著者
丸山 千歌
出版者
国際基督教大学
雑誌
ICU日本語教育研究センター紀要 (ISSN:13447181)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.15-42, 1997-03-31

現在の用法での「~的」という語は英語からの影響を受け明治十年ごろから使われ始めたようである。ここ100年のうちに急速に使用が広まった「~的」を調べることは現代日本語の特質を把握することに通じるものと思われる。本稿は,一世代前の1962年の雑誌から抽出された「~的」を,「~的」と話題との関係,「~的」の語種や表記との関係,語の意味との関係などの観点から分析しその使用状況を明らかにする。"...Teki" words are widely used in modern Japanese language. The affix "teki" was introduced into Japanese language during the Meiji era, based on the "tic" sound of English adjectives- systematic, automatic, etc. Establishment of "...teki" word usage in contemporary Japanese language within just a century manifests foreign influence in the diversification of Japanese vocabulary. Embedded in the characteristics of "...teki" words are certain characteristics of the Japanese language. To study these characteristics, this paper analyzed 841 "...teki" words that appeared in the magazine CHUO-KORON (1962.11). Concluding from the analysis are five distinctive points: (i) Frequency of the usage of "...teki" words is dependent on the article's topic. Frequency of usage is comparatively higher in writings on politics compared to science. (ii) The type of vocabulary used as prefix differs according to the topic of writing. The variation could be distinct as: (1) Kango, wago, gairaigo, in topics on culture. (2) Kango, wago ,kango + wago in topics on literature. (3) Kango, wago ,kango + gairaigo in topics on politics. (4) Kango and gairaigo in topics on economics, social problems, education. (5) Only kango are used in topics on history, science, and advertisement, (iii) Notation of the prefix varies by the type of vocabulary. (1) Kango are written in kanji. (2) Wago are written in kanji + hiragana. (3) Gairaigo are written in katakana. (4) Konshugo are written in kanji + hiranaga. (iv) Frequency of repeating the same "...teki" is higher in economics than in science. (v) The range of the meaning of the prefix varies according to the article's topic.

言及状況

はてなブックマーク (12 users, 12 posts)

<論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese 丸山 千歌 Maruyama Chika 国際基督教大学日本語教育研究センター International Christian University
[言葉][論文][pdf][あとで読む]
[言葉] 「<論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合」
[英語][言葉][翻訳] <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合“現在の用法での「〜的」という語は英語からの影響を受け明治十年ごろから使われ始めた”
日本語の「〜的」が英語の接尾辞"-tic"の訳語であることに関する研究。と言うことは中国語の「~的」は日本語からもたらされたものであるのか。
“現在の用法での「〜的」という語は英語からの影響を受け明治十年ごろから使われ始めた”
[的][日本語][tic][英語][外来語] まじか

Twitter (135 users, 141 posts, 90 favorites)

<論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合<ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese https://t.co/vhcl4Datoi @chainayuta
@mojin @atouut 説として説得力はあり、目立った反論は見当たらないですね。 https://t.co/gxs6OTxBfN このあたりって同時多発的に発生するからばしっとこうだと言いにくいですよね。
<論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese https://t.co/Y8tphyB4J7
うそー、まさかーと思ったら論文も出てる。 https://t.co/EzK1yGpsuM
CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 https://t.co/GRA0EXUrEt
@10nies 日本語のものでしたら,こちらなどを参考にされてはどうでしょう。 https://t.co/oOX7gj7NqV
(RT)本当にそういう論文あるな。 <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 [in Japanese] https://t.co/jiqN45sdvv
CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 https://t.co/ccULPKPW0k #CiNii 対応する訳語ってのは確かだけど、音訳って書いてたのがwikiしかなかったからわからん
@kinoboriyagi つ https://t.co/B4vZmCFBRH https://t.co/q0WuraoZVT
CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 https://t.co/WAmI534E82 頭ガクガクさせながら読んだけどticについては触れてないな
“CiNii Articles - <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese” https://t.co/1R9Qh8DhMb
下の文献にも述べられているのですが、いまの「的」の用法は明治初期に英語がきっかけで成立したとされているようです。これ以上は素人なのでご勘弁を… ICU日本語教育研究センター紀要 6, 15-42, 1997-03-31… https://t.co/9e8Rj9JFUm
https://t.co/oQazeesEZ3 <現代日本語の 「〜 的」 について>에서 1906년 논문(하고는 제목이 좀 다른 거 같은데)을 재인용한 부분이다. 여기에는 的와 tic이 닮았단 얘기가 확실히 적혀있… https://t.co/urvwvQjz4I
https://t.co/h5KbRSu6jz https://t.co/Vlf2Mernh5 '-tic'의 음성에서 的가 유래됐으리라는 얘기는 일전에 이 논문을 따온 적이 있는데 이 사람 초록 잘못 쓴 거 같다.… https://t.co/zBsYQUBmHo
https://t.co/02RVndiA1Z 英語の接尾辞“ − tic” の訳語「〜的」について一『中央公論』1962年ll月号の場合一丸山千歌
「<論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合」 / “CiNii Articles - <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Ja…” http://t.co/kFCV4iiSez
<論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 http://t.co/R1WRwrfZp9 #CiNii というかこれ最近は中国語でも使ってた気が
NowBrowsing: CiNii Articles -  <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese - http://t.co/gyWnMHwe1n
CiNii Articles -  <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese http://t.co/vQ3QEObiEV
「~的」は、romantic とか authentic とかの tic の音訳として、明治に作られた言葉だってことを知って激しく動揺してる https://t.co/GCKWnzmHvP http://t.co/zO9hFdxk7K
知らなかったな。  [ CiNii Articles -  <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese ] http://t.co/rDiBWHmsuI
某掲示板で知る。「〜的」が「-tic」の訳語(当て字)だったとは知らなかった。私は中国語の助詞の「的」を流用したのかと思っていた。某作家が言っていたように、(造語が安直すぎるので)多用しないに越したことはない。 http://t.co/70QcnNOYea
英語由来らしいと。> 現在の用法での「〜的」という語は英語からの影響を受け明治十年ごろから使われ始めたようである。ここ100年のうちに急速に使用が広まった「〜的」を調べることは現代日本語の特質を把握することに通じるものと思われる。// http://t.co/zHLo6XVBZm
【自分用メモ】CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 http://t.co/zHLo6XVBZm #CiNii
英語ブ CiNii 論文 - <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合: CiNii 論文 - <論文>英語の接尾辞"-tic… http://t.co/2m0iVyr38l
そうかー。日本で使われてる「〜的」は中国語の「的(の)」とは全然違う所から来たんやな。英語のautomaticとかの「tic」だったとは!謎がとけてスッキリした。 http://t.co/RyynFmTw2p
CiNii 論文 -  英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 http://t.co/3coCiHar8D
“現在の用法での「〜的」という語は英語からの影響を受け明治十年ごろから使われ始めた” / “CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合” http://t.co/wEQsOuzp2N
おおすごい,論文がある http://t.co/n2IebPDs5n
へぇ、これは興味深い。 CiNii Articles -  <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese http://t.co/KUicgCRvWk
ナショナル真空管ラジオのこの文字や数字のレタリングもまた昭和的でありアナログ的。昭和チック、アナログチックといったほうがより昭和的か。http://t.co/jj6kZEpcgv http://t.co/bYHXwr2W5q
CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 http://t.co/LYq2zBvNpB
CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 http://t.co/KNuPCOg9M4 #CiNii *tictic*
@yuboolike http://t.co/HfMNFaEzD2 そこから色々と派生させたんかな- amademic学術的とか -icが接尾語としての形らしいし
的のこと気になったので  http://t.co/qOtniYOSiK http://t.co/sp04TSunVd 原典にはあたってないが磯辺弥一郎(1906)「国文における英語の感化」『文章世界』で「英語から」とのこと。やっぱ中国語の意味とあわせた仮借かねえ
へー http://t.co/5mTs1nli8J
@highok 「的」という言葉は明治十年代に大きく変化したのですね。(http://t.co/BDvQwesX) 科学という言葉を作ったのが西周なら、「科学的」を初めて使ったのもやはり西の可能性は高いでしょうか。

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: Mononohazumi
2010-08-04 22:42:24 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト