著者
稲葉 継陽
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.1, pp.207-224, 2003-03-31

In the sixteenth century as the last stage of medieval Japan, daimyo domains were built throughout the country. The border areas between the domains were called sakaime (境目) and the cause of dispute among the daimyo. They fought hard for the castles in sakaime. The neighboring local warriors (ryoshu) often played a role of arbitration when the daimyo concerned in the dispute started peace negotiations and settled the question of the title to the castles. The peasants (hyakusho) belonging to a village community in the sakaime, too, dealt with the dispute in a group and showed the autonomy to restore a peace. Toyotomi Hideyoshi could achieve the reestablishment of national unity (tenka-toitsu), taking a step of guarantee to keep the arrangements about sakaime, which were accomplished by the daimyo and village community peasants who pursued a peace in their area. In this article, the Toyohuku (豊後) region in Higio (肥後) province is analyzed as a typical case study of sakaime areas.
著者
福西 大輔
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.14, pp.151-166, 2016-03-25

Mystery novels of Japan are not satisfied with only relationship with "the city". They have been affected by the relationship between the "city", "countryside". Mystery novels of Japan and folkloristics were enacted era was the same. They had a point of view to the "countryside" from the "city". And there was a common denominator in terms of re-discovery of the "countryside". They have become a factor that is familiar to the Japanese.
著者
植田 均
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.1-10, 2014-03-25

中国近世語の語彙全体を大別すると、次の2種類になるのではないか。1つは、出自が文言によるもの、もう1つは、出自が所謂"有聲無字"の語である。それは、古代中国語の遺産を受けついでいる点(出自が文言によるもの)と民間庶民の方言・口語("有聲無字"の語)によるものだからである。今回準備した語は、前者が"着[zhuó]、箸(筯)、食、湯"で、元々は文言であった。これらが各々現代共通語"穿、筷、喫(吃)、開水"への「語彙の交替」の様子を中心に示したい。検証方法は、これらの語が明清代北方の代表的資料(《金瓶梅詞話》、《醒世姻縁傳》、《紅樓夢》、《兒女英雄傳》を中心に、《官話類編》、《語言自邇集》等も参考)においてどのような様相を呈しているか調査・分析した。この結果、各作品間では差が見られることが判明した。一方、後者の「出自が"有聲無字"の語」については、"着[zháo]、學、桶、使、拾、落、坐、作(做)"等で、《青海民族研究》編集部の依頼により《青海民族研究》2013年第4期(中国・青海省西寧・青海民族大学)に上梓した。
著者
後藤 隆昭
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.14, pp.109-122, 2016-03-25

The purpose of this study is to explore affective changes in Japanese college EFL learners after extensive reading of English newspaper articles. The activity was conducted as part of a general class and a remedial class. Both students were required to bring a Japan-related article they found interesting, take turns reading and attach a glossary to facilitate their work. Finally, a questionnaire survey was implemented, with a Likert scale, text-mining and the KJ method. As a result, students' images of English newspaper articles changed positively, and their interest in reading had been increased. Although there was no significant difference between those two classes, the activity worked for the remedial class. The students also found unexpectedly English newspaper articles easy to read. There is a widely held negative image of English newspaper articles; the image will be changeable in class.
著者
田中 雄次
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.67-90, 2006-03-31

この論考は、ハリウッドにおいて生涯重要な位置を占め続けたルビッチの幾つかの作品と、1920年代にハリウッドへ進出したF.W.ムルナウの作品、ドイツ最初の近代的なプロデューサーであり、映画のビジネスとしての要請と芸術上の要請を結びつけるすべを熟知していたE.ポマーのハリウッドでの活動、それにハリウッドで数本の作品に出演し第1回のアカデミー賞男優賞を獲得した名優E.ヤニングスの活動を中心に、ドイツ国民映画がハリウッドでの影響下でどのように変容したかを検討することに主眼を置く。
著者
Bauer Tobias
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.23-40, 2010-03-25

本稿は、「脳死・臓器移植」問題に対するドイツ福音教会(EKD)の立場について分析を試みるものである。1997年の臓器移植法の可決以前にも、ドイツ福音教会はドイツのカトリック教会と共同で、脳死・臓器移植に関する基本的な見解を二度にわたって公にしている(1989年及び1990年)。その見解の中で、ドイツ福音教会は「脳死」を基本的に認め、臓器提供が隣人愛の行為になり得るとして、移植医療を肯定的に評価した。本稿は、脳死・臓器移植をめぐる福音主義神学の議論ではなく、ドイツ福音教会が教会として取った公式見解を検討し、「脳死」というコンセプト、臓器提供、臓器摘出、移植術を受けること等に関する教会の論証のありかたを分析しようとするものである。移植医療を肯定的に評価するに至るまで、いかなる論証が行われ、キリスト教の教義及び聖書がどのように解釈し直されたのか、それに伴って、1989年と1990年の見解から現在に至るまで、福音教会の立場がいかに発展してきたのかという点についても考察する。
著者
秦 裕緯 シン ユウイ Qin Yuwei
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
no.16, pp.207-218, 2018

There are a lot of similarities between Patrick Lafcadio Hearn and Natsume Soseki. These two authors are known for both their similar work and experiences. The focus of this study is the images of water in Hearn's retold ghost story Yuki-Onna and Yume-Juya (which is also called Ten Nights Dreams), a series of short pieces by Soseki. The image of water appears frequently and plays an important part in both the two works. However, the expressions of water are different in both stories. There are two similar spaces consisted of the image of water existing in these two stories, which also acts as the connection and boundary to another world. Water plays opposite roles in marriage and mother-child relationship in Yuki-Onna and simultaneously, is an important metaphor between life and death in Yume-jiya. This study compares the similarities and differences by analyzing the two images of water in these two works and tries to clarify how and why they are shaped in these ways.
著者
大塚 勲 オオツカ イサオ Ohtsuka Isao
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
no.15, pp.51-70, 2017

This paper presents that expansion of government bonds in the late 1970s was caused bya control of the former Prime Minister Kakuei Tanaka. The government budgeted 2 trillionyen for revenue generated by the government bonds in the 1975 fiscal year and 15.3 trillionyen in the 1979 fiscal year. They expanded to 7.65 times in only four years. The budgets wereformulated according to an economic plan developed in 1976. Although the plan controlled thebudget inflation, the government depended on the government bonds because of shortage of taxrevenue. As a result, the government bonds expanded rapidly but the plan was realized. Theeconomic plan was formulated in the Takeo Miki Cabinet, not in the Tanaka Cabinet. However,the plan was in accordance with part of a 10 year economic plan which was examined but notdeveloped by Tanaka cabinet. Mr. Tanaka controlled the budgets in order to realize the planin the Tanaka Cabinet. As a result, government bonds were the inflated in the late 1970s. Thepaper therefore concludes that we should call them Tanaka government bonds policy.
著者
浦川 紘子
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.183-201, 2005-03-31

本稿では、遺伝子スパイ事件決定を手がかりとして、日米犯罪人引渡し条約3条、逃亡犯罪人引渡法2条6号に規定されるいわゆる「証拠の十分性」要件の意義並びに解釈適用における問題点について、他国の実行と比較しつつ、国際法の立場から考察することを目的とする。
著者
彭 柯然 ホウ カゼン Peng Keran
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
no.15, pp.330-320, 2017

This paper is intended to discuss the features of novel in the Tang dynasty, which were translated by Kawabata Yasunari in 1926. Previous research focused on the translations by Kawabata is rather limited, so will be explored in this paper. Broadly there are three direct approaches: analysis by narration, conversation, and poetry. Finally there will be farther analysis, revealing the background of the translations by Kawabata Yasunari.
著者
Bauer Tobias
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
no.9, pp.39-55, 2011

2009年11月に、ドイツ倫理審議会による赤ちゃんポスト及び匿名出産に関する見解が公にされた。それは、1999年以来ドイツに登場してきた赤ちゃんポスト及び匿名出産という事業のもつ倫理的・法的問題を指摘し、これを厳しく批判し、かつその廃止を要求するものであった。本稿は、ドイツのキリスト教諸教会及び赤ちゃんポスト等を運営するキリスト教系の福祉事業団体が、同見解に対して如何なる立場を採っているかを検証することによって、現下の議論におけるかれらの立場を明らかにしようとするものである。そのためにまず、ドイツ倫理審議会による赤ちゃんポストと匿名出産に対する反対の立場、次いで法的・倫理的問題を内包することを認識しながらも、なおかつこの事業を持続させる必要性を訴えるキリスト教諸教会の代表者による巻末に添えられた少数意見のそれぞれの論拠を考察した後に、赤ちゃんポスト等を運営するキリスト教系の福祉団体の反響を分析する。結論として、本稿は、キリスト教諸教会と同福祉団体には統一した立場は確認できず、赤ちゃんポスト及び匿名出産に対する立場は、実際の運営の経験と統計上のデータに対するそれぞれ異なる解釈がそれぞれ異なる立場をとらせる基となっている実情を明らかにする。
著者
伊﨑 久美 イザキ クミ Izaki Kumi
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.318-305, 2017-03-25

ユク河ノナカレハタエスシテ シカモゝトノ水ニアラス ヨトミニウカフウタカタハ カツキエ カツムスヒテ ヒサシクトゝマリタルタメシナシ 世中ニアル人ト栖ト 又カクノコトシ 『方丈記』の有名な冒頭文である。冒頭第一文<ユク河-水>の叙述から、第二文を経て第三文<人と栖>の主題に移る。その後<人ノスマヒ><トコロモ-人モ><カリノヤトリ>の避板法で、この<人と栖>の主題は展開していく。冒頭第二文の、<ユク河>に浮かぶ<ウタカタ>が、何故<キエ-ムスヒテ>なのか、つまり<消滅-生成>の対偶について考察する。
著者
大熊 薫
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.4, pp.17-40, 2006-03-31

本論文においては、神との出会いによって創作された『叡智』(sagesse,1880年)の中の数篇において、宗教的実存レヴェルにおける彼の魂の叫びがいかなるものかを考察する。これによって、彼の魂の状態が、常に「聖」と「俗」との間を彷徨っているということを立証する。
著者
石原 明子
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.1-20, 2013-03-25

In the areas affected by the TEPCO First Fukushima Nuclear Accident, lots of conflicts among community members and family members and the destruction of many human relationships have taken place. They also happened in the areas affected by the Minimata Mercury Polution. There are four reasons why conflict and destruction of human relationshipoccur under serious environmental pollution : 1) high distresses in the society under pollution or disaster cause conflicts, 2) urgent needs of social change to respond to the pollution and disaster underscore anew the worldview differences among the stakeholders, 3) the pollution and disastere reveals hidden structural violence in the society, 4) polution and contamination of natural environment such as water, air, and soils threaten basic human needs, and the lack of basic human needs increases risk of conflict. In order to resolve conflicts in the communities affected by the TEPCO nuclear disaster, Curle's conflict transformation model for asymmetric conflict would be useful.
著者
Bauer Tobias 萩野 蔵平
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.41-58, 2008-03-14

『健康の庭』 (Gart der Gesundheit) は、中世において最も影響力のあったドイツ語による本草書の一つで1485年に刊行されている。その論述は、ヒポクラテスやガレノスといった古代の医学者によって整備された「体液病理説」 (Humoralpathologie) に基づいている。その学説とは、身体の健康や病気を体液あるいは構成要素の均衡や不調和によって説明する理論である。本稿では、『健康の庭』から第1部の「序章」と第4部の「検尿」をとりあげ、体液病理説が中世の医学や予防医療においてどのような役割をはたしていたかを論じた。
著者
内田 良太
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.161-181, 2005-03-31

まず第1章で、ジロンド県執行部1793年3月5日付アレテが記録されている2種類の手稿史料に関する外層的検討を行う。次に、第2章において、アレテの前文、及び13箇条からなる条文の抄訳を提示し、その概要を整理する。それに続き、第3章では、アレテが出されるまでの歴史的な背景と補償金廃止に向けての具体的な審議内容を検討していく。最後は、全体をまとめて本稿を締めくくるが、そこでは同時に、都市指導層の政治的特質に関して本稿より指摘可能な事実は何か、このあたりを中心に述べて、次稿への展望としていきたい。
著者
廖 育卿
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.365-379, 2008-03-14

Mori Ogai began his work in translation soon after his return to Japan, having studied in Germany. One of his best-known works, So-kkyou-shi-jin, is a translation of Der Improvisator. H.Denhardt, a German translator, translated the original book, the German Improvisatoren, published in 1835 by Hans Christian Andersen, from Danish into German.So-kkyou-shi-jin consists of 66 chapters and took 9 years (from 1892 to 1901) for Mori Ogai to complete. What deserves our attention is not only the length, but also the literary expression within the translation. It has often been suggested that So-kkyou-shi-jin has the same writing style as the early Germany Trilogy (Maihime (1890) , Utakatanoki (1890) , HumiDukai (1891)) . Although they seem to share the same qualities and some similarities to a certain extent, So-kkyou-shi-jin certainlyhas some notable differences to the other three works.The focus of this research is to conduct an analysis of the literary expression in So-kkyou-shi-jin by contrasting it with the German work Improvisatoren, exploring elements of Japanese expressions, classical Chinese expressions and Western expressions through comparison with the early Germany Trilogy.
著者
井上 博子
出版者
熊本大学
雑誌
熊本大学社会文化研究 (ISSN:1348530X)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.61-78, 2012-03-26

Unter Kurrenden versteht man die vom Mittelalter bis zum frühen 19. Jahrhundert vornehmlich aus bedürftigen Knaben der unteren Klassen der Lateinschulen gebildeten Chöre. Die vorliegende Abhandlung behandelt die Entstehung der Kurrende, die Eisenacher Kurrende, den historischen Hintergrund der Kurrende, ihre Geschichte im Mittelater, in der Reformationszeit, den Gesang in der Kurrende. Der Staats- und Domchor Berlin führt teilweise die Geschichte der Kurrende fort. Gegenwärting gibt es sehr viele Knabenchöre in Deutschland. Es besteht Grund zu Annahme, dass sich der Begriff der Kurrende später mehr oder weniger auf alle mit einem öffentlichen Auftrag versehene Chöre ausdehnte, unabhängig von ihrer Zusammensetzung und näheren Zweckbestimmung.