著者
小林 正子 竹本 泰一郎 田原 靖昭 田川 宜昌 東郷 正美
出版者
日本民族衛生学会
雑誌
民族衞生 (ISSN:03689395)
巻号頁・発行日
vol.61, no.6, pp.309-316, 1995-11-30
参考文献数
13
被引用文献数
12
著者
林 正子
出版者
岐阜大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2001

日清戦争後から大正期にかけての日本におけるドイツ思想・文化論が、当時の知識人の意識や国情の実態を反映していることを確認し、国民国家確立期の日本におけるドイツ哲学・芸術の受容の意義について論じるというのが、本研究の目的であった。次のようにその結論の概要を挙げておきたい。1.当時の青年知識人たちにとって、ショーペンハウアー、ニーチェ、ウァーグナーらが代表するドイツ思想・文化は、俗化の方向をたどる文明の改革と主体性のない社会の道徳への反抗を実現するための支柱となった。2.ドイツ思想・文化受容の成果が雑誌「太陽」に掲載されたことで、数多くの読者に具体的な情報が与えられ、相対的・客観的な日本文化論の展開によって、日本(=自己)自身への認識を深めさせるというパラダイムが創り上げられ、時代精神そのものが形成されていった。3.<生の哲学>(Lebensphilosophie)の受容とその評論の隆盛は、明治というひとつの時代を閲した時期の[日本=自己]の存在の基盤を問う風潮と精神性を象徴的に表わすものであった。4.オイケンの<新理想主義>が移入されたことによって、現代文明・自然主義の超克、精神生活の建設が提唱されることとなった。5.<文明>と<文化>が、当該の社会状況や思潮の動向に応じ、用語として区別されるようになるのは1910年代であり、ドイツ語<Kultur>の翻訳である<文化>概念の登場が<文化主義>を導き出した。その要因としては、明治期における<日本文明>の進展についての自覚、<国民文化>確立の重要性の認識、ドイツ思想の受容による<教養>の練磨などが挙げられる。
著者
平田 裕美 小林 正子
出版者
女子栄養大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011-04-28

中学生、高校生の身長・体重の時系列的変化と心身の健康、社会的風潮の取り入れ、生活習慣、栄養素等摂取、父親・母親の養育行動との因果関係を明らかにした。生活習慣では、朝食を同じ時間に食べていない、鉄分、ビタミン類などの栄養素等摂取不足群は身体不調を訴えていた。体重では、父親との会話が多い中学生、高校生ほど、男女の差異無く、不安感が低く、成長曲線に極端な体重の変動は見られなかった。身長では、思春期スパートと対人関係に関連はなかったが、身長の停滞がある子どもには低出生体重児であったことが確認された。アレルギー(金属、鼻炎、食物)、腎疾患、心疾患などの症状をもつ子どもにも同じ兆候が見られた。
著者
半藤 保 小林 正子 久保田 美雪
出版者
日本母性衛生学会
雑誌
母性衛生 (ISSN:03881512)
巻号頁・発行日
vol.48, no.1, pp.21-28, 2007-04

大学生381人(男子100人,女子281人)に無記名アンケート方式により,性行動,性感染症に対する現況と知識,および意識について調査した。その結果,以下の点を明らかにした。1)初交年齢のピーク:男子16歳,女子17歳。2)18歳までの性交経験率:男子78.9%,女子76.1%。3)複数人の性パートナーをもつ割合:男子52.7%,女子56.4%。4)性感染症(STI)の種類について回答者の50%以下しか知らなかったもの:性器ヘルペス,淋病,B型肝炎,C型肝炎,尖形コンジローマ。5)性交時,必ずコンドームを装着するもの:約2/3しかなく,1/3は「ときどき」あるいは「全く」装着しなかった。しかも,装着は避妊目的であって,STI予防を目的としたものは約20%にしか過ぎなった。6)STI予防のためコンドーム装着の必要性を自覚するもの:男子55%,女子80%。7)STI罹患疑いのとき,性パートナーともども病院を受診するとしたもの:39%。
著者
林 正子
出版者
跡見学園女子大学
雑誌
跡見学園女子大学文学部紀要 (ISSN:13481444)
巻号頁・発行日
vol.44, pp.29-46, 2010-03-15

The purpose of this article is to examine the process of printing and circulation of a Vietnamese historical book -- Dai Nam Thuc Luc Chinh Bien(大南寔録正編)which was printed in 1873. Dai Nam Thuc Luc Chinh Bien, its title was identical with the veritable record of Nguyen dynasty (阮朝), was handled by a Frenchman Lu Gia Lang(蘆嘉陵) to a Vietnamese Dui Minh Thi (惟明氏) in French colonial ruled Cochin-China. Through the analysis of the version kept in the Toyo Bunko(東洋文庫), it is clear that the Dai Nam Thuc Luc Chinh Bien was printed in Fo-shan(仏山) in Guang-dong(広東)province of China, and was distributed from Gia-dinh(嘉定) to all the Vietnamese provinces. Furthermore, to examine the applicability of his defi nition on Dai Nam Thuc Luc(大南寔録), as well as the Shi-lu(実録) of the East Asian cultural or Chinese character cultural area (漢字文化圏) in future research.
著者
林 正子
出版者
跡見学園女子大学
雑誌
跡見学園女子大学文学部紀要 (ISSN:13481444)
巻号頁・発行日
vol.41, pp.29-48, 2008-03

Shi-lu (実録) was a common historical official record form adopted in East Asia in the pre-moderrn period. The purpsose of this article is to examine the relationship between the Nguyen Dynasty (阮朝) and Liu Yong-fu through the analysis of the entries in Dai Nam Thuc Luk, the Vietnamese official records. During the French invasion of Vietnam in 1880's, Liu and his army - the Black Flags fought against the French, to protect their hometown Laokai (保勝) in Vietnam. His two victorious battles were the first victories by the Asian army against the European army in Asia during that period. Nevertheless, Vietnam was eventually defeated and become a French colony in 1885. There are 80 items of record in Dai Nam Thuc Luk concerning the interrelation between the then Emperor Tu-duc (嗣徳) and Liu Yong-fu. Through analysis of these records, the writer examines the style of description of the official efforts to convey to the French that the Emperor was not connected with the resistance of Liu and his army against the French.
著者
林 正子
出版者
跡見学園女子大学
雑誌
跡見学園女子大学文学部紀要 (ISSN:13481444)
巻号頁・発行日
vol.42, no.1, pp.87-100, 2009-03-15

On the Formation of Dai Nam Thuc Luc (大南寔録)(V): An introduction of Xie Gui-an, Zhong guo shi-lu tishi xue yan jiu (謝貴安『中国実録体史学史研究』).A ten-year project on the compilation of the Qing Shi (清史編纂十年プロジェクト), sponsored by the Chinese government, is being under taken by scholars in China(mainland), Hong Kong, Macao andTaiwan. This project is expected to completed in 2013, the 100th anniversary of the Xin-hai Revolution (辛亥革命). This compilation, which will be counted as the 27th Official History (正史), is taking a "new synthesis"(新総合体). Marxism historiography instead of the traditional form of biographical historiography(紀伝体). The above mentioned project has an influence on the research on Shi-lu (実録), the historicalmaterials of Official History. This article intends to introduce Xie Gui-an's new definition on the form of theShi-lu, which he refers to as a chronicle form with additional biography (編年附伝体), one body with two wings (一体二翼) including 直書 (description based on facts) and 曲筆 (perversion of the truth), and furthermore,to examine the applicability of his definition on Dai Nam Thuk Luc (大南寔録), as well as theShi-lu of the East Asian cultural or Kanji cultural area (漢字文化圏) in future research.