著者
武田 雅哉 田村 容子 加部 勇一郎 向後 恵里子 濱田 麻矢 越野 剛
巻号頁・発行日
2013-04-01 (Released:2013-05-21)

本研究は、中国における「乳房」の表象を、中華圏(中国大陸以外の中国語圏を含む)・ロシア・日本の各地域における表象と比較し、非西欧圏・社会主義圏における「乳房」イメージの生成、交流、変遷について明らかにするものである。分析の中心となるのは、19世紀から20世紀にかけての画報(絵入り新聞)・連環画(絵物語)・ポスターなどの図像資料、および新聞記事や文学などの文字資料である。戦争を背景とした「国民国家」形成の時代、外来の影響と自国の伝統の交錯する磁場の下で流通した「乳房」イメージを、「戦時プロパガンダ」、「女性表象」、「可視化/不可視化されるセクシュアリティ」など多様な視点から解読し、三地域間の歴史的記憶が構築されるシステムについても考察する。平成27年度は、以下の研究を行った。1.定例研究会の開催。おのおのの研究発表および意見交換・資料閲覧のための会合を年2回(8月・1月)開催した。定例研究会では、研究代表者および分担者が研究成果報告を行ったほか、ゲストスピーカーを招き、日本のマンガ、観光施設における人体模型、日本古典文学に見られる乳房表象に関する講演と質疑応答を行った。2. 国内における資料調査。国会図書館関西館、京都国際マンガミュージアムにおいて関連資料調査を行った。3. 書籍の購入。『中国近現代女性学術叢刊』等の書籍を購入した。4.平成25年度から27年度にかけて収集した資料を活用し、研究代表者および分担者が、株式会社ワコールの主催する「乳房文化研究会」において「アジアにおける乳房観 Part3 ~中国人女性の身体意識と文化・ファッション~」と題する研究成果報告を行った。5.研究成果公開、書籍出版のための打ち合わせを行った。(1月・3月)
著者
瀬戸 宏 飯塚 容 田村 容子
出版者
摂南大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2007 (Released:2007-04-01)

1.文明戯は辛亥革命前後に上海を中心に栄えた演劇である。1913年から15年にかけて上海の新聞『申報』に掲載された文明戯の劇評等100編を整理し、瀬戸宏の個人サイト上で公表した。2.文明戯の研究をおこなった。研究内容は、文明戯と映画の関係、文明戯と伝統演劇の関係、文明戯と中華人民共和国建国後の通俗話劇との関係、文明戯が描いた朝鮮の形象、文明戯の重要演目であるシェイクスピア作品の受容史などである。