著者
髙畑 克徳 髙嶋 博
出版者
日本神経治療学会
雑誌
神経治療学 (ISSN:09168443)
巻号頁・発行日
vol.33, no.1, pp.9-18, 2016 (Released:2016-05-20)
参考文献数
19
被引用文献数
1

Autoimmune encephalopathies are clinically and immunologically heterogeneous disorders. Over time, many different types of autoimmune encephalopathy have been discovered. In such clinical situations, we often recognize that patients with autoimmune encephalopathy are often misdiagnosed as exhibiting functional psychogenic movement, conversion, or somatoform disorders. We clinically analyzed 63 patients (14 males and 49 females; age range, 15–79 years) diagnosed with autoimmune encephalopathy in our hospital from 2013 to 2015. Throughout this period we diagnosed almost no conversion disorders in our department. These patients were diagnosed using the diagnostic criteria for each disease, following clinical features showing neurological symptoms of brain origin, responsiveness to immunosuppressive therapy, the existence of known pathological antibodies, and/or history of human papilloma virus (HPV) vaccination. Fourty–two patients showed motor disturbance (weakness, paresis of extremities, or slower pinching) and 35/42 (83.3%) patients showed give–way weakness, indicating disruption of continuous muscle contraction. Fourty–four patients showed sensory abnormalities such as strong pain, deep muscle pain, dysesthesia, paresthesia, or fast neurologic pain. Surprisingly, most pain was distributed in manner that was not explainable anatomically, while some patients also showed patchy, stocking–glove, or localized pain. Seventeen patients exhibited involuntary movements such as tremor entrainment, dystonia, or coarse involuntary movement. In most patients, such motor, sensory, or involuntary movements were markedly improved with immunosuppressive therapies such as prednisolone, azathioprine, or immune adsorption therapy. We observed memory loss, PNES (psychogenic non–epileptic seizure), dissociative amnesia, hyperventilation, opsoclonus, epilepsy, or autonomic symptoms amongst our patients. Although give–way weakness, anatomically unexplainable pain/abnormal sensation, and strange involuntary movements were thought to be psychogenic, the presence of one of these three symptoms was indicative of autoimmune encephalopathy. As autoimmune encephalitis exhibits diffuse involvement with the whole brain, these symptoms were entirely understandable. Except for the presence of organic disease, most patients were classified into somatoform disorders (DSM–IV, ICD–10) or functional movement disorders. Without first excluding autoimmune encephalopathy, we propose that physicians should not diagnose somatoform disorders. Since autoimmune encephalopathy patients often possess so–called psychogenic signs, it is possible that such signs might be generated by autoimmune encephalopathy instead of somatoform disorders. In conclusion, we propose that give–way weakness and anatomically unexplainable pain/abnormal sensation are key symptoms of autoimmune encephalopathy. We hope that many patients with autoimmune encephalopathy will now be identifiable using our new neurological examination and that each patient can be given an exact diagnosis and therefore be administered with the appropriate treatments.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (396 users, 600 posts, 422 favorites)

“自己免疫性脳症の神経症状について考えると大脳では麻痺,感覚障害,知能低下,記憶障害,自発性低下,視覚異常,てんかん,精神症状など、基底核,脳幹では不随意運動,呼吸異常,睡眠障害,意識障害など,視床下部では月経異常,性欲減退,ホル… https://t.co/oJu25Ieob7
NINJA、実際免疫疾患なのだが詐病・心因性・精神疾患などと誤診されがち こちらも参考にドーゾ 自己免疫性脳疾患を見逃さないために https://t.co/wfgxyBKsWi 自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案 https://t.co/srz9Ys5ryZ
#自己免疫性脳症 を見きわめるための新しい神経診察の提案— #身体表現性障害 との鑑別— 髙畑克徳先生 髙嶋博先生 https://t.co/Vj60TTlK6n https://t.co/ZLvl3uUT7J
@doctor_ladies @seki_yo このあたりでしょうか https://t.co/UQ3Z13qvP6
心因性と言うブラックボックスでどんな症状も起こりますではサイエンスではないのではないだろうか?臨床医が本質を見抜けなければ、患者にとって大変不幸であり、患者の症状を信じてその症状がなぜ起こるのか試行錯誤して欲しい。高嶋博… https://t.co/N3GoyEVnyG
このような文献が参考になります。私もちゃんと理解してるとは到底言えませんが、自己免疫性脳症は身体表現性障害(いわゆる心因性の病気)とかなり紛らわしいのです。 「自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案—身体表現性障害… https://t.co/5rX868zePn
私も他動的な眼球運動はあまりにも辛く病状が悪化してできない、でも自身の日常の可能範囲ではできるので、そんなことはあり得ないと理解してもらえず、とても悩んで辛かった。 高島教授の神経治療学のPDFから(p15)あり得ることと拝読。あ… https://t.co/QxCsnr6rNN
「症例2 子宮頸がんワクチン接種後自己免疫性脳症で免疫吸着療法後に改善した症例」 HPVワクチンの副反応(自己免疫反応)がアルミニウムアジュバントやHPV16L1のウイルス様粒子によって引き起こされるなら、この方法は理にかなった方… https://t.co/uXFKrhdXtB
後で読む https://t.co/VoPbHzpHcn
自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案—身体表現性障害との鑑別— 髙畑 克徳, 髙嶋 博 https://t.co/HmBsclBJa6 「一般的に心因性を示唆するといわれる患者の中に数多くの自己免疫性脳炎が存在… https://t.co/HoPj1EhLdw
@morishige369 @bizenjakimaru bokemontaro 先生がご紹介されているこちらの論文でも記載されています。 是非多くの人に見てもらいたい https://t.co/n9W13C6Lev
@hana87502205 ありがとうございます 自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案 —身体表現性障害との鑑別で熊本大学神経内科の中根先生が謝辞の中にに出ていますね https://t.co/jlun1yCmF7… https://t.co/kwcbqEOSVk
@koichi_kawakami @Micheletto_D 祖父江班の調査を見ると、その差は仮に存在しても、それほどでもなさそうというように読めます(池田先生のグループの鹿児島大の先生方は身体性表現障害も自己免疫疾患であるという… https://t.co/i8dxd6Qmda
@hichachu @chiktan98 @kirik @ohiwasang 2016年に鹿児島大学の高嶋先生は相当数の自己免疫性脳症の患者さんを免疫治療で完治に近い状態まで寛解させた
@Hilenn HPVワクチン副反応の問題は、心因性ではないのに心因性として扱われること、つい最近報道された抗NMDA受容体抗体脳炎のように、そうではないということで治療、研究途中です。… https://t.co/C7PCiMpAZO
自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案 ー身体表現性障害との鑑別ー https://t.co/mikqAvJSGa 実際にHPVワクチン副反応に苦しんでいる患者さんたちの治療にあたってきた先生方の報告だ
抗NMDA受容体脳炎 適切な治療で回復可能 病気の周知が課題=亀井聡教授に聞く https://t.co/KvQGOstP3m 抗NMDA受容体脳炎の話です(HPVワクチン副反応の方のブログ… https://t.co/y0tJDAyELU
コレだね 自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案 —身体表現性障害との鑑別—  (2016年5月発表) https://t.co/1JW3ZnWcLI HPV 子宮頸がんワクチン
“…子宮頸がんワクチンの副反応と言われる神経症状についても,…積極的に心因性の診断がなされてしまい,適切な診断や治療を受けられない状況である.実際には自己免疫的な脳症であるため上記の症状が出て当然であろう.”https://t.co/7RU1PChUl3
村中璃子氏による子宮頚がんワクチン副反応の心因性説に誘導されてしまった人は、是非これを読んでほしい。https://t.co/erYTJp5xK2
“今回我々は,63名の免疫治療に反応した自己免疫脳症の症状をまとめたが…真の身体表現性障害の患者は調査した三年間の間には皆無に近い.…一方で子宮頸がんワクチンの副反応…実際には自己免疫的な脳症であるため上記の症状が出て当然であろう.”https://t.co/7RU1PChUl3
神経治療 (2016) https://t.co/mW1jTZlo3r https://t.co/cKhWSVAs3t
無関係な分野の専門家は患者看ないし臨床報告も読まないし、疫学データもいじらないし、信用できない「……十分な科学的検証が必要であるが、現在我々が受けもった患者が、原因はともかく病態は自己免疫性脳症であることについては間違いない。」… https://t.co/k6548eVnga
@rikomrnk こんなのもありますけどねぇ。 https://t.co/OJFF8OIYdX
自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案—身体表現性障害との鑑別— https://t.co/SeWAJr91ep
髙畑 克徳,髙嶋 博「自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案―身体表現性障害との鑑別―」: 日本神経治療学会 https://t.co/KqMlhmZhz1
荒田先生はこの論文を書いた研究室の方ですね。↓ 「自己免疫性脳症を見極めるための新しい神経診察の提案」 https://t.co/paZ6EJEBXY 「心因性というブラックボックスで、どんな症状も起こりますでは、サイエンスではない。」
鹿児島大学の神経病学講座からの論文では、身体表現性障害に分類されている患者のほとんどは自己免疫性脳症だったそうです。もし真実なら世界の医学史を変えるほどの大発見ですが、おそらく世界から注目されることはないでしょう。 https://t.co/3pUF57KtBc
https://t.co/YifiK8wHJn 「自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案」 わたしの専門以外の分野ですけど、臨床家の姿勢として、こんなんでええのかなぁ~?って疑問は残る。「研究的姿勢を臨床現場に」的な内容で危険性を感じたのが率直な感想ですね。
私の病気これなんじゃあないかって思ってる 当てはまりすぎ https://t.co/srz9Ys5ryZ
15-79歳の63人(男14女49) 記憶障害、PNES、解離性健忘、過呼吸、眼球クローヌス... 自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案—身体表現性障害との鑑別—神経治療学 (2016) 33:1, 9-18 https://t.co/RSjLgp2X4C
「神経治療学」Vol. 33 (2016) No. 1 p. 9-18   「自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案—身体表現性障害との鑑別—」 髙畑 克徳1), 髙嶋 博1) 1) 鹿児島大学大学院…  https://t.co/NqsVJCALPy
自己免疫性脳症の新しい神経診察法 ご参考にどうぞ。 https://t.co/3yYTEl95m1 https://t.co/9FOa1Auw6X
読んだけど、身体表現性障害だよなこの経過。 免疫抑制剤やステロイドパルスが奏功したというより、症状に振り回されず「信念を持って」一貫した対応をしたことが治療的に働いた一例じゃんよ。 / https://t.co/pj8KoJjh1O
心因性の所見を心因性でないと言い切るためとはいえ、これはすごすぎる…というか、よく載せたね。 https://t.co/dTnp4GUGhF
(14ページ)『Give-way weaknessという用語は(略)例えば上肢の筋力を診察するときに検者が軽く触れただけで急に脱力してしまう所見であり、患者が故意に力を抜いたと考えられ、心因性・ヒステリー性の脱力と評価されてきた』 https://t.co/pDNRpjWUCt
この論文、どう評価すべきなんだろう?? 高畑克徳・高嶋博『自己免疫性脳症を見きわめるための新しい神経診察の提案ー身体表現性障害との鑑別ー』 https://t.co/X2WHXN7jWM
身体表現性障害と思われていたものが、実は自己免疫性脳症だった場合も。 複雑な症状を伴う症例を、積極的に(安易に?)「心因」とすることへの警鐘として、一読に値する。 心理士にも必要な知識。 https://t.co/wesV8PRDGh
https://t.co/IhtyBxi7qy

収集済み URL リスト