著者
安藤 寿康
出版者
日本生理人類学会
雑誌
日本生理人類学会誌 (ISSN:13423215)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.107-112, 2017 (Released:2017-10-31)

Twin method is a traditional way to investigate genetic and environmental (shared and nonshared) influences on human behavior. The number of publicity using twin method is continuously growing recently which robustly shows substantial genetic contribution to almost any aspects of psychological individual differences. Molecular biological techniques and multivariate statistical method called structural equation modeling (SEM) provide several generalizable findings such as very small effect of each single gene, significant genetic mediation in phenotypic correlation, heritability increase in IQ from infancy to young adulthood, and socially important gene x environment interaction. Discordant identical twin method has a powerful possibility to investigate epigenetics.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

[論文][行動遺伝学]
行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスか

Twitter (365 users, 380 posts, 137 favorites)

J-STAGE Articles - 行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスから https://t.co/kFAHDbsrX5 遺伝と環境と才能のお話。 全く知らない分野だったので非常に興味深かった。
@v1l1v だいたい遺伝と運らしいです。 https://t.co/jKxeoI2zb8
ここに記載されてる連立方程式の解き方だと、数学の才能が「遺伝x=1.72,共有環境y=-0.83」とかになっちゃうんだがどう理解すればよいの。 https://t.co/V6VfF2R0QG https://t.co/goUxrTPFo1
行動遺伝学のふたご研究みたいに「知能の遺伝率は0.6」とか分かればいいけど。 https://t.co/jKxeoI2zb8
某所で拾った画像と画像検索で現れたネタ元の記事https://t.co/vPj9XUN17u、その中で見つけた「安藤寿康」という名前で検索して釣ったPDFページhttps://t.co/h0cHnoh6A4。 https://t.co/ab48svIpMl
@Kagakutokusotai @SGdatasc 生き別れの双子を調べると家庭環境と習慣はそこまで相関せず遺伝できまる事がわかってます。本を読んでなかった親が教育のために突然読み出しても子供への影響は少ないと考えられます。極論を言えば親が子供のためにできる事はパートナー選びだけです。 https://t.co/CApPsKJj0p
https://t.co/j71DFbyHg7 行動遺伝学によるとあらゆる行動には有意で大きな遺伝的影響がある。どんな形質も100%遺伝的ではない。知能の遺伝率は発達を通じて増加する。... 異常は正常である。だそう。社会学って環境が全て決めるだったような気がするが、めちゃめちゃ矛盾するなぁ。
@blue_standard1 ちなみに今更補足やがこの安藤さんの論文見るとこの割合は図のように一卵性と二卵性の双生児の該当項目の試験における相関係数を足し引きして計算されているので一応差が出ているよねというお気持ちとしてはともかく値としては眉唾。 https://t.co/Qp6CurJX07 https://t.co/TpBn784WsJ
【真面目コーナー】 行動遺伝学で調べるとよく名前を見る慶応の安藤さんという方の解説論文を見ると,行動遺伝学的には「心理的身体的な特徴は大いに遺伝の影響を受ける」とある。 ざっくりいうと一卵性の双子のほうが二卵性よりも相関が高いからだそうな。 https://t.co/Qp6CurJX07 https://t.co/zW5L1mfjnA
@honzuki_mama 私が見つけたのはこちらですが、何を持ってスポーツなのかは書いてないです。スポーツと一言で言っても、短距離走は得意だけど泳げない…みたいな人もいるので不思議ですね。 確かに捉え方によっては嫌われやすい分野かもしれないですね
面白い https://t.co/nKZHnRpuSF
@NewRizen この手の研究は海外でも多くありますが 一応数値の算出方法などは こちらなどを参考にしてみて下さい。 https://t.co/H9blOESHp1
@komabitohakuri 正確に記すのであれば、性格は30〜50%、知能は60〜80%とする説もありますが、環境が特定の遺伝子を活性化させるエピジェネティックな影響を考慮するなら実際にはもう少し上であると推測できます。 https://t.co/4e1QrUlOj7 https://t.co/dZm4JLzbPH
@dbk_huuka 私が記憶している資料は先日購入した発達心理学の書籍ですので別の研究かもしれないのですが、こちらの論文が遺伝と環境のそれぞれが与える影響についてとても詳しくまとまっています。 知能は年齢を重ねるごとに遺伝的要因が強まるという意外な結果を示しています。 https://t.co/290TeYEy3S
@JeyEnglish 遺伝のせい、もあるのでは。いくら教育しても人間がコウモリじゃない以上飛べないのと同じで。https://t.co/inmEe26nx5
学術的文献にあたったほうがいいんじゃない? 双子研究の総説 https://t.co/nMgdChjz5n  いろいろデータあるけど、逆に言えば遺伝的要因以外は環境で決まるんですよ。売春等望ましくないとされる性行動の半分が遺伝とすれば、半分は経済や社会規範とかの環境要因で決まるんですよ。 https://t.co/rK9rG45Cf6
家庭環境ってその子の性格にはあんまり影響しないんかな? こういう研究も面白いですよね。 https://t.co/0rNBb8oHW6
@satoharu010298 こちらです。 https://t.co/yNs55YL92K
@urwataru ごめん今回気になって初めて切り抜き元の論文読んでたんだけど全然違うこと言ってたわ。ソース確認は大事。 https://t.co/lwey8lb9cX
@EOOOxxx 特待で入れるか否かみたいな成績は遺伝の影響もだいぶあるかもしれませんし、それを有しない人もいることを考えると皆には要求できませんね。 https://t.co/inmEe26nx5
人間は社会的に成功した個体は「成功は環境や遺伝ではなく努力!」と言いたがるし、社会的に敗北した個体は「成功は環境や遺伝に大きくバインドされてる!」と言いたがるけど、とりあえず学力は双子研究において「遺伝と家庭環境で7割程度は決まる」事が示唆されてるというな https://t.co/gxVTbmO0ue https://t.co/4LF9zgQ85S
@tankoYYYHHH ごめんなさい敬語つけ忘れてました... https://t.co/ALr3dODeka
@KMNe0210 まあそう思ってられるなら健全です。素晴らしいです。 私なんかは自己嫌悪というか絶望のような感情すら抱いたりします。 ま、司法試験にかぎらず、生まれ持った要因の影響に興味あるなら下記を。 https://t.co/inmEe26nx5
[PDF] 行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスから 安藤 寿康(慶應義塾大学 文学部 教授) / https://t.co/eMqm0aKpnv
@minesoh 双子研究に関するわかりやすそうな日本語のreviewがありました。 https://t.co/kkWw26ljWW
@lagulagu30 これは初めてみました。上のツイートは何かを基につぶやいたものではないですが、今調べたらこんなレビューがありました。同様の双生児法で追跡調査したもののレビューのようですが結構違う結果になっています。他のもいろいろ見たいですね。 https://t.co/o6a9IRbpup
@mushikanai 学力の遺伝要因は今どき否定するのは困難ではありますね確かに。https://t.co/inmEe26nx5
双子研究による遺伝や家庭環境の影響の研究。 男性収入の遺伝影響は20代より40台のほうが大きいらしい。 https://t.co/V6VfF38BIe 後、10大発見の10番目面白い。 https://t.co/pJkUJiKOaa
ちなみに共有環境は家族、非共有環境は家族でも遺伝でもない独自の部分。 良かったらこちらをどうぞ。『行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスから』 https://t.co/Dr0II23UTz
@law_do_hoo 近年では遺伝による影響に関する諸研究が進展しており、「生まれ持ったもの」とそれ以外は明確に区別が困難になっていると思うのです。 決定論とか自由意志否定論を持ち出さなくても、です。一応下記の論稿を紹介しときます。(続) https://t.co/inmEe26nx5
@dameningen1gou ご指摘通り環境の影響度には疑問の余地もありません。 しかしさらに遺伝の影響も関わってきます。 おなじ親に育てられた双子でも、一卵性と二卵性では明確な差異があり、兄弟間の出来不出来にも、遺伝レベルの違いが強く影響しています。 画像は下記アドレスからの引用です。 https://t.co/dsruJK4bjB https://t.co/5bg2id5Iiq
RT 出身家庭や階級的な差別だけではなく、遺伝的な差別にもなるよなぁ。何と言っても「あらゆる行動には有意で大きな遺伝的な影響がある」(行動遺伝学の10大発見の1)から。 安藤 寿康(2017)「行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスから」『日本生理人類学会誌』 https://t.co/LhEf3EDHDo https://t.co/Aik1xzhO0w
https://t.co/BHcFc5vIpN これだけだと分かりにくいかと思うので、もうひとつ入門的なレビューを挙げておきます。 安藤寿康. (1992). 人間行動遺伝学と教育. 教育心理学研究, 40(1), 96-107. https://t.co/agmHhYlIso
@guriko_ ほいっ https://t.co/kB4wfkVsOV
@asaokitan ここでは「同環境で育った一卵性双生児でも似ない原因である独自環境」とありますね。https://t.co/67kVgfwtAt 遺伝でないもののうち、共有環境でないものということじゃないでしょうか。
J-STAGE Articles - 行動の遺伝学-ふたご研究のエビデンスから https://t.co/7VyqD1m7xx
@mugitaro_comics https://t.co/NPVUy3YBhI https://t.co/wDMFTYVOXKですね。 ちなみに、IQと遺伝との関係性は、双子研究によると、強い。 しかも「知能の遺伝率は発達を通じて増加する」https://t.co/s2Eq43QZD2 あなたの指摘は、新たな「社会の分断」を招く方向を向いている旨、要留意。
知能は7-8割遺伝はさすがに暴論かと…… https://t.co/V0NEuVwaMb https://t.co/04l47TaPfU
https://t.co/GjboQVnXMw
@_misao_fujimura エビデンスに関してはこちらをどうぞ https://t.co/rGoP4V4p0R
まざまな心理的形質における一卵性双生児と二卵性双生児の相関 https://t.co/sDc9wsxx5w https://t.co/rfVnpHusyY

収集済み URL リスト