言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

下記の文献はどうでしょう。 食卓の縁起に関する研究I : 恵方巻の受容とその背景 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008003108 http://libro.do-bunkyodai.ac.jp/research/pdf/journal32/12.pdf 現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として https: ...

Facebook (6 users, 6 posts)

「恵方巻き」 http://bit.ly/1DBM1CP 由来ははっきりしないらしい。「恵方巻」という名前をはっきり打ち出したのは、セブンイレブンだという。土用の丑の日やバレンタインのチョコレートの類いのようだ。 沓沢 博行 「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として」 https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_ma ...
RT @kojima_sakura: 「恵方巻」については以前も触れたのですが、テレビで何度も取り上げられているのを見ると、沓沢博行さんのこちらの論文を読んでほしいな、とまた思ってしまった。→https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block ...
昨日セブンイレブンに寄りましたら、店長のオリジナル録音による店内アナウンスがエンドレスで流れておりまして「恵方巻はセブンイレブンが広めました」と、堂々と言っておりました。周知のとおり、もとはローカルな文化ですが。 これはまあ、スケベ親父と言われてもいいんですけれども、巻き寿司にかぶりつくというのは、どう考えてもエロティックなシルエットで、僕はこれは、お座敷の余興だったのではないかと推測していたんで ...
恵方巻の歴史を調べた論文。どうやら擬似伝統文化らしいですね。 私は大阪出身ですが、子供の頃そんなにやかましく太巻きの話は してなかったと思います。 https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=18619&file_id=17&file_no=1
関西における「節分の巻き寿司」の商業的普及は1976年からで、「恵方巻」は1998年のセブンイレブンの造語、ということみたいです。 下記の論文で研究されてました。 関西で古くからあると言われるものの、古くからあると信じさせたいという動きも重なっていて、明確な起源は大正時代くらいからしか辿れないみたいです。 私自身は恵方巻は21世紀に入るまで知らなかったです。鳥取はセブンイレブンがないので、多分 ...
https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=83&item_id=18619&item_no=1 ←恵方巻きの起源について調べた学術論文(雑誌「比較民俗研究」に掲載)らしいが、どうも大正時代に大阪の一地域にあったらしいことまでは ...

Facebook における性別

はてなブックマーク (12 users, 12 posts)

[風習][恵方巻] 恵方巻に関する研究。昔ブクマしたが場所変わったので再ブクマ
[論文][民俗][society][つくばリポジトリ][恵方巻]
[現代史] 現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として
恵方巻きの起源由来を調べた資料。スキャンデータ。

Twitter (1086 users, 1224 posts, 741 favorites)

@ota_25 (「・ω・)「ホイ https://t.co/FE8HbHII3z
興味がおありでしたらこちらをどうぞ>https://t.co/bGoLNZTIJs
来年の節分の時に、 #恵方巻き撲滅 とか騒ぎ出した奴にはコイツで殴りかえせばおk>https://t.co/bGoLNZTIJs
完全に波に乗り遅れてるけど、全体的にコレを嫁ヨメ感>https://t.co/bGoLNZTIJs
きちんと出していないので、今一度。 『比較民俗研究』23号、沓沢博行「現代人における年中行事と見出される意味-恵方巻を事例として-」(https://t.co/JbSQuvrdt4) 岩崎武彦の調査についてもまとめられています。
“現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として - つくばリポジトリ” https://t.co/Y1MMRu7ybB
ええっと。まとめると、 ・大阪で節分に巻き寿司を食べる風習は、大正時代に花街で始まったらしい(明確な証拠はない) ・大阪で一般に広まったのは76年の早食いイベントから ・「恵方巻き」の名称は98年のセブンイレブンから であると>RT https://t.co/8jBCKOgZvc
@yoheitsunemi いまさらですが、これが恵方巻研究の現時点での決定版かと。冒頭で、私が例に出したなまはげに触れていて、縁を感じたので、ご参考まで。これから家で妻がスーパーで買ってきたやつをまるかぶります。 https://t.co/WWDR6sejBF
現代人における年中行事と見出される意味 一恵方巻を事例として(比較民俗研究)「恵方巻」という名称はセブン-イレブンが付けた商品名が由来https://t.co/NhZfAple8E毎年呟いているけど今年も。由来はどうでも楽しめればいい
恵方巻について論じるだけじゃ無くて、サン・ジョルディの日を引き合いに出して、ただ宣伝だけでは定着しない。定着した(新しい)風習には、その理由があると。なるほど面白かった。 https://t.co/5ndIp9q6rO
>この「恵方巻」という言葉は発見することができず、おそらくは商品化の段階で付けられたものであると考えられる。 https://t.co/5ndIp9q6rO 大阪の海苔協同組合がはじめた『節分の巻き寿司』をセブンイレブンが『恵方巻』として全国展開するまで『恵方巻」は無かったのねw
@millionmaro 恵方巻の由来については、こちらの論文に詳しく載ってます。 https://t.co/SMi0ZkqT4o
恵方巻の由来のうさんくささもそうだが、売り上げが7年間で35万本から300万本に急激に伸びたのって、結構なノルマが課せられたせいじゃ・・・ 現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として(〈特集2〉現代社会と民俗) https://t.co/8g3L8HxR8P
沓沢博行氏の「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として」には、大阪海苔協同組合が1976年に道頓堀で始めた「節分チャリティーセール」のイベントのメインが「巻きずしの丸かぶり早食い競争」だったとある。https://t.co/3CgB8W7dmC
筑波大学比較民俗研究会の紀要論文より。>「セブン・イレブン」の広島県内の店舗の個人オーナーが、「出身の大阪ではこんなものを食べる」と提案し商品化。 / 現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として https://t.co/VQqjiNAv8v
現代人における年中行事と見出される意味 一恵方巻を事例として- https://t.co/cwNFHtBtZj
>RT「沓沢博行さんの恵方巻論文を貼っておきます。 https://t.co/KeSwTDwUfE …」 →2009年3月付の論文。そういえば、サン・ジョルディの日が定められた86年(以降)はキャンペーンソングとかあったねえ。宮里久美さんの歌のサビだけ覚えてる(アイドル好き)。
節分が近づいて、また「恵方巻」の宣伝が目に付く季節に。節分という家庭の行事があるからそれに合わせた食べ物がある、というのは悪いことではないと思うのですが。これも年中行事になりましたが、また沓沢博行さんの恵方巻論文を貼っておきます。 https://t.co/iHSnw291CH
恵方巻きの大量廃棄は気分悪かったですね。恵方巻きについての論文を紹介しておきます。 ≫沓沢 博行「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として」 比較民俗研究 23 2009. 3 https://t.co/4r4F0SgXBf
@applejonagold @onoderamasaru 昨年は随分論争しました 【現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として 現代社会と民俗】https://t.co/n1op0ZL3yD … 今年はこちらにhttps://t.co/K1jgGR5ypB
ご教示ありがとうございます> 沓沢博行 「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として(〈特集2〉現代社会と民俗)」(『比較民俗研究』23号 2009-03-31) https://t.co/slY6ee3eSX @KONITASeiji
@mongamioko @gishigaku @arukeiarukei あれれ。これ、 https://t.co/aXiFBh3ZlO お読みになってますか?
現代人における年中行事と見出される意味 一恵方巻を事例として(比較民俗研究)「恵方巻」という名称はセブン-イレブンが付けた商品名が由来https://t.co/NhZfAple8E毎年呟いているけど今年も。由来はどうでも、みんな楽しめればいい
論文あった、発祥はともかく経緯は分かりやすいなぁ https://t.co/FC5JDzU6Ie
結局恵方巻はバレンタインのチョコレベルの「伝統」であるという話。面白いからやればいいとは思うけど「伝統」と言われるとうそ寒いんですよね…。 https://t.co/V0eyKB8CQW
@543life いつも楽しく拝見させていただいているのですが、季節のものと言っても、「恵方巻」は、近年コンビニチェーンが命名して流行らせたものなので、ちょっと違和感を感じました。こちらの論文に詳しいです。→https://t.co/iHSnw291CH
現代人における年中行事と見出される意味 恵方巻を事例として: https://t.co/z42i3VoByc
「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として」沓沢博行 〈(恵方巻は)「江戸時代の末期から明治にかけて」の時期に誕生したと記述される/江戸〜明治期にこの行事が存在したとする資料は今のところ見つかっていない〉 https://t.co/pJNwGL82RP
恵方巻についてよく知らないので色々調べてたらこんな研究論文があった。面白い! https://t.co/6qmQADTmsY
また恵方巻とかいう不快なクソ捏造マーケティングがうっせえ時期なので恵方巻についての民俗学の論文をば。 発祥地とされる大阪で生まれ育ってるけど、大阪ですら20年ちょい前ぐらいに突然現れた印象ですよあんなもん。 https://t.co/RwVvMMxqPo
毎年恒例、恵方巻きは伝統じゃないしセクハラだし、コンビニのは添加物だし、と言うのが流れてますね。 とりあえず、 沓沢 博行「現代人における年中行事と見出される意味--恵方巻を事例として」 https://t.co/aXiFBh3ZlO は読んでおくべきだと思います。
節分が近づいて、あの巻き寿司の宣伝が目に付くようになると、こちらも年中行事になってしまいましたが、沓沢博行さんの論文をまた紹介したくなりました。https://t.co/iHSnw291CH 某コンビニチェーンが「恵方巻」という商品名で全国発売したのは、1998年だそうです。
恵方巻きに伝統はない話面白かった http://t.co/wqp9w8yCCj
海苔をずっと韓国から輸入してて、「1977年にはついに国内産で需要が賄えるよう」ってことに驚いてしまった 恵方巻きのはじまりについて読んでたはずなのにhttps://t.co/n3bduxLdoj
沓沢博行(2009)「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として」比較民俗研究 : for Asian folklore studies, 23号, pp.131-151. https://t.co/1dmGD3bXRW
@croftsnemoto こんばんは。恵方巻の文献、さがしました。 https://t.co/sFz5pHusdM
@some_t_sky_neco https://t.co/kpAJ0NjdqJ この辺じゃないですか。
つくばリポジトリ http://t.co/CNKcZUdlFK
@skowithso ふむり。こんなのがあるようで。(まだ読んでない) https://t.co/LNPiWevehG
「一見馬鹿らしいこの競争が、この行事を関西における節分の定番行事へと押し上げるきっかけとなった。」 残念ながらこの主要命題の根拠が薄弱。 「現代人における年中行事と見出される意味」沓沢博行 https://t.co/qH5cx0qR7n
@SB_KE Wikipediaの参考文献に答えがあった!飛ばし読みだけどナルホド納得。 https://t.co/8qQ7LhIcbk
https://t.co/RIEkO39gIq 現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として(〈特集2〉現代社会と民俗) pdf長文ながら、読んでみるとなかなかおもしろい。戦後に生まれた年中行事の中でも、確かに根付いたものとそうでないものがある。
@kaname1975 恵方巻の論文見ると、大阪と、海苔業界ががんばった感じですかね。 →https://t.co/2v8bQHAJt9 "
@TONKICHI13 @viofatalevio どうやら大阪の船場で遊女に巻きずしを丸かぶりさせて遊んでいたらしい。「節分の巻き寿司」と呼ばれていたのをセブンイレブンが「恵方巻き」と名づけて売りだしたそうです。 https://t.co/XZ6x48E4d1
@masanork リンク切れの資料が見つかりました。 https://t.co/hvpSZLhC7J
"@LazyWorkz: 現代人における年中行事と見出される意味一恵方巻を事例として一 https://t.co/wM409qS3Kc(以下略" 皆さま、サザエさんより歴史が浅いものらしいですよ。
沓沢博行(2009)「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として」、『比較民俗研究』第23号、131-151頁。 https://t.co/AXR8uyIbbj
恵方巻き 私には、こんな習慣ないもん おもしろいのを見つけた(PDFです) https://t.co/Tul61cjgvA
現代人における年中行事と見出される意味 一恵方巻を事例として(比較民俗研究)「恵方巻」という名称はセブン-イレブンが付けた商品名が由来https://t.co/NhZfAqc1wQ創られた伝統
「現代人における年中行事と見出される意味 一恵方巻を事例として-」 https://t.co/NKEcVUjLo2
@inula なが~い論文があるよ。 http://t.co/DhQveZTSbq
現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として(〈特集2〉現代社会と民俗) https://t.co/3s40wTONcL
現代人における年中行事と見出される意味一恵方巻を事例として一 https://t.co/4s3ovSOYQf 恵方巻きの基本学術論文、今まで読んでなかったのがはずかしい。 伝統捏造の歴史をたどると、関西でさえ定着は1976年以降らしい。スーパー戦隊と同じぐらい日本の伝統だなあ。
恵方巻のまことしやかな由来と成功の秘密を検証する沓沢博行さんの論文。文字資料として最も古いのは昭和7年の大阪鮮商組合のチラシ。「大阪商人が持ち得た巧みな伝統利用の視点を伺うことが出来る」恵方巻の呼称を採用したのはセブンイレブン https://t.co/5XQBQeXGbz
@atehaka 騙された気分wこの本文中の「伝統の操作」は言い得て妙です。 https://t.co/cBSAfaevI1
読んだ。私が思っていたよりも伝統的な行事だったのだな。「恵方巻」という名付けの効果。:現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として(〈特集2〉現代社会と民俗) http://t.co/pVzTqy5jhU
【恵方巻き考察】伝統的年中行事と似非年中行事とのズレ。サン・ジョルデイの日が根付かなかった理由www (これは平賀源内の憂欝) ⇒現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として(現代社会と民俗)(つくばリポジトリ) https://t.co/MoRdIA8sDD
「節分の巻き寿司」の普及は1976年から、「恵方巻」は1998年のセブンイレブンの造語 RT @a_saitoh: 恵方巻き、はセブンイレブンによる造語であるのかぁ。もともと「節分の巻き寿司」「節分のまるかぶり寿司」など雑多な言い方。https://t.co/oSkE98zg4N
恵方巻き、はセブンイレブンによる造語であるのかぁ。もともと「節分の巻き寿司」「節分のまるかぶり寿司」など雑多な言い方をされていた。https://t.co/gVO1LRUIXC
それは出典Wikipediaではなく、比較民俗研究「現代人における年中行事と見出される意味 恵方巻を事例として」 https://t.co/lBSrWPcrrE を出典として掲示すべきだと思う
https://t.co/nirw0IkoXv ←恵方巻きの起源について調べた学術論文(雑誌「比較民俗研究」に掲載)らしいが、どうも大正時代に大阪の一地域にあったらしいことまでは遡れるが、その先の由来はかなりあやしいらしい・・・。どうも海苔屋のキャンペーンだったのは確かみたいだ
@akane_neko @usakororin @MD5500 小形さんのtweetの資料が読み応えありますよ。 https://t.co/k63HGuV8S8
現代人における年中行事と見出される意味 一恵方巻を事例として- 沓沢博行 http://t.co/buRGrX5IdJ 〈少なくとも大正期、戦前にはすでに存在し、大阪のごく限られた地域で行われていた風習であること、寿司屋がそれを利用して(…)販売促進活動を当時から行っていた〉
友人に紹介してもらった恵方巻に関する研究。なかなか面白かった|つくばリポジトリ https://t.co/ScBAjaUS1G
@Yuuki_Mk2 FBで友人がこんなのを紹介してくれてました。(筑波リポジトリ) https://t.co/QofjmVf5iP
沓沢博行「現代人における年中行事と見出される 意味 恵方巻を事例として」 https://t.co/NxLFFldkpg ここら見ると、戦前から大阪の一部であった風習を海苔屋がキャンペーンに利用し、さらに近年セブンイレブンが利用したってことのようですな<恵方巻
wikiのリンク先の論文に飛ぼうとしても、404になっているので、リンク先を貼り直しますね。 http://t.co/gHlgCumupQ 現代人における年中行事と見出される意味 :  恵 方 巻 を事例として(〈特集2〉現代社会と民俗) 沓沢博行 氏(学芸員)比較民俗研究
あ、これ、面白い。 現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として(〈特集2〉現代社会と民俗)、2009-03-31 https://t.co/3fDObKGP69
「恵方巻」については以前も触れたのですが、テレビで何度も取り上げられているのを見ると、沓沢博行さんのこちらの論文を読んでほしいな、とまた思ってしまった。→https://t.co/gCRZTsTQFA 豆まきと違って、中世来の伝統、とかでは全然ないです。本になるといいのですが。
節分なので紹介しておきますね。 「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として」 https://t.co/nj74s5Gnny
恵方巻きについてはこの研究が色々興味深いが(PDF資料)、とにかくいちばん印象に残ったのは大阪の花柳界でなされていたという言い伝えだな…。 https://t.co/wuuST7kt8g
@warosu_barosu 正確には「諸説あるが確証はない」なんだよなー https://t.co/9KvUaWmpoV
@ken_sudo こんな論文がありますよ。 http://t.co/DhQveZTSbq 7の陰謀は間違いないようです。W
『現代人における年中行事と見出される意味  一恵方巻を事例として- 』 (PDF) https://t.co/jgzprrmRPv
@kihiro823 では、これをご一読下さい。 https://t.co/jgzprrmRPv
@Hachi_Astroboy @iseakira @alice_777 @iseakiraさん  はち公さんはこの論文をもとに話してらっしゃるのですから、 あとは論文を相手にどうぞ 「…年中行事… 恵方巻」https://t.co/n1op10BQWP … …
@alice_777 @Hachi_Astroboy @sakuraporin @hahajun3 はち公さんより 沓沢 博行さんの論文  現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として(〈特集2〉現代社会と民俗) https://t.co/n1op10BQWP
面白いですね。-花街の伝統 戦後の業者 お酢組合や海苔組合や寿司業界によるニッパチの販売促進活動。 「恵方巻きは古くからの伝統ですよ」という触れ込みの「伝統の操作」 @Hachi_Astroboy @alice_777 https://t.co/ep2A24CyYp …
こんな論文が出てきました…> https://t.co/n0FaJ8IIim 戦前資料としては一応、花街の伝統と書いた昭和7年の広告チラシがあるみたいです。資料の大半は、戦後に業者が古くからの風習と宣伝したものみたいです @alice_777 @ponkohaha000
沓沢博行 (2009年3月31日). “比較民俗研究「現代人における年中行事と見出される意味 恵方巻を事例として」 (PDF)”. 比較民俗研究for Asian folklore studies. 23号. 筑波大学比較民俗研究会 https://t.co/qSZlc6vo61
現代人における年中行事と見出される意味 一恵方巻を事例として- 沓沢博行 (2009年3月31日). http://t.co/fwIZey8yEL
土用の丑の日と同じか RT @poe1985: 「夏の恵方巻」って何だよと思っていたら、「恵方巻」という単語自体、セブンイレブンが全国に定着させたものだという。習慣自体は関西の一部にはあったが、「巻き寿司」など呼称はばらばらだった。 https://t.co/9ym4mzdlJA
左に同じく! RT→“@poe1985: 「夏の恵方巻」って何だよと思っていたら、「恵方巻」という単語自体、セブンイレブンが全国に定着させたものだという。習慣自体は関西の一部にはあったが、「巻き寿司」など呼称はばらばらだった。 https://t.co/lwXJgjroxG”
恒例行事:恵方巻は作られた伝統。恵方巻と名付けたのはセブンイレブン。文献資料で最古は昭和7年。大阪海苔問屋協同組合が1951年に巻き寿司丸かぶりの販促で成功。/沓沢博行「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として」 http://t.co/lmTBSD0ter
[2009/3]現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として(〈特集2〉現代社会と民俗)沓沢博行氏 筑波大学比較民俗研究会 http://t.co/tggyjOAs4Y
読んだ。「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として(〈特集2〉現代社会と民俗)沓沢博行著【比較民俗研究 : for Asian folklore studies】(つくばポジトリ ) https://t.co/8FgDME0776
クリップ QT 沓沢博行「現代人における年中行事と見出される意味 : 恵方巻を事例として」 比較民俗研究 (23), 131-151, 2009-03,筑波大学比較民俗研究会 http://t.co/xIiMDGVX
一部で話題になっている、恵方巻の論文(酷い省略)です。日付が変わらないうちにどうぞ。http://t.co/WFPBJiEO
これの5ページ目の4番な。"船場の旦那衆が節分の日に、遊女に巻きずしを丸かぶりさせて、お大尽遊びをしていたことに端を発するという説" http://t.co/txDJqdjd

収集済み URL リスト

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=83&item_id=18619&item_no=1 (938)

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=18619&item_no=1&page_id=13&block_id=83 (137)

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=18619&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1 (39)

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=18619&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1&page_id=13&block_id=83 (10)