keitanishiyama (@keita321231)

投稿一覧(最新100件)

RT @uranus_2: 中尾央・後藤和宏(in press). メタ認知研究の方法論的課題 動物心理学研究, doi:10.2502/janip.65.1.1. https://t.co/tu7tQuGydy
RT @uranus_2: 瀧本彩加(in press). 向社会行動の進化の道筋をめぐる議論の整理 動物心理学研究, doi:10.2502/janip.65.1.4. https://t.co/9Fy5hJ1GOE
面白いけどPC画面で読むにはちと長かったw DLなう。 QT @matiasauquebaux ほっほー。RT @cbt_test: B.F.スキナーの生涯 http://t.co/OiPGqJKL 無料で読める紀要。先ほど紹介した文献の著者の2011年の作品。引用文献が壮大
心が震えた。@drkgoto先生からの転用。言葉の力ってのはすごい。持続可能かどうかわからない社会保障に胡坐をかいているぼくも次のステージを見据えて真剣に考えてみる。 http://t.co/LD0HSNkS

お気に入り一覧(最新100件)

@kosukesa 以前書いたみたいに、もっと情報発信していかないといけません。http://t.co/q7KLJzK1cv 僕はそれを聞いて近いうちにgo/no-go弁別を再開しようと思いました。
「イルカの社会行動と音」や「イルカの社会的認知研究」等⇒友永雅己・森阪匡通・中原史生・足立幾磨(2014). 海のこころ,森のこころ―鯨類と霊長類の知性に関する比較認知科学― 哺乳類科学, 54(1), 103-106. https://t.co/ixLmrKSt5a
早期公開されていますよ→縄田健悟『血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―』心理学研究 http://t.co/m9oeKkKCzX http://t.co/bGMAIMhBDl
早期公開されていますよ→縄田健悟『血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―』心理学研究 http://t.co/m9oeKkKCzX http://t.co/bGMAIMhBDl
即行”learned irrelevance”でググって日本語のもの探したら、北口勝也さんによるものが多く見つかったが、 https://t.co/WVVQz0J1 いちばん最初に出てきたのはまたもや村山航さんのレジメだった。 http://t.co/2rj0ilBT
RT @ronbuntter こんな論文どうですか? 2G-1 大学におけるカンニング/不正行為抑止システムのモデル化の試み(教育方法・教育システム,一般セッション,コンピュータと人間社会)(藤本 貴之ほか),2009 http://id.CiNii.jp/fejrL

フォロー(321ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @uranus_2: 田島司(in press). イヌ好きとネコ好きのパーソナリティの特徴 ――パーソナリティの多面性とペットのパーソナリティとの類似性について パーソナリティ研究 doi:10.2132/personality.26.2.5 https://t.co/…
RT @uranus_2: 高岡しの・松見淳子(in press). 日本語版ユーモアスタイル質問紙の信頼性・妥当性の検討 パーソナリティ研究 doi:10.2132/personality.26.2.2. https://t.co/qiKSGJquFp
高岡しの・松見淳子(in press). 日本語版ユーモアスタイル質問紙の信頼性・妥当性の検討 パーソナリティ研究 doi:10.2132/personality.26.2.2. https://t.co/qiKSGJquFp
自己決定理論によるアルバイト動機づけ尺度の作成 https://t.co/ONE8V8nK73
田島司(in press). イヌ好きとネコ好きのパーソナリティの特徴 ――パーソナリティの多面性とペットのパーソナリティとの類似性について パーソナリティ研究 doi:10.2132/personality.26.2.5 https://t.co/8TRznc70YZ
外向性や開放性が高い人は両親や親密な同性、異性の友達などにタッチすることが多い。両親へのタッチは文化の影響が大きいが、親密な同性、異性の友達へのタッチは外向性の影響が大きい⇒文化,性,パーソナリティがタッチ性向に及ぼす影響 https://t.co/jtXte3Y3fQ
松本明生・平岡恭一(in press). 自動車運転時のヒヤリ・ハット体験と報酬の遅延価値割引との関連 心理学研究 doi:10.4992/jjpsy.88.16323. https://t.co/uZzU6Loex8
友田明美(2016). 被虐待者の脳科学研究 児童青年精神医学とその近接領域 57, 719-729. https://t.co/TJcQNIrbj6
セロトニントランスポーターの DNA メチル化と精神疾患 日本生物学的精神医学会誌 https://t.co/LBYIKzpHy4

フォロワー(369ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @uranus_2: 高岡しの・松見淳子(in press). 日本語版ユーモアスタイル質問紙の信頼性・妥当性の検討 パーソナリティ研究 doi:10.2132/personality.26.2.2. https://t.co/qiKSGJquFp