著者
川田 菜穂子 平山 洋介
出版者
一般財団法人 住総研
雑誌
住総研研究論文集 (ISSN:21878188)
巻号頁・発行日
vol.42, pp.215-225, 2016 (Released:2017-08-10)

『全国消費実態調査』(1989・1994・1999・2004年)の匿名データを用いて家計における住居費負担の動向を把握し,所得格差と相対的貧困の拡大における住居費負担の影響を検討した。住居費負担率は経年に従って増加しており,とくに『公団・公社の借家』や『民営借家』に居住する世帯の負担増が顕著であった。また,住居費控除後所得を基準に貧困率を算出すると,住居費控除前所得を基準にした場合と比較して上昇した。さらに,低所得世帯を対象としたヒアリング調査の事例分析から,狭小・老朽で低廉な借家に居住せざるを得ない世帯や住宅を選好できず住居費負担が過重になる世帯の具体的な生活状況を把握した。
著者
森 聖太 平山 洋介
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.69, no.586, pp.127-133, 2004
参考文献数
10
被引用文献数
2 1

This paper explores changes in the spatial structure of Khao San area, Bangkok as a case of backpacker place. Backpacker place is characterized by the concentration of low-cost hotels which provide not only domestic tourists but also foreign backpackers with rooms at a budget price. The expansion of global tourism has restructured the spatial structure of backpacker places. Through field surveys, the paper highlights the increased flexibility and diversity of building types, land use and commercial activities, and explores the characteristics of backpackers and service-providers such as hotel managers. As for future development of the area, there rises a tension between business communities which intend to promote a pro-growth development in the context of the wider economy, and local groups which put importance on the preservation of the indigenous context of the socio-economic and spatial structure.
著者
平山 洋介
出版者
社会政策学会
雑誌
社会政策 (ISSN:18831850)
巻号頁・発行日
vol.6, no.1, pp.11-23, 2014-09-10 (Released:2018-02-01)

住まいの私的所有は,戦前では,一部の階層の特権であったのに対し,戦後を特徴づけたのは,その大衆化であった。しかし,持ち家セクターの安定は,前世紀末からの社会・経済条件の変化のなかで,しだいに失われた。住宅ローンの返済負担が増え,持ち家取得はより困難になった。単身者の増大は,家を買おうとする家族の減少を意味した。住宅所有を拡大する力は衰え,それは,社会の階層化が進む傾向に関係した。本稿では,「持ち家社会は持続するのか」という問いを検討する。住宅所有に関連する社会変化を説明する因子として,本稿が注目するのは,住宅政策の役割である。過去四半世紀にわたって,住宅所有の合理性は減少し,それでもなお,政府は持ち家重視の方針を変えず,住宅購入を促し続けた。ここから生起するのは,社会・経済変化だけではなく,持ち家促進の政策それ自体が持ち家社会を侵食するというメカニズムである。
著者
平山 洋介
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
no.636, pp.431-438, 2009-02-28
被引用文献数
3

This paper, drawing on empirical data obtained by re-calculations of the micro-data of the National Survey of Family Income and Expenditure, explores transformations in the condition of housing asset formation. In Japan's home-owning society, many households attained residential property ownership to accumulate a considerable asset in the rapid economic development period. The paper, however, demonstrates the fact that the traditional conditions of home-ownership and housing assets have increasingly been eroded since the early 1990s when the deflationary economy appeared with the bubble collapse as a turning point.
著者
平山 洋介
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.73, no.632, pp.2189-2195, 2008-10-30
著者
川田 菜穂子 平山 洋介
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.75, no.649, pp.681-687, 2010-03-30 (Released:2010-06-09)
参考文献数
20
被引用文献数
2 2

This paper explores the housing conditions of single people in Japan with particular reference to cross-national comparison. Marital status has played a key role in differentiating housing opportunities, disadvantaging non-married people. This has been more notable for Japan than for European countries. In Japan where the housing policy system has explicitly been focused on encouraging family households to acquire their own homes, many single people have lived in parental homes with limited housing choice.
著者
平山 洋介
出版者
渋沢栄一記念財団
雑誌
青淵 (ISSN:09123210)
巻号頁・発行日
no.765, pp.14-16, 2012-12