著者
森田 克徳
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.19, no.2, pp.33-44, 2007-03-20

This paper clarifies details and corporate principles of the establishment of Nissin Food Products by Momofuku Ando. And, the development of "Chicken ramen" is discussed with the construction of the sales route. In addition, the factor that the achievement descends though "Chicken ramen" is possessed is examined, and details of development and the demand creation of the product development and the sales route of "Cupnoodle" are examined.
著者
尹 大栄 加藤 明
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.20, no.2, pp.1-19, 2008-03
被引用文献数
1

本研究は、世界3天眼鏡産地の日本(福井・鯖江)、イタリア(Belluno)、中国(温州、深川)のうち、日本とイタリアの比較分析を試みたものである。近年、日本唯一の眼鏡産地である福井・鯖江地域が危機的な状況に直面しているのとは対照的に、イタリアのBelluno地域は世界の眼鏡産業をリードする好調ぶりを見せている。本研究の主なねらいは、この両地域の明暗を分けた要因を明らかにし、地場産業の盛衰プロセスに関する理論的・実践的なインプリケーションを探ることである。
著者
中谷内 一也
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.12, no.1, pp.31-37, 1999-12-25

This study examined the relationship between the lay judgment of carcinogenic risk threshold and attitude toward nuclear power plants. After the experimenter explained the concept of the threshold in dose-response relationship, one-hundred and thirty students gave their judgment of the threshold in the dose-response relationship of carcinogenic risk of exposure to radiation and their attitudes toward nuclear power plants. Then they watched a sensational TV program reporting on the danger of nuclear waste and its storage. After that they were given the same questions which they had answered previously. The results suggested that there was no relationship between judgment of threshold and attitude toward the nuclear power plants. Also the judgment had no relationship to the attitude change brought about by the TV program. Implications of these results for radiation risk management and communication are discussed.
著者
西野 勝明 尹 大榮 岸 昭雄
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.21, no.2, pp.63-81, 2009-03

本研究プロジェクト1の目的は、世界及び日本の優れた産業集積の発展経路を、「集積の環境変化(危機の状況一集積内の変化も含む)」、「変化への適応」、「適応を可能にした要因」の視点から分析し、そこから「産業集積の機能が果たした役割」を捉えることである。具体的には、内外のケース・スタディを取り上げ、その発展経路を動態的に分析する。そして、そこからこれからの地域政策への含意を抽出する。本論文は、2008年度に行った金沢、バーミンガム、ドルトムントの現地調査から、産業集積の発展経路を分析している。
著者
大夛賀 政昭 筒井 孝子 東野 定律 筒井 澄栄
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.24, no.1, pp.65-76, 2011-11

現在、政策的にその構築が推進される地域包括ケアシステムでは、住み慣れた住居での生活を支えるためのケアサービスを提供するシステムが求められている。 しかし、これまでの研究においては、家族介護者によるケアの代替やレスパイトケアの必要性を定性的に把握した研究成果はあるものの、実際に家族介護者が提供したケア時間が計測されたデータを用い、さらに、これを認知症の有無別に提供時間や時間帯の分析結果から検討した研究はほとんどない。 そこで、本研究においては、在宅要介護高齢者を対象とした1週間の自記入式タイムスタディ調査データを用いて、家族が提供したケアの内容とその時間帯別の提供時間と、ケア提供の日内変動に着目した分析を認知症の有無別に実施した。 研究の結果、認知症あり群では、食事やBPSDへの対応に関する 「身の回りの世話」 や医療的処置や巡視・観察という 「専門的な治療・処置」 のケア提供時間がなし群より長く、時間帯別分析からは、認知症あり群は、なし群と比較して、ケア発生割合が夜間も高い傾向が示された。 これらの結果からは、認知症の要介護高齢者に対しては、とくに夜間の身体介護ニーズや医療的ニーズに対する定期訪問やBPSDの発現への随時訪問といった24時間巡回型サービスを組み合わせた支援の必要性が示唆された。
著者
佐々木 聡
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.8, no.2, pp.101-115, 1996-03-31

The aim of the paper is to examine the historical significance of the productivity-improvement movements in Japan afer World War II by investigating the procss in which the movements arose and results of sending study teams overseas, an activity that was most favored by Japan Productivity Center, the driving force behind the movements. This study found the following: Firstly, those who had had previous backgrounds in introducing the scientific management methods in Japan shouldered guiding roles in the introduction of American-style management during the time of productivity movement of 1950s-60s. Secondly, the American-style management methods were introduced upon the foundation of managerial capability of the individuals, a superstructure of shared and accumulated organizational capability within companies. Thirdly, oraganizations of productivity-improvement movements in Japan, in the long time perspectives, are characterized as a mutual complementary system of the government, business representatives and related organizations. That is, the central body of the movements was newly established every time to meet the new needs of the time through active support by government and business associations. Though former central bodies came to assume supporting role, the whole system became stronger and expanded as time went by.
著者
山﨑 真理子
出版者
静岡県立大学経営情報学部
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部研究紀要 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.29, no.1, pp.13-19, 2016-12

大学祭の模擬店で、 消費者行動のフィールド実験を実施した。 出店時にイメージ型 POP 広告を掲示し、 それが非計画購買者の購買行動を促進するかを検証した。 なお、 店頭にはメニュー表を掲げて、 4種類のメニューを用意してあることを示した。 そのうちの一部メニューでは自作の POP 広告を掲示し、 残りのメニューの POP 広告は掲示しなかった。 2日間にわたって食品を販売し、 その売り上げ本数を比較したところ、 イメージ型 POP 広告を掲示したメニューの方が、 掲示しなかったメニューよりも売り上げが多いことが示された。
著者
小島 茂
出版者
静岡県立大学経営情報学部
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.8, no.2, pp.81-100, 1996-03-01

Professor Gisaku Nakamura not only distinguished himself as a computer scientist but also is well recognized as a "puzzle" scholar and collector of Ukiyoe art. He is also said to be quite unique and interesting in his ways of thinking and behavior. This paper examines what makes him stand out, paying special attention to his identity and career.
著者
岩崎 邦彦
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.19-30, 2010-03

今日、消費者のリーフ緑茶に対する需要が低迷し、多くの茶生産者、茶卸売業、茶小売業は停滞もしくは衰退の業況にある。とくに、全国一の茶産地である静岡の茶業界は、厳しい状況にある。茶産地静岡の活力維持のためには、従来の発想にとらわれない戦略的展開が不可欠になっている。そこで本研究では、従来の"静岡の緑茶を売る"という発想から、"緑茶のある静岡を売る"、すなわち、地域をマーケティングするという発想に転換し、緑茶とツーリズムとの融合による茶産地静岡のイノベーションの方向性を検討した。消費者に対する質問紙調査から得られたデータを用いて、緑茶とツーリズムを融合した茶産地マーケティングの方向性を分析した結果、"リラックス型の緑茶ツーリズム"の構築等の有効性が示唆された。緑茶にかかわるツーリズムが定着すれば、消費者の緑茶への愛着向上、茶産地のブランドイメージ向上等によって、緑茶の需要増加、茶産地の活性化が期待できる。
著者
影山 喜一
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.19, no.1, pp.1-17, 2006-11-15

There is no management in Japanese regions. Any buildings and roads do not have a coherence with small number of exception. Almost local governments which should take an initiative of town planning leave everything to chance on the pretext of only 30% autonomous ability. Firms and individuals seem to think that they can do what they like with their own property. Anyone would not be worried about the future of town together with neighborhood. The Big Bang, however, is going to draw more and more people out of apathy. Decentralization of authority which is not sufficient yet makes a sound progress step by step. Big merging of municipalities asks every inhabitant what his and/or her region should be. Various kinds of problems which local governments, firms, and inhabitants have no choice but to tackle by themselves come to the fore frequently all over the country. Any region in which there is no management will not be able to survive an elimination match with other regions. Not only local governments but also firms, NPOs, and individuals have to acquire the regional management as a major actor in their region. The purpose of this article is to theorize the regional management which does a lot for a growth and development of region. First of all, problems against which most of regions come up are sorted into four categories. Next, four approaches to region : a political economics approach, a substantial one, a nominal one, and a mixed one, are closely investigated. Thirdly, a management process in the broad sense of the word is distinguished into two stages : an entrepreneurial stage and a management one in the narrow sense of the word. Lastly, the new type of "organized entrepreneurship" which is indispensable for all the regions to ride out the Big Bang troubles. This article, at any rate, is no better than a tentative study.
著者
小島 茂
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.8, no.2, pp.81-100, 1996-03-31

Professor Gisaku Nakamura not only distinguished himself as a computer scientist but also is well recognized as a "puzzle" scholar and collector of Ukiyoe art. He is also said to be quite unique and interesting in his ways of thinking and behavior. This paper examines what makes him stand out, paying special attention to his identity and career.
著者
小島 茂
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.53-69, 1995-01-31

Professor Mitsuru Yamazaki distinguished himself as an economist specializing in local industries in Japan. As a "star" professor at the University of Shizuoka, he was also quite popular both in the mass media and among students. In 1993, however, he suddenly died at the age of 59. Why was he so popular? What was he most interested in ? What did he want to accomplish in his life? What kind of career did he pursue and how did he develop his identity? In this essay, I explored the answers to these questions in my own way. I had worked with Professor Yamazaki in urban planning committees for three years. We also co-authored a book, "Three Major Cities in the Shizuoka Prefecture," which makes a comparison of Hamamatsu, Shizuoka, and Numazu, three of the major cities in the Shizuoka Prefecture. In this sense, I may have had opportunities to observe Professor Yamazaki a little more closely than other colleagues of mine. Moreover, I have been contributing a series of cartoons, "Professor Challenge," to the official bulletin of our School and Professor Yamazaki also appeared in the cartoons eight times. In the essay, I presented the cartoons chronologically to use them as subtitles. I also added facts and episodes related to the cartoons, whereby I tried to conjure up the whole image of Professor Yamazaki as an individual.
著者
小島 茂
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.8, no.1, pp.173-183, 1995-12-20

This essay presents the profiles of nine foreign teachers and professors on campus at the University of Shizuoka based on interviews with them. The questions include: Why did they come to Japan?; how did they decide to be a teacher or professor and what do they think of teaching?; what does it mean for them to live in Japan?; how well do they adjust themselves to Japanese culture? In short, what kind of careers have they pursued and how have they affected their sense of identity? It was found that many of them were teaching foreign languages, married with Japanese, and thinking of teaching as their calling. Although they were often put into a cross-cultural dilenma in everyday life, they seemed to be fairly well-adjusted to Japanese culture.
著者
森田 克徳
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.10, no.2, pp.41-54, 1998-06-30

This paper attempts to clarify the business activities of Taichiro Morinaga and Saburosuke Suzuki, especially of marketing. The former is the founder of Morinagaseika which was inagurated in 1899, and the latter is the founder of Ajinomoto established in 1908. Morinagaseika is a first-mover in the confectionery industory in Japan and Ajinomoto in the seasoning industory too.
著者
武藤 伸明
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.8, no.2, pp.141-148, 1996-03-31

This paper describes the implementation of the semantic network and the processing of the preference rules for the pragmatic inference on the natural language understanding system based on the feature structure grammar. The method taken is the control of the constraint solver with these processing and it keeps advantages of the constraint-based approach.
著者
牧野 圭子
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.8, no.1, pp.117-133, 1995-12-20

本稿では、消費経験主義研究について検討を行った。まず、消費者行動研究全体における消費経験主義研究の位置づけが弱いことを述べた。次に、消費経験主義の主要概念として「快楽消費」と「消費の意味」の二つを取り上げ、それぞれの問題点を検討し、今後の方向性について提案を行った。「快楽消費」については、"快楽"の概念に注目し、1."効用"の概念との対比の非妥当性、2."属性"との関係の問題、3."快楽"以外の感情の研究の必要性、の3点に関する議論を展開した。一方、「消費の意味」については、1.消費の個人的意味と社会・文化的意味の区別の必要性、および2.社会・文化的意味の研究課題について論じた。最後に、実務サイドにおいても、消費経験主義と共通の関心があることを指摘し、今後は実務サイドの見解も消費経験主義研究に組み込んでいくべきであると論じた。
著者
永冨 聡 藤澤 由和
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.21, no.2, pp.1-13, 2009-03

2008年7月に閣議決定された国土交通省の国土形成計画において「新たな公」を基軸とする地域づくりが掲げられ、我が国では個々の地域における多くの住民参加と、豊かなソーシャル・キャピタルの形成が一層求められる方向性が、ひとつの地域政策の方策として考えられる。本論では、我が国におけるソーシャル・キャピタルの変化を踏まえ、近畿圏の地域的特性について、定量的かつ定性的な把握を試みることにより、当該エリアにおける住民参加のポテンシャルと、それを踏まえた政策的方向性を検証した。その結果、近畿圏では、定量的な把握から、テーマ型活動を介した橋渡し型(bridging)及び職場を介した結合型(bonding)の人間関係の強さに特徴があることが明らかとなった。さらに、定性的な把握を加味した検討から、近畿圏全体としてソーシャル・イノベーションを可能とする人材育成を重視した仕組みづくりの必要性が導かれた。
著者
尹 大榮 鈴木 竜太 影山 喜一
出版者
静岡県立大学
雑誌
経営と情報 : 静岡県立大学・経営情報学部/学報 (ISSN:09188215)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.111-127, 2003-10-15

The purpose of this study is to show peculiarity of northern Italian industrial district which make this area innovative continuously. Through our research, we found human network, final firm, craftsmanship, historical background and so on as key factor which build this area. And also these factors is related each other. Lastly our future research agenda was discussed.