中田真秀 (@NakataMaho)

投稿一覧(最新100件)

RT @noricoco: 2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSN…
VAAMの論文読んでみたが、これまで24回しか引用されてない。アミノ酸の血中濃度の時間経過はホエイの場合とほとんど同じだな。ホエイは60-120分での血中濃度スパイクがでてそのあとベースラインに戻る。https://t.co/eJidYcHSS9
RT @tcv2catnap: 理学博士向けに、学術対話「日中歴史共同研究における南京大虐殺」紀要置いとくわ。 https://t.co/lNaVGWcQbR https://t.co/Tx25Pui4VI
RT @hiro2fuji: CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/hQSzFK1LOD #CiNii
ほうほうww ウルトラセブンの訪問により解熱をした腎移植の1例 https://t.co/LkEZFLf4Wi
RT @fmkz___: 女子力測定法提案されてた https://t.co/BsQT9Rh9en

255 0 0 0 OA 目次・表紙

RT @Cernobyl: 情報処理学会誌、かわいい特集だ https://t.co/Goh74MjdYj https://t.co/0wiE5tXTBP
あ〜3次元Isingモデルの厳密解、いままでの結果と齟齬があるそうな。どっちかが間違ってるんだな〜残念〜。ただ全体としては大変興味深い!! http://t.co/cAk5UYY7Nk
@mattun_ame そうですね。雑誌じゃなくて本ですけど。cf. http://t.co/kkJeWWEhwa
制服着用下における学生の下着着装の意識と実態 http://t.co/Xl9HSkjsuC http://t.co/hIi3mEgm37 http://t.co/oi5jUJ2p0C http://t.co/fayLxbXvjt @tota_rtfm 四報まででてますね...
制服着用下における学生の下着着装の意識と実態 http://t.co/Xl9HSkjsuC http://t.co/hIi3mEgm37 http://t.co/oi5jUJ2p0C http://t.co/fayLxbXvjt @tota_rtfm 四報まででてますね...
制服着用下における学生の下着着装の意識と実態 http://t.co/Xl9HSkjsuC http://t.co/hIi3mEgm37 http://t.co/oi5jUJ2p0C http://t.co/fayLxbXvjt @tota_rtfm 四報まででてますね...
制服着用下における学生の下着着装の意識と実態 http://t.co/Xl9HSkjsuC http://t.co/hIi3mEgm37 http://t.co/oi5jUJ2p0C http://t.co/fayLxbXvjt @tota_rtfm 四報まででてますね...
いろいろな論文があるものですw RT @tyage: “CiNii 論文 -  制服着用下における学生の下着着装の意識と実態 : 第1報 ” http://t.co/4qiMwjYw2c
RT @tkouya: へ~,Strassenのアルゴリズムって結構使い道あるんだな。先行研究( https://t.co/iQM2Mw1XXR )を参考にIMKLで実装したら結構いけることが分かった。つか,Intelもうちっと頑張れよ。 http://t.co/9rn6odL…
@kikuzone http://t.co/ND8Xc9J7 圧縮プログラムを応用した著者推定/安形輝

お気に入り一覧(最新100件)

2万5千人のリーディングスキルテストをどうやって実現したのか?予算は科研費基盤Aです。が、この金額では、CBT用ソフトウェアを開発し、千問以上の問題を作問し、協力機関を100も集めて、科学的に分析するのはふつう無理。 https://t.co/jSNy6evmK7
CiNii 論文 -  電子顕微鏡によるタンパク質立体構造の単粒子解析 https://t.co/lyXxGe3zn6 #CiNii
Mixed Realityの実演すごい。 Mixed Realityによる創薬支援システムの開発と応用 坂本 亘, 関嶋 政和 https://t.co/9lS5q1TAwf
CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/hQSzFK1LOD #CiNii
女子力測定法提案されてた https://t.co/BsQT9Rh9en

フォロー(399ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @hopperjp: 著書の著者プロフィールに「NPO法人親学会副会長」とある。 きな臭い匂いを感じてCiNiiで引いてみたら高橋史朗。 鼎談 国自ら国を滅ぼす 子育て支援策の大愚 (特集 家族が危ない!) 山谷 えり子 , 高橋 史朗 , 長田 安司 https://…
RT @maskot1977: 公共データベースの統合から AI によるデータマイニングに向けて https://t.co/KqSErFZv8G
RT @nloglogn: 何にでも圏論的研究あるんだな https://t.co/ZE4b8HUU5p
RT @Cristoforou: CiNiiによると、日本語で『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』について学術論文を書いてるのは私だけみたいなんですが…無料で読めます/ おネエと女とフリークス : 『お気に召すまま』と『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』 https…
RT @subarusatosi: 同じく、谷村先生の 『ハイゼンベルク方程式を最初に書いた人はハイゼンベルクではない(放談室)』 https://t.co/LvgtTgydMh
RT @subarusatosi: 谷村先生の『トムとベリー』 https://t.co/GXfw8RpndK を思い出したけど、元ネタが思い出せなった。 多分、トムとジェリー
リダクション・マシン/コンビネータ・マシン https://t.co/nR9UNHH2F5 https://t.co/d8usr2ZUkd
RT @matiasauquebaux: @asarin @marxindo 色々あってこういう誌上討論とかにもなりました。https://t.co/ucrM3mA4U6 https://t.co/LoFUZTAwjJ
RT @matiasauquebaux: @asarin @marxindo 色々あってこういう誌上討論とかにもなりました。https://t.co/ucrM3mA4U6 https://t.co/LoFUZTAwjJ
RT @asarin: 村井潤一郎「教育心理学領域における社会心理学的研究の概観と研究法・統計法に関する考察」教育心理学年報 https://t.co/QhqeYQJthc 雑誌的に「教育心理学領域」という冠はついているが,ごく一般的な社会心理学研究の,と考えてよい.村井さんな…

フォロワー(572ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @maskot1977: 公共データベースの統合から AI によるデータマイニングに向けて https://t.co/KqSErFZv8G
ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)の運営をめぐる争いにみる研究観。 https://t.co/erlRscy2sx
RT @hiroco2003: BYD、弱いよ。 「財務面の弱さで,BYD はR&Dに十分な資金投入ができない。例えば,2013年度 BYD のR&D費用は1.28億元で,当該年度の売上高の2.6%しか占めていない。」 中国一電気自動車メーカー BYD の競争戦略 https:…
橋野 晶寛(2016)「教育政策研究から見た教育経済学」『教育学研究』83(3)315-323. https://t.co/h72b7gma4d
北野秋男(2017)「現代米国のテスト政策と教育改革―「研究動向」を中心に―」 『教育学研究』84(1), 27-37. https://t.co/0CTiQr52NE
RT @subarusatosi: 同じく、谷村先生の 『ハイゼンベルク方程式を最初に書いた人はハイゼンベルクではない(放談室)』 https://t.co/LvgtTgydMh
RT @subarusatosi: 谷村先生の『トムとベリー』 https://t.co/GXfw8RpndK を思い出したけど、元ネタが思い出せなった。 多分、トムとジェリー
リダクション・マシン/コンビネータ・マシン https://t.co/nR9UNHH2F5 https://t.co/d8usr2ZUkd
廣瀬春次(2012)「混合研究法の現在と未来」『山口医学』61(1), 11-16. https://t.co/Xby6uKefBP
統計教育方法論専門誌『Teaching Statistics』から(1)大学における統計基礎科目の教育方法に関する新ガイドラインの実践 https://t.co/aPISBY5yNg
データサイエンス・オンライン講座の実績 (特集 社会人の統計教育 : 現状と課題) https://t.co/WOXizIwkmU
喜岡恵子(2010) 「心理データ・リテラシー : テストの公平性・妥当性・信頼性」『日本信頼性学会誌 : 信頼性』 https://t.co/Axw88katgN