著者
阿部 宏徳
出版者
東京成徳大学
雑誌
研究紀要 (ISSN:13403702)
巻号頁・発行日
vol.21, pp.25-33, 2014

ロールシャッハ・テストのデータベースアプリケーションはこれまで高価であり,また直感的操作を可能にするタッチパネルに対応したものは存在しなかった。本論では,スマートフォン・タブレットのオペレーションシステムとして世界で最も用いられているAndroid上で動作する新しいアプリケーションを作成,無料で公開したことを報告する。そのアプリケーションはRAPID νと名付けられ,コードチェックやExcelファイル形式によるサマリーの出力など多彩な機能を有している。
著者
王 敏
出版者
東京成徳大学
雑誌
研究紀要 (ISSN:13403702)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.41-54, 1998
著者
深谷 昌志 開原 久代 周 建中 深谷 和子 今井 和子 馬場 康宏 萩原 元昭 富山 尚子 馬場 康宏 李 珠絹 李 光衡
出版者
東京成徳大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2005

本研究は日本で見られる「育児不安」が、他の社会でも存在するのかを国際比較調査を通して明らかにするのを目的とする。調査結果によると、比較した5 地域の中で、それぞれの都市に固有の育児の問題が見られるが、日本的な意味での不安は見られなかった。そうした中で、東京の母親は親になるのをもっとも楽しみにし、献身的に子育てにあたっていた。母親として、熱心に子育てをする反動として、育児不安に陥る事例が生じる。
著者
内田 一成
出版者
東京成徳大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
1997

2方向分析モデルは、理論的には3項強化随伴性モデルを基盤にしているが、個人の行動分析-行動変容プログラムと環境分析-環境変容プログラムを同時的に用意するという点に、その独自性を求めることができる。すなわち、「個人の行動が変容すれば、その個人を取り巻く周囲の環境の変容確立も増大し、また、個人を取り巻く周囲の環境が変容すれば、個人の行動の変容確立も増大する」という両方向的な効果が期待されることから、対応困難な発達障害の強度行動傷害についての包括的な分析枠組みになり得ると考えられる。この検証のため、平成9年度から平成11年度にかけては以下の点について検討した。1.環境分析-環境変容プログラムの検討発達障害者を取り巻く施設環境の随伴性を分析し、その随伴性に対応した環境変容プログラムとして、「正の強化の適正配置」に則った4領域28項目から成るセルフ・モニターリング法を1年間にわたって組織的に導入した。その結果、本法は組織的に施設職員の処遇行動の質を有意に高めるとともに、入所者の行動に広範かつ有意な改善をもたらすことが示された。2.行動分析-行動変容プログラムの検討指導困難な強度行動障害(例:自傷行動、他傷行動、破壊行動)をもつ発達障害者12名の行動分析を行い、その随伴性に対応した個別プログラムを作成し、順次その適用ならびに追跡を行った。3.効果の測定環境変容プログラムと行動変容プログラムそれぞれの効果測定の他に、それぞれが強度行動障害に及ぼす効果も測定した。その結果、両プログラムによって12名の強度行動障害が激減し、特に12名中9名においては強度行動障害得点がゼロ・ゼロ近似水準にまで激減することが示された。このように2方向分析モデルの劇的な有効性が立証された。
著者
加地 雄一 関谷 大輝 鎌田 弥生
出版者
東京成徳大学
雑誌
研究紀要 (ISSN:13403702)
巻号頁・発行日
vol.21, pp.55-63, 2014

Sandplay is a psychotherapeutic technique in which clients freely arrange a number of small figures (or toys)in a sand box to realize their internal worlds. In this study we applied the Landscape Montage Technique(LMT) to Sandplay. In LMT, clients are requested to draw ten items (river, mountain, rice field, etc.) followinginstructions. The purpose of this study was to determine the possible effects of structuring procedures ofSandplay in accordance with LMT's instructions (we called this condition "structured Sandplay"). In order todo so, we compared normal and structured Sandplay. The results of a subjective self-rating scale of participants'emotion (PANAS) (n = 13) and the variability of heart rate (n = 6) indicated that participants were more relaxedand less afraid in structured Sandplay than in normal Sandplay. These results suggest that structured Sandplayhas clinical efficacy in the clinical setting where application of normal Sandplay is difficult.