Butu_Butu (@butu_butu__)

投稿一覧(最新100件)

そういえば、面白い資料を見つけたの。2014年の情報だから今とは多少ギャップはあるかも。でも具体的に書かれていて、面白かった。もう誰かアップしたかもだけど(*_*) 「諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況―国立国会図書館デジタル… https://t.co/Qwplv60ZQS

お気に入り一覧(最新100件)

国会図書館による、英独米での犬猫殺処分などについての2014年調査報告。 リンク先pdf注意。 英国での保護団体のロビー活動、 独国でのイヌネコ狩猟、 米国での大量殺処分に留意。 https://t.co/bfY0X2b0J2 @mkvet

フォロー(49ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(330ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @co_biodiversity: 要約「駆除事業は動物虐待ではない。人間の無責任なペットや家畜の管理が引き起こした壊滅的状況にある生態系を回復する責任ある活動」 2002年の保全生態学研究「個体数が減少したオガサワラオオコウモリ保全のための緊急提言」より引用 http…
RT @co_biodiversity: 要約「駆除事業は動物虐待ではない。人間の無責任なペットや家畜の管理が引き起こした壊滅的状況にある生態系を回復する責任ある活動」 2002年の保全生態学研究「個体数が減少したオガサワラオオコウモリ保全のための緊急提言」より引用 http…
RT @co_biodiversity: 要約「駆除事業は動物虐待ではない。人間の無責任なペットや家畜の管理が引き起こした壊滅的状況にある生態系を回復する責任ある活動」 2002年の保全生態学研究「個体数が減少したオガサワラオオコウモリ保全のための緊急提言」より引用 http…
RT @co_biodiversity: 要約「駆除事業は動物虐待ではない。人間の無責任なペットや家畜の管理が引き起こした壊滅的状況にある生態系を回復する責任ある活動」 2002年の保全生態学研究「個体数が減少したオガサワラオオコウモリ保全のための緊急提言」より引用 http…
RT @co_biodiversity: 要約「駆除事業は動物虐待ではない。人間の無責任なペットや家畜の管理が引き起こした壊滅的状況にある生態系を回復する責任ある活動」 2002年の保全生態学研究「個体数が減少したオガサワラオオコウモリ保全のための緊急提言」より引用 http…
RT @tanji_y: ドイツでは、野放しだった教育機関での生徒への体罰が禁止された。それを先導したのがアリス・ミラーの著書群だったのは間違いない。 彼女はヒトラーを被虐待児としてみてドイツ社会を震撼させた──私が松本智津夫をそうみたのはその応用。 (出典・翻訳者の山下公…
RT @adogonza1: @Lindy612 @GjvNtifxX1L1I58 日本を非難している国はどこでしょう? 国別の年間の犬猫殺処分数 日本5.6万 イギリス4.2万 オーストラリア25万 (野良猫200万匹駆除計画有り) ドイツ(駆除が奨励、猫だけで40万)…