田口善弘 (@Yh_Taguchi)

投稿一覧(最新100件)

赤穂先生が2013年に書かれた J-STAGE Articles - 正準相関分析入門 https://t.co/bxH8oz8NFj には、SN比がノイズリッチな場合、主成分分析ではシグナルが取り出せないが、正準相関分析ではシグ… https://t.co/SdD8z2CurN
「沖縄における住宅構造材の歴史的変遷に関する一考察」 https://t.co/VjlK5qNWhF 「台風に強い住宅を渇望する住民が積極的にコンクリート造を選んだ」が、近年は「木造でも十分な技術的台風対策が可能になり」だそうです… https://t.co/lyggB3wcM5
J-STAGE Articles - 香港の「通識教育科」の形成過程と雨傘運動 https://t.co/REkOBfMkqa 「植民地時代から香港人は総じて“政治無関心”と称されていた」 これを変えて今の状況を作ったのが「通識科… https://t.co/atrY1R3by0
RT @bonohu: 夜遅い時間からですが「bioRxivとは何か?」で話します。 [RE-1] 研究倫理委員会企画・研究倫理フォーラム 「研究成果発表のあるべき姿:オープンサイエンス推進の潮流」 2019年12月3日(火) 18:30 〜 20:00 第12会場 (福岡国際…
https://t.co/Ny2PTUMCwj 本日、ポスター0632 https://t.co/EIyOOpw7KP… https://t.co/yzpjLzmgit
来週は3学会で四回講演(含むポスター)します。 https://t.co/NUV19lTIeP https://t.co/Ny2PTV4dnR https://t.co/lyk4SXp0c0… https://t.co/xwPhk1FDzW
来週は3学会で四回講演(含むポスター)します。 https://t.co/NUV19lTIeP https://t.co/Ny2PTV4dnR https://t.co/lyk4SXp0c0… https://t.co/xwPhk1FDzW
RT @iwasakiw: 日本微生物生態学会誌に、「微生物生態学にとってバイオインフォマティクスとは何か?」と題した随筆を寄稿させていただきました。 https://t.co/pFioSY34TP
https://t.co/0RvNjsqnxL 僕はそんなに貢献してないのですが、東工大の小長谷先生とBharataさんとの共著論文が出ました。がんのポジティブフィードバックループに普遍性がみられるのでは?という論文です。
RT @h_shimazaki: 【拡散希望】昨年の神経回路学会誌9月号「自由エネルギー原理入門」のPDFがオープンになりました. https://t.co/jfeMMY7xzK イントロダクション 特集「自由エネルギー原理入門」 https://t.co/HnSy1MEk5…
RT @TakeuchiLabJP: 新規の新学術領域「情報物理学でひもとく生命の秩序と設計原理」(領域代表:岡田康志)が発足しました! https://t.co/HtSzV2do7c 竹内および竹内研は、計画研究C02班として参画しています。
繰り上げ当選した公募研究、もうネットにあがっていた。 テンソル分解を用いた教師無し学習による変数選択法のヒストン修飾解析への応用 https://t.co/UO6Q6a2WtQ 対応、早っ。 研究期間が本当に6/28からになっていて笑った。 繰り上げ当選なのがバレバレ。
https://t.co/oLkvxaDXZ6 「テキストタッチが読みに与える影響:タブレット端末の利用がアクティブリーディングにもたらす影響の分析」 紙の校正はタブレットより17%誤り検出率が高い/紙を手で「なぞる」行為が重要。… https://t.co/8oCDPTugNX
RT @yuifu: ハンセン病に偏見がなかったという渋沢栄一がらい予防法成立に果たしてしまった役割を考えると、新しい時代を作り出せるパワフルな人物の周辺にはバランス感覚を持った科学者が必要なのだと思いました https://t.co/2NymqGr8HJ
CiNii 論文 -  21JPSB-25 凸レンズによる心霊写真の再現と"副実像"の公式化への挑戦(ポスター発表,日本物理学会第12回Jr.セッション) https://t.co/hjJIjD9Y7L #CiNii

128 0 0 0 OA 授業の後で

https://t.co/qBq90Q1IpH 日本神経回路学会誌 2018年1号 巻頭言 樺島祥介 東工大情報理工学員教授 「若い皆さん、社会の役に立とうという考えは一旦、やめにしませんか?代わりに何か面白いことをしようと意識し… https://t.co/0gCV0SMoAx
RT @m_sekijima: 武田薬品工業株式会社との共同研究で、過去のリード最適化のプロジェクトのデータを学習することで別のプロジェクトの最適化を予測できるか、という論文を書きました。この時は、ECFPを用いました。 / Predicting Strategies for…
Tensor-train分解アルゴリズムによる薬物応答遺伝子発現データからの創薬 https://t.co/kdfWfLlovZ
第41回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜)でポスター発表します。 「テンソル分解を用いた教師無し学習による変数選択法のバイオインフォマティクスへの応用」 https://t.co/s1ybFUR27f 2018年11月29日(… https://t.co/RJrMZtFvy1
RT @maskot1977: 漢方薬リポジショニング: ビッグデータと機械学習による漢方薬の効能予測 https://t.co/PNi67wt9eM

2 0 0 0 OA 3つの法則

https://t.co/U2BUvamQKN 「三つの法則」 今の大学に移動して、二年目に大学の物理教育誌に寄稿した文章です。かなり、辛辣な内容ですが今読んでも違和感はないです。人ってそんなに進歩しないんですね。
こちらの方に詳細は記載されていると思います(残念ながら有料記事ですが) https://t.co/a4XXDQGLWk 教育実践 久留米工業大学における初年次物理基礎教育 酒見 龍裕, 野田 常雄, 江藤 徹二郎, 中村 文彦,… https://t.co/xaDGsBHJBE
RT @kerotto: 中国の国家プロジェクトに海外ハイレベル人材を招致する「千人計画」があります。その中でも40歳以下の若手を対象にしているのが「青年千人計画」です。国策ですから同様な待遇で優秀な研究者を招致している大学・研究機関はいくつもあります。※リンク先は千人計画につ…
入試ミスの阪大、音叉の振動はAとBのモードあるのに…:朝日新聞デジタル https://t.co/ighzPBG6hl この説明はNGっぽい。 https://t.co/yv3i9BYbkH によればそもそもA、Bモードは振動数(… https://t.co/pbT99EzMwC
オーラル落とされてポスターで情けないですが。 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)/テンソル分解を用いた教師なし学習による変数選択のバイオインフォマティクスへの応用… https://t.co/vTu08gJeKu
RT @m_sekijima: カズオ イシグロ氏の御父上は、石黒鎮雄氏という「エレクトロニクスによる海の波の記録ならびに解析方法」という題目で理学博士号を東京大学から取得した研究者で、気象研究所、長崎県気象台を経て渡英されたそうです。 https://t.co/Bkp7xLY…
Mixed Realityの実演すごい。 Mixed Realityによる創薬支援システムの開発と応用 坂本 亘, 関嶋 政和 https://t.co/9lS5q1TAwf
@hamada_lab 浜田研の松谷さん、これで卒研レベルとは末恐ろしい。 トピックモデルを用いたがんゲノムの変異シグネチャー解析 松谷 太郎 , 宇恵野 雄貴 , 福永 津嵩 , 浜田 道昭 https://t.co/W7nFY3AAIq 発表はこれより先に進んでいた...
NGS現場の会 第五回研究会/お花見メタゲノム プロジェクト結果報告 https://t.co/VCM7oPGb3h これでいい? https://t.co/h7tyTdcYpl
RT @fukunagaTsu: 日本画像学会誌に寄稿しました「バイオイメージインフォマティクスにおける機械学習技術の活用」が出版されました。 https://t.co/ax6RIysZuJ
第39回日本分子生物学会年会/DDBJデータ解析チャレンジ報告:機械学習コンペティションのタスク設計とルール設定 https://t.co/mHLn6vX0nt
性懲りもなく分生でもポスターやります(笑)。 第39回日本分子生物学会年会/主成分分析を用いた教師なし学習による変数選択のマルチオミックスデータ解析への応用 https://t.co/BwP1YOOEe3
RT @Perfect_Insider: KT転移は、高橋和孝さんの「相転移・臨界現象とくりこみ群」の講義ノートがわかりやすいのだが、今は出版準備中でオンラインにない。他はこの修士論文のレビューパートかhttps://t.co/iZvnHwLxUA
jstageの論文、 https://t.co/jtJQ9MJoiH English/Japanseっていうタグがあるけど、ここを切り替えても何も変わらないことが多い。 例えば論文種別がジャーナルからJournalになったりとか。 元々のなんの機能だったんだろう。
RT @m_hama: 生物物理に寄稿した総説「長鎖ノンコーディングRNAのためのバイオインフォマティクス」が出版されました。東大の岩切さんとの共著です。 https://t.co/9TvDeeXWnE
RT @iwasakiw: 総説「微生物生態学におけるメタゲノミクス、バイオインフォマティクス:現状と展望」が出版になりました(リンク先PDF)。 https://t.co/E2vEiZWhzC
RT @nobuchiko: 論文が公開されました. "Specificity of broad protein interaction surfaces for proteins with multiple binding partners.” https://t.co/i6…
RT @tonets: というわけで,内古閑さんとの共同研究の論文がBPPB誌より出ました. Specificity of broad protein interaction surfaces for proteins... https://t.co/9mYNwgVdtN
https://t.co/yHPoKqe6Y4 PLOS ONEのこれまで,いま,この先
RT @tonets: 記事が出ました. 根岸 瑠美,大上 雅史:そもそも「ポスドク問題」ってなんだろう?男女共同参画・若手支援シンポジウム報告.生物物理 Vol. 56 (2016) No. 2 https://t.co/OBMZLFfrgG
今日も卒研生と「田口さん、いつから物理やめたんですか?」「いや、僕は物理だと思ってやっているけど誰も認めてくれないだけだよ」みたいなやり取りがあったけど、こういうのが増えてくれば変わっていくのかな。 水の計算物理学とデータマイニング https://t.co/gtZ0ZbUfEl
https://t.co/Zue2PjztjW の中ではGDP比を使って「日本の研究開発費はトップクラス」と言っているが恣意的なグラフの選択。グラフの出所である科学技術指標2015 https://t.co/sA6ywVS645 を見ると逆の印象の図もある(例えばP13図Cなど)
RT @maskot1977: 久しぶりに日本語の論文が出たので宣伝 https://t.co/7VGyM6tuwL
昨日のCiN細胞の原論文は http://t.co/ciTJecije2 エディトリアル https://t.co/3NtTqldOx5 では取り上げられているものの、大学のプレスリリースもないみたいだしこのまま埋もれちゃったら「やっぱり高IFは必須」みたいになってしまいそう。
昨日のCiN細胞の原論文は http://t.co/ciTJecije2 エディトリアル https://t.co/3NtTqldOx5 では取り上げられているものの、大学のプレスリリースもないみたいだしこのまま埋もれちゃったら「やっぱり高IFは必須」みたいになってしまいそう。
PLOS ONEのこれまで,いま,この先  https://t.co/jaPrV5BLr5
これはこの前出した論文 http://t.co/dafSOoePin 関連なんだな。T3SSも流行ってはいるのか。知らなかった。せっかくだからこっちも進めていきたいな。
逆にこっち http://t.co/dafSOoePin は方法論的な題名をつけていたのに生物オリエンテッドな題名に変えることを余儀なくされた。一般にバイオインフォだと新しい方法で新しい結果を出す論文を書くと「どっちかにしろ」と言われやすい。物理だと当たり前なんだけど...。
Bacterial Type III Secretion System Effector Proteins are Distinct between Plant Symbiotic,... http://t.co/PKIvNV6P4s
IPSJ Transactions on Bioinformatics http://t.co/fC4NBtWWnY は今回投稿して 1)ASTPにアブスト収録 http://t.co/He51ADHe1H 2)IMTに再録 http://t.co/MqPKmjWcFD (続)
RT @Historyoflife: 小保方さんの博士論文概要がありました。体内にある幹細胞の研究ということかな。まだ「変身」はやっていないようだ。 http://t.co/J7WlWFGJc0
DNAバーコーディングに関連した論文(?)も昔、ちょっとは書いたんだよなあ(まったく引用はされてはいない(笑))http://t.co/WuJdBEwhpg
次も院生(28)Protein Subcellular Location Prediction Using Principal Component Analysis D Nogami,Y Nakano,Y-H. Taguchi http://t.co/MeFhTaiyel
次はうちの院生です(27)Distinction of Type 2 diabetes using PCA, miRNA as features Shodai Katsukawa,Y-H. Taguchi http://t.co/4JLS0NyHJA
(26)スパイクデータ解析のためのグラフ構造モデリング 樋口 翔,野田 淳史,曰野 英逸,村田 昇 http://t.co/1XINVQejnk
(25)ニューラルネットによるパターン分類におけるパターンコーディングの効果 丹野 智博,堀江 和正,小林 高彰,森田 昌彦 http://t.co/nwDzEjETtl
http://t.co/FPmgVnrlx5 てんかんの論文はこれ。ホジキンハクスレーの温度依存性だけで、実験にあう結果が出せた、ということが肝らしい。
(15)結合自由エネルギー計算を用いた薬物クリアランス経路予測の改善 齊藤 有紀,石田 貴士,関嶋 政和,秋山 泰 http://t.co/g1K8SVrRXs
(14)データベースの部分文字列クラスタリングによるアミノ酸配列相同性検索の高速化 鈴木 脩司,石田 貴士,秋山 泰 http://t.co/bnQYQTBYRO
(13)GPGPUによるタンパク質タンデム質量分析の高速化 小幡 康文,石田 貴士,夏目 徹,秋山 泰 http://t.co/zjqNkXEFvp
(12)NegFinder: AWeb Service for Identifying Negation Signals and Their Scopes K Fujikawa,K Seki,K Uehara http://t.co/TzREqolNCI
(11)SVMによるGタンパク共役受容体と化学化合物の相互作用予測 大野 亮仁,藤 博幸,山名 早人 http://t.co/FIhNxlhRqc
次、自分。(10)Discrimination of symbiotic/parasitic bacterial type III ... Y Nakano,M Iwadate,H Umeyama,Y-H. Taguchi http://t.co/JYSooCbMTQ
SIGBIO342日目 (9) 動力学的因果モデリングにおける神経スパイク交差コレログラム解析について 大羽 成征,中江 健,吉本 潤一郎 http://t.co/o0vEfocyI8
(7) 遮蔽輪郭における多重解像度曲率情報に基づく一般物体認識手法 松田 雄馬,小川 雅嗣,矢野 雅文 http://t.co/X1vLevG35N
こっからはNC研究会のターンなのでしばらくバイオとは無関係です。6) 埋め込み型皮質脳波・NIRS複合脳活動計測フレキシブルプローブの設計と試作 木村 学人,山川 俊貴,井上 貴雄,藤井 正美,鈴木 倫保,庭山 雅嗣 http://t.co/GJXaCdK2EM
(5) Elucidating soil microbial communities in agricultural soils Y. Suzuki,K. Yokoyama,N. Sakuramoto Y-H. Taguchi http://t.co/vwAuwFU6MK
(4) 機能局在を考慮したL1正則化ロジスティック回帰法によるfMRIデータ解析 吉田 光佑,清水 優,吉本 潤一郎,土岐 茂,高村 真広,岡本 泰昌,山脇 成人,銅谷 賢治 http://t.co/8NZwNYKETI
(3) 医薬品の構造式を起点としたADME予測モデルの構築 川島 悠一,權 娟大,宮崎 智 http://t.co/xbI7OqcV0N
(2) 情報科学的手法によるnon-coding RNAの遺伝子発現制御の解析 林 知里,權 娟大,宮崎 智 http://t.co/xrGZ8TieR4 面白そう。
SIGBIOなう。 (1) Sparse k-mer graphアルゴリズムの評価とVelvetへの実装    吉川 舜亮,石田 貴士,関嶋 政和,秋山 泰 http://t.co/AjxcXzHPB8 ショートリードのアッセンブリ。K-merにしてからアセンブリ
こういうものを公開されちゃうようになると私大も研究も頑張らないとね。それにしてもQ値(「よい」論文の「割合」)だと旧帝大もMARCHも大差はないんだね、案外。 http://t.co/4bzggA59 http://t.co/jKS4HJAh
こういうものを公開されちゃうようになると私大も研究も頑張らないとね。それにしてもQ値(「よい」論文の「割合」)だと旧帝大もMARCHも大差はないんだね、案外。 http://t.co/4bzggA59 http://t.co/jKS4HJAh
http://t.co/cHQgusIc これはSIGBIOで話したネタ http://t.co/076AYntQ と関係ありそうかな。
SIGBIO 最後の発表:時系列発現プロファイルのための遺伝子機能グループ解析手法 http://t.co/44DhX0f0
午後2の発表 ハッシュテーブルの分割による<i>de novo</i>アセンブリの改良 http://t.co/9KgsNEiO
午後1の発表; Suffix arrayを用いた高速な配列相同性検索の改良とエピゲノムへの対応 http://t.co/WSxsKipz
午前最後の発表 http://t.co/xQJFPjpz 多値論理を用いた生体ネットワークシステムのモデル検査
午前後半セッションその1:近隣剪定法:進化系統樹を利用した配列リサンプリングアルゴリズム http://t.co/3RiRiZoD
午前の発表5番目:簡易疎水性相互作用モデルによるタンパク質間ドッキング予測の高精度化 http://t.co/jDZ605Md
午前4番目 タンパク質ドッキング予測における実空間での効率的な評価スコア計算方法の研究 http://t.co/4p1Dl1Bc
午前3番目 http://t.co/UetfflYs タンパク質間ドッキング予測における目的関数の機械学習を用いた動的調整
その2 Analysis of single cell gene expression of mESC and MEF by NGS http://t.co/Vq7DFAmH
その1 Individual difference of promoter methylation patterns in human brain tissue http://t.co/076AYntQ
招待講演 http://t.co/FooO6uI4 PllysioDesignerを用いた神経系を含む生体生理機能の多階層モデリングならびにシミュレーション (招待講演なのに3頁とはいえレジメがあるのが素晴らしい!)
次の講演 http://t.co/LOtgYdSb 複数の分類器に基づく半教師あり学習を用いた文献からの蛋白質間相互作用抽出
次の講演。大川先生のところの学生さん。 http://t.co/svgsH0nw 3次元画像特徴量を用いた蛋白質分子表面比較
次の講演 : A Method for Isoform Prediction from RNA-Seq Data by Iterative Mapping http://t.co/cV2QLYS0
今週のSIGBIOで発表する内容が公開されたので一応リンク。 http://t.co/LsHawwT8 http://t.co/lWt0tmsr http://t.co/xQk4JhHx http://t.co/4sbzJWaU
今週のSIGBIOで発表する内容が公開されたので一応リンク。 http://t.co/LsHawwT8 http://t.co/lWt0tmsr http://t.co/xQk4JhHx http://t.co/4sbzJWaU
今週のSIGBIOで発表する内容が公開されたので一応リンク。 http://t.co/LsHawwT8 http://t.co/lWt0tmsr http://t.co/xQk4JhHx http://t.co/4sbzJWaU
今週のSIGBIOで発表する内容が公開されたので一応リンク。 http://t.co/LsHawwT8 http://t.co/lWt0tmsr http://t.co/xQk4JhHx http://t.co/4sbzJWaU
http://t.co/FVYD2m85 大野さんはかつて「生物系の学者と非生物系、特に数理側の専門家とが協働出来るよう努力することは二十一世紀の自然科学全体のためにも大事なことではないだろうか」と書いた。僕は今生物の人と研究はしているわけだけど、ちゃんと役目を果たせているかな?
来週のSIGBIO26 http://t.co/6payFGe での我々の発表がCiNiiに登録されました。 http://t.co/ApHW81O

お気に入り一覧(最新100件)

@sumomodane 興味深いです。 「広告苦情の類型化と広告表現の許容範囲に関する実証的研究」 https://t.co/67PxmQfKGg
論文がパブリッシュされました。 A Fully-Connected Ising Model Embedding Method and Its Evaluation for CMOS Annealing Machines https://t.co/jB3VFFKmLd
ちなみに、machine learning lead optimization をググると最初に出るのは、多分僕たちの論文です。 https://t.co/1vBUJfG5NV 武田の実際のリード最適化のプロジェクトのフィンガープ… https://t.co/dcMzFr66D8
ハンセン病に偏見がなかったという渋沢栄一がらい予防法成立に果たしてしまった役割を考えると、新しい時代を作り出せるパワフルな人物の周辺にはバランス感覚を持った科学者が必要なのだと思いました https://t.co/2NymqGr8HJ
某つかひさ先生のご依頼で生物物理学会の会誌にエッセーを執筆させていただきました。中国でのコアファシリティ―や大学院生へのサポートの充実度など制度的なことも書いてあります。「中国でラボをはじめるということ」 https://t.co/9u52OUMpKE
カズオ イシグロ氏の御父上は、石黒鎮雄氏という「エレクトロニクスによる海の波の記録ならびに解析方法」という題目で理学博士号を東京大学から取得した研究者で、気象研究所、長崎県気象台を経て渡英されたそうです。 https://t.co/Bkp7xLY0hU

フォロー(2442ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

面白く勉強になった。 → 遠山日出也: 中国の公共交通機関における性暴力反対運動と女性専用車両 ――香港・台湾・日本との初歩的比較も――, 日本女性学研究会女性学年報第39号, 2018年12月. https://t.co/UumMItLZB0
RT @ogugeo: 今日は阪神・淡路大震災の発生から25年。当時被災地で多数の地理学者や学生が瓦礫の分布等を調査した成果を迅速にまとめた日本地理学会の機関誌の論文。 https://t.co/L7AnTquqza この種の活動が政府による「地理情報システム(GIS)関係省庁…
RT @Koba22dhalo: J-STAGE Articles - 混濁大気の光学的特性 https://t.co/eVUGvblZF3 エアロゾルの粒径分布もほとんどの領域でPower-lawなのか
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の記事で閲覧フリーのものをまとめました。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/LUoVumQB59 大学メシからみえてくる中国の大学の強み(JST) https://t.co/kmM…
RT @zokkon: @BB45_Colorado 「条約優位説」は昔からありました。50年代ごろまでは有力だったようです。僕が学部生だった80年代後半にも学説の一つとして教わりました。現在では憲法優位説が通説と考えられているようですね。 (PDF) https://t.co…
RT @Libra_Critical: 子供に対する深刻な人権侵害が行われているということなんですよね。 「現在福島県で起こっている事象はがん診療の転換期に起こった子供のがんの大規模な過剰診断として医学の歴史に残るものである。」 高野 徹「福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発…
RT @marineco_mie: 2018年の勢水丸研究航海を三重大研究科紀要にまとめた『紀伊水道南方海域および熊野灘の深海底生動物相』が公開されました。本航海では本邦4例目の珍無腸動物門の一種や端脚類の新種など11動物門が確認されました。以下からダウンロードできます。htt…
RT @oikawamaru: 生きたまま凍ってるハイイロゲンゴロウ君ですが、色々な病気を媒介する蚊の幼虫ボウフラに対する最強レベルのハンターなのです。大庭さんの総説に「ハイイロゲンゴロウの雌は、24時間で200頭以上のボウフラを捕食するほどの極めて高い捕食能力を有し」とありま…
RT @shunsukekosaka: CiNii 論文 -  ローマ期ティレニア海沿岸の港湾インフラの発達と海上輸送費の低下 https://t.co/Ep7MBaaPKB #CiNii
RT @marineco_mie: 2018年の勢水丸研究航海を三重大研究科紀要にまとめた『紀伊水道南方海域および熊野灘の深海底生動物相』が公開されました。本航海では本邦4例目の珍無腸動物門の一種や端脚類の新種など11動物門が確認されました。以下からダウンロードできます。htt…
RT @MasakiHoso: 去年出版された和文が公開されていました。特集「種の境界:進化学と生態学、分子遺伝学から種分化に迫る」に寄せたコメントです: 「普遍のなかの特殊、特殊のなかの普遍」 日本生態学会誌 69(3): 191–192. https://t.co/WEa…
RT @ShaneMatsuo: 今日発行された情報処理学会誌で、2つほど記事を書かせていただきました。そのうちの1つ。 5分で分かる ! ? 有名論文ナナメ読み:Satoshi Nakamoto : Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic C…
RT @ShaneMatsuo: 今日発行された情報処理学会誌で、2つほど記事を書かせていただきました。そのうちの1つ。 5分で分かる ! ? 有名論文ナナメ読み:Satoshi Nakamoto : Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic C…
オゾンによるイネの収量および品質低下メカニズムの解明 https://t.co/kpUzGiRex9 #maskotlib
キサントフモールの Porphyromonas gingivalis に対する効果 https://t.co/XQtUqv8oX2 #maskotlib
RT @langstat: 土山玄 (2018). 「夏目漱石の小説における文語表現について」 https://t.co/J7GX4bYZS4 学生が引用するテキストマイニング系の論文の大半は元々読んでいる文献なんだけど、ときどき読み漏らしているものがある。たとえば、これとか。…
RT @komazawa_geo: (続き) 【テレビ】 紹介された論文は次。ネットで公開されています。 牛垣雄矢・木谷隆太郎・内藤 亮 2015. 東京都千代田区秋葉原地区における商業集積の特徴と変化─2006年と2013年の現地調査結果を基に─. E-journal GE…
@davs_no_nikki https://t.co/OyDVckFZf2 6.2% https://t.co/fXwsciVEes
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @BForethought: 嗜銀顆粒性認知症とは何ぞやと思ったら、タウオパチーの一種で、大脳にリン酸化タウからなる嗜銀顆粒が蓄積し、神経変性を来たし認知機能低下を来たすらしい。嗜銀顆粒は迂回回・扁桃核に始まり、側頭葉内側、前頭葉へ広がる。前脳基底部・帯状回へ広がると高率…
RT @asarin: J-STAGE Articles - 日本における情緒不安定性の増加 https://t.co/hKJr6yqY2A #犬会
RT @metatetsu: 人口減少時代で人口密度が低下すると、下水道維持コスパが一気に悪化するそう。今のうちに浄化槽方式への移行を見据えた技術開発や効率的な運営研究をするべきとしている [PDF]人口減少時代の下水道整備 ~浄化槽活用について - 北海道大学 https:…
RT @kenzakaiG: 場所と地名の認知の研究は興味深い。 日本で言う北海道・青森・鹿児島・沖縄のような「はしっこ」の地名は覚えやすく正答率が上がる傾向にあり「ウラジオストック効果」「パースの法則」と呼ばれている CiNii 論文 -  中学生による千葉県内の地名と郷土…
鈴木均「トランプ政権の発足とイラン・米国関係の今後」『中東レビュー』2017 年 4 巻 p. 35-41 https://t.co/YVvfnJCFzC
カーブース国王といえば、サウジ・イラン間で中立を保ち、イランとの太いパイプを持った、かつ欧米に敵対的でない立場からの、米イランの仲介外交で知られる。【2011年以降のケリー国務長官による交渉過程では上述のオマーンのチャンネルが重要… https://t.co/FUug6PwgMn

フォロワー(6521ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

2681 2679 2679 2316 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…
RT @polanyaan: 中枢ニューロンにおける液性情報の受容機構 https://t.co/uTJilwDEKh

2681 2679 2679 2316 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…
面白く勉強になった。 → 遠山日出也: 中国の公共交通機関における性暴力反対運動と女性専用車両 ――香港・台湾・日本との初歩的比較も――, 日本女性学研究会女性学年報第39号, 2018年12月. https://t.co/UumMItLZB0

2681 2679 2679 2316 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…
RT @tricycler: 東中竜一郎(日本電信電話株式会社)+古川忠延(株式会社富士通研究所) 「特集「人工知能と歴史」にあたって」『人工知能』31巻6号 (2016年11月) https://t.co/RieMy3CO11 (PDF)
RT @tricycler: 東中竜一郎(日本電信電話株式会社)+古川忠延(株式会社富士通研究所) 「特集「人工知能と歴史」にあたって」『人工知能』31巻6号 (2016年11月) https://t.co/RieMy3CO11 (PDF)

2681 2679 2679 2316 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…
RT @ogugeo: 今日は阪神・淡路大震災の発生から25年。当時被災地で多数の地理学者や学生が瓦礫の分布等を調査した成果を迅速にまとめた日本地理学会の機関誌の論文。 https://t.co/L7AnTquqza この種の活動が政府による「地理情報システム(GIS)関係省庁…

2681 2679 2679 2316 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…
RT @hayano: 総説論文 福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― 高野 徹先生 https://t.co/t1UbXSOybz
RT @Koba22dhalo: J-STAGE Articles - 混濁大気の光学的特性 https://t.co/eVUGvblZF3 エアロゾルの粒径分布もほとんどの領域でPower-lawなのか
RT @Koba22dhalo: J-STAGE Articles - 混濁大気の光学的特性 https://t.co/eVUGvblZF3 エアロゾルの粒径分布もほとんどの領域でPower-lawなのか
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の記事で閲覧フリーのものをまとめました。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/LUoVumQB59 大学メシからみえてくる中国の大学の強み(JST) https://t.co/kmM…
RT @HattoriM: 私が関わった中国の科学事情の記事で閲覧フリーのものをまとめました。 中国でラボをはじめるということ(生物物理学会) https://t.co/LUoVumQB59 大学メシからみえてくる中国の大学の強み(JST) https://t.co/kmM…

2681 2679 2679 2316 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…

2681 2679 2679 2316 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…
RT @hayano: 総説論文 福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか― 高野 徹先生 https://t.co/t1UbXSOybz

2060 45 45 6 OA 大正震災志

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃん、関東大震災時の新聞記事を出して「朝鮮人暴動の証拠!」なんて得意顔するのやめて! それ、1926年発行の公式記録『大正震災志』(p270-)でとっくに否定されてるデマ記事よ! https://t.co/nPtcj7teuN h…
RT @BB45_Colorado: こういうのはあるが無関係 唐 津,東 松 浦 地 区 に お け る 疾 患 別 抗ATLA抗 体 調 査 九州大学医学部総合診療部 諸 藤 美 樹 梶 山 渉 中 島 孝 哉 野 口 晶 教 林 純 柏 木 征 三 郎 唐津赤十字病院 隅…

2681 2679 2679 2316 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…

2681 2679 2679 2316 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…
RT @zokkon: @BB45_Colorado 「条約優位説」は昔からありました。50年代ごろまでは有力だったようです。僕が学部生だった80年代後半にも学説の一つとして教わりました。現在では憲法優位説が通説と考えられているようですね。 (PDF) https://t.co…
RT @Libra_Critical: 子供に対する深刻な人権侵害が行われているということなんですよね。 「現在福島県で起こっている事象はがん診療の転換期に起こった子供のがんの大規模な過剰診断として医学の歴史に残るものである。」 高野 徹「福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発…
RT @zokkon: @BB45_Colorado 「条約優位説」は昔からありました。50年代ごろまでは有力だったようです。僕が学部生だった80年代後半にも学説の一つとして教わりました。現在では憲法優位説が通説と考えられているようですね。 (PDF) https://t.co…

2681 2679 2679 2316 OA 裸に虱なし

RT @tiyu12sai: 100年前(1920年)の本の、女性は自転車に乗るなという主張 「身体の震動が陰部に快覚を喚起して」「性欲心を増長せしめること確実」「間がな隙がな情人を漁り廻る事になる」「自転車に乗る女の素行を調べてみたまえ、淫奔の性情でない者はあるまい」http…
すでに論文まで存在することについて、隠れてああだこうだしていてもムダだね。 【JStage】Wikipedia マイニング https://t.co/ImZGETNJJw
RT @ninetailsfox63: たわみ角法の誕生とその展開 https://t.co/Dvs42n5yB3 応用力学の本邦における受容と発展って誰かまとめてたっけ。大正あたりが知りたいが、どうも引っかからん。 たわみ角法のこの話は知ってる人は知ってるが、日本に5人くらい…
RT @MValdegamas: 平山洋「石河幹明は福沢諭吉を『騙った』か―石河明子氏に答える」『国際関係・比較文化研究』18巻1号(2019年9月)https://t.co/8fRhLdmhCH yabai
肉に漬け込む用途で市販の塩麹を使用しようと思って色々調べていたら、衝撃の事実を記述した論文が、、、汗 「市販塩麹の中にはプロテアーゼ活性の検出できないものがあった。」 https://t.co/zxLQiyxa3O
RT @washou3956: 引用は『東京大学史料編纂所報』47(2012年10月)196頁。伝領論的観点を含もうとする意識については、「南朝系比丘尼御所保安寺について」(『国史学』203、2011年)も参照のこと。https://t.co/Jw3XJ1TEl7
sgym 先生の資料 is very わかりやすい。// 相互情報量を用いた機械学習とそのロボティクスへの応用 https://t.co/xeDht5Kpmf https://t.co/IxILlKNaoV
RT @marineco_mie: 2018年の勢水丸研究航海を三重大研究科紀要にまとめた『紀伊水道南方海域および熊野灘の深海底生動物相』が公開されました。本航海では本邦4例目の珍無腸動物門の一種や端脚類の新種など11動物門が確認されました。以下からダウンロードできます。htt…
RT @lucres971558: 固体物理におけるアクシオン電磁気学 https://t.co/nyWEEhG4Vw 電磁気Cの話で出てきたやつ
RT @oikawamaru: 生きたまま凍ってるハイイロゲンゴロウ君ですが、色々な病気を媒介する蚊の幼虫ボウフラに対する最強レベルのハンターなのです。大庭さんの総説に「ハイイロゲンゴロウの雌は、24時間で200頭以上のボウフラを捕食するほどの極めて高い捕食能力を有し」とありま…
RT @ShaneMatsuo: 今日発行された情報処理学会誌で、2つほど記事を書かせていただきました。そのうちの1つ。 5分で分かる ! ? 有名論文ナナメ読み:Satoshi Nakamoto : Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic C…
RT @shunsukekosaka: CiNii 論文 -  ローマ期ティレニア海沿岸の港湾インフラの発達と海上輸送費の低下 https://t.co/Ep7MBaaPKB #CiNii
RT @marineco_mie: 2018年の勢水丸研究航海を三重大研究科紀要にまとめた『紀伊水道南方海域および熊野灘の深海底生動物相』が公開されました。本航海では本邦4例目の珍無腸動物門の一種や端脚類の新種など11動物門が確認されました。以下からダウンロードできます。htt…
RT @MasakiHoso: 去年出版された和文が公開されていました。特集「種の境界:進化学と生態学、分子遺伝学から種分化に迫る」に寄せたコメントです: 「普遍のなかの特殊、特殊のなかの普遍」 日本生態学会誌 69(3): 191–192. https://t.co/WEa…
RT @akirakanaoka: 情報処理学会の学会誌で松尾先生がビットコインのSatoshi論文を解説。松尾先生に求められたのは「5分でナナメ読みできるような解説」。その結果→「頭がおかしい」の連発 https://t.co/27kVOyuaut
RT @ShaneMatsuo: 今日発行された情報処理学会誌で、2つほど記事を書かせていただきました。そのうちの1つ。 5分で分かる ! ? 有名論文ナナメ読み:Satoshi Nakamoto : Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic C…
RT @akirakanaoka: 情報処理学会の学会誌で松尾先生がビットコインのSatoshi論文を解説。松尾先生に求められたのは「5分でナナメ読みできるような解説」。その結果→「頭がおかしい」の連発 https://t.co/27kVOyuaut
RT @ShaneMatsuo: 今日発行された情報処理学会誌で、2つほど記事を書かせていただきました。そのうちの1つ。 5分で分かる ! ? 有名論文ナナメ読み:Satoshi Nakamoto : Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic C…
RT @MasakiHoso: 去年出版された和文が公開されていました。特集「種の境界:進化学と生態学、分子遺伝学から種分化に迫る」に寄せたコメントです: 「普遍のなかの特殊、特殊のなかの普遍」 日本生態学会誌 69(3): 191–192. https://t.co/WEa…
RT @QcKatze: 呈色研究が興味深い(https://t.co/1j55MeUIPb)。 青色呈色の主は粒径ごとのシリカ粒子の散乱機構の差で説明できる。海地獄は硫酸鉄の吸収によるものとする説が有名だが、本文献によれば鉄イオン濃度が希薄であるため否定すべき説らしい。やはり…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @MasakiHoso: 去年出版された和文が公開されていました。特集「種の境界:進化学と生態学、分子遺伝学から種分化に迫る」に寄せたコメントです: 「普遍のなかの特殊、特殊のなかの普遍」 日本生態学会誌 69(3): 191–192. https://t.co/WEa…
RT @MasakiHoso: 去年出版された和文が公開されていました。特集「種の境界:進化学と生態学、分子遺伝学から種分化に迫る」に寄せたコメントです: 「普遍のなかの特殊、特殊のなかの普遍」 日本生態学会誌 69(3): 191–192. https://t.co/WEa…
RT @han_org: ぼくはかつてこう書きました >「単一民族国家」とは、民族的マイノリティが存在しないことを理想視する概念である。 https://t.co/SXCcnsBgH7 https://t.co/D4Ow4MdKyk
鐘と水神(龍神)との関係について https://t.co/v0qLBmNRgm 小林輝冶『「夜叉ヶ池」考』(1978) に詳しくありましたあああああ!! https://t.co/ZnBT6nUw3t
オゾンによるイネの収量および品質低下メカニズムの解明 https://t.co/kpUzGiRex9 #maskotlib
キサントフモールの Porphyromonas gingivalis に対する効果 https://t.co/XQtUqv8oX2 #maskotlib
RT @tsuneeet: @Na_furuya こちらになります。https://t.co/9sjOaQloVi
RT @langstat: 土山玄 (2018). 「夏目漱石の小説における文語表現について」 https://t.co/J7GX4bYZS4 学生が引用するテキストマイニング系の論文の大半は元々読んでいる文献なんだけど、ときどき読み漏らしているものがある。たとえば、これとか。…
@glocaleducate これも分かりやすいです。 何で遠いところが良いのかを教えてくれています。 https://t.co/kpjuihXOPx
RT @han_org: ぼくはかつてこう書きました >「単一民族国家」とは、民族的マイノリティが存在しないことを理想視する概念である。 https://t.co/SXCcnsBgH7 https://t.co/D4Ow4MdKyk
J-STAGE Articles - 頭頸部悪性腫瘍に対する<sup>18</sup>FDG-PETの診断能力 https://t.co/TGcnpw2xkk
RT @yusumimi: ヨビノリたくみさん沙川さんのところだったのか https://t.co/rGa4GjXy71 https://t.co/MviAwU1Evg https://t.co/N09BHuCFVn
RT @reiwanekotomo: 財政赤字→マネーストック増加 財政黒字→マネーストック減少 の裏付けとしてこちらの論文はいかがでしょう? https://t.co/lFEsn5FG0p https://t.co/AiYz4gxp9F
RT @chutoislam: 鈴木均「トランプ政権の発足とイラン・米国関係の今後」『中東レビュー』2017 年 4 巻 p. 35-41 https://t.co/YVvfnJCFzC
RT @chutoislam: カーブース国王といえば、サウジ・イラン間で中立を保ち、イランとの太いパイプを持った、かつ欧米に敵対的でない立場からの、米イランの仲介外交で知られる。【2011年以降のケリー国務長官による交渉過程では上述のオマーンのチャンネルが重要な役割を果たした…
RT @komazawa_geo: (続き) 【テレビ】 紹介された論文は次。ネットで公開されています。 牛垣雄矢・木谷隆太郎・内藤 亮 2015. 東京都千代田区秋葉原地区における商業集積の特徴と変化─2006年と2013年の現地調査結果を基に─. E-journal GE…
@sugikota ご参考までに。BCGの接種率を接種方法別に分析してます。 https://t.co/Xmtf1QSoXd
RT @usa_hakase: タール1965年噴火の火砕サージは火口から6km走って対岸に到達した(自分の講義スライドより)。いまカルデラ縁にいるのは大変危険。https://t.co/wFenTqZsDl https://t.co/4BffXumZJQ
@davs_no_nikki https://t.co/OyDVckFZf2 6.2% https://t.co/fXwsciVEes
RT @erizomu: 徳富蘆花の「黒い眼と茶色の目」はここから読めます(コマ番号32)。文脈がわかりづらいのですが、唐突に出てくるところが「自慰=マスターベーション」ではないかと私には読めます。 https://t.co/drJDKLyc00
RT @usa_hakase: タール1965年噴火の火砕サージは火口から6km走って対岸に到達した(自分の講義スライドより)。いまカルデラ縁にいるのは大変危険。https://t.co/wFenTqZsDl https://t.co/4BffXumZJQ
RT @usa_hakase: 参考:タール火山1965年の岩漿性水蒸気爆発(中村一明1966) https://t.co/wFenTqZsDl
RT @ttya70: ちなみに私が、(多分)最初に「自由民主主義の再検討」という視点をはっきりと出してそれなりにまとまって書いたのは、「熟議民主主義は自由民主主義的か?」『政治思想研究』第13号、2013年、135-161頁、です。https://t.co/AMwQCjcOZr
J-STAGE Articles - 「憧れの人」に対する同一視および自己意識的感情と理想自己への志向性との関係 https://t.co/AeJWCkRAXU
RT @erizomu: 徳富蘆花の「黒い眼と茶色の目」はここから読めます(コマ番号32)。文脈がわかりづらいのですが、唐突に出てくるところが「自慰=マスターベーション」ではないかと私には読めます。 https://t.co/drJDKLyc00
RT @Friedrich0124: 今野元「ヴォルフガング・J・モムゼンと「修正主義的」ナショナリズム研究 (2)」 https://t.co/zXYxMkiZdR
RT @ichikawakon: 「モージャー氏撮影写真資料」のリンクを以下に記しておきます。 「モージャー氏撮影写真資料」では、東京、名古屋、広島等の1946年(昭和21年)~1947年(昭和22年)ごろの写真が多数見られます。戦後間もないころの写真を見るのが好きな方にはオ…
@kataokayama これは超準解析の和書を最初に書いた人による解説ですが、素朴集合論だけではわかりません https://t.co/5y9Ui1TM1g
条約締結・運用について分かりやすく纏められており大変参考になります。>松田誠「実務としての条約締結手続」『新世代法政策学研究』10巻(2011年)301-330頁。 https://t.co/TG8Zyzo36v
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
RT @bot_tips: 【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を 原理からどのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。 https://t.co/QsmVMxh1f…
十月革命によって成立した社会主義国家においては、私事に過ぎないありとあらゆる既成の制度が、その存在意義を徹底的に問い直されたという事がよくわかる論文だ。昔はソビエト法学なんて分野があったんだ 『初期ソビエ トにおける 家 族 消… https://t.co/GrEZALNtl0
RT @mizonokuchi: https://t.co/4U8QOt6OrI 「...アクセス用ネットワークにはスパコンで用いられるInfiniBandを採用し,56 Gbpsのスループットを確保した.このような装置を個人で構築・運用した事例について紹介」
脳波、脳梗塞に対するカオス理論を使った研究 https://t.co/BnB3XGDc2g
心筋梗塞、不整脈に対するカオス理論を使った研究 https://t.co/gqrHMZ8oZ8
RT @slow_children_: @Ton_beri RTされまくっててこんなこと言うのもアレなんですけど RT先で低温調理してる人が結構いてて 特にこの人の場合不完全な気がするんですよね マイタケのプロテアーゼ自体は熱耐性があるみたいなので、菌に注目しても「63度で30…
RT @7shi: 先ほどの資料が作られた経緯に言及されている。 「南部による南部括弧を用いた流体力学の量子化は,空間に不確定性関係,あるいは流体に最小体積(粒の大きさ)を導入するもの」 「砂粒やビーズ玉など粉体(略)の流体力学」 南部の発想の源を求めて:なぜ最後に流体力学…
RT @adhara_mathphys: 『南部力学と南部ブラケット』 南部力学はこっちですね。 https://t.co/tVeWI4bkHl
RT @adhara_mathphys: 『南部の発想の源を求めて:なぜ最後に流体力学か』 南部力学のお話です。 https://t.co/BW8APdbKj9
RT @adhara_mathphys: 『南部力学と南部ブラケット』 南部力学はこっちですね。 https://t.co/tVeWI4bkHl
RT @adhara_mathphys: 『南部の発想の源を求めて:なぜ最後に流体力学か』 南部力学のお話です。 https://t.co/BW8APdbKj9
RT @BForethought: 嗜銀顆粒性認知症とは何ぞやと思ったら、タウオパチーの一種で、大脳にリン酸化タウからなる嗜銀顆粒が蓄積し、神経変性を来たし認知機能低下を来たすらしい。嗜銀顆粒は迂回回・扁桃核に始まり、側頭葉内側、前頭葉へ広がる。前脳基底部・帯状回へ広がると高率…
CiNii 論文 - 水中で機能する固体ルイス酸とその応用 (特集 固体酸触媒の最新の研究動向) https://t.co/iQSmUbcJ0p "触媒 = Catalysts & catalysis 60(1), 27-32, 2018-01 触媒学会"
RT @onechope: 溝口 和宏, 市民的資質育成のための歴史内容編成 : 「価値研究」としての歴史カリキュラム(<特集>歴史学習内容の厳選), 社会科研究, 2000, 53 巻, p. 33-42 https://t.co/1hjdSKukZt
RT @rex_toyo: 田中康平、Darla K. Zelenitsky、François Therrien、小林快次 「非鳥類型恐竜類から鳥類へ,営巣方法と営巣行動の変遷」 日本鳥学会誌67(1): 25–40 (2018) https://t.co/VdEk6eQXha…
RT @rex_toyo: 田中康平、Darla K. Zelenitsky、François Therrien、小林快次 「非鳥類型恐竜類から鳥類へ,営巣方法と営巣行動の変遷」 日本鳥学会誌67(1): 25–40 (2018) https://t.co/VdEk6eQXha…
RT @k_hnd13: 療法士としてのあるべき姿が、ここに全て書かれている、と私自身は思っている。何度読んでも背筋が伸びる思いになる。 https://t.co/qwPVs3aNpR
RT @asarin: J-STAGE Articles - 日本における情緒不安定性の増加 https://t.co/hKJr6yqY2A #犬会
RT @metatetsu: 人口減少時代で人口密度が低下すると、下水道維持コスパが一気に悪化するそう。今のうちに浄化槽方式への移行を見据えた技術開発や効率的な運営研究をするべきとしている [PDF]人口減少時代の下水道整備 ~浄化槽活用について - 北海道大学 https:…
RT @rex_toyo: 田中康平、Darla K. Zelenitsky、François Therrien、小林快次 「非鳥類型恐竜類から鳥類へ,営巣方法と営巣行動の変遷」 日本鳥学会誌67(1): 25–40 (2018) https://t.co/VdEk6eQXha…