著者
安藤 寿康
出版者
日本生理人類学会
雑誌
日本生理人類学会誌 (ISSN:13423215)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.107-112, 2017 (Released:2017-10-31)

Twin method is a traditional way to investigate genetic and environmental (shared and nonshared) influences on human behavior. The number of publicity using twin method is continuously growing recently which robustly shows substantial genetic contribution to almost any aspects of psychological individual differences. Molecular biological techniques and multivariate statistical method called structural equation modeling (SEM) provide several generalizable findings such as very small effect of each single gene, significant genetic mediation in phenotypic correlation, heritability increase in IQ from infancy to young adulthood, and socially important gene x environment interaction. Discordant identical twin method has a powerful possibility to investigate epigenetics.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[論文][行動遺伝学]
行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスか

Twitter (316 users, 327 posts, 635 favorites)

@satoharu010298 こちらです。 https://t.co/yNs55YL92K
@urwataru ごめん今回気になって初めて切り抜き元の論文読んでたんだけど全然違うこと言ってたわ。ソース確認は大事。 https://t.co/lwey8lb9cX
@EOOOxxx 特待で入れるか否かみたいな成績は遺伝の影響もだいぶあるかもしれませんし、それを有しない人もいることを考えると皆には要求できませんね。 https://t.co/inmEe26nx5
人間は社会的に成功した個体は「成功は環境や遺伝ではなく努力!」と言いたがるし、社会的に敗北した個体は「成功は環境や遺伝に大きくバインドされてる!」と言いたがるけど、とりあえず学力は双子研究において「遺伝と家庭環境で7割程度は決まる」事が示唆されてるというな https://t.co/gxVTbmO0ue https://t.co/4LF9zgQ85S
@tankoYYYHHH ごめんなさい敬語つけ忘れてました... https://t.co/ALr3dODeka
@KMNe0210 まあそう思ってられるなら健全です。素晴らしいです。 私なんかは自己嫌悪というか絶望のような感情すら抱いたりします。 ま、司法試験にかぎらず、生まれ持った要因の影響に興味あるなら下記を。 https://t.co/inmEe26nx5
[PDF] 行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスから 安藤 寿康(慶應義塾大学 文学部 教授) / https://t.co/eMqm0aKpnv
@minesoh 双子研究に関するわかりやすそうな日本語のreviewがありました。 https://t.co/kkWw26ljWW
@lagulagu30 これは初めてみました。上のツイートは何かを基につぶやいたものではないですが、今調べたらこんなレビューがありました。同様の双生児法で追跡調査したもののレビューのようですが結構違う結果になっています。他のもいろいろ見たいですね。 https://t.co/o6a9IRbpup
@mushikanai 学力の遺伝要因は今どき否定するのは困難ではありますね確かに。https://t.co/inmEe26nx5
双子研究による遺伝や家庭環境の影響の研究。 男性収入の遺伝影響は20代より40台のほうが大きいらしい。 https://t.co/V6VfF38BIe 後、10大発見の10番目面白い。 https://t.co/pJkUJiKOaa
ちなみに共有環境は家族、非共有環境は家族でも遺伝でもない独自の部分。 良かったらこちらをどうぞ。『行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスから』 https://t.co/Dr0II23UTz
@law_do_hoo 近年では遺伝による影響に関する諸研究が進展しており、「生まれ持ったもの」とそれ以外は明確に区別が困難になっていると思うのです。 決定論とか自由意志否定論を持ち出さなくても、です。一応下記の論稿を紹介しときます。(続) https://t.co/inmEe26nx5
@dameningen1gou ご指摘通り環境の影響度には疑問の余地もありません。 しかしさらに遺伝の影響も関わってきます。 おなじ親に育てられた双子でも、一卵性と二卵性では明確な差異があり、兄弟間の出来不出来にも、遺伝レベルの違いが強く影響しています。 画像は下記アドレスからの引用です。 https://t.co/dsruJK4bjB https://t.co/5bg2id5Iiq
RT 出身家庭や階級的な差別だけではなく、遺伝的な差別にもなるよなぁ。何と言っても「あらゆる行動には有意で大きな遺伝的な影響がある」(行動遺伝学の10大発見の1)から。 安藤 寿康(2017)「行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスから」『日本生理人類学会誌』 https://t.co/LhEf3EDHDo https://t.co/Aik1xzhO0w
https://t.co/BHcFc5vIpN これだけだと分かりにくいかと思うので、もうひとつ入門的なレビューを挙げておきます。 安藤寿康. (1992). 人間行動遺伝学と教育. 教育心理学研究, 40(1), 96-107. https://t.co/agmHhYlIso
@guriko_ ほいっ https://t.co/kB4wfkVsOV
@asaokitan ここでは「同環境で育った一卵性双生児でも似ない原因である独自環境」とありますね。https://t.co/67kVgfwtAt 遺伝でないもののうち、共有環境でないものということじゃないでしょうか。
J-STAGE Articles - 行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスから https://t.co/7VyqD1m7xx
@mugitaro_comics https://t.co/NPVUy3YBhI https://t.co/wDMFTYVOXKですね。 ちなみに、IQと遺伝との関係性は、双子研究によると、強い。 しかも「知能の遺伝率は発達を通じて増加する」https://t.co/s2Eq43QZD2 あなたの指摘は、新たな「社会の分断」を招く方向を向いている旨、要留意。
知能は7-8割遺伝はさすがに暴論かと…… https://t.co/V0NEuVwaMb https://t.co/04l47TaPfU
https://t.co/GjboQVnXMw
@_misao_fujimura エビデンスに関してはこちらをどうぞ https://t.co/rGoP4V4p0R
まざまな心理的形質における一卵性双生児と二卵性双生児の相関 https://t.co/sDc9wsxx5w https://t.co/rfVnpHusyY

収集済み URL リスト