著者
有賀 敦紀 西田 公昭
出版者
立正大学心理学研究所
雑誌
立正大学心理学研究所紀要 The journal of the Institute of Psycology, Rissho University (ISSN:13482777)
巻号頁・発行日
no.11, pp.45-49, 2013

Visually similar products with each other are recently pervasive in the marketplace. Specifically, the products that are aimed at humorously imitating the originals are called "parody products". This study examined how consumers perceive the similar products including parody products. Research I investigated participants' general impressions (visual similarity, likeability, familiarity, and so on)of the similar products, and then found a positive correlation between the visual similarity and the difference in the ratings given to the other impressions between them. In Research II, the effects of prior stimuli on likeability to the original and parody products were investigated. Then, the different modulations of likeability between the original and parody were demonstrated when the original product was repeatedly presented as prior stimuli. These results suggest that consumers establish different representations for visually similar products, and importantly that they perceive the parody and its original in a totally different manner.
著者
永井 智
出版者
立正大学心理学研究所
雑誌
立正大学心理学研究所紀要 (ISSN:13482777)
巻号頁・発行日
no.15, pp.25-31, 2017-03-21

The purpose of the present study was to examine effects of adult attachment on help-seeking stylesand effects of help-seeking styles on help-seeking adequacy. One hundred twenty-three university studentscompleted a questionnaire measuring help-seeking styles, help-seeking adequacy, help-seekinginadequacy and adult attachment. As the result of structural equation modeling, attachment anxietyshowed positive relations to excessive help seeking and avoidant help seeking. Attachment avoidanceshowed negative relations to self-directed help seeking and excessive help seeking, and positive relationsto avoidant help seeking. Moreover, excessive help seeking was positively related to help-seekinginadequacy, while self-directed help seeking and avoidant help seeking were positively related to helpseekingadequacy. 本研究では愛着が援助要請スタイルに与える影響及び、援助要請スタイルが援助要請行動の適切性に与える影響を検討した。大学生127名が質問紙に回答した。共分散構造分析の結果、不安は援助要請過剰型と援助要請回避型に正の影響を与えていた。回避は援助要請過剰型と援助要請自立型に負の、援助要請回避型に正の影響を与えていた。また援助要請過剰型は不適切な援助要請に関連し、援助要請自立型と援助要請回避型は適切な援助要請に関連を示した。
著者
山下 富美代
出版者
立正大学心理学研究所
雑誌
立正大学心理学研究所紀要 (ISSN:13482777)
巻号頁・発行日
no.4, pp.35-46, 2006-03-20

第1報の擬音語・擬態語による感性的表現を用いた印象・イメージ評価の妥当性検討に続けて、本研究では、比較的嗜好性が高く、かつ感情にも左右されやすい香り刺激を評価対象として検討した。香料刺激は飲食関連に多用されているフレーバー系の7種[オレンジ・イチゴ(リアルタイプおよびカキ氷タイプ)・メロン・ラムネ・バニラ(アイスクリンタイプ)・バナナ] を用い、これらの印象を形容詞・形容動詞、擬音語・擬態語で反応するよう、大学生男女(151名) に求め、その結果をクラスタ分析で処理し、形容詞・形容動詞との対応関係が良好な24項目を感性表現語とした。次いで、予備実験の結果、男女大学生に嗜好性の高いオレンジ、レモン、グレープフルーツ、きんもくせい、バニラの香料刺激に対して、上記感性語による評価と18対のSD 法による評価を行った(被験者;男女大学生22名)。5種の香料刺激のSD 法の結果を因子分析にかけ、活性・非活性の2因子が抽出された。また感性語による評価をクラスタ分析した結果、活性的側面と非活性的側面とのそれぞれに対応する擬音語・擬態語が見出され、感性的表現による評価法として有効なことが示唆された。
著者
鬼頭 明成
出版者
立正大学心理学研究所
雑誌
立正大学心理学研究所紀要 (ISSN:13482777)
巻号頁・発行日
no.5, pp.33-49, 2007-03-20

本来、自主的・自発的活動をうながすことを目標にして出発した特別教育活動はどのようにして今日にいたっているであろうか? 生徒にとって学校生活に大きな比重を占める部活動の文言が学習指導要領上から消え失せ、卒業式は生徒・教師の意図とは無関係に国歌斉唱が義務づけられ、座席の位置や向きまで教育委員会の指示通りに行うことを強制されている。戦前において、儀式や修学旅行・運動会・学芸会が果たした役割を顧みながら、こんにち特別活動に期待されていることが何であるかを考察したとき、教育の論理より、行政の論理であり、政治の論理・経済の論理が優先されているのではないかとも考えられる。学力問題や学級崩壊、いじめ問題など子どもたちの心のゆがみが問題になっているなかで、真の教育・特別活動のあり方について再考を促したい。
著者
浪本 勝年
出版者
立正大学心理学研究所
雑誌
立正大学心理学研究所紀要 The journal of the Institute of Psycology, Rissho University (ISSN:13482777)
巻号頁・発行日
no.12, pp.17-30, 2014

In 2009 The Democratic Party of Japan( DPJ) led by HATOYAMA Yukio, leader of the party, tookoffice after the general election of The Lower House in Japan. This meant a historic change of the centralgovernment in Japan, because over these five decades The Liberal Democratic Party of Japan(LDP) had been in office. In the field of education policy DPJ changed some of the former policy. For example families withchildren under 15 became to get child allowance. The first law provided 13,000 yen a month per childuntil graduation from junior high school. The second law effectively eliminates tuition fees at publichigh schools and provides tuition aid to students attending private high schools. Concerning this policy DPJ Noda administration got cancellation of the reservation of the clause offree education policy of International Covenants on Human Rights( 1966) on 24 September 2012. Thismeant also very significant change in education policy. As a rule of thumb, however, DPJ rapidly lost the support by the people due to the bad handling ofthe government, which lead to the change of government. Thus LDP again got office in 2012. LDP Abeadministration has started to enforce the reactionary policy especially in the fields of local educationadministration and school textbook authorization system. Such policy would undoubtedly have a negativeeffect on Japanese education.
著者
川名 好裕
出版者
立正大学心理学研究所
雑誌
立正大学心理学研究所紀要 The journal of the Institute of Psycology, Rissho University (ISSN:24322059)
巻号頁・発行日
no.14, pp.3-12, 2016

愛情関係にある男女における心理的魅力の変化を分析研究するためにインターネット調査を行った。調査参加者は、日本全国からのサンプルで968名の男性と967名の女性であった。年齢は、20歳~49歳であった。調査サンプルは、異性の相手が友人、片思い、精神的恋人、性的恋人、婚約者、配偶者の6つの交際進展段階に分類された。親密性、情熱性、性欲性、コミットメントという4つの男女を結び付ける心理的魅力について分析がなされた。これらの心理的魅力因子が性別、関係進展段階、本人の年代について比較研究がなされた。 分析の結果、以下のような知見が得られた。男性は女性より、性欲性がすべての関係段階で上回っていた。女性は、相互の愛情的関係が形成された後では、男性以上に親密性が高いことが分かった。男性は片思い段階以後のすべての段階で女性より情熱性が高いことが分かった。女性は、片思い以後、結婚以前まで情熱性は男性と同じ程度に高かった。男性は男女の関係段階の初期から性的恋人になるまで、積極的に相手の女性にアプローチすることが分かった。女性は、男女の関係段階の最後の段階の婚約、結婚段階で相手へのコミットメントが大きくなることが分かった。最後に、相互作用的要因と心理的魅力要因との関連性について今後の分析が示唆された。 Internet survey was conducted to study the changes of psychological attractions between men and women in love relationships. The survey participants were 968 males and 967 females with ages between 20~49, living in Japan. Samples were divided into 6 different stages of love relationships: friend, unrequited, platonic, love-sexual, affianced and married. The levels of psychological attractions; intimacy, passion, sexuality and commitment were investigated. To assess age and gender differences in these psychological attractions, I have compared between males and females in 20's, 30's and 40's. The results revealed that male were found to be more intensive in sexuality than females in all the stages. Females were found to be more intensive in intimacy than males after mutual loverelationships. Men tend to be more passionate in all stages especially after unrequited stage. Females are equally more passionate in love relationships before marriage. The study also suggested that men are more active in approaches in the early stages of love relationship whereas women are found to be more committed in the later stages of love relationships, especially after engagement. Finally, the association between interactions and psychological attractions were suggested.
著者
有賀 敦紀
出版者
立正大学心理学研究所
雑誌
立正大学心理学研究所紀要 The journal of the Institute of Psycology, Rissho University (ISSN:13482777)
巻号頁・発行日
no.13, pp.9-13, 2015

There have been numerous attempts to measure the effects of clothing color on the impression ofan individual, however, these studies mainly focused on the implication of results by quantifying theeffects that are driven by the relative evaluation of an observer. I argue that this is not the case in ourdaily lives. When we meet a person for the first time, the color of his/her clothing affects our firstimpression based on our absolute evaluation and not on relative evaluation. From this perspective, Ihave studied the implications of clothing colors (e.g. red, blue, black and white) on the impression ofobserver during the process of his/her absolute evaluation. In the first study, interpersonal impressionof the observer was measured against a person with a given colored clothes. 7-point scale was used tomeasure the 5 interpersonal impressions. The result showed that the clothing color did not have anysignificant effect on the observer's impression. However, in the second study where 6 people with thesame color uniform appeared in front of the observer, the effect was quite evident. From this study,we can draw a conclusion that the uniform color of a group affects the impression of the observer. Inother words, impression of a group can be controlled under specific conditions.
著者
川名 好裕
出版者
立正大学心理学研究所
雑誌
立正大学心理学研究所紀要 (ISSN:13482777)
巻号頁・発行日
no.10, pp.31-47, 2012

首都圏の大学生が授業の一部の時間を使って実験調査アンケートに参加した。分析に適した有効データ数は、男性106名、女性139名であった。アンケート調査用紙に、笑顔の有るもの、無いものの写真40種類の女性の写真のうちの1つが判定刺激写真として印刷されていた。この顔写真をみて、その外見的魅力や内面的魅力についての評定と、その写真人物との関係希望の度合い(友人希望、恋人希望) を回答させた。因子分析の結果、外見的魅力は、美的魅力、健康的魅力の2つに下位分類され、内面的魅力は、対人的魅力、社会的魅力、の2つに下位分類された。写真刺激の笑顔の有無、アンケート回答者の性別の他に、写真刺激の美しさの判定から顔の美醜を加え、三元配置の多変量分散分析を行った。多変量にあたる従属変数は、美的魅力、健康的魅力、対人的魅力、社会的魅力の4つの魅力と、友人希望と恋人希望の2つである。笑顔の有無は、美的魅力には有意な影響力をもっていなかったが、笑顔のある顔の方が笑顔の無い顔より健康的魅力があるという結果であった。また、笑顔のある方が笑顔のない方より、有意に対人的魅力があると判断されていた(p<.01)。逆に、笑顔の無い方がある方より社会的魅力があると判断されていた。しかし、笑顔の有無は友人希望や恋人希望には有意な影響力をもっていなかった。美醜判定の影響力については、醜顔の方が美顔より健康的魅力ありという結果であった。美醜判定の関係希望への影響力は、笑顔の有無の影響力より大きく、醜顔より美顔の方を圧倒的に友達希望においても恋人希望においても有意に高く評定していた。