ぽん@ぽこぽん (@pharma_pon)

投稿一覧(最新100件)

@tsuneyoshida リプありがとうございます。 いろいろ調べてみると、スタチンのLDL低下効果としては、横ばい〜弱くなることが予測されました。 https://t.co/AMq7LItB3O https://t.co/9wT76ndOu2
薬物の体内動態に及ぼすSLCO1B1遺伝子多型の影響と臨床的意義 https://t.co/9wT76ndOu2
@kuro_cardio 自分もあまり詳しくないのですが、レビー型だと一般的に薬剤高感受性らしいです(特に抗精神薬)。 AchEiにも高感受性かもしれないhttps://t.co/1fM5sLN6aK といった報告もあるようで、極少量での症状改善例などがあるようです。 https://t.co/jBhFcLKbxw
RT @kadsho: 心不全の病態評価と標準薬物治療 #アプライドセラピューティクス #アプセラ https://t.co/xX1q7kNawp
RT @Office_j: 【備忘】JAT誌に、アジア・太平洋動脈硬化・血管疾患学会による、末梢動脈疾患管理に関するコンセンサスステートメント。 DOACはClass IIbでお目見え。抗血小板薬ではチカグレロルがClass III。 https://t.co/sKHKsd2…
RT @kadsho: Is Concomitant Therapy with Acetaminophen and Low-dose Aspirin a Risk Factor for CKD Progression? A 6-Year Cohort Study #Yakug…
RT @kadsho: Reduction in the Doses of Direct Oral Anticoagulants #DOAC and Risk of Ischemic Stroke Events: A Hospital Survey #BPB https://…
RT @ClinpharmZono: 集中治療室における薬剤師の活動指針 めでたく公開されました。 https://t.co/bw0ofz7pa0
RT @kadsho: #ベプリジル はQT延長と濃度と比例し、また濃度が高い患者で投与量が多いことが示されており、2012年にはTDM対象薬になっています。濃度測定はすべきと思います。 不整脈例におけるベプリジルの至適投与量と血中濃度域 心電図 2011 https://t…
RT @kadsho: 医薬品情報 2020 自発報告に基づくシグナル検出ができること、できないこと-その理論と実践- https://t.co/HlBnzIzNv3
RT @Office_j: 【AFがHFpEF転帰に与える影響は?:日本データ/ Circ J】 日本多施設レジストリ、HFpEF入院408例、714日 [中央値] 観察:CAD非合併例では、AF合併で、非合併に比べ、死亡・HF入院リスク高。発作性と持続性の間には有意なリスク…
RT @clockwork1974: @Nagi_nao そうですね、リンは既に報告がありますね。 https://t.co/2rAUflDHER
RT @kadsho: タゾピペ投与患者で低カリウム血症が2割程度に見られる。 Incidence and Risk Factors of Hypokalemia in Tazobactam/Piperacillin-administered Patients #薬学雑誌 h…
円形脱毛症のガイドラインを発見。無料で見れる。 日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2017年版 https://t.co/wTh5SAYPvM
テルミサルタンとアスピリン腸溶錠の一包化でアスピリンの溶出低下? https://t.co/1VNiDaeVuc これ結構影響あるのかな……
RT @Office_j: 【伏見AFレジストリ、OAC服用2478例解析:22%が抗血小板薬併用。併用例では、大出血のみならず、脳卒中・塞栓症リスクも、OACのみ服用例に比べ有意に高 [HR 1.48、95%CI 1.09-1.95] 】 Circ J https://t.…
RT @yakkyoku1950: 薬剤誘発性肝障害DILIの予測ソフトDILIsymを使って、DILIでどれくらい肝細胞が死んでいるかを迅速推定するというCPTの報告 https://t.co/TTQ2gYoU6v なお、DILIsymについては、2018年5月号のファルマシ…

お気に入り一覧(最新100件)

『薬からの摂取嚥下臨床実践メソッド』p.51「オブラートに包んで服薬すると効果が弱まる薬剤もあるため9)、使用する前は薬剤師に相談・確認するとよい。」という記述は、 「薬剤師ならこの論文は絶対読んどけ」と書いてるように俺には見えるので読みます。 https://t.co/1YwvVTtXUb
心不全の病態評価と標準薬物治療 #アプライドセラピューティクス #アプセラ https://t.co/xX1q7kNawp
医薬品情報 2020 自発報告に基づくシグナル検出ができること、できないこと-その理論と実践- https://t.co/HlBnzIzNv3
【AFがHFpEF転帰に与える影響は?:日本データ/ Circ J】 日本多施設レジストリ、HFpEF入院408例、714日 [中央値] 観察:CAD非合併例では、AF合併で、非合併に比べ、死亡・HF入院リスク高。発作性と持続性の間には有意なリスク差なし。 https://t.co/eIkeEDsLTq https://t.co/dhyNakwKY6
タゾピペ投与患者で低カリウム血症が2割程度に見られる。 Incidence and Risk Factors of Hypokalemia in Tazobactam/Piperacillin-administered Patients #薬学雑誌 https://t.co/NY8kc22W9q
これは良い論文だなあ(^-^) 薬物性光線過敏症と紫外線可視吸収スペクトルと構造の関連, 医薬品情報学, 2019, 21(2), 70-78. https://t.co/4333eT8tel
#ニボルマブ 誘発性心筋炎に対してステロイドパルスが有効であった症例報告およぶ文献レビュー 症例経験ないので読んどこ #Nivolumab-induced Myocarditis Successfully Treated with Corticosteroid Therapy: A Case Report and Review of the Literature #InternMed #PD1 https://t.co/WbKNBqkJV0
・・・後頸部痛と両手の攣り(つり)を主訴に救急搬送・・・ここポイントですね
ルビプロストン投与により大腸メラノーシスが改善した維持透析患者の1例。https://t.co/AeFnYYhLKb
【NVAFに対するジギタリスは有用/有害?:J-RHYTHMレジストリ】 NVAF 7018例、2年観察:ジギタリス服用例 [n=802] では、非服用例に比べ、死亡率は有意に高 [4.4% vs. 2.4%]。ただし傾向スコアマッチ後の死亡HRは1.31 [95%CI 0.70-2.46]。 https://t.co/7PF5YNMzES https://t.co/5YMZ0A4cmS
セフトリアキソンによる脳症の症例報告が散見されますね。   Encephalopathy Induced by High Plasma and Cerebrospinal Fluid #Ceftriaxone #CTRX Concentrations in a #Hemodialysis #HD Patient #InternMed https://t.co/ZNlnDFrwOw
気胸で胸腔内に50%ブドウ糖液を200mL????と思いましたが、再発予防なんかで使われるのですね。不勉強でした。https://t.co/YCNvB4P2BB
【DOAC承認外低用量による転帰増悪は認められず:SAKURA-AFレジストリ/ Circ J】 DOAC服用AF 1676例、39.3カ月 [中央値] 観察:承認正常用量服用例に比べ、承認外低用量例 [22.2%] における脳卒中・塞栓症の補正後HRは0.88 [95%CI 0.42-1.74]。大出血も0.52 [0.21-1.143] 。 https://t.co/pwENCHmamF https://t.co/u9zZ3hmZnX

フォロー(380ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

J-STAGE Articles - Intake of Vegetables and Fruits and the Risk of Cataract Incidence in a Japanese Population: The Japan Public Health Center-Based Prospective Study https://t.co/JBXyYn58Ry
J-STAGE Articles - Relationship between neighborhood food environment and diet variety in Japanese rural community-dwelling elderly: a cross-sectional study https://t.co/1e8gLcWEFH
J-STAGE Articles - Relationship between non-fasting triglycerides and cardiovascular disease mortality in a 20-year follow-up study of a Japanese general population: NIPPON DATA90 https://t.co/fsPjoXXzN4
RT @Fizz_DI: 東日本大震災の発生後1~2ヶ月は1型DM患者のHbA1cが悪化したという報告。食事内容の偏りやインスリン製剤不足の影響、sick day対応も困難だった可能性。 糖尿病.57(1):16-21,(2014) 「東日本大震災による 1 型糖尿病患者の血…
東日本大震災の発生後1~2ヶ月は1型DM患者のHbA1cが悪化したという報告。食事内容の偏りやインスリン製剤不足の影響、sick day対応も困難だった可能性。 糖尿病.57(1):16-21,(2014) 「東日本大震災による 1 型糖尿病患者の血糖コントロール悪化に関わる因子の検討」 https://t.co/PZuGRMujwo
針を付けたままインスリン製剤を保管すると、製剤内への空気混入・薬液の漏出を繰り返すことによって薬剤濃度が変化する可能性がある。 糖尿病.50(12):877-82,(2007) 「インスリンカートリッジ内への空気混入が製剤の濃度および注入器の注入精度に与える影響について」 https://t.co/zmVh4vaVlE
更年期ではエストロゲンの低下により手や腰の関節や骨が痛むことがあります。 更年期症状とリウマチの症状、見分けるのが難しいことがりますね。。。_φ(・_・ https://t.co/F9Xg9RzZfg https://t.co/mwCxWpUCP6
【備忘】 久山町研究から、「冠動脈イベント・アテローム血栓性脳梗塞」(ASCVD)の10年間発生率予測スコア登場。 JAT https://t.co/OravFEhmzB https://t.co/psrygLcaLy
めも◆バイオ医薬に活用される粘膜吸収促進剤の開発 https://t.co/wPgveNJQhc
J-STAGE Articles - ニキビの発症メカニズム,治療,予防 https://t.co/PZ8NgCptUo

フォロワー(547ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

東日本大震災の発生後1~2ヶ月は1型DM患者のHbA1cが悪化したという報告。食事内容の偏りやインスリン製剤不足の影響、sick day対応も困難だった可能性。 糖尿病.57(1):16-21,(2014) 「東日本大震災による 1 型糖尿病患者の血糖コントロール悪化に関わる因子の検討」 https://t.co/PZuGRMujwo
針を付けたままインスリン製剤を保管すると、製剤内への空気混入・薬液の漏出を繰り返すことによって薬剤濃度が変化する可能性がある。 糖尿病.50(12):877-82,(2007) 「インスリンカートリッジ内への空気混入が製剤の濃度および注入器の注入精度に与える影響について」 https://t.co/zmVh4vaVlE
【備忘】 久山町研究から、「冠動脈イベント・アテローム血栓性脳梗塞」(ASCVD)の10年間発生率予測スコア登場。 JAT https://t.co/OravFEhmzB https://t.co/psrygLcaLy
ひさびさに整形外科でファモチジンが処方されているのを見た。 改めて確認。 『肩石灰性腱炎に対するH2受容体拮抗薬の治療効果』 https://t.co/s4V3JSPVxy https://t.co/o4Uxjxg5j2