおすために」『NACT Review 国立新美術館研… https://t.co/iTNacSlS6W
含フェルベーク論 / “金光秀和(2016)「技術の倫理への問い:実践から理論的基盤の探求へ」博士学位論文 - HUSCAP 北海道大学学術成果コレクション” https://t.co/g29jPQTu0I #現象学 #技術
論文はこちらで読めます。 ジョン・G・ラッセル 1989「表象としての他者 : 日本大衆文化における黒人観」『千葉県立衛生短期大学紀要』8 https://t.co/mfnWug8zIx
CiNii 論文 -  フェリクス・ドゥケ著「体系という湖の中の島 : 『オプス・ポストゥムム』におけるカントとフィヒテ、シェリングとの関係」 https://t.co/Lo6Rlc3zi2 #CiNii
RT @jpa_psych: コンテンツ作者の村山綾さんらによる「心理学研究」所収の論文はこちらでお読みいただけます(本文は日本語です)→「被害者非難と加害者の非人間化――2種類の公正世界信念との関連――」https://t.co/DiTZbA6luj https://t.co…
Alonso H. VERA & Herbert A. SIMON (1995)「状況的認知アプローチの理論的評価」 認知科学 2(1). https://t.co/LEfSeKrtRz

フォロワー(447ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

こわい(こわい https://t.co/EruLTYr6u8 https://t.co/mmfCaaiN7U https://t.co/sXTTX6P3JR https://t.co/G6aANHbaK7
ペグについては中河さんが論文書いてた。 中河伸俊(2010)「「自己」への相互行為論アプローチ:経験的探究に有効な再定式化のために」 大阪府立大学人文学会 人文学論集 28, 45-71, 2010-03-31. https://t.co/q2Q21mNwnl
含フェルベーク論 / “金光秀和(2016)「技術の倫理への問い:実践から理論的基盤の探求へ」博士学位論文 - HUSCAP 北海道大学学術成果コレクション” https://t.co/g29jPQTu0I #現象学 #技術
最近流行りのアミノインデックス検査というもの。一回の検査で複数のがんをスクリーニングできるものの、感度はちょいと微妙ですね…勉強しておこう。 https://t.co/AXFRiFi9Ju https://t.co/mBi1JsBZou
@KiaRute これ、一回の検査で複数のがんをスクリーニングできる画期的な検査なんだけれど、ランク別感度を見るとB以上では70%程度と悪くないのよね。参考 https://t.co/AXFRiFi9Ju https://t.co/mBi1JsBZou
RT @_vol_de_nuit: 国内の看護師の地位と、看護教育に関してはこちらの文献がシンプルにまとまっていて読みやすかったです。看護のバックグラウンドとその改革の歴史を知ることは、看護師であることに自信を与えてくれると思います。 https://t.co/R1s97zh…
RT @enodon: J-STAGE Articles - 博士人材の研究公正力(3):博士の意識と研究倫理教育 https://t.co/s5pLVtgods 博士人材の「倫理」に対する関心は,他の移転可能スキルに比べて低い
RT @Yh_Taguchi: 入試ミスの阪大、音叉の振動はAとBのモードあるのに…:朝日新聞デジタル https://t.co/ighzPBG6hl この説明はNGっぽい。 https://t.co/yv3i9BYbkH によればそもそもA、Bモードは振動数(つまり波長)が違…
Alonso H. VERA & Herbert A. SIMON (1995)「状況的認知アプローチの理論的評価」 認知科学 2(1). https://t.co/LEfSeKrtRz
RT @tcv2catnap: 平岡昭利「アホウドリと「帝国」日本の拡大」のその後というか、平岡氏は引き続き研究して欲しい。アホウドリ史観と言っても良いんだこれがw https://t.co/DL7WoZCyqI