Nakamura (@ma_naka)

投稿一覧(最新100件)

RT @kchr: CSIRTで働くこと10数年、CSIRTの国際団体で4年。逆にCSIRTの定義がわからなくなってきたので、概念を整理しようと思い、論文を書きました。CSIRTとは被害者救済とシステムの復旧という目的、インシデント対応の機能、互恵主義の文化をもつ組織群のことで…
RT @sussusu_wenah: 声優さんの音声を使わせていただいて行った実験に関する論文が、前所属の大学リポジトリで公開されました。論文タイトルは「声優のキャラクター演技音声を用いた音声知覚に関する実験研究」です。色々な方に読んでいただけると嬉しいです。 https://…

437 0 0 0 OA 江戸と水

RT @GeoDeer9215c: 天皇陛下は、イギリス留学中にテムズ川の水運に関しての研究をされて、その後「水問題」に関心が移っていかれたようです。 地學雑誌に掲載されている本論では、利根川東遷と見沼溜井、玉川上水について触れています。 水関連に関心のある地理学をやってい…
天皇陛下、ハゼの論文発表=京都・仙洞御所の池で採集:時事ドットコムsoc https://t.co/Ss48OtURcZ @jijicomさんから 京都御苑の仙洞御所の池に生息するビワヨシノボリRhinogobius biwaen… https://t.co/6DzJbi3FAO
京都御苑の仙洞御所の池に生息するビワヨシノボリRhinogobius biwaensisとシマヒレヨシノボリRhinogobius sp. BFの野外交雑個体 https://t.co/o2W82iAvlk https://t.co/jPd7uetMXa
異種統合型自律分散IC カード乗車券システムの信頼性評価技術の研究 https://t.co/3kOq0uUS7C 大槻知史 氏 Suicaシステムの概要 https://t.co/AEzuJXDVYT
異種統合型自律分散IC カード乗車券システムの信頼性評価技術の研究 https://t.co/3kOq0uUS7C 大槻知史 氏 Suicaシステムの概要 https://t.co/AEzuJXDVYT
RT @hatebu_science: 論文海賊サイトSci-Hubを巡る動向と日本における利用実態 https://t.co/azdXqMyq0M
RT @k4403: 友人関係が情報セキュリティ行動に与える影響―大学生のパスワード共有調査― https://t.co/mwDTOFQCDC
RT @ampersand_xyz: 下町ボブスレーについての論文とその内容を見た僕の顔です https://t.co/FL1BuWkPJm https://t.co/GRRgAe0uy9
RT @awajiya: [ CiNii 博士論文 - エレクトロニクスによる海の波の記録ならびに解析方法|石黒, 鎮雄 https://t.co/C3NRdq8B5O " 学位授与年月日 1958-08-29" ]ははぁ こういう先進的研究を.
RT @m_sekijima: カズオ イシグロ氏の御父上は、石黒鎮雄氏という「エレクトロニクスによる海の波の記録ならびに解析方法」という題目で理学博士号を東京大学から取得した研究者で、気象研究所、長崎県気象台を経て渡英されたそうです。 https://t.co/Bkp7xLY…
RT @ootoriraku: 「ヤマガカシ毒に対する抗血清。日本蛇族研究所が試作したものしかないですよ。」って聞いていたけれど、まさか科研費を申請してまで作っておられたとは!https://t.co/0ceQzzYMSm
RT @eboli_ef: 患者ハラスメントの実態調査とその対策に関する研究 https://t.co/6RaGczS3fj 40代男性が加害者となることが一番多かったそうですよ、この論文の発表された時期から考えたら、今50代以上の男性ですか…嫌な話その親世代息子世代も同じよう…
RT @kumozaru_mmm: 立命館のpixivの18禁小説をネタにした論文出してる研究室が、過去に「キラキラネームを判定するシステムを作りました!」みたいな論文出してて、「あっ(察し)」ってなってる https://t.co/lfTvg3hYHr
RT @green_komatsu: 【日本の雪上車の歩み】 国立極地研究所学術情報によれば、ネット上にて全文公開中とのこと。 この本、古書だと1万弱だし収蔵館も少ないんだが無料で全文公開されてるとは。 https://t.co/KO7QkT3Gbl https://t.…
RT @next49: 昨年5月の「情報処理」の巻頭コラム。無料で読めます。漫画に~学的正しさを要求するときに頭に置いておきたいこと。→ ゆうきまさみ: 漫画は正しさを求めません https://t.co/GTe5QqQyaV
RT @Dominion525: 京大さんが大変だった件について。 / “Title Office365 Educationの真実:カイゼンの裏にあるもの Author(s) 上田, 浩; 石井, 良和; 外村, 孝一郎; 植木, 徹 Citation 情報処理学…” http…
RT @hayano: (福島民報)【3年連続で未検出 三春の小中学生内部被ばく検査】 http://t.co/HhtBRdXt9m 論文はこれ http://t.co/AeBoogq6Rt 和訳はここ http://t.co/ir7J4BcjyT http://t.co/eV…
RT @kojima_sakura: 「恵方巻」については以前も触れたのですが、テレビで何度も取り上げられているのを見ると、沓沢博行さんのこちらの論文を読んでほしいな、とまた思ってしまった。→https://t.co/gCRZTsTQFA 豆まきと違って、中世来の伝統、とかでは…
RT @yas_matsu: JSTの情報管理Vol57 J-STAGE公開日 20150101 「電子実験ノートを用いた知的財産保護の最前線」 https://t.co/RngsfiUOZi めずらしく長期署名の話が書いてある。まあ、理研の話もあるし、いいよね。
漢方自動問診システム(慶應) http://t.co/gNzmCyirUc , http://t.co/BMupGdj76o
[memo] DNSキャッシュのクライアントへの影響に関する調査(インターネット一般,インターネットと環境・エコロジー,一般) A Study on the Influence of DNS Cache http://t.co/O2BibQW3fO
RT @hayano: ↓ 福島県の食品由来の内部被ばくが低いことを30000人規模のホールボディーカウンター検査結果から明確に示した早野坪倉宮崎論文です http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳をこちらにて公開 → http://t.co/7OCOXt1rOj
RT @hayano: 福島県の食品由来の内部被ばくが,チェルノブイリ事故で知られている土壌汚染と内部被ばくの相関から予想されるよりも大幅に低いことを示す論文を坪倉先生,宮崎先生とともに書きました.本日日本学士院の英文査読付き論文として公開されました→ http://t. ...

お気に入り一覧(最新100件)

CSIRTで働くこと10数年、CSIRTの国際団体で4年。逆にCSIRTの定義がわからなくなってきたので、概念を整理しようと思い、論文を書きました。CSIRTとは被害者救済とシステムの復旧という目的、インシデント対応の機能、互恵主… https://t.co/KIQexiiuzB

フォロー(386ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @oikawamaru: 池田(2018)外来種はなぜ問題なのか? : 人と動物の関係からみる外来種問題 ここからPDFのリンクがありますね→ https://t.co/OTzdsflguO 講演録なのかな?とてもわかりやすく整理されていて、これは外来種問題に興味ある人は…
RT @tarokotani: イグ・ノーベル化学賞: 5歳児の1日当り唾液分泌量→ (安定の日本人受賞) https://t.co/JYsQwOxlaH
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…

フォロワー(517ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @dellganov: こうした説明はよく用いられるが、単純な管理の難しさでいえば地域資料の方が高い(ここでは優先順位という理由が背後にある)。マンガジャンル全体をBANしているのには、別の理由があるだろうということは、こちらに書いた。 https://t.co/EVsu…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…
RT @egamiday: 嬉しいアナウンスです。日文研のOCLC目録登録&海外ILLの経緯・実際・効果を報告する論文が『大学図書館研究』の最新記事としてOA公開されました。NC書誌をMARCに投入、海外ILL受付の現実等、目録メタデータ界隈の方にも海外日本研究界隈の方にもご笑…