著者
丸山 千歌
出版者
国際基督教大学
雑誌
ICU日本語教育研究センター紀要 (ISSN:13447181)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.15-42, 1997-03-31

現在の用法での「〜的」という語は英語からの影響を受け明治十年ごろから使われ始めたようである。ここ100年のうちに急速に使用が広まった「〜的」を調べることは現代日本語の特質を把握することに通じるものと思われる。本稿は,一世代前の1962年の雑誌から抽出された「〜的」を,「〜的」と話題との関係,「〜的」の語種や表記との関係,語の意味との関係などの観点から分析しその使用状況を明らかにする。

言及状況

はてなブックマーク (10 users, 10 posts)

[言葉][論文][pdf][あとで読む]
[言葉] 「<論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合」
[英語][言葉][翻訳] <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合“現在の用法での「〜的」という語は英語からの影響を受け明治十年ごろから使われ始めた”
日本語の「〜的」が英語の接尾辞"-tic"の訳語であることに関する研究。と言うことは中国語の「~的」は日本語からもたらされたものであるのか。
“現在の用法での「〜的」という語は英語からの影響を受け明治十年ごろから使われ始めた”
[的][日本語][tic][英語][外来語] まじか

Twitter (85 users, 89 posts, 60 favorites)

https://t.co/02RVndiA1Z 英語の接尾辞“ − tic” の訳語「〜的」について一『中央公論』1962年ll月号の場合一丸山千歌
「<論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合」 / “CiNii Articles - <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Ja…” http://t.co/kFCV4iiSez
<論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 http://t.co/R1WRwrfZp9 #CiNii というかこれ最近は中国語でも使ってた気が
NowBrowsing: CiNii Articles -  <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese - http://t.co/gyWnMHwe1n
CiNii Articles -  <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese http://t.co/vQ3QEObiEV
「~的」は、romantic とか authentic とかの tic の音訳として、明治に作られた言葉だってことを知って激しく動揺してる https://t.co/GCKWnzmHvP http://t.co/zO9hFdxk7K
知らなかったな。  [ CiNii Articles -  <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese ] http://t.co/rDiBWHmsuI
某掲示板で知る。「〜的」が「-tic」の訳語(当て字)だったとは知らなかった。私は中国語の助詞の「的」を流用したのかと思っていた。某作家が言っていたように、(造語が安直すぎるので)多用しないに越したことはない。 http://t.co/70QcnNOYea
英語由来らしいと。> 現在の用法での「〜的」という語は英語からの影響を受け明治十年ごろから使われ始めたようである。ここ100年のうちに急速に使用が広まった「〜的」を調べることは現代日本語の特質を把握することに通じるものと思われる。// http://t.co/zHLo6XVBZm
【自分用メモ】CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 http://t.co/zHLo6XVBZm #CiNii
英語ブ CiNii 論文 - <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合: CiNii 論文 - <論文>英語の接尾辞"-tic… http://t.co/2m0iVyr38l
そうかー。日本で使われてる「〜的」は中国語の「的(の)」とは全然違う所から来たんやな。英語のautomaticとかの「tic」だったとは!謎がとけてスッキリした。 http://t.co/RyynFmTw2p
CiNii 論文 -  英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 http://t.co/3coCiHar8D
“現在の用法での「〜的」という語は英語からの影響を受け明治十年ごろから使われ始めた” / “CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合” http://t.co/wEQsOuzp2N
おおすごい,論文がある http://t.co/n2IebPDs5n
へぇ、これは興味深い。 CiNii Articles -  <ARTICLE>The Usage of "...teki" in Modern Japanese http://t.co/KUicgCRvWk
ナショナル真空管ラジオのこの文字や数字のレタリングもまた昭和的でありアナログ的。昭和チック、アナログチックといったほうがより昭和的か。http://t.co/jj6kZEpcgv http://t.co/bYHXwr2W5q
CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 http://t.co/LYq2zBvNpB
CiNii 論文 -  <論文>英語の接尾辞"-tic"の訳語「〜的」について : 『中央公論』1962年11月号の場合 http://t.co/KNuPCOg9M4 #CiNii *tictic*
@yuboolike http://t.co/HfMNFaEzD2 そこから色々と派生させたんかな- amademic学術的とか -icが接尾語としての形らしいし
的のこと気になったので  http://t.co/qOtniYOSiK http://t.co/sp04TSunVd 原典にはあたってないが磯辺弥一郎(1906)「国文における英語の感化」『文章世界』で「英語から」とのこと。やっぱ中国語の意味とあわせた仮借かねえ
へー http://t.co/5mTs1nli8J
@highok 「的」という言葉は明治十年代に大きく変化したのですね。(http://t.co/BDvQwesX) 科学という言葉を作ったのが西周なら、「科学的」を初めて使ったのもやはり西の可能性は高いでしょうか。

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110000479907 (77)

http://ci.nii.ac.jp/naid/110000479907/en (18)