著者
松田 繁樹 林 輝昭 葦苅 豊 志賀 芳則 柏岡 秀紀 安田 圭志 大熊 英男 内山 将夫 隅田 英一郎 河井 恒 中村 哲
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム (ISSN:18804535)
巻号頁・発行日
vol.96, no.10, pp.2549-2561, 2013-10-01

本論文では,独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が開発した世界初のスマートフォン用多言語音声翻訳アプリケーション"VoiceTra"を用いた大規模実証実験に関して,VoiceTraシステムの概要,クライアントサーバ間の通信プロトコル,本システムで用いられた多言語音声認識,多言語翻訳,多言語音声合成の詳細を述べる.また,本実証実験中に収集された約1000万の実利用音声データの一部について,聴取による利用形態の分析,更に,実験期間中に行った音声認識用音響モデル,言語モデルの教師無し適応,言語翻訳用辞書の追加に対する音声認識,音声翻訳性能の改善について述べる.
著者
四倉 達夫 川本 真一 松田 繁樹 中村 哲
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.49, no.12, pp.3847-3858, 2008-12-15

声優経験のない参加者が,プロの声優のアフレコした発話アニメーションに近いリップシンク精度で,デジタルアニメキャラクタの発話と同期したアニメーションを体験できる,インタラクティブ発話合成システム<i>iFACe</i>を提案する.iFACeはリップシンクアニメーションを素早く生成するため,参加者から収録した台詞音声のタイミングに合わせてCGキャラクタ発話アニメーションを生成する,プレスコ方式を用いている.本システムは,参加者が選択した台詞情報と台詞に対応した音声を入力とし,雑音環境下でも推定精度の高い音素アラインメントを行い音素と音素継続長を求める.次にさまざまなスタイルのカートゥーンキャラクタにあうキーフレームの作成を行う.出力したキーフレームから,ブレンドシェープアプローチによるGPUを使ったリアルタイム発話アニメーションと音声を同期し出力を行う.本システムは日本科学未来館に5日間のデモンストレーションを行い,主観評価実験から,74%の回答者が,ゲームとして声優体験システムで遊んでみたいと示し,エンタテインメントシステムとしての有効なコンテンツであることが示された.In this paper, we propose a novel interactive lip-sync animation system for entertainment that works with players' voices and transcriptions as input and provides following: Robust speech recognition for a wide range of consumers in noise environments; smoothing lip-sync animation for cartoon characters; and blend-shaped based technique common in CG production real-time lip-sync animation on graphics hardware. We demonstrated and evaluated our system at National Museum of Emerging Science and Innovation (Miraikan) for five days. The evaluated results showed that our system was effective contents for entertainment use.
著者
松田 繁樹 出村 慎一 水沢 利栄 石原 孝尚 館 俊樹 高橋 憲司
出版者
日本体育測定評価学会
雑誌
体育測定評価研究 (ISSN:13471309)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.25-37, 2013-03-31 (Released:2016-02-29)
参考文献数
11

This study aims to select adequate questionnaire items to evaluate the leadership abilities of a soccer coach, who can lead his team to victory. On the basis of the “coach’s qualifications and task” offered by the Japan Football Association in addition to previous studies, it is assumed that the coaches’ leadership abilities are composed of the following six factors: “human nature,” “general nature,” “analysis and evaluation of a game,” “team management,” “coaching policy,” and “coaching skill.” After examining the content validity, 227 questionnaire items were selected. The survey was conducted with 183 soccer players who had over three years of soccer experience (valid responses: 162). They answered either “right,” “not right,” or “I do not know” for each item. After the items were analyzed on the basis of the three predetermined criteria’s, 113 items were judged to be adequate. The reliability of the questionnaire was high (α = 0.95). It was considered that items cover the above “coach’s qualifications and task.” Furthermore, to enhance the utility of the questionnaire, it will be necessary to carefully choose questionnaire items in the future.
著者
中野 貴博 春日 晃章 松田 繁樹
出版者
Japan Society of Human Growth and Development
雑誌
発育発達研究 (ISSN:13408682)
巻号頁・発行日
vol.2016, no.70, pp.55-65, 2016 (Released:2016-10-14)
参考文献数
29

[Background and Purpose] It has been pointed out recently that the issue of declining physical fitness occurs even in young children. As a background, some decline in physical activity and changes in daily life rhythms have been noted. While there have been experiments examining exercise performance and lifestyle improvement in young children, their daily activity pattern has not yet been considered. Therefore, the purpose of this study was to classify the daily patterns of activity intensity and to examine the relationships between these patterns and steps, lifestyle, and health status in young children. [Method] Participants were 386 young children. We measured activity intensity during each weekday using the Lifecorde GS (Suzuken Corporation). We classified participants by activity intensity per hour, using a non-hierarchical cluster analysis with the k-means method. The differences in the daily patterns of activity intensity were confirmed using a two way ANOVA. In addition, the relationships between the daily patterns of activity intensity and steps, lifestyle, and health status were confirmed by an ANCOVA, cross tabulation, and chi-square test. [Results and Discussion] The participants were classified into two clusters and a significant difference in the daily patterns of activity intensity was confirmed. Further, a significant difference in the average number of daily steps was confirmed. The clear difference was not confirmed in a part of lifestyle and health status between two clusters.
著者
松田 繁樹 春日 晃章 花井 忠征 出村 友寛 香村 恵介
出版者
滋賀大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2014-04-01

本研究の目的は裸足保育の効果を検証することであった.具体的には,幼児の浮き趾の発生状況および前後足圧荷重割合について,裸足保育を実施する園に通う園児および裸足保育を実施していない園に通う園児間で比較を行った.浮き趾の発生状況については横断的および縦断的データにより分析した.その結果,幼児期の裸足保育は男児の浮き趾および前後足圧荷重割合に影響を及ぼし,浮き趾を減少させること,および,後部の足圧荷重割合を少なくすることが明らかになった.
著者
片桐 滋 渡辺 秀行 中村 篤 松田 繁樹 堀 貴明 渡部 晋治
出版者
同志社大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2010

最小分類誤り学習法のこれまでの性能限界を突破することを目指して,特に,平滑化分類誤り数損失の平滑性が持つ未知標本耐性向上の機構を解明し,その平滑度の自動的最適設定法を開発,さらにカーネル法を組み込んだカーネル型最小分類誤り学習法を開発することで,本学習法の一層の識別力向上を実現した.また,ラウンドロビンデュエル識別法を開発することで,大規模かつ複雑な分類器のための高効率な識別学習法を実現した.