著者
北澤 直宏
出版者
京都大学
雑誌
東南アジア研究 (ISSN:05638682)
巻号頁・発行日
vol.50, no.2, pp.273-302, 2013-01-31

This paper aims at assessing the relationship between religion and politics in contemporary Vietnam, with a focus on Caodaism reorganization. After the Vietnam War, the socialist government regarded religion as a nuisance and carried out a retaliatory re-education program—to no effect. In the process of clamping down on anti-government movements by devotees, the Communist Party conducted in-depth analysis on Caodaism and decided to remove the religious dignitaries, in line with their policy of suppressing religious authorities. In 1979, with the cooperation of some dignitaries, the government promulgated the Caodai Decree 01, aimed at the dissolution all Caodaism organizations. The Caodai Holy See was placed under the control of the state and changes were imposed; however, many branch temples subsequently reverted to selfmanagement. There are three possible reasons for this: first, the Holy See had lost all authority and influence over the branch temples; second, branch temples ignored the modified Holy See as the latter had obeyed the socialist government and betrayed Caodaism Law; third, there was no consistent policy in each province. These phenomena rattled the Communist Party, which feared its own collapse, in an echo of events in the Soviet Union. It thus embarked on a plan in 1992 to reorganize Caodaism, with the aim of occupying and controlling branch temples through "educated" dignitaries. While it is certain that Caodaism was officially recognized in 1997, this did not signal the beginning of religious freedom. On the contrary, it only reflected the Communist Party's policy to control religious opponents by authorizing religions.
著者
北澤 直宏
巻号頁・発行日
2014-04-25 (Released:2015-01-22)

本研究の目的は、宗教事情を通した、ベトナム近現代史の再考である。本年度は、特に以下の2項目で進展が見られた。1つ目は、南ベトナムの大統領であり、宗教の弾圧者として知られるゴー・ディン・ジェム政権(1955-1963)の宗教政策の分析である。そもそも、共産党の独裁体制が続くベトナムにおいて、公定史観以外の視点は把握し難い。特に共産党に敵対し滅びた南ベトナムは、今日においても否定的な言説が目立つ。新たな視点を提供は、より相対的な歴史事情を把握する上で不可欠と言えるだろう。新資料の分析により明らかになったのは、ジェムの政策が、当時のベトナムには馴染みのなかった「政教分離」の導入を図っていた点である。しかしこれは宗教勢力から反発を招き、やがて彼は弾圧者として否定的な評価が強調されていくことになる。2つ目は、宗教者の交流を通した、日本-ベトナム関係の考察である。これは歴史資料の分析に加え、各地にある在日ベトナム人宗教施設での調査を主としている。そこで明らかになったのは、20世紀から始まる両国宗教者の交流が、互いの無関心により成り立っていた事実である。そもそも日本の宗教者が示していたベトナムへの関心は、1940年代の南方進出及び1960年代以降に激化したベトナム戦争という、時勢に左右されたものであった。一方ベトナム側では、1950年代以降日本留学を経験する宗教者が続出している。しかし彼らの目的は、日本で学位を取得することであったため、彼らは70年代以降その拠点を欧米に移し始める。このような漠然とした友好関係は、互いが交流しないからこそ可能であった。訪日ベトナム人数が増え続け、在日共同体も拡大を続けていった近い将来、この見せ掛けの関係が破綻する可能性は否定できないだろう。