著者
松尾 加代子 上津 ひろな 高島 康弘 阿部 仁一郎
出版者
日本野生動物医学会
雑誌
日本野生動物医学会誌 (ISSN:13426133)
巻号頁・発行日
vol.21, no.2, pp.35-40, 2016-06-30 (Released:2016-08-20)
参考文献数
20
被引用文献数
2 8

岐阜県内で捕獲されたホンシュウジカ63頭およびニホンイノシシ30頭の筋肉について住肉胞子虫の調査を行ったところ,シスト保有率はそれぞれ95.2%および50.0%であった。ホンシュウジカおよびニホンイノシシから得られた住肉胞子虫のブラディゾイトは,いずれも馬肉の生食による住肉胞子虫性食中毒の原因とされる毒性タンパク質に対する免疫染色で陽性を示した。ニホンイノシシの筋肉からはHepatozoon sp.も検出された。分離株の18S rDNAの系統樹解析により,ホンシュウジカ由来住肉胞子虫株は遺伝的に多様で主に5つのグループに分類され,ニホンイノシシ由来のHepatozoon sp.はタイの野生イノシシ寄生マダニ由来のHepatozoon sp.と最も近縁であった。
著者
阿部 仁一郎
出版者
Osaka Urban Living and Health Association
雑誌
生活衛生 (ISSN:05824176)
巻号頁・発行日
vol.49, no.2, pp.98-107, 2005 (Released:2005-04-08)
参考文献数
55
被引用文献数
4

Giardia intestinalis is a protozoan parasite found in the intestinal tract of humans and animals. Recent molecular studies show considerable genetic diversity among isolates from humans and animals, suggesting that this species is not a single species but is composed of multiple genotypes that have zoonotic potential or are host-adapted. Cross-infection studies using the isolates from different hosts and molecular epidemiological studies in endemic areas strongly support the zoonotic transmission of G. intestinalis. Molecular analysis of the isolates is therefore essential in order to reveal the sources of Giardia infection and thus develop appropriate countermeasures. In Japan, the molecular epidemiology of Giardia infection is as yet unclear as only a few isolates from humans and animals have been genotyped. This report finds that further studies are required for an understanding of the zoonotic significance and molecular epidemiology of Giardia infection in Japan.
著者
濱田 信夫 阿部 仁一郎
出版者
大阪市立環境科学研究所
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2009

日本でもヨーロッパでも、いずれの浴室のカビも遺伝子的に非常に近縁であったが、野外から採取されたいずれの種の株とも異なっていた。一方、野外から採取された株について、界面活性剤の培地で培養を試みた。その結果、野外から採取した株の中に、その培地で生育するものが見つかった。野外の界面活性剤を利用できる特性を元来持っていた株が、浴室などの洗剤を使う水回りという新しい環境を得て繁殖しているのが、浴室のカビと言えよう。