やまうち (@takashiyam)

投稿一覧(最新100件)

19 0 0 0 OA 洋式適用規矩術

RT @rhenin: 雑誌『建築史学』に掲載した小生の博士論文の中核をなす論文が無料公開されました。西洋建築に応用された大工の奥義である規矩術の事例を挙げ、実はそれが近代的な知的所産であったことを示唆したものです。J-STAGE Articles - 洋式適用規矩術 http…
@yakemachiyake 『土偶研究の地平 第2集』明大の図書館で読みました。明大の図書館は、名前記入で一般人でも入れました。都埋文は、所蔵していて一般人は見られない場所でした。 https://t.co/rVT8njcBRV
@Tot_typeT_time 縄文人も雪合戦はやりそう。江戸時代の雪だるまは「江戸名所道戯尽 廿二 御蔵前の雪」によると達磨大師、頭巾をかぶった羅漢像のようだったみたいです。雪だるまも時代で変わりそうです。https://t.co/USBYDFfVHw
RT @NIJL_collectors: 押し潰されたい… https://t.co/HhxYCWQ7V6 https://t.co/fNXtW0RKKQ
山本鼎「図画と手工の話」http://t.co/QobTIBqZn4
「濠洲及南洋土人の芸術」という本でした。http://t.co/rztrF9cU7C < 不思議な像だなと。憑依してるぽい。http://t.co/1deecRDQAs @u_u_t_t @naotakamiyazaki
@cezannisme ワタリウムのVHSシリーズとか見ると鶴来のVHSに若い村上隆とか出てくるよ。 Polyrhythmって作品と本人が出てくる。http://t.co/qWavKKNipQ 多分これ http://t.co/EHiYoeC2nc 水の波紋は蔡國強や曽根裕など
RT @oqoom: 平野千枝子「ゴードン・マッタ=クラーク作品における料理の意味」 http://t.co/vQeCagL5t1
こういうの調べてる方がいるのかと、案外、この時代に戻ってる・繰り返してるのかもなと。RT@rob_art 田村画廊, 真木画廊, 駒井画廊, 真木・田村画廊 : 展覧会リスト 和光大学芸術学科三上研究室, 2009.5 http://t.co/ANZpyLkZL5
RT @gasenetta: dotの設立メンバーは今日登壇した石田達郎さんのほか、泉孝昭、小林耕平、渡辺豪などちょっとすごい高打率というか。CiNii 論文 -  14の「点」たち : アートスペースdotの第一期活動期 http://t.co/HR01VgbWsc #CiN…
野川と多摩川 http://t.co/nygCTCMg0t
こういうのも保管してるのか  石巻日日新聞(号外). 平成23年3月12日http://t.co/lRvHHOgAp4

280 0 0 0 OA 母性の保護

「女性手帳」みたいの昔もあったんだな。うめやふやせや http://t.co/1NWEAuvm9E

お気に入り一覧(最新100件)

この論文、https://t.co/WX8ywgjSwk 面白かった。力士の身体には男性ジェンダーと女性ジェンダーが共存していると。相撲はミソジニーな競技なだけにその分、力士自身が女性ジェンダーを保管する必要が生じていると。
入眠時心像ですね.なぜこれが見えるのかメカニズムについては,未だよくわかっていないと思います.人によって様々で研究が難しいのですが,論文は 嵩原・田中・岩城 (2018) 入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理… https://t.co/r1pP1joD0V
凌雲閣の場所ってはっきりしないのか。東京帝国大学罹災者情報局編『帝都大震火災系統地図解説索引付』(大正12)https://t.co/ki7qKxkcJq だと今回出た遺構の位置と整合してるっぽいけど。 https://t.co/1zsLrq9Cei
博論要約、アツいフレーズが。「近代日本とはまさに「記念植樹」によって出来上がったのではないか」 / “「記念植樹」と近代日本-林学者本多静六の思想と事績を手掛かりに-|総合研究大学院大学学術情報リポジトリ” https://t.co/hdfdDq1dOB
やばい。難波弘之が書評論文として約2万字にわたり、蛇おじさんの「電子音楽イン・ジャパン」を一つひとつ丁寧につっこみまくっていた。マジかよ。 https://t.co/YOQNK9ZJ5j
こちらは天皇陛下の2008年発表のタヌキの論文だぉ CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/jWHUQQuVBp #CiNii

13 0 0 0 OA 本草図譜 巻5-96

#芸術植物園 岩崎灌園『本草図譜』 / “国立国会図書館デジタルコレクション - 本草図譜 巻5-96” http://t.co/EtOVBzPNZu
読んだ。 / “俵浩三「近代日本における植物図鑑の発達とその背景」『造園雑誌』vol. 57 (1993)” http://t.co/eIxB44RhJ0
WEBコミックにおける新たな文法形式の研究/~映画的手法の組み替えと「伝統」の更新~ http://t.co/blP93vzbxz

168 0 0 0 OA 大和本草

そういえば昨日行った「医は仁術展」に、こんなかわいいカブトガニがいました。ほかのページもここからよめるよ!http://t.co/dsjkiVrsyz http://t.co/sRXSw5X1Js
近デジ本の落書きといえば、妖怪クラスタ的にはやっぱりこれですかね。 >国立国会図書館デジタル化資料 - 百鬼夜行 3巻拾遺3巻. [1] http://t.co/rxnxibzhjL
国会図書館では知らぬ間に斯様な稀覯モダニズム詩集もデジタル公開されるやうになってゐました。拙サイトのアーカイブ公開方針も再検討しなくてはなりません。もっともそれはそれで大歓迎のこと。塩寺はるよ詩集『化粧匣の都邑』http://t.co/4rkTB6MoXM
藤森先生の大学時代の発表梗概。これが伝説の「看板建築」という言葉の初出となった発表か。 >CiNii 論文 -  8092 看板建築の概念について : 近代日本都市・建築史の研究1-1 http://t.co/v7EEAD8t #CiNii
CiNii 論文 - サイ・トゥオンブリの写真 : 「脱・視覚」画家の視覚装置 川田都樹子 http://t.co/r4lcZNT
おもしろい。RT @maerchendiver: 村山,康男「E・ドラクロワの写真観」1988年 http://hdl.handle.net/2261/7772

フォロー(1059ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

31 31 23 2 OA 後漢書 120卷

RT @NIJL_collectors: >RT 表紙に胡粉(?)で書いてある「荒」の文字https://t.co/eUQx41jOvQ が気になって、旧蔵印の「尾之総見寺」でググると、早稲田の資料がヒットhttps://t.co/9j6JshvG93 こちらは、全冊に「陽」の…

31 31 23 2 OA 後漢書 120卷

RT @tarokotani: @hashimoto_tokyo この「コマ番号95」ですね。見事な足跡です。 これからDNAシーケンス取れないかな…。 https://t.co/TJScrw3VBm
RT @Araiyayon: @NIJL_collectors 「尾之総見寺」の印がある本は、「荒」「陽」以外に、 「致」https://t.co/jSRfJUOyJH 「列」https://t.co/Ke7lQNd2rB 千字文の「天地玄黄~」を序数として使うこともあるそう…
RT @Araiyayon: @NIJL_collectors 「尾之総見寺」の印がある本は、「荒」「陽」以外に、 「致」https://t.co/jSRfJUOyJH 「列」https://t.co/Ke7lQNd2rB 千字文の「天地玄黄~」を序数として使うこともあるそう…

31 31 23 2 OA 後漢書 120卷

>RT 表紙に胡粉(?)で書いてある「荒」の文字https://t.co/eUQx41jOvQ が気になって、旧蔵印の「尾之総見寺」でググると、早稲田の資料がヒットhttps://t.co/9j6JshvG93 こちらは、全冊に「陽」の文字がある。分類か何かなのかなぁ…

31 31 23 2 OA 後漢書 120卷

RT @tsysoba: こんな「痕跡本」があったとは。画像は https://t.co/3GXGorPIqF で確認可。 / “400年前の本に幼児の足跡? 国会図書館の所蔵品に:朝日新聞デジタル” https://t.co/6GIWmrcU3Q
RT @haetorihiroba: 先月末、@Baboon_sai 馬場友希さん、山内健生さんと共著で発表した論文が出版されました。屋久島で採集されたウラシマグモの仲間が、日本から初めて見つかる種だとわかり、「タイリクヤバネウラシマグモ」という和名をつけました。 https:…
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
RT @isaactruth: 昔、「現場とは何か」を書いた時からずっとそれなりに引っかかっている問いだけど、毎日その現場で暮らしている「現場の人」とそこに研究で現われる研究者とのディスコミュニケーションって、たぶん調査に入る社会科学研究者につきまとうある意味永遠の課題だなぁと…
RT 林芙美子のキスマークつきラブレターが展示されるのかあ…夫にそんな手紙を書き送りつつも、白井晟一と付き合ったりなどしていたパリ生活、林芙美子、さすがというかなんというか
RT @J_modoki: 「考古学の究極的な価値は特定の人間集団の関心を超えたところにこそあるべきだ」常木 晃『歴史認識と考古学』https://t.co/xkiiexiPbU
「考古学の究極的な価値は特定の人間集団の関心を超えたところにこそあるべきだ」常木 晃『歴史認識と考古学』https://t.co/xkiiexiPbU
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
RT @lwrdhtw: バルトの『明るい部屋』を実在論的な写真論が展開されたものとして解釈。おもしろかった! 岡本源太「写真と実在、そして真実 : ロラン・バルトによる写真の実在論」 https://t.co/BgyiHgof4d
H.G.ウエルズ 著、堀口熊二 訳、東亜堂書房 刊の『?之人』は、ここで読めます。 https://t.co/n4EOkj4ONH 前書きによると、本のタイトルを翻訳者としては『見えない人』としたかったらしい。 https://t.co/eGAS1bgwLY
RT @lwrdhtw: バルトの『明るい部屋』を実在論的な写真論が展開されたものとして解釈。おもしろかった! 岡本源太「写真と実在、そして真実 : ロラン・バルトによる写真の実在論」 https://t.co/BgyiHgof4d
RT @morita11: "CiNii 論文 -  〈富士見文庫〉検証 : ライトノベルとジュブナイルポルノの"源流"をめぐって" https://t.co/LtEvEqj99n
RT @lwrdhtw: バルトの『明るい部屋』を実在論的な写真論が展開されたものとして解釈。おもしろかった! 岡本源太「写真と実在、そして真実 : ロラン・バルトによる写真の実在論」 https://t.co/BgyiHgof4d
@okumiomote @Tot_typeT_time 年代からしてコレでしょうかねぇ? 先のものよりは所蔵館が多いも。 https://t.co/MC7zvurxQz

フォロワー(1149ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フェノロサが薬師寺の東塔を評した「凍れる音楽」という隻句は大抵の奈良観光ガイドに載っているはずだが、出典はゲーテ(っつうかエッカーマンの『対話』)で、しかもゲーテは(そうではなく)「むしろ沈黙した音楽というべきだ」と言っているとか… https://t.co/yvLcV4fVLw

6 1 1 0 OA 一瓢雑話

RT @guilloid: 細木原青起『日本漫画史』はGoogleブックスで。鳥羽僧正とか漫画の字義とか http://t.co/3yWXVTdz 一瓢は近デジの『一瓢雑話』「漫画の修行」やその脚注「漫画の名称は概容左の如し」あたりも http://t.co/icg2neOf
RT @piconari3242: 小川陽一先生の「明代小説における相法」を何をきっかけにして知ったのかずっと考えていてやっと思い出した。川先生の論文の注で触れられていたんだわ。 川浩一「「凶相」の「好漢」--《水滸伝》における人物の容貌描写について」 https://t.c…
RT @J_modoki: 「考古学の究極的な価値は特定の人間集団の関心を超えたところにこそあるべきだ」常木 晃『歴史認識と考古学』https://t.co/xkiiexiPbU
RT @lwrdhtw: バルトの『明るい部屋』を実在論的な写真論が展開されたものとして解釈。おもしろかった! 岡本源太「写真と実在、そして真実 : ロラン・バルトによる写真の実在論」 https://t.co/BgyiHgof4d
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
RT @tawaki79: 読売新聞グッジョブ。よくここまで踏み込んだなあと心底感心しました。自分の研究の最初期もこの連載に近い雰囲気でした。原点を思い出させて頂き感謝。 白波瀬達也、2007、「釜ヶ崎におけるホームレス伝道の社会学的考察 : もうひとつの野宿者支援」『宗教と…
RT @morita11: "CiNii 論文 -  サブカルチャーの文脈において萌えを連想させる関連語についての研究" https://t.co/kf1TZEEjQe ※本文リンクあり
拙著『戦国秦漢出土術数文献の基礎的研究』(北海道大学大学院文学研究科研究叢書27)北海道大学出版会 2014 大学図書館所蔵先です。 https://t.co/xIAnjw5D77