著者
星 秀夫 佐々木 稔
出版者
The Iron and Steel Institute of Japan
雑誌
鉄と鋼 (ISSN:00211575)
巻号頁・発行日
vol.91, no.1, pp.103-107, 2005-01-01 (Released:2009-06-19)
参考文献数
4
被引用文献数
2 or 0

供試材である日本刀の三振りを切断し多くの項目について調査した結果,炭素以外の諸元素が極めて少ない高純度の炭素鋼であることが鍛接性を良くし耐食性を高め,また刀身全表面に圧縮残留応力をもたせることが日本刀の靱性をさらに強化すること等が確認できたことである.
著者
新納 浩幸 村田 真樹 白井 清昭 福本 文代 藤田 早苗 佐々木 稔 古宮 嘉那子 乾 孝司
出版者
一般社団法人 言語処理学会
雑誌
自然言語処理 (ISSN:13407619)
巻号頁・発行日
vol.22, no.5, pp.319-362, 2015

語義曖昧性解消の誤り分析を行う場合,まずどのような原因からその誤りが生じているかを調べ,誤りの原因を分類しておくことが一般的である.この分類のために,分析対象データに対して分析者 7 人が独自に設定した誤り原因のタイプを付与したが,各自の分析結果はかなり異なり,それらを議論によって統合することは負荷の高い作業であった.そこでクラスタリングを利用してある程度機械的にそれらを統合することを試み,最終的に 9 種類の誤り原因として統合した.この 9 種類の中の主要な 3 つの誤り原因により,語義曖昧性解消の誤りの 9 割が生じていることが判明した.またタイプ分類間の類似度を定義することで,統合した誤り原因のタイプ分類が,各自の分析結果を代表していることを示した.また統合した誤り原因のタイプ分類と各自の誤り原因のタイプ分類を比較し,ここで得られた誤り原因のタイプ分類が標準的であることも示した.
著者
星 秀夫 佐々木 稔
出版者
社団法人日本鉄鋼協会
雑誌
鐵と鋼 : 日本鐡鋼協會々誌 (ISSN:00211575)
巻号頁・発行日
vol.91, no.1, pp.103-107, 2005-01-01

Following research into methods for making practical use of Japanese swords, the following points were noted, (1)Upon examination of the forging face, it was found that the microstructure, hardness, and residual stress differed (2) In order to discover more about clad forging, a pre-heat treatment of the full annealing process was necessary (3) Especially in the core steel, non-metallic inclusion was noted in the area of the sharp side of sword (4)Upon examination of sample A, B, and C, all were found to contain pure material, the sample C however had high amount of Ti, Ca and V (5) Ordinary a core hardness of Hv 200 is obtained by addig O 1% C while quenching, however, an edge hardness of Hv 700〜800 can be easily obtained by the addition of 0 5〜0 6% carbon (6) Compared to other research materials, sample C had a low residual stress after compressive stress, however, sample C showed signs of past tempering and grinding that may account for the low residual stress It is assumed not to be an error in measurement (7) Upon examination of the microstructure, the central portion of the sword showed overheating in low carbon steel ferrite Follow-up research on old and new sword should include the traditional Japanese sword virtues of strength, cutting ability, and flexibility
著者
佐々木 稔 新納 浩幸
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告自然言語処理(NL) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2007, no.76, pp.109-114, 2007-07-25

ディレクトリ型の検索サービスはあらかじめ Web ページが項目別にまとめられているので、初心者でも簡単に WWW (World Wide Web) 検索をすることができる。このようなサービスを運営する側は Web ディレクトリへのサイト登録や分類、管理といった作業を人手により行っているため、膨大な Web ページを処理することが困難となる。そのため、我々は人手で行っている Web ディレクトリの管理作業を自動化するシステムの構築を目指している。これまで、サイトの内容語を扱わず、ホームページに記述された meta タグの name 属性値である keyword と description をキーワードとして階層のトップレベルで分類を行い、その結果として分類精度が 82% となり、本文を利用した場合の 55% を大幅に上回る分類性能を得ることができた。本稿では、これまでトップレベルで行っていた分類を拡張し、ディレクトリ階層全体を対象として Web サイトを分類する手法について述べる。階層構造全体を対象とすることで、より現実的で、実用的な Web ディレクトリの構築を行うことが可能となる。階層的な分類においても keyword、description 属性値をキーワードとして利用することの有効性を確かめるために、未分類のデータを利用して実験を行った結果、meta タグのみをキーワードとして利用したシステムは平均 62.7% の分類精度を得ることができた。比較として、meta タグを使わずに HTML 文書の本文を利用した場合の分類結果を求めると 42.3% であった。これより、階層的な分類においても HTML 文書の本文を利用するより meta タグのみを利用した方が有効であることが分かった。また、平均精度が 60% を超えていることから、半自動での Web ディレクトリの構築が可能であると考えられる。A web directory is a directory on the World Wide Web. For example, Yahoo! Directory and Dmoz are well known web directories. Some categories have a lot of web site links across an extensive range of topics. So we browse the categories below to find helpful resources and information. The web directories are created and maintained by human volunteers who are experts in particular categories. So many submissions of registering URLs are delayed due to not selecting the most specific category for them. In our research, we construct a system of automatic classification into a web directory which is maintained by human. In former experiments, the keywords and the description value of the meta tag in HTML documents are very efficient for Web site classification and the effects of the common words cause misclassification of Web sites. In this paper, we describe a classification system for hierarchical web directory structure. Using the whole directory hierarchy, we consider that the system enables to construct a practical and useful web directory. To evaluate the efficiency of this system based on the values of meta tag, we make an experiment on classifying web sites into the Dmoz directory using the web site registered in the Yahoo! directory. As the results of these experiments, the average precision using meta tag is about 62.7% and that using text of HTML document is about 42.3%. The precision using meta tag is higher than using text and we find the efficiency of the meta tag in the hierarchical classification as well as the classification to flat categories.
著者
佐々木 稔 新納 浩幸
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告自然言語処理(NL) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2003, no.23, pp.145-152, 2003-03-06
被引用文献数
3 or 0

本稿では,文書要約の支援を目的としたシソーラスの自動構築を行うために,大規模な単語集合に対するクラスタリング手法の提案を行う.これまでの単語クラスタリングに関する研究は,索引語・文書行列を利用してさまざまな要素間類似度やアルゴリズムを用いてクラスタリングが行われている.この索引語・文書行列を利用した場合,索引語の分布はどのような文書内容で出現するかを統計的に示したもので,文書内における語と語の間にある意味的なつながりはそれほど強くない.そのため,結果として出力されるクラスタにはある話題に共通する単語が集まりやすくなると考えられる.意味的につながりを持つクラスタを構築するために,共起関係を持つ単語の組を抽出し,ある単語に対して意味的につながりやすい単語を統計的に表現し,それをクラスタリングすることで意味的な共通性を持つクラスタの自動構築を目指す.In this paper, we propose a new clustering algorithm for large scale document size to construct the thesaurus automatically in aid of summarization. The existing word-clustering systems use various similarity and clustering algorithm based on the context of the information retrieval. In case of the clustering using term-document matrix, the distribution of the index word represents the frequency of the word appearance in a certain contents of a document. Therefore, semantic relation between these words in the document is not so strong. As a result, the words which appear frequently in the contents tend to be gathered for one cluster. To construct a cluster set in which semantic relation between these words is contained, we show a word clustering using a pair of words with cooccurrence relation automatically. We further show that our clustering is effective for word sense disambiguation in comparison with using term-document matrix.