著者
今井 美香 平井 真理 桑原 裕子 岩瀬 敏 西村 直記 清水 祐樹 菅屋 潤壹 藤井 徹也
出版者
日本看護技術学会
雑誌
日本看護技術学会誌 (ISSN:13495429)
巻号頁・発行日
vol.10, no.1, pp.111-120, 2011-04-20 (Released:2016-08-01)
参考文献数
13

目的 : 本研究では,仰臥位と座位で排便時の怒責圧の強さの差異が循環系に及ぼす影響を検討した. 方法 : 健康な成人男女 21人 (平均年齢 32.7 ± 10.1歳) を対象に,室温 27℃,湿度 50%に設定した人工気候室で実験を行った.被験者は仰臥位および座位姿勢をとり,1回 15秒の怒責をかけた.怒責圧は10,20および 30mmHgとし,その時の血圧と心拍数を測定した. 結果 : 仰臥位と座位ともに,怒責圧が高いほど血圧 ・ 心拍数の変化は大きかった.血圧や心拍数の変化は怒責中のみならず,怒責解除後も怒責圧が高いほど大きかった.また怒責圧 30mmHgの場合では,Ⅰ相から Ⅱ a期の収縮期血圧の変化量が座位 41.43 ±13.30,仰臥位 26.86 ± 19.59mmHg (p<0.001) と,座位のほうが大きかった.怒責圧10 ・ 20mmHgでも同様であった.また,Ⅰから Ⅱ a期,Ⅲから Ⅳ相の心拍数で座位のほうが有意に大きな変化量を示した (p<0.01) 結論 : 排便時に強く怒責をかけるほど循環系へ与える影響は大きく,また同一怒責圧時における循環系の影響は座位のほうが大きいことが明らかになった.
著者
片岡 仁美 野村 恭子 川畑 智子 勅使川原 早苗 岩瀬 敏秀
出版者
日本医学教育学会
雑誌
医学教育 (ISSN:03869644)
巻号頁・発行日
vol.45, no.5, pp.365-375, 2014-10-25 (Released:2016-05-16)
参考文献数
20
被引用文献数
1

目的:女性医師の離職と復職及び育児休業の取得について現状を明らかにし,離職に影響を及ぼす要因について解析する.方法:岡山大学卒業生および同大学臨床系講座に入局した女性医師1403名に質問票を送付した.結果:回答者(n=420,回収率29.9%)のうち離職経験者は46.6% (n=191),離職時期は卒後10年以内が92.4%(n=171)であった.離職理由は「出産・育児」が51.5%(n=98),「夫の転勤」が21.1% (n=40)であった.初回離職時82%(n=151)が復職を希望していた.考察:柔軟な勤務体制の確立や育児休業の取得できる安定した勤務環境の整備がキャリア構築に重要である.
著者
中村 友道 廣田 和生 友松 健一 高井 睦夫 岩瀬 敏彦 宇和川 誠一 班目 春樹 岩壺 卓三 齋藤 孝基
出版者
一般社団法人 日本機械学会
雑誌
日本機械学会論文集 C編 (ISSN:03875024)
巻号頁・発行日
vol.68, no.668, pp.1064-1072, 2002-04-25 (Released:2008-02-26)
参考文献数
7
被引用文献数
1 1

A partial but full-size mock-up test of practical steam-generator U-bend tubes in nuclear power plants has been carried out, where the test model has been set in a HFCF-123 fluid two-phase flow loop. U-bend tubes are supported with so-called "Anti-vibration Bars (AVB) ", which have two types of AVBs in Japan, 7-span type and 5-span one. Both types of AVBs have been examined and it is found that tubes with AVB supports shows no large amplitude vibration up to 150% flow rate to the practical condition. Basic data for the fluidelastic instability are obtained when some tubes have been set to be flexible at some contact points with AVBs.
著者
美和 千尋 河原 ゆう子 岩瀬 敏
雑誌
自律神経 = The Autonomic nervous system (ISSN:02889250)
巻号頁・発行日
vol.40, no.4, pp.399-405, 2003-08-15
参考文献数
10
被引用文献数
4
著者
美和 千尋 杉村 公也 川村 陽一 出口 晃 岩瀬 敏
出版者
一般社団法人 日本温泉気候物理医学会
雑誌
日本温泉気候物理医学会雑誌 (ISSN:00290343)
巻号頁・発行日
vol.65, no.4, pp.187-193, 2002 (Released:2010-04-30)
参考文献数
19
被引用文献数
1

The purpose of this study was to eliminate factors of accidents during Japanese style bathing of the elderly.We investigated the age-related changes in cardiovascular and thermoregulatory function in response to the bathing at 40°C. We measured the blood pressure and the heart rate using an automatic spygmomanometer, the skin blood flow at the forearm using laser Doppler flowmetry, the tympanic temperature using a thermistor, and the sweat rate at dorsum manus using the ventilated capsule method during bathing at 40°C for 20min in 10 aged (73.5±8.4, mean±SD) and 10 young subjects (19.8±1.8).Aged subjects failed to maintain a stable blood pressure during the immersion in the bathtub. While the heart rate during the bathing significantly changed in the young subjects, no change was observed in the aged subjects. Skin blood flow, tympanic temperature, and sweat rate increased during the bathing for both in the aged and the young subjects, though with smaller changes among aged subjects.These findings suggest that the adaptability of cardiovascular and thermoregulatory functions to heating and hydrostatic pressure during Japanese style bathing decreases with age.
著者
西村 直記 岩瀬 敏 菅屋 潤壹 河原 ゆう子
出版者
日本生気象学会
雑誌
日本生気象学会雑誌 (ISSN:03891313)
巻号頁・発行日
vol.50, no.2, pp.107-115, 2013 (Released:2013-08-01)
参考文献数
18

本研究は,身体を擦ることなく 2-ノネナールや皮膚の汚れを除去し,入浴後の加齢臭の発生を効果的に抑制できる入浴様式について,マイクロバブル浴,さら湯浴およびシャワー浴の 3 条件で比較・検討した.8 名の健常男性(40~44 歳)に,10 分間のマイクロバブル浴またはさら湯浴,5 分間のシャワー浴のいずれかをそれぞれ日を変えて行わせ,入浴前後の 2-ノネナール,皮脂量および皮膚の汚れの除去率と入浴後の 2-ノネナールの発生率を比較した.水温はいずれも 38℃に設定した.いずれの入浴様式においても,入浴前と比較して入浴 30 分後の 2-ノネナール濃度は減少したが,それはマイクロバブル浴が最も高かった.また,マイクロバブル浴では,入浴 3 時間後においても 2-ノネナールの発生を防止することができたものの,さら湯浴(P<0.05)とシャワー浴では 2-ノネナールが発生することが明らかとなった.以上の結果から,加齢臭を効果的に除去するとともに,入浴後の加齢臭の発生を長時間に亘って防止できる入浴様式としては,マイクロバブル浴が最も効果的であることが明らかとなった.