_junk_0 (@_junk_0)

投稿一覧(最新100件)

『カプラシズマブは,フォンビルブランド因子に対する低分子抗体である.』 / J-STAGE Articles - 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)に対する分子標的治療 https://t.co/OTfjXPeugz

1053 0 0 0 OA 文選正文

RT @eoas_info: 令和の出典、より古いのは多分こちら。あらまぁ。 画像: 張衡「帰田賦」『文選』v.3, f.35b 所蔵: 国立国会図書館 特70-512 info:ndljp/pid/901414 https://t.co/KZOrdlweTG https:/…
RT @hirosekentarrow: ちょいとドキドキしながら読んでみたが、官能評価="sensory evaluation"。着心地を評価した論文ですか。なーんだ。RT @repeatedly: なんだこの研究… > "浴衣圧の研究 : 着崩れおよび官能評価に ...
科研費のプロジェクトで『ポストゲノム時代のバイオメディア・アートの調査研究』なんてのがあるんだ。ポスト・ゲノム時代もなにもバイオメディア・アートなんてことば自体はじめて見た http://t.co/lgf0iI6e

お気に入り一覧(最新100件)

武田の人が話すのか、この内容とかかな? https://t.co/vn015KLgyt
マイコプラズマの滑走運動に関する非常に真面目な解説記事の冒頭に、しれっと「 マイコプラズマは、京都の舞妓さんがプラズマ放電で光っている状態ではなく」と書いてわざわざイメージ図までくっつけてしまうユーモアセンス。なかなか楽しいhttps://t.co/C3c5QmGqar https://t.co/Q0zuJGMVKK
今まで聞きかじった情報が整理できた気がする 「電子顕微鏡技術の進展と相関解析」https://t.co/jkkKY5Dys4

フォロー(599ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

二次元分子表現と三次元分子表現を用いた QSAR/QSPR モデルの予測能力の比較 https://t.co/6lD7E42ftG #maskotlib
外挿に対応可能な非線形回帰手法の開発および効率的な実験パラメータ探索への適用 https://t.co/IKHqXUP3wX #maskotlib
フィンガープリントによる化合物の予測根拠可視化 https://t.co/LUSOdJylzS #maskotlib
RT @kota_kasahara: フォールディング関係だと金城さんが2006年に書いた総説が今読んでも面白いしおすすめ。 https://t.co/w96cB0IZcA
RT @kota_kasahara: フォールディング関係だと金城さんが2006年に書いた総説が今読んでも面白いしおすすめ。 https://t.co/w96cB0IZcA

4 4 4 0 OA 中篇

RT @curatorjp: SWISS-PROTは いかにして生まれたか? - J-Stage https://t.co/8Jy4SnHjR1
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @y_mizuno: 仮に計算物理という言葉にこだわるならば、最初に使ったのは久保亮五先生になりそうだ。『報告書のタイトルが「物性研究と計算物理」となっている。久保先生の書かれた前書きによると、この報告書は1982年7月25日に行われた「コンピューター物性」という研究会の…
RT @GDecoding: 本年度より学術変革領域研究(A)「グリアデコーディング:脳-身体連関を規定するグリア情報の読み出しと理解」が開始されます。こちらのアカウントでは、公募情報や研究成果、シンポジウムなどのイベントについて発信していきます。 よろしくお願い致します。 h…
国文学研究資料館概要(和文)2020 - 国文学研究資料館学術情報リポジトリ https://t.co/FhgX48I0xB

フォロワー(996ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

二次元分子表現と三次元分子表現を用いた QSAR/QSPR モデルの予測能力の比較 https://t.co/6lD7E42ftG #maskotlib
外挿に対応可能な非線形回帰手法の開発および効率的な実験パラメータ探索への適用 https://t.co/IKHqXUP3wX #maskotlib
フィンガープリントによる化合物の予測根拠可視化 https://t.co/LUSOdJylzS #maskotlib
RT @kota_kasahara: フォールディング関係だと金城さんが2006年に書いた総説が今読んでも面白いしおすすめ。 https://t.co/w96cB0IZcA
RT @bpwakate: 【第60回夏学の開催報告】 日本生物物理学会の学会誌『生物物理』第60巻6号が公開されました。 https://t.co/Iau7AHJjOJ 今回の「若手の会だより」は、第60回夏学の開催報告です。皆様からのアンケート結果も載っています! htt…
【第60回夏学の開催報告】 日本生物物理学会の学会誌『生物物理』第60巻6号が公開されました。 https://t.co/Iau7AHJjOJ 今回の「若手の会だより」は、第60回夏学の開催報告です。皆様からのアンケート結果も載っています! https://t.co/WXnZLhkNRE 第61回夏学もお楽しみに! #bpss2020 #bpss2021 https://t.co/9aTNHHr8WI
RT @kota_kasahara: フォールディング関係だと金城さんが2006年に書いた総説が今読んでも面白いしおすすめ。 https://t.co/w96cB0IZcA

4 4 4 0 OA 中篇

RT @curatorjp: SWISS-PROTは いかにして生まれたか? - J-Stage https://t.co/8Jy4SnHjR1
RT @naoyukinkhm: 次世代シークエンス時代における哺乳類学~初学者への誘い~。佐藤・木下 2020(日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/cZpgEooEGt 次世代シーケンサーを用いた野生生物の遺伝解析手法について網羅的に紹介されています。哺…
RT @plantbymicro: これ構造的にどうなってんのかなーと思って調べたら、ジャガイモに左右は無いけど、側芽が出るごとに約144度回転しているらしい。 面白いなー。 以下の文献を元にしました。 土屋ら 1993年 ジャガイモ塊茎の維管束とでんぷん蓄積 日本作物学会紀…
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @Naga_Kyoto: この論文タイトルのセンスが良すぎる… 島田泰子「副詞「なんなら」の新用法 : なんなら論文一本書けるくらい違う」 https://t.co/FnkvzEv87E https://t.co/Vlpi1rPCsa
RT @y_mizuno: 仮に計算物理という言葉にこだわるならば、最初に使ったのは久保亮五先生になりそうだ。『報告書のタイトルが「物性研究と計算物理」となっている。久保先生の書かれた前書きによると、この報告書は1982年7月25日に行われた「コンピューター物性」という研究会の…
RT @GDecoding: 本年度より学術変革領域研究(A)「グリアデコーディング:脳-身体連関を規定するグリア情報の読み出しと理解」が開始されます。こちらのアカウントでは、公募情報や研究成果、シンポジウムなどのイベントについて発信していきます。 よろしくお願い致します。 h…