著者
江藤 裕之 岸 利江子 岩崎 朗子 坂本 ちより 頭川 典子 青木 三恵子 久保田 智恵 杉浦 絹子 八尋 道子
出版者
長野県看護大学
雑誌
長野県看護大学紀要 (ISSN:13451782)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.31-39, 2002-03-31
被引用文献数
1

医療職者間の専門用語や隠語には外国語からの借用語,造語が多いことはよく知られる.特に,ドイツ語起源の隠語が使われることが多く,会話内容の秘密保持という点に一役買っている.しかし,頻繁に使われる隠語であっても,中には借用した語の原形をとどめていないものも多く,また,その起源がドイツ語であるとの認識がなされていない語も多く存在する.本稿では,日本における医療職者間で使われるドイツ語隠語研究の第一段階として,いくつかの隠語を取り上げ,それがどのような起源を持ち,またいかなる形で今日の日本の病院内で使われているのかを概観し,医療職者間ドイツ語隠語の特徴を造語法という点からまとめてみた.情報開示が問題になる今日の医療・看護の現場で,第三者には理解不能な語がどのような形で扱われ,また今後どのように扱われるべきなのか.このような問題意識を踏まえ,今後の研究の出発点としたい.
著者
江藤 裕之
出版者
長野県看護大学
雑誌
長野県看護大学紀要 (ISSN:13451782)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.95-99, 2002-03-31

意味的連鎖という視点からの語源研究の有効性を,healthを例に検証してみた.「健康」を意味するhealthは,「完全な」を意味する古英語halを語源とする.このhalからは,whole,hale,holy,heal,hallow等の語が派生するが,これらの語はすべてhealthと語源を同じくする同族語であり,意味的に関連する.その背景には,「完全なるもの」を崇高なものと讃える古代ゲルマン人の宗教的イメージがある.このように,語の源へと意味的に遡ることで,その語の持つ文化史的背景から,その本質的な根本イメージに触れることができ,今日的意味の奥底を理解する糸口をつかむことができる.また,言葉を手がかりに,物証の残っていない古代人の頭の中,すなわち「人間により認識されたもの」を認識し,そのイメージの世界が言葉の中に残っていることを理解する手がかりを得ることができる.
著者
竹村 英二 伊東 貴之 江藤 裕之
巻号頁・発行日
2013-04-01 (Released:2014-07-25)

平成25~26年度より鋭意推進してきた国際的学術ネットワークを基盤に学究活動を継続した結果、平成27年度においては当初の計画を上回る進展をみせた。まず特記したいのは代表者による単著の学術書(『江戸後期儒者のフィロロギー - 原典批判の諸相とその国際比較』、「業績」欄参照)の刊行である。本科研事業において代表者は、江戸中~後期の儒者の古典テクスト研究の実相についての継続的な研究を続ける一方、B.A.エルマン教授(プリンストン大学)、P.F.コーニツキー教授(ケンブリッジ大学)、江藤裕之教授(東北大学)らと文献研究の国際比較を推進、さらには史学史、歴史学研究と諸理論の関係に造詣が深い E.ドマンスカ准教授(ポツナン大学)らの知見も適宜採入しながら、文献研究の比較考察とその方法論的拡幅を目指してきたが、代表者によるこの単著、ならびに平成27年度内に上梓された3本の論文(「業績」欄参照)はこれらの知見も反映させた本科研研究の集大成である。平成27年6月19日-20日には江藤教授(研究分担者)の本務校(東北大学)にて研究会/講演会を開催、コーニツキー教授、江藤教授にご報告いただいた。8月に予定されていたプリンストン大学での国際研究会合は代表者の病気のため2017年度に延期された(「今後の研究の推進方策等」参照)が、2017年2月5日には E.ドマンスカ教授を迎えて歴史学と社会諸科学の方法との有機的接合の可能性についての講演会を代表者が研究協力者をつとめる東京大学東洋文化研究所にて開催、あわせて突っ込んだ議論のための研究集会も行なった。同年2月16日には古典テクスト研究の伝播の様相の研究の一環である中心語―周辺語関係研究の可能性、とりわけサンスクリット、漢語とその周辺語の関係に関する比較研究の可能性について、S. ポロックの研究なども引照しながらの検討会を、再度来日されたコーニツキー教授と行なった。
著者
江藤 裕之
出版者
長野県看護大学
雑誌
長野県看護大学紀要 (ISSN:13451782)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.95-99, 2002-03-31

意味的連鎖という視点からの語源研究の有効性を,healthを例に検証してみた.「健康」を意味するhealthは,「完全な」を意味する古英語halを語源とする.このhalからは,whole,hale,holy,heal,hallow等の語が派生するが,これらの語はすべてhealthと語源を同じくする同族語であり,意味的に関連する.その背景には,「完全なるもの」を崇高なものと讃える古代ゲルマン人の宗教的イメージがある.このように,語の源へと意味的に遡ることで,その語の持つ文化史的背景から,その本質的な根本イメ
著者
江藤 裕之 岸 利江子 岩崎 朗子 坂本 ちより 頭川 典子 青木 三恵子 久保田 智恵 杉浦 絹子 八尋 道子
出版者
長野県看護大学
雑誌
長野県看護大学紀要 (ISSN:13451782)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.31-39, 2002-03-31

医療職者間の専門用語や隠語には外国語からの借用語,造語が多いことはよく知られる.特に,ドイツ語起源の隠語が使われることが多く,会話内容の秘密保持という点に一役買っている.しかし,頻繁に使われる隠語であっても,中には借用した語の原形をとどめていないものも多く,また,その起源がドイツ語であるとの認識がなされていない語も多く存在する.本稿では,日本における医療職者間で使われるドイツ語隠語研究の第一段階として,いくつかの隠語を取り上げ,それがどのような起源を持ち,またいかなる形で今日の日本の病院内で使われているの
著者
松田 義幸 江藤 裕之
出版者
実践女子大学
雑誌
実践女子大学生活科学部紀要 (ISSN:13413244)
巻号頁・発行日
vol.44, pp.73-100, 2007-03-29

In the rapidly globalizing world, we are facing a heap of complicated and challenging social problems in various areas regarding family, community, environment, education, health-care, work conditions, industrial economy, politics, defense, international relations, etc. In order to examine the nature of such problems that may have originated in the traditional patriarchic social structure, the present authors pay special attention to the ancient matriarchic society preceding the patriarchy. By means of scrutinizing the matriarchic society before the patriarchic domination, focusing on the people's view of nature, world, and life expressed in their myths and languages, we will be able to have some clues to tackle and solve our problems in the modern world. From this perspective, the present authors speculate what we can and should learn from the ancient archaic society in an interpretative approach of the myths and an etymological analysis of ancient words referring to the indispensable related literature, particularly J. J. Bachofen's Mutterrecht (1861), R. Graves's The Greek Myth (1955), B. G. Walker's The Women's Encyclopedia of Myths and Sectrets (1983), E. Fromm's Love, Sexuality and Matriarchy (1994), and Yasutoshi Ueyama's Myths and Science (2001).
著者
江藤 裕之
出版者
長野県看護大学
雑誌
長野県看護大学紀要 (ISSN:13451782)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.9-17, 2003-03-31
被引用文献数
1

教養・人格形成の場としての大学教育を見直すことを目的とし,大学教養課程における一般教育の理念と実践とを考察する.まず,西洋におけるLiberal Arts教育の歴史と意味,及びその精神を現代に活かしたMortimer J. AdlerのGreat Books Seminarを概観する.そして,実践編として,今日のわが国の大学におけるLiberal Arts教育実践のために,「言語・思考・人間」というテーマでのDialogue型授業モデルプログラムを示し,1)基本テーマの設定,2)プログラム構成とテキスト選定,3)各セッションの議論テーマ,4)到達すべきIdeasについて考察を加えながら,Great Books Seminarの可能性と有効性を考える.ひとつのテーマについて複数のテキストを読み議論することで,より普遍的な問題へと到達し,目には見えないものの価値を認め,生涯にわたる学習を動機づける学習の方法論を考えてみたい.
著者
江藤 裕之
出版者
長野県看護大学
雑誌
長野県看護大学紀要 (ISSN:13451782)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.1-9, 2004

トーマス・マンの小説『ヴェニスに死す』の「死」の意味は何か.本稿では,ニーチェのギリシア悲劇論に見る「アポロ的-ディオニソス的」という象徴的対立概念を補助線として,主人公アッシェンバッハの「死」についての解釈を試みるものである.ヴェニスはアッシェンバッハを主人公とする悲劇の劇場であり,その「死」は「アポロ(理性)的日常」からの解放であり, 「ディオニソス(芸術)的世界」への再生であった.『ヴェニスに死す』に見るギリシア的耽美の世界と,本作品の主題である人間の生と芸術との運命的な関係を見ることは,合理的世界を是とする近代社会に生きる人間の苦悩を理解し,ファンタジーという精神の逃げ場の世界の重要性を考えるヒントになる.そして,ディオニソス的芸術美に殉じることで自らの生を永遠のものとしたアッシェンバッハの姿とギリシア悲劇の本質とを重ねあわせることで,芸術活動を通しての人間精神の永遠性への志向を理解することができよう.